ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【E353系】中央線特急 新型「あずさ」乗車記! 改良された座席・広々とした客室で居住性は大幅向上、揺れも少なく乗り心地は上々!(座席表・荷物置場の情報あり)


注目記事 【2020年夏の青春18きっぷ】最新情報、おすすめ列車・路線などを紹介!
【2020年夏の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール

2017年12月23日に中央本線の特急用車両としてデビューしたE353系。早速、スーパーあずさ1号(当時)に乗車しましたので、座席などの車内設備や、その乗り心地などを中心に、乗車レポートをお届けします。詳細な座席表や荷物置場の位置、おすすめの座席、どんな車窓が見えるかも掲載していますので、乗車時の参考にしてください。

※2020.01.29更新

中央本線の特急用新型車両「E353系」とは?

f:id:kzlife:20171229153630j:plain

E353系は、中央本線(中央東線)の特急用に導入された新型車両です

導入当初(2017年12月現在)は一部の「スーパーあずさ」に充当されていますが、2018年3月のダイヤ改正で、全ての「スーパーあずさ」がE353系に置き換わりました。その後、「あずさ」「かいじ」に利用されていたE257系との置き換えも進み、2019年3月のダイヤ改正で、「あずさ」「かいじ」のすべての特急列車の車両がE353系に置き換わりました。(一部の臨時列車では、E257系での運転もあるようです)

つまり、現在では、中央東線の特急列車(東京・新宿~甲府・松本・白馬)に乗車すると、基本的にはE353系に乗車することになります。

中央本線特急列車(E353系)に導入された「新たな着席サービス」

2019年3月のダイヤ改正で、中央本線の特急列車がすべてE353系に統一されたのに伴い、従来の「指定席」「自由席」という区分が廃止され、「新たな着席サービス」が導入されました。

www.kzlifelog.com

この「新たな着席サービス」で、すべての普通車の座席が指定できるようになりました。指定を受けていない場合(「座席未指定券」という)、誰も座っていない席に座ることができますが、指定を受けている客が乗ってきた場合には、席を譲る必要があります。

E353系座席上のランプ
E353系座席上のランプ

各座席の上にランプが備えられていて、このランプの色で、その座席が空いているのか、人が乗ってくるのかがわかります。

ランプの色 意味 座席未指定券の利用
赤色 空席 当面は人が乗ってこないため
この座席を利用できる
黄色 まもなく指定席
発売済区間
まもなく指定席発売済みの区間に
入るため、座席を譲る必要がある
緑色 現在指定席
発売済区間
指定席券を持った人が乗っているため
この座席を利用できない


ランプが赤色の座席は、当面は指定席券を持った人が乗ってきません。ですので、座席の指定を受けていない場合には、赤色のランプの座席に座りましょう。

ただし、ずっとその座席の指定席券を持った人が乗ってこないわけではありません。ランプが黄色に変わったら、まもなく指定席券発売済みの区間に入りますので、ランプが赤色の別の座席に移動したほうが良いでしょう。

なお、座席指定券も座席未指定券も、特急料金は同額ですので、早めに座席の指定を受けることをおすすめします。

E353系 特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」「はちおうじ」「おうめ」の座席表・荷物置場

E353系で運転される中央本線の特急列車は「あずさ」「かいじ」「富士回遊」「おうめ」「はちおうじ」があります。

各列車の運行区間と両数は以下の通りです。

列車名 運行区間 両数
あずさ 千葉・東京・新宿
~松本・南小谷
12両
9両 ※1
かいじ 東京・新宿~
甲府・竜王
9両 ※1
富士回遊 千葉・新宿~
河口湖
3両 ※1
はちおうじ 東京~八王子 12両
おうめ 東京~青梅 9両

※1: 千葉・新宿~大月間では、一部の「あずさ」「かいじ」は「富士回遊」と併結運転

12両編成の列車は1~12号車で、9両編成の列車は4~12号車で、3両編成の列車は1~3号車で運転されます。

座席表、荷物置場、トイレの位置などは以下の画像のとおりです。

E353系 座席表・荷物置場・トイレの位置
E353系 座席表・荷物置場・トイレの位置

E353系 車窓別おすすめ座席

E353系が走る中央本線は、南アルプスや富士山、八ヶ岳、甲府盆地などの車窓が眺められる、景色のよい路線です。

せっかく中央本線の特急列車に乗るのであれば、車窓も楽しみたいところ。そこで、窓側の座席であるA席とD席で、どのような車窓が見られるかを簡単にご紹介します。

座席 主な車窓 区間
D席 甲府盆地 勝沼ぶどう郷
~甲府
南アルプス
富士山
塩山~茅野
諏訪湖 上諏訪~
下諏訪
A席 八ヶ岳 韮崎~茅野


見どころが多いのはD席ですが、独特な山容の八ヶ岳の車窓もなかなかです。どちらも楽しんでみたいところですが、お好きなほうを選んで乗るのがよいでしょう。

勝沼ぶどう郷あたりからの甲府盆地の車窓
勝沼ぶどう郷あたりからの甲府盆地、その向こうには南アルプス!

ゆったりした客室のE353系、車内の居住性は大幅に向上!

今回、新宿から甲府まで、スーパーあずさ1号(乗車当時、現在はあずさ1号)の普通車(指定席)に乗車しましたので、その乗車レポートをお届けします。

まずは、客室内の設備面でのレポートです。

E353系の広々とした客室

乗車してまず気がつくのは、これまでのE351系の電車と比べると、客室内が広々としていることですね。

f:id:kzlife:20171229153706j:plain

車両断面が丸みを帯びていたE351系に対して、E353系は四角に近い断面で、その分、広々としているようです。

E351系は、カーブ通過時に車体を大きく傾けるので、その分、車両の横幅を絞らないといけなかったのに対して、E353系は傾斜がかなり小さくなったので、断面を大きくとることができるようになったのでしょうね。

シートピッチは標準的ながら可動式枕の付いたE353系の座席

f:id:kzlife:20171229153724j:plain

普通車の座席です。シートピッチ(前の座席との間隔)は960mmで、新幹線の普通車の座席(980mm~1000mm)よりは若干狭いものの、在来線の特急車両としては標準的です。

実は、E351系はシートピッチが970mmでした。E353系では10mm狭くなっているのですが、シートが改良されたのと、前の座席のシート下が空いているので、その狭さを感じさせません。E351系は、前の座席の下に、座席を支える台があって、足を伸ばせなかったのですよね。

f:id:kzlife:20171229153736j:plain

E351系ではグリーン車にしかなかった上下可動式の枕が普通車の座席にも付きました。これは個人的には高評価です。枕の位置は、各人の好みも大きいでしょうし、車内で休みたいのか、何らかの作業をしたいのかによっても異なるでしょう。そういう意味で、自分で好きな位置に調整できるのはありがたいです。

「E353」のロゴが入ったカバーもGOODですね!

大きめのテーブル

f:id:kzlife:20171229153752j:plain

テーブルは比較的大きく、モバイル用のパソコンを置いてもはみ出ないくらいの大きさになっています。(サービスサンドは気にしないでください…)

f:id:kzlife:20171229153801j:plain

テーブルの耐荷重は5kgまで。駅弁を食べたり、お酒を飲んだり、パソコン作業をする分には全く問題ないでしょう。

E353系は電源コンセントを全席装備、前の座席の下に

最近の特急型車両の標準設備となっている電源コンセントは、全席に装備されています

f:id:kzlife:20171229153817j:plain

E353系では、前の座席の下部にあります。

常磐線のE657系では、ひじ掛けに付いていたのですが、E353系では変更したようですね。

パソコン作業をするなら、E353系のように前の座席の下にあるほうが、電源ケーブルが邪魔にならなくてよさそうですが、スマホを充電しながら利用したいとなると、ひじ掛けに電源コンセントがあるほうが便利かな、と思いました。もっとも、好みの問題の範疇とは思いますが…。

E353系はWiFiも装備!

E353系は全車両にWiFiが装備されています。「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」というSSIDを無料で利用できます。

接続時にメールアドレスの登録を求められますが、それ以上の手続きは不要で、一度接続すると180分利用することができます。

なお、中央本線は、特に高尾~甲府間ではトンネルが多く、一部の区間ではWiFiが利用できません。こればかりは仕方がないでしょう。

荷物置き場は客室内に設置

荷物置き場が、一部の車両の客室内に設けられています。

f:id:kzlife:20171229153834j:plain

車端部の座席のスペースに設置されています。下り列車(松本方面行き)の場合は、最前列のC/D列の座席に相当するところに設けられていました。

f:id:kzlife:20171229153854j:plain

ただし、デッキに掲示されている「車内設備のご案内」によると、全車両にあるわけではないようです。

荷物置き場があるのは、

  • 1号車、3号車、5号車、7号車、10号車、12号車の客室内
  • 9号車(グリーン車)のデッキ部

の7か所です。

網棚に載せられないような大きな荷物を持って乗る場合には、上記の号車に乗車したほうがよいでしょう。

「E353系」揺れと騒音が少なく、乗り心地はかなり向上!

次に、新宿から甲府まで乗車した際の乗り心地についてです。

車体傾斜はほとんど気が付かないレベル

f:id:kzlife:20171229153927j:plain

中央本線の特急列車には、カーブを高速で通過するために、車体傾斜装置が装備されています。カーブを通過する際に、車体を傾斜させることで、高速でカーブを通過しつつ、乗り心地の改善を図るための装置です。

先代のE351系では、「制御つき自然振り子方式」の車体傾斜装置が採用されていて、カーブ通過時には最大で5度も傾斜していました。一方、E353系では「空気ばね車体傾斜方式」が採用され、傾斜は最大でも1.5度に抑えられているとのことです。

実際に乗車してみると、E351系では車体が傾くのがよくわかったのですが、E353系では車体の傾斜はほとんどわかりませんでした

個人的には、E351系の車体傾斜も嫌いではなかったのですが、傾斜が大きいので乗り物酔いを誘発しやすく、揺り戻し時の揺れが大きいといったことから、一般的には乗り心地が悪いとされています。

その点では、E353系は大幅に改善されています。急勾配、急カーブの多い中央本線ですので、多少の揺れは発生しますが、小刻みな揺れが多く、E351系のような大きな横方向の揺れはほとんど感じませんでした。少なくとも、不快に感じる変な揺れはほとんどなくなりました。

客室内の静穏性も向上

f:id:kzlife:20171229154858j:plain

乗り心地という点では、客室内の静穏性もかなり向上しています。

今回乗車した10号車は、モーターが付いている車両(モーター車)でしたが、そのモーター音がかなり軽減されているのがわかりました。客室内の床が防音構造になっているそうで、モーター音や走行音を軽減しているそうです。

ゆっくりと休みたい方にとっては、とてもよい改善点ですね。


『【E353系】中央線特急 新型「あずさ」乗車記! 改良された座席・広々とした客室で居住性は大幅向上、揺れも少なく乗り心地は上々!(座席表・荷物置場の情報あり)』でした。先代のE351系の欠点を改良しつつ、高速性はそのままという優れた車両に仕上がっている印象を受けました。中央本線の旅がさらに快適になりそうですね。

関連記事

当ブログで紹介している乗車記の目次ページです。主に観光列車やSL列車、風光明媚な車窓が見られる路線を中心に乗車記を掲載していますので、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com