スポンサーリンク

2022年夏の鉄道旅行に使えるJR各社の格安フリーきっぷ・割引きっぷまとめ!

ノウハウ

JR各社は、旅行需要回復に向けて、格安のフリーきっぷや割引きっぷで需要喚起に努めています。旅行者としては、感染拡大防止に努めつつも、安いきっぷをありがたく使わせていただくのが良いでしょう。この記事では、2022年夏(7月~9月頃)に利用できるJR各社のフリーきっぷと割引きっぷをまとめて紹介します。

※JR各社から格安のフリーきっぷ・割引きっぷが発売されたら、順次更新していきます。

スポンサーリンク
  1. 2022年夏の旅行はJR各社の格安きっぷで!
  2. 【期間限定】JR各社の格安乗り放題きっぷまとめ
  3. 【JR全線】JR全線、普通列車に乗り放題!「青春18きっぷ」(夏)
  4. 【JR北海道・JR東日本】JR北海道・東日本エリアの普通列車が7日間乗り放題!「北海道&東日本パス」
  5. 【JR北海道】6日間、特急列車に乗り放題の「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」がおすすめ!
    1. 【期間限定】JR北海道の在来線特急列車に6日間乗り放題で12,000円!「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」
    2. 周遊の旅におすすめ!「ひがし北海道フリーパス」「きた北海道フリーパス」
    3. 【期間限定】北海道新幹線・特急列車が最大で55%引きも!「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」
  6. 【JR東日本】新幹線・特急が割引で乗車できる「お先にトクだ値」+地域限定フリーきっぷがおすすめ!
    1. 北陸新幹線・在来線特急列車が30%引き! 期間限定「お先にトクだ値!」「えきねっとトクだ値」
    2. 【期間限定】ポイントで新幹線が5~6割引き! 「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」
    3. 目的地周辺ではエリア限定のフリーきっぷを活用しよう!
    4. 週末の旅なら「週末パス」も検討しよう!
    5. 50歳以上なら「大人の休日倶楽部パス」がお得!
  7. 【JR東海】「ぷらっとこだま」で東海道新幹線が割引に!
    1. こだま号に安く乗車できる「ぷらっとこだま」
  8. 【JR西日本】山陽新幹線~九州新幹線は「バリ得」がお得!
    1. 山陽・九州新幹線を格安で利用できる旅行商品「バリ得」
    2. 「おとなび」会員限定! 新幹線・特急列車乗り放題でグリーン車にも乗れる「西日本グリーンきっぷ」
    3. 50歳以上限定! 新幹線・特急列車のグリーン車に乗れる「西なびグリーンパス」
  9. 【JR四国】JR四国・土佐くろしお鉄道全線に3日間乗り放題!「四国フリーきっぷ」
    1. JR四国の特急列車に3~4日間乗り放題!「四国フリーきっぷ」「四国グリーン紀行」「バースデイきっぷ」
  10. 【JR九州】JR九州全線に3日間乗り放題!「ぐるっと九州きっぷ」
    1. JR九州全線に3日間乗り放題! 特急券追加で新幹線・特急にも乗れる「ぐるっと九州きっぷ」
  11. 関連記事

2022年夏の旅行はJR各社の格安きっぷで!

新型コロナウイルス感染症の影響で、依然として旅行需要は完全には回復しておらず、JR各社は格安のフリーきっぷや割引きっぷを発売して、需要喚起を図っています。感染拡大対策を万全にして、JR各社の格安きっぷで旅に出てみてはいかがでしょうか。

この記事では、2022年夏(2022年7月~9月頃)に利用できる、JR各社のフリーきっぷ、割引きっぷのうち、旅行や乗り鉄に便利なものをまとめてご紹介します。

ここで紹介するきっぷ以外にも、便利でお得なきっぷはたくさんあります。当ブログで紹介しているきっぷについては、以下のページにまとめていますので、ぜひご覧ください。

おすすめきっぷ
乗り鉄や鉄道メインの旅行に利用できる、おすすめのおトクなきっぷ(フリーきっぷ、割引きっぷ)の紹介記事のまとめです。おトクなきっぷを上手に活用して、充実した旅行を楽しみましょう!2022年夏 注目のJR各社のお得なフリーきっぷ・割引きっぷま...
スポンサーリンク

【期間限定】JR各社の格安乗り放題きっぷまとめ

JR各社は、2022年夏に利用できる格安の乗り放題きっぷを発売しています。新幹線や特急列車にも乗車できますので、あちこち移動する周遊の旅や乗り鉄にピッタリです。

ここでは、格安乗り放題きっぷの概要だけを記載します。きっぷ名をクリックすると、本記事の詳細情報に飛ぶことができますので、詳細はそちらでご確認下さい。

JR北海道の在来線特急列車に6日間も乗り放題で12,000円という格安のフリーきっぷです。

6/24現在、あと2週間で発売終了の見込みとのことです。

  • HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス
    • 利用期間: 2022年3月26日(土)~9月30日(金)
    • 効力: JR北海道の在来線の普通・快速列車、特急列車の普通車自由席に6日間乗り放題
    • おねだん: 12,000円

東海道新幹線の「こだま」に安く乗車できる旅行商品です。「こだま」限定ですが、東京~名古屋が8,600円(通常期)など、割引きっぷが少ない東海道新幹線にお得に乗車できる商品です。

  • ぷらっとこだま
    • 設定期間: 通年(繁忙期は価格が異なる)
    • 設定区間: 東海道新幹線の主要駅間
    • 対象列車: 「こだま」
    • 発売箇所: JR東海ツアーズのWebサイト等

日本旅行が発売する「バリ得」は、山陽新幹線や九州新幹線を格安で利用できる旅行商品です。「こだま」限定ながら、割引率は30~40%以上と、かなりお得になっています。

  • バリ得
    • 設定期間: 2022年4月1日(金)~9月30日(金)
    • 設定区間: 関西・中国の山陽新幹線各駅~九州の新幹線駅(小倉・博多、九州新幹線各駅)等
    • 対象列車: 一部の「こだま」「ひかり」「つばめ」「さくら」
    • 発売箇所: 日本旅行のWebサイト(インターネット限定)

JR西日本のミドル・シニア向け会員サービス「おとなび」会員限定のフリーきっぷです。2名以上での利用が必要ですが、JR西日本全線の新幹線・特急列車に乗り放題、指定席・グリーン席も6回まで利用できるお得なきっぷです。

  • 西日本グリーンきっぷ
    • 利用期間: ~2022年9月30日(金)
    • 効力
      • JR西日本全線新幹線・特急列車・普通列車(新快速・快速含む)の普通車自由席に乗り放題
      • 普通車指定席・グリーン席に6回まで乗車可能
    • おねだん
      • 3日間用: 23,000円
      • 5日間用: 27,000円
スポンサーリンク

【JR全線】JR全線、普通列車に乗り放題!「青春18きっぷ」(夏)

  • 青春18きっぷ(夏)
    • 利用期間:2022年7月20日(水)~9月10日(土)
    • 発売期間:2022年7月1日(金)~8月31日(水)
    • 有効期間: 5回分
    • 効力: JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題
    • おねだん: 12,050円(5回分)

2022-23年シーズンも、例年どおり「青春18きっぷ」が発売されます。夏季は、7月20日~9月10日の夏休み期間中に利用することができます。

普通列車、快速列車にしか乗車できない代わりに、フリーアリアはJR全線! ひたすら遠くまで乗り継いでみるか、近場の日帰り旅に利用するか、使い方も無限大のフリーきっぷです。

当ブログでは、青春18きっぷの最新情報、基礎知識、おすすめの路線や列車、使いこなしのコツなど、さまざまな記事を掲載しています。以下の青春18きっぷのトップページから、ぜひご覧ください。

【青春18きっぷ 2022年夏】青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。【ひさの乗り鉄ブログ】では、2022-23年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。
スポンサーリンク

【JR北海道・JR東日本】JR北海道・東日本エリアの普通列車が7日間乗り放題!「北海道&東日本パス」

  • 北海道&東日本パス(夏)
    • 利用期間: 2022年7月1日(金)~9月30日(金)
    • 発売期間: 2022年6月20日(月)~9月24日(土)
    • 有効期間: 連続する7日間
    • 効力
      • JR北海道・JR東日本前線、主要な第三セクター路線の普通列車・快速列車に乗り放題
      • 別途、特定特急券を購入すれば北海道新幹線に乗車可能
    • おねだん: 大人 11,330円,小児 5,660円

JR北海道、JR東日本エリアの普通列車、快速列車に7日間乗り放題となるフリーきっぷです。青春18きっぷよりもフリーエリアは狭いですが、青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道といった第三セクター路線にも乗車できるうえに、特定特急券を購入すれば北海道新幹線に乗車できるなど、北海道~本州を行き来するのに便利なきっぷです。

「北海道&東日本パス」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。青春18きっぷとどのように使い分けるとよいかについても、わかりやすく説明しています。

【北海道&東日本パス】北海道・東日本エリアの普通列車が7日間乗り放題で11,330円! 基本的な使い方・利用期間・青春18きっぷとの違いを紹介します!(2022-23年版)
「北海道&東日本パス」が、2022-23年も春夏冬の3シーズン発売されます。【ひさの乗り鉄ブログ】では、「北海道&東日本パス」の利用期間、利用方法に加えて、青春18きっぷとの違い、どちらを利用すればよいかの判断ポイントなどをわかりやすくご紹介します。
スポンサーリンク

【JR北海道】6日間、特急列車に乗り放題の「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」がおすすめ!

期間限定で2022年9月末まで利用できる「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」がおすすめです。6日間、在来線特急列車(普通車自由席のみ)に乗り放題で12,000円という超破格のフリーきっぷです。

一方、お手頃な価格で、通年発売のフリーエリアの広いフリーきっぷとしては、PeachまたはAIRDO搭乗者限定ではありますが、道央~道東の広いエリアをカバーする「ひがし北海道フリーパス」(5日間有効, 16,380円)、道央~道北をカバーする「きた北海道フリーパス」(4日間有効, 13,150円)があります。

【期間限定】JR北海道の在来線特急列車に6日間乗り放題で12,000円!「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」

6/24現在、あと2週間で発売終了の見込みとのことです。

JR北海道の在来線全線の特急・快速・普通列車の普通車自由席に6日間乗り放題で12,000円という破格のフリーきっぷです。しかも、指定席にも4回まで乗車することができます。

  • HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス
    • 利用期間: 2022年3月26日(土)~9月30日(金)
    • 有効期間: 連続する6日間
    • 発売期間: 2022年3月25日(金)~8月31日(水)
      • 有効期間開始日の1か月前から前日まで
    • 効力
      • 「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」単体でJR北海道の在来線の普通・快速列車、特急列車の普通車自由席に6日間乗り放題
      • 4回まで普通車指定席に乗車可能(5回目以降は運賃のみ有効)
    • おねだん: 12,000円

北海道の補助金を活用したきっぷのため、補助金の上限に達した場合には、利用期間内であっても、発売を終了することがあります。

2020年にも発売されましたが、半年間の利用期間を見込んでいたものの、実際には2ヶ月で発売終了となりました。今回も、同様の事態となる可能性がありますので、利用したい方は、早めに旅行を計画しましょう。

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」については、以下の記事をご覧ください。

【HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス】JR北海道の特急列車が6日間乗り放題で12,000円の格安フリーきっぷ!(近日中に発売終了見込み)
JR北海道は、6日間特急列車(自由席)に乗り放題で12,000円という格安のフリーきっぷ「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を期間限定で発売しています。利用できるのは9月30日まで。指定席も4回まで利用でき、長距離の移動も安心!...

周遊の旅におすすめ!「ひがし北海道フリーパス」「きた北海道フリーパス」

北海道外から北海道へ旅行に行く方は「ひがし北海道フリーパス」「きた北海道フリーパス」を利用を検討しましょう。これらのフリーきっぷは、PeachとAIRDOで指定された道内の空港に到着した場合にのみ購入できるフリーきっぷです。(「きた北海道フリーパス」はANA便でも利用可能)

  • ひがし北海道フリーパス
    • 利用期間: ~2023年4月5日(水)
    • 有効期間: 連続する5日間
      • 有効期間の開始日は北海道到着便の搭乗日もしくは翌日
    • 発売期間: ~2023年3月31日(金)
    • 対象航空会社・到着空港
      • Peach: 新千歳空港、釧路空港
      • AIRDO: 新千歳空港、旭川空港、女満別空港、釧路空港、帯広空港
    • フリーエリア・効力
      • 道央~道東方面のフリーエリア内の特急・急行・普通列車の普通車自由席に乗車可能
    • おねだん
      • 一般用: おとな 16,380円, こども 8,190円
      • U25用: 12,680円(25歳以下限定,年齢を確認できる公的証明書の提示が必要)

道央~道東の広いエリアをカバーするフリーきっぷです。有効期間も5日間と長くなっています。札幌や新千歳空港から、釧路~網走~旭川と巡る周遊ルートがおすすめです。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

Peach・AIRDO利用者限定の「ひがし北海道フリーパス」 道央~道東の広いフリーエリアで 5日間特急列車に乗り放題のお得なきっぷ!(2022年度版)
JR北海道は、北海道内空港着のPeach、AIRDO利用者限定のフリーきっぷ「ひがし北海道フリーパス」を、2022年3月末まで継続発売します。この記事では、「ひがし北海道フリーパス」の概要、利用できる航空便の発着空港、買い方・使い方、おすすめの利用法の紹介や、他のフリーきっぷとの比較します。
  • きた北海道フリーパス
    • 利用期間: ~2023年4月4日(火)
    • 有効期間: 連続する4日間
      • 有効期間の開始日は北海道到着便の搭乗日もしくは翌日
    • 発売期間: ~2023年3月31日(金)
    • 対象航空会社・到着空港
      • Peach: 新千歳空港
      • AIRDO: 新千歳空港、旭川空港
    • フリーエリア・効力
      • 道央~道東方面のフリーエリア内の特急・急行・普通列車の普通車自由席に乗車可能
    • おねだん
      • 一般用: 13,150円(おとな)、6,570円(こども)
      • U25用: 10,520円(25歳以下限定,年齢を確認できる公的証明書の提示が必要)

道央~道北をフリーエリアとするフリーきっぷです。こちらは、宗谷本線が長大な行き止まり路線のため、周遊ルートを組みにくくなっていますので、どのように活用するか、他に安いきっぷがないかを検討したほうがよいでしょう。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

Peach・AIRDO・ANA利用者向け「きた北海道フリーパス」 道央・道北エリアで4日間特急列車に乗り放題! ただし使いこなすには工夫が必要です!
JR北海道が、Peach・AIRDO利用者限定のフリーきっぷ「きた北海道フリーパス」を2022年3月末まで継続して発売します。宗谷本線の稚内までがエリアに入る広範囲なフリーきっぷです。また、2020年度から発売されている「ANA きた北海道フリーパス」も引き続き発売されます。この記事では、「きた北海道フリーパス」の概要と、使いこなしのコツをご紹介します。

これらのきっぷは、航空会社とタイアップしたフリーきっぷのため、北海道外から北海道の空港に、指定された航空会社で到着した場合にのみ利用できるフリーきっぷです。特急列車の自由席に乗車できます。(指定席には乗車できません)

【期間限定】北海道新幹線・特急列車が最大で55%引きも!「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」

北海道新幹線やJR北海道の在来線特急列車に乗車する場合には、乗車券+特急券が割引になる「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の利用を検討しましょう。

中でも、期間限定で設定されている「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」は、割引率が40~55%と高いため、旅行する区間にこれらのきっぷが設定されていないかを確かめましょう。

現在は、期間限定で、「とかち」が2週間前までの購入で40~55%引きになる「お先にトクだ値」が設定されています。

  • お先にトクだ値(期間限定)
    • 対象列車・設定期間
      • 「とかち」(札幌~帯広など,~2022年11月30日,55%引き ※1)
    • 発売期間: 乗車日の1ヶ月前の午前10時~13日前の午前1時40分まで
    • 割引率: 運賃+指定席特急料金の合計が40~55%引き
    • 設備: 普通車指定席
    • 対象列車: 全列車
    • 注意: インターネット申込限定、列車・区間・座席数限定

※1: 「とかち」にはグリーン車の設定もあり(25%引き)

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

JR北海道が札幌~釧路・帯広の特急「おおぞら」「とかち」に50~55%引きの「お先にトクだ値」を2022年も設定! 札幌~釧路が4,990円!(「とかち」の設定期間を2022年11月末まで延長)
JR北海道は、札幌~釧路を結ぶ特急「おおぞら」、札幌~帯広を結ぶ特急「とかち」の乗車券+特急券を、2週間前までの購入で50~55%割り引く「お先にトクだ値」を、2022年3月末までの期間限定で設定しています。札幌から道東方面へ、お得に鉄道で旅ができるチャンスです。

上記以外にも、JR北海道の在来線特急列車には、乗車券+特急券が15~55%引きになる「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」が通年で設定されています。設定区間や割引率、購入時の注意点については、以下の記事をご覧ください。

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」でJR東日本・JR北海道の新幹線・特急列車をお得に利用しよう! 購入・変更・払戻の方法、注意点を紹介します!(2022年版)
JR東日本のインターネット予約「えきねっと」限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」を利用すれば、新幹線や特急列車が割安で利用できます。この記事では、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の基本的な使い方や、購入方法、変更や払い戻し(キャンセル)などの注意点、上手な利用法をご紹介します。

JR北海道のフリーきっぷ・割引きっぷのまとめ記事です。

【JR北海道 お得なきっぷまとめ】青春18きっぷだけじゃない! 北海道を旅するときに利用したいフリーきっぷ・割引きっぷを紹介します!(2022年版)
JR北海道は特急列車にも乗車できるお得なきっぷを発売しています。この記事では、北海道を鉄道で旅する方向けに、おすすめのフリーきっぷや割引きっぷをまとめてご紹介します。どのように使い分ければよいかも解説しますので、どのきっぷを使えばよいか迷っている方も、ぜひ読んでみてください。
スポンサーリンク

【JR東日本】新幹線・特急が割引で乗車できる「お先にトクだ値」+地域限定フリーきっぷがおすすめ!

JR東日本エリアでは、早期の購入で新幹線や特急列車が割引になる「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」と、地域限定のフリーきっぷを組み合わせての旅行がおすすめです。

北陸新幹線・在来線特急列車が30%引き! 期間限定「お先にトクだ値!」「えきねっとトクだ値」

期間限定で、乗車券+特急券の合計が30%引きになる「お先にトクだ値」「えきねっとトクだ値」が、北陸新幹線や一部在来線特急列車に設定されています。

  • お先にトクだ値(30%引き)
    • 対象路線・列車・設定期間
      • 北陸新幹線「かがやき」「はくたか」(~2023年3月31日)
      • 常磐線「ひたち」(2022年4月1日~9月30日)
    • 発売期間: 乗車日の1ヶ月前の午前10時~13日前の午前1時40分まで
    • 割引率: 運賃+指定席特急料金の合計が30%引き
    • 設備: 普通車指定席
    • 対象列車: 全列車
    • 注意: インターネット申込限定、列車・区間・座席数限定

2週間前までの予約が必要な「お先にトクだ値」が、北陸新幹線「かがやき」「はくたか」、常磐線特急「ひたち」に設定されています。いずれも、通常は10%引きの「えきねっとトクだ値」しか設定されていない列車ですので、2週間前までの予約が必要とはいえ、30%引きは魅力的です。

  • お先にトクだ値(40%引き)
    • 対象路線・列車(2022年5月15日~9月30日)
      • 奥羽本線「つがる」
    • 発売期間: 乗車日の1ヶ月前の午前10時~13日前の午前1時40分まで
    • 割引率: 運賃+指定席特急料金の合計が30%引き
    • 設備: 普通車指定席
    • 対象列車: 全列車
    • 注意: インターネット申込限定、列車・区間・座席数限定

同じく、2週間前までの予約・購入が必要な「お先にトクだ値」が、奥羽本線特急「つがる」に設定されています。割引率は40%と魅力的です。

期間限定の「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」については、以下の記事に最新情報をまとめていますので、ぜひご覧ください。

新幹線・特急列車が30~50%引きになる「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」、JR東日本・JR北海道が複数の路線で設定!(2022年版)
この記事では、早期に購入することで乗車券+特急券が30~50%引きになる期間限定の「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」の最新情報をまとめています。早めの予約・購入で、新幹線や特急列車をお得に利用しましょう。

「お先にトクだ値」の一般的な利用条件や利用上の注意点については、以下の記事もあわせてご覧ください。

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」でJR東日本・JR北海道の新幹線・特急列車をお得に利用しよう! 購入・変更・払戻の方法、注意点を紹介します!(2022年版)
JR東日本のインターネット予約「えきねっと」限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」を利用すれば、新幹線や特急列車が割安で利用できます。この記事では、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の基本的な使い方や、購入方法、変更や払い戻し(キャンセル)などの注意点、上手な利用法をご紹介します。

【期間限定】ポイントで新幹線が5~6割引き! 「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」

JR東日本のポイントサービス「JRE POINT」では、新幹線に乗車できる「特典チケット」と交換することができますが、期間限定で、必要なポイント数が半分以下になるキャンペーン「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」を実施します。

実施期間は、以下の3回です。

  • JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル
    • 第1弾:2022年 2月 1日(火)~2022年 2月28日(月)
    • 第2弾:2022年 6月 1日(水)~2022年 6月14日(火)
    • 第3弾:2022年 9月26日(月)~2022年10月 7日(金)

具体的には、必要なポイント数は以下のようになります。

乗車距離通常の特典チケット特典チケット
新幹線YEARスペシャル
0~100km2,160ポイント1,000ポイント
101~200km4,620ポイント2,300ポイント
201~400km7,940ポイント3,900ポイント
401km以上12,110ポイント6,000ポイント

JRE POINTは、Suicaにチャージすると1ポイント1円相当ですので、例えば、東京~仙台は3,900円相当、東京~新青森・秋田は6,000円相当で新幹線の普通車指定席に乗車できることになります。通常の料金と比較すると、なんと5~6割引! 東京~秋田に至っては67%引きと、3分の1相当となります。

JRE POINTが必要となりますし、期間も閑散期に限られているので、利用できる方は限られそうですが、条件が合えば、かなりお得に新幹線を利用できます。

「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

「新幹線 YEAR2022」キャンペーンで、JRE POINT特典チケットが半分以下のポイントで交換可能に! 東京~新青森・秋田が6,000円相当!
JR東日本は、2022年に「新幹線YEAR2022」キャンペーンを実施します。注目は、期間限定で、JRE POINTで新幹線に乗車できる「特典チケット」のポイントが半分以下になる「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」...

目的地周辺ではエリア限定のフリーきっぷを活用しよう!

JR東日本は、県単位くらいのエリアでフリーきっぷを発売しています。長距離の移動には向いていませんが、目的地の周辺を鉄道で移動しながら観光する場合にはぴったりのきっぷです。出発地から目的地までは、前述の新幹線や特急列車の「お先にトクだ値スペシャル」等で移動し、そのあと現地で観光するときに利用するのがおすすめです。

たいていの地域限定フリーきっぷは、有効期間は1日のみ(2日間有効のものも一部あり)、価格は2,000円~3,000円くらいです。特急券を追加すると、フリーエリア内の特急列車(一部のきっぷは新幹線含む)に乗ることもできます。

主要なエリア限定フリーきっぷとしては、以下のものがあります。きっぷ名をクリックできるものは、当ブログの該当きっぷの紹介ページに飛びますので、ぜひご覧ください。

きっぷ名 主なフリーエリア 利用期間 有効期間 料金
いわてホリデーパス 岩手県内のJR線 土休日
GW
夏休み
年末年始
1日 おとな 2,500円
こども 1,250円
小さな旅ホリデー・パス 宮城・山形・福島
のJR線
土休日
GW
夏休み
年末年始
1日 おとな 2,720円
こども 1,350円
休日おでかけパス 首都圏近郊のJR線 土休日
GW
夏休み
年末年始
1日 おとな 2,720円
こども 1,360円
ときわ路パス 茨城県内のJR線
関東鉄道
真岡鉄道
鹿島臨海鉄道
ひたちなか海浜鉄道
7/16~8/28
10/1~12/25
2/11~3/26
の土休日
1日 おとな 2,180円
こども 550円
ぐんまワンデーパス 群馬県内のJR線・東武線
上信電鉄
上毛電気鉄道
わたらせ渓谷鐵道(一部)
4/1~9/30
の毎日
1日 おとな 2,670円
こども 1,330円
信州ワンデーパス 長野県内のJR線 通年 1日 おとな 2,680円
こども 1,050円
えちごワンデーパス 新潟駅近郊のJR線 通年 1日 おとな 1,570円
こども 780円
えちごツーデーパス 新潟県内のJR線 金土休日
GW
夏休み
年末年始
2日 おとな 2,740円
こども 1,370円

週末の旅なら「週末パス」も検討しよう!

「週末パス」は、関東甲信越~南東北がフリーエリアとなるJR東日本の定番フリーきっぷです。週末の土日(一部の三連休では金土または日月の利用も可能)の2日間利用できます。

  • 週末パス
    • 利用期間: 2023年3月26日までの土休日
      • ただし、4月27日~5月6日、8月10日~19日、12月28日~1月6日は利用不可
    • フリーエリア: 南東北・関東・甲信越のJR東日本線、一部の私鉄・第三セクター線
    • 効力
      • フリーエリア内の普通列車・快速列車の普通車自由席に2日間乗り放題
      • 別途、特急券等を購入すれば、新幹線や特急列車にも乗車可能
    • おねだん: おとな 8,880円,こども 2,600円

「週末パス」は乗車券タイプのフリーきっぷです。単体では、普通列車と快速列車にしか乗れませんが、別途、特急券等を組み合わせれば、フリーエリア内の新幹線や特急列車にも乗車できます。

旅行をする範囲が「週末パス」の範囲に収まってしまう場合、例えば、東京から長野や新潟、仙台方面へ旅行する場合などは、「週末パス」がお得になる可能性が高いです。

また、3週間前までに購入が必要な「お先にトクだ値スペシャル」とは異なり、「週末パス」は前日までに購入すればOKです。「この週末に旅行しよう!」と思い立ってからでも購入できる利便性が魅力です。

「週末パス」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【週末パス】関東甲信越・南東北の主要路線に土日の2日間乗り放題! 新幹線・特急列車での週末旅行に最適! 買い方・おすすめの使い方を紹介します!(2022-23年版)
「週末パス」は、関東甲信越・南東北の広い範囲がフリーエリアとなるJR東日本のフリーきっぷです。主要な第三セクターや私鉄路線も乗り放題となります。特急券を別途購入すれば新幹線や特急列車にも乗れるなど、フリーエリア内への週末旅行なら「週末パス」を買っておけば間違いない! というくらい使い勝手の良い、おすすめのきっぷです。この記事では、「週末パス」の買い方、使い方、おすすめの活用法などをご紹介します。

JR東日本のフリーきっぷ・割引きっぷのまとめ記事です。使い分けの考え方も解説していますので、ぜひご覧下さい。

【JR東日本フリーきっぷまとめ】 関東・甲信越・東北の各エリア別のおすすめフリーきっぷ・割引きっぷを紹介! きっぷの使い分けも紹介します!
JR東日本は数多くのフリーきっぷを発売しています。どのエリアにどんなフリーきっぷがあるのか、その全貌を掴むだけでも困難です。【ひさの乗り鉄ブログ】では、おおまかなエリア別に、どのフリーきっぷや割引きっぷを利用すればおトクかを詳しく紹介します。JR東日本エリアの旅行や乗り鉄の参考にしてみてください。

50歳以上なら「大人の休日倶楽部パス」がお得!

50歳以上で加入できるJR東日本の「大人の休日倶楽部」会員限定で、JR東日本エリアやJR北海道エリアが4~5日間乗り放題となる「大人の休日倶楽部パス」が利用できます。

  • 大人の休日倶楽部パス
    • 利用期間
      • 2022年6月23日(木)~7月5日(火)
      • 2022年11月24日(木)~12月6日(火)
      • 2023年1月12日(木)~1月24日(火)
    • フリーエリア(価格/有効期間)
      • 東日本用: JR東日本全線(15,270円/4日間)
      • 東日本・北海道用: JR東日本・JR北海道全線(26,620円/5日間)
      • 北海道用: JR北海道の在来線全線(17,400円/5日間)
    • 効力
      • フリーエリア内の新幹線・特急列車・快速/普通列車の普通車自由席に乗り放題
      • 普通車指定席に6回まで乗車可能

JR東日本の新幹線・特急列車に4日間も乗り放題で15,270円と、破格のフリーきっぷです。指定席にも6回まで乗車できます。会員限定で、利用できる期間が閑散期に限られていますが、非常にお得なきっぷです。

「大人の休日倶楽部パス」については、以下の記事でわかりやすく紹介しています。ぜひご覧ください。

【大人の休日倶楽部パス】JR東日本・JR北海道全線の新幹線・特急列車に乗り放題のフリーきっぷ! お得な使い方・注意点を紹介します!(2022年度版)
「大人の休日倶楽部」専用のフリーきっぷ「大人の休日倶楽部パス」は、JR東日本やJR北海道の新幹線・特急列車に乗り放題で、東日本用が4日間15,270円からと破格の内容になっています。この記事では、「大人の休日倶楽部パス」の利用期間とお得な使い方、利用上の注意点を説明します。
スポンサーリンク

【JR東海】「ぷらっとこだま」で東海道新幹線が割引に!

通常の「きっぷ」とは異なり、JR東海の子会社「JR東海ツアーズ」が発売する旅行商品ですが、ほぼきっぷ並みに気軽に利用できる「ぷらっとこだま」が利用できます。

こだま号に安く乗車できる「ぷらっとこだま」

JR東海ツアーズの定番商品に「ぷらっとこだま」があります。東海道新幹線の「こだま」限定ですが、前日17時までの購入で、東京~名古屋が8,600円、東京~新大阪が10,800円(いずれも普通車指定席、通常期の価格)で利用できるお得な商品です。

  • ぷらっとこだま
    • 利用期間: 通年
    • 発売期間: 通年
      • インターネットなら前日まで購入可能
    • おもな区間の旅行代金(通常期、おとな片道、普通車指定席)
      • 東京~名古屋 8,600円
      • 東京~新大阪: 10,800円
      • 繁忙期も利用できるが料金が異なる
    • 発売箇所: WEB限定 → JR東海ツアーズ ぷらっとこだま

前日までにインターネットで予約・購入し、乗車日に指定席券売機できっぷ類(クーポン券)を受取れば乗車できます。「こだま」利用ですので、「のぞみ」よりは時間がかかりますが、時間に余裕がある方にはおすすめです。

「ぷらっとこだま」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【ぷらっとこだま】東京~名古屋8,600円! 東海道新幹線「こだま」に安く乗れる旅行商品! 料金、予約購入方法、注意点を紹介!(2022年度版)
JR東海ツアーズが発売する「ぷらっとこだま」は、東海道新幹線「こだま」に安く乗れる旅行商品です。【ひさの乗り鉄ブログ】では、「ぷらっとこだま」の概要・料金に加えて、料金、予約購入方法、乗車方法、利用上の注意点についてわかりやすく解説します。
スポンサーリンク

【JR西日本】山陽新幹線~九州新幹線は「バリ得」がお得!

山陽新幹線・九州新幹線の関西エリア⇔九州エリア、中国エリア⇔九州エリア、中国エリア⇔関西エリアのそれぞれで、日本旅行の旅行商品「バリ得」が発売されています。きっぷに近い使い勝手で、割引率が30~40%以上と、かなりお得に新幹線を利用することができます。

また、50歳以上で「おとなび」会員であれば、2名以上の利用限定ですが、JR西日本全線の新幹線・特急列車に3日間または5日間乗り放題の「西日本グリーンきっぷ」が発売されます。グリーン席も6回まで利用できます。

山陽・九州新幹線を格安で利用できる旅行商品「バリ得」

「バリ得」は、日本旅行が発売する、山陽新幹線・九州新幹線の「こだま」、一部の「ひかり」「つばめ」「さくら」に格安で乗車できる旅行商品です。

  • バリ得(日本旅行)
    • 設定期間: 2022年4月1日(金)~9月30日(金)
    • 設定区間: 関西・中国の山陽新幹線各駅~九州の新幹線駅(小倉・博多、九州新幹線各駅)
    • 対象列車: 一部の「こだま」「ひかり」「つばめ」「さくら」(主に以下の列車)
    • 対象設備: 普通車指定席、「ひかり」のグリーン車(+1,000円)
    • 発売箇所: 日本旅行のWebサイト(インターネット限定)
    • 主な区間の料金 ※利用する区間によって異なる
      • 新大阪~博多: 8,600円~9,800円
      • 新大阪~熊本: 11,000円~12,700円
      • 広島~博多: 6,200円~9,200円
      • 広島~熊本: 7,700円~9,500円

「バリ得」は純粋なきっぷではなく、日本旅行が発売する旅行商品です。とはいえ、インターネットで前日までに予約、乗車当日に駅の指定席券売機できっぷを受け取って乗車できますので、使い勝手はかなりきっぷに近いものになっています。

割引率は30~40%以上とかなりお得です。特に、関西エリア~九州エリアの長距離は、割引率が40%を超える区間が多く、相対的にお得になっています。

旅行商品ゆえの制限がかなりありますが、条件にあうのであれば、山陽新幹線や九州新幹線を格安で利用できるチャンスです。

【バリ得】山陽新幹線「こだま」「ひかり」、九州新幹線「つばめ」等に格安で乗車できる旅行商品! 新大阪~博多が8,600円!(2022年4~9月版)
山陽・九州新幹線で関西~九州を格安で移動できる旅行商品「バリ得」。一部の「こだま」「ひかり」「さくら」「つばめ」限定ですが、割引率は30~40%以上と、他の割引きっぷの追随を許しません。【ひさの乗り鉄ブログ】では「バリ得」の最新情報に加えて、予約方法、利用上の注意点をわかりやすく紹介します。

「おとなび」会員限定! 新幹線・特急列車乗り放題でグリーン車にも乗れる「西日本グリーンきっぷ」

「西日本グリーンきっぷ」は、「おとなび」会員限定、2名以上での利用限定で、JR西日本全線の新幹線・特急列車に乗り放題、普通車指定席・グリーン席に6回まで乗車できるフリーきっぷです。

  • 西日本グリーンきっぷ
    • 利用期間: ~2022年9月30日(金)
    • 発売期間
      • 3日間用: ~2022年9月21日(水)
      • 5日間用: ~2022年9月19日(月・祝)
      • 出発の1ヶ月前から7日前まで発売
    • 効力
      • JR西日本全線と智頭急行線の新幹線・特急列車・普通列車(新快速・快速含む)の普通車自由席、宮島フェリーに乗り放題
      • 新幹線・特急列車等の普通車指定席・グリーン席が6回まで利用可能
      • 6回を超えて普通車指定席を利用する場合や、グリーン車を利用する場合には、運賃のみ有効となり、別途、必要な料金券(特急券、グリーン券、指定席券等)が必要
    • 発売条件
      • 「おとなび」会員(50歳以上で無料で入会可能)
      • 2名以上が全行程同一で利用する場合に発売
    • 発売箇所: JR西日本ネット予約「e5489」限定
    • おねだん
      • 3日間用: 23,000円
      • 5日間用: 27,000円

「おとなび」会員限定ということで、50歳以上の方しか利用することができません。また、2名以上での利用が条件になっています。利用条件が厳しいのですが、この条件にあう場合には、かなりお得に西日本を旅できるきっぷです。

1名で利用したい場合には、若干割高になりますが、後述の「西なびグリーンパス」を利用することができます。

「西日本グリーンきっぷ」については、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

【西日本グリーンきっぷ】JR西日本がおとなび会員、2名以上限定でグリーン車を利用できる乗り放題きっぷを発売! 5日間用が27,000円!
JR西日本は、50歳以上で加入できる「おとなび」会員限定の「西日本グリーンきっぷ」を発売します。2名以上での利用が必要ですが、JR西日本全線の新幹線・特急列車に乗り放題、指定席・グリーン席に6回まで乗車できて、3日間23,000円、5日間27,000円とお得な乗り放題きっぷです。

50歳以上限定! 新幹線・特急列車のグリーン車に乗れる「西なびグリーンパス」

JR西日本全線の新幹線・特急列車に3日間または5日間乗り放題となり、合計で8回まで普通車指定席・グリーン席に乗車できるフリーきっぷです。50歳以上限定で、西日本エリアの旅行会社のみでの発売となります。

  • 西なびグリーンパス
    • 利用期間: ~2022年9月30日(金)
    • 発売期間
      • 3日間用: ~2022年9月21日(水)
      • 5日間用: ~2022年9月19日(月・祝)
      • 利用日の1ヶ月前から7日前まで発売
    • 効力
      • JR西日本全線と智頭急行線の新幹線・特急列車・普通列車(新快速・快速含む)の普通車自由席、宮島フェリーに乗り放題
      • 新幹線・特急列車等の普通車指定席・グリーン席が8回まで利用可能
      • 8回を超えて普通車指定席を利用する場合や、グリーン車を利用する場合には、運賃のみ有効となり、別途、必要な料金券(特急券、グリーン券、指定席券等)が必要
    • 発売条件: 50歳以上(利用開始時点で満50歳以上)の方に限り発売
    • 発売箇所: JR西日本(JR九州の福岡県・佐賀県内含む)管内の主な旅行会社
    • おねだん
      • 1名利用時
        • 3日間用 30,000円, 5日間用 35,000円
      • 2名以上利用時(全員が全行程同一の場合に限る)
        • 3日間用 25,000円, 5日間用 30,000円

1名利用時は3日用で3万円からと、価格だけ見ると高めのフリーきっぷですが、グリーン車に8回まで乗車できることを考えると、かなりお得です。新大阪~博多の「のぞみ」グリーン席に乗車すると21,670円かかりますので、単純に往復するだけでも十分に元が取れます。

発売箇所が旅行会社のみ、指定席・グリーン席の予約は旅行会社かみどりの窓口のみで、ネットでの購入・予約が一切できません。使い方に一工夫必要なきっぷですが、西日本エリアを周遊する旅であれば、十分にお得になりそうです。

「西なびグリーンパス」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【西なびグリーンパス(50歳以上限定)】JR西日本の新幹線・特急に乗り放題、グリーン席・指定席にも8回まで乗車可能なフリーきっぷ!
JR西日本全線の新幹線・特急列車に乗り放題で、グリーン車にも8回まで乗車できる「西なびグリーンパス」が、2022年9月末までの期間限定で発売されます。1人用、3日間で30,000円~で、2名以上用も発売されます。50歳以上限定で、JR西日本管内の旅行会社でのみ発売されますので、西日本エリア在住の方向けのきっぷになりそうです。
スポンサーリンク

【JR四国】JR四国・土佐くろしお鉄道全線に3日間乗り放題!「四国フリーきっぷ」

JR四国は多数のフリーきっぷを発売していますが、最もベーシックなものが、JR四国全線(特急列車含む)の普通車自由席に3日間乗り放題の「四国フリーきっぷ」です。いつでも利用できる使い勝手の良さも魅力です。

JR四国の特急列車に3~4日間乗り放題!「四国フリーきっぷ」「四国グリーン紀行」「バースデイきっぷ」

JR四国の定番フリーきっぷ「四国フリーきっぷ」は、JR四国全線の特急列車の自由席に3日間乗り放題で、16,440円というお得なフリーきっぷです。

  • 四国フリーきっぷ
    • 利用期間: 通年
    • 有効期間: 3日間
    • フリーエリア: JR四国全線、土佐くろしお鉄道(窪川~若井)JR四国の路線バス(大栃線、久万高原線)
    • きっぷの効力: フリーエリア内の特急列車、普通・快速列車の普通車自由席に乗り放題
    • おねだん: 大人 16,440円, 小児 8,220円

JR四国を鉄道で周遊する旅にぴったりのフリーきっぷです。1日あたり5,000円ちょっとで、JR四国の特急列車に乗り放題ですので、かなりおトクです。

また、特急列車の普通車指定席・グリーン席に乗車できる「四国グリーン紀行」もあります。

  • 四国グリーン紀行
    • 利用期間: 通年
    • 有効期間: 3日間
    • フリーエリア: JR四国全線、土佐くろしお鉄道全線、JR四国の路線バス(大栃線、久万高原線)
    • きっぷの効力: フリーエリア内の特急列車、普通・快速列車のグリーン席・普通車指定席・自由席に乗り放題
    • おねだん: 大人 20,950円

こちらはグリーン車、普通車指定席にも乗車できるフリーきっぷです。乗車できる座席種別が多いだけでなく、有効期間が4日間と長く、フリーエリアに土佐くろしお鉄道全線が含まれるなど、「四国フリーきっぷ」よりもかなりグレードアップされています。

JR四国自慢の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」や「伊予灘ものがたり」にも、「四国グリーン紀行」だけで乗車できます。(グリーン席の予約は別途必要ですが、追加料金はかかりません)

「四国フリーきっぷ」「四国グリーン紀行」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【四国フリーきっぷ・四国グリーン紀行】 JR四国の特急列車・グリーン車に乗り放題の定番フリーきっぷで四国を旅しよう!
四国を鉄道で旅するときの定番きっぷが、JR四国が発売する「四国フリーきっぷ」「四国グリーン紀行」です。繁忙期も含めて、通年利用可能という使い勝手の良いフリーきっぷです。この記事では、「四国フリーきっぷ」「四国グリーン紀行」の概要と、購入方法、おすすめの利用方法などをご紹介します。

また、誕生月に限り、四国フリーきっぷよりも安い「バースデイきっぷ」(3日間有効、自由席用9,680円、グリーン車用13,240円)を利用することもできます。特に、グリーン車用は破格です。

【バースデイきっぷ】 誕生月限定、四国の特急列車に3日間乗り放題の格安フリーきっぷ! グリーン車用がおすすめ!(2022-23年版)
JR四国が発売するユニークなフリーきっぷが「バースデイきっぷ」です。誕生月のみ利用できる、JR四国全線と土佐くろしお鉄道全線・阿佐海岸鉄道全線に3日間乗り放題のお得なきっぷです。この記事では、「バースデイきっぷ」の概要に加え、JR四国の他のフリーきっぷとの比較、使い分けについても紹介します。

JR四国のフリーきっぷのまとめ記事です。特急列車の指定席やグリーン席を利用したい場合には、「四国グリーン紀行」など別のきっぷのほうが適切です。以下の記事で詳しく紹介しています。

【JR四国フリーきっぷまとめ】 格安の乗り放題フリーきっぷが多いJR四国、鉄道旅行・乗り鉄に便利なきっぷを紹介します!(2022年版)
JR四国は、JR四国全線に3~5日間乗り放題のきっぷから、エリアごとに路線バスも含めて利用できるフリーきっぷ、1日乗り放題のフリーきっぷなど多数のお得なきっぷを発売しています。【ひさの乗り鉄ブログ】では、四国を鉄道で旅行するときに利用しやすいフリーきっぷ、割引きっぷを中心に、その概要と使い分けについて、わかりやすくご紹介します。
スポンサーリンク

【JR九州】JR九州全線に3日間乗り放題!「ぐるっと九州きっぷ」

JR九州の定番フリーきっぷ「ぐるっと九州きっぷ」は通年利用できます。九州を鉄道で周遊する旅であれば、「ぐるっと九州きっぷ」がおすすめです。

JR九州全線に3日間乗り放題! 特急券追加で新幹線・特急にも乗れる「ぐるっと九州きっぷ」

JR全線に3日間乗り放題となる定番のフリーきっぷです。

  • ぐるっと九州きっぷ
    • 利用期間: 通年
    • 有効期間: 3日間
    • フリーエリア: JR九州全線
    • きっぷの効力
      • フリーエリア内の普通・快速列車の普通車自由席に乗り放題
      • 特急券等を別途購入すれば、九州新幹線や特急列車にも乗車可能
    • おねだん: 大人 14,300円, 小児 7,150円

別途、特急券を購入すれば、九州新幹線や在来線特急列車にも乗車できますので、九州を周遊する旅におすすめのフリーきっぷです。

おねだんは大人用が14,300円と安くはないですが、新幹線や特急列車を活用してあちこち巡る旅であれば、元は取れるはずです。

一方、特定の都市間の往復利用や、観光地への往復利用だけであれば、別のきっぷのほうが良い場合もあります。

「ぐるっと九州きっぷ」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【ぐるっと九州きっぷ】JR九州の普通列車に3日間乗り放題! 特急券を組み合わせて新幹線・特急列車にも乗れる使い勝手のよいフリーきっぷ!
JR九州の定番フリーきっぷ「ぐるっと九州きっぷ」が2022-23年も継続して発売されます。JR九州の普通列車・快速列車に3日間乗り放題で、特急券を購入すれば、九州新幹線や在来線特急にも乗車できます。【ひさの乗り鉄ブログ】では、「ぐるっと九州きっぷ」のお得な使い方、他の割引きっぷとの使い分けについて紹介します。

JR九州が発売しているフリーきっぷ・割引きっぷのまとめ記事です。使い分けの方法なども紹介していますので、ぜひご覧ください。

【JR九州フリーきっぷまとめ】九州を鉄道で旅するときにおすすめのおトクなフリーきっぷ・割引きっぷを紹介します!(2022年版) 
JR九州は多くのフリーきっぷや割引きっぷを発売しています。定番のフリーきっぷや観光地への往復に便利なきっぷなどさまざまです。【ひさの乗り鉄ブログ】では、JR九州のフリーきっぷ・割引きっぷを紹介します。おおまかな使い分けについても解説していますので、九州旅行の際に参考にしてみてください。

以上、『2022年夏の鉄道旅行に使えるJR各社の格安フリーきっぷ・割引きっぷまとめ!』でした。例年では考えられないほどお得なフリーきっぷ・割引きっぷがたくさん利用できますので、感染対策を万全にしたうえで、鉄道旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

乗り鉄や鉄道旅行に便利なフリーきっぷ・割引きっぷを紹介している目次ページです。

おすすめきっぷ
乗り鉄や鉄道メインの旅行に利用できる、おすすめのおトクなきっぷ(フリーきっぷ、割引きっぷ)の紹介記事のまとめです。おトクなきっぷを上手に活用して、充実した旅行を楽しみましょう!2022年夏 注目のJR各社のお得なフリーきっぷ・割引きっぷま...
ノウハウノウハウ-おトクなきっぷ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました