K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【北海道フリーパス】 JR北海道の在来線特急に7日間乗り放題の定番フリーきっぷ、北海道の乗り鉄におすすめです!

おすすめ記事Pick Up! 2018年『秋の乗り放題パス』シーズン到来!

広い北海道を鉄道で旅する時に有効なきっぷが「北海道フリーパス」です。普通列車にのみ乗車できる青春18きっぷや北海道&東日本パスでは、北海道全体を周遊することは困難ですが、そんなときは特急列車に7日間も乗り放題となる「北海道フリーパス」を利用しましょう。

f:id:kzlife:20180318230611j:plain

「北海道フリーパス」とは?

「北海道フリーパス」は、JR北海道の在来線特急列車に7日間乗り放題となるフリーきっぷです。指定席にも6回まで乗車できますので、長距離・長時間の移動になりがちな北海道の都市間移動でも安心ですね。

  • 利用期間: 通年(下記繁忙期を除く)
    • 4月27日~5月6日、8月11日~20日、12月28日~1月6日は利用不可
  • 有効期間: 連続する7日間
  • 発売期間: 有効期間開始日の1か月前から当日まで
  • 発売箇所: JR北海道の窓口など、JR各社の主な駅、旅行センター、主な旅行会社
  • フリーエリア:
    • JR北海道の在来線全線
    • ジェイ・アール北海道バス全線(以下の路線を除く)
      • 札幌~旭川間、札幌~帯広間、札幌~紋別間、札幌~えりも、札幌~広尾間の都市間バス
    • 注意: 北海道新幹線には乗車できません
  • きっぷの効力:
    • 「北海道フリーパス」単体でフリーエリア内の普通・快速列車、特急列車の普通車自由席に乗り放題
    • 6回まで指定席に乗車可能(7回目以降は運賃のみ有効)
    • グリーン車に乗車する場合には運賃のみ有効(別途、特急料金+グリーン料金が必要)
  • おねだん: 26,230円

詳しくは、JR北海道のWebサイトをご覧ください。

他のフリーきっぷ・割引きっぷとの比較

フリーエリアはJR北海道の在来線全線、それに特急列車に7日間も乗り放題。フリーきっぷとしては万能の「北海道フリーパス」ですが、お値段は26,230円と安くありません。そこで、他のフリーきっぷや割引きっぷとの使い分けについて考えてみます。

都市間往復なら「Rきっぷ」「えきねっとトクだ値」も検討しよう

鉄道を利用するのが、道内の各都市間の往復移動のみであれば、往復特急列車の指定席に乗車できる「Rきっぷ」や、片道のみですが割引率の高い「えきねっとトクだ値」の利用も検討してみましょう。

「Rきっぷ」は、札幌と網走方面(石北本線)、稚内方面(宗谷本線)の主要駅に設定されています。札幌~網走・稚内の「Rきっぷ」のお値段は以下の通りです。

設定区間 夏料金 冬料金 有効期間
札幌~網走 16,460円(-17%) 16,870円(-15%) 6日間
札幌~稚内 12,550円(-40%) 13,580円(-35%) 6日間

※夏料金は4月~11月利用分、冬料金は12月~3月利用分に適用、カッコ内は通常料金(普通車指定席)からの割引率

札幌を起点に、網走や稚内に移動、その周辺で観光するような場合には、「Rきっぷ」がお得です。

f:id:kzlife:20180318231529j:plain
広大な釧路湿原へは釧路から釧網本線で

一方、「えきねっとトクだ値」は、インターネット予約「えきねっと」限定の、乗車券と特急券がセットになった割引きっぷです。札幌と主要駅の割引率は以下の通りです。

設定区間 列車 割引率
札幌~新函館北斗・函館 スーパー北斗・北斗 15%または30%
札幌~帯広 スーパーとかち 20%または45%
札幌~帯広・釧路 スーパーおおぞら 15%または45%
札幌~旭川 ライラック 45%
札幌~名寄 サロベツ 45%
札幌~稚内 サロベツ 50%
札幌~北見 オホーツク 35%
札幌~網走 オホーツク 30%

「えきねっとトクだ値」は、列車・席数限定、前日までの購入が必要など、いくつか制限があります。そのため、単純には比べられないのですが、やはり札幌からの都市間移動や都市間往復のみであれば、「北海道フリーパス」よりもお得になりそうです。

道東または道北への旅には「ひがし北海道フリーパス」「きた北海道フリーパス」も検討しよう

LCC(バニラエア・Peach)を利用して新千歳空港に到着する場合には、「ひがし北海道フリーきっぷ」「きた北海道フリーパス」が利用できます。

きっぷ 有効期間 おねだん フリーエリア
ひがし北海道
フリーパス
5日間 15,500円 主に道央~道東
きた北海道
フリーパス
4日間 12,500円 主に道央~道北

※こども用の設定あり(おとなの半額)、特急列車の普通車自由席に乗車可能

LCC利用限定ということで、誰でも利用できるわけではありませんが、北海道内での旅行先のエリアが道東や道北で、LCCが就航している空港から渡道する場合には、これらのフリーきっぷの利用を考えてみましょう。2018年3月時点では、成田空港、関西国際空港、福岡空港、仙台空港から新千歳空港へLCCが就航しています。

「北海道フリーパス」よりもフリーエリアは限定されていますが、それでもフリーきっぷのエリアとしてはかなり広いです。

詳しくは、以下の記事で詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

www.kzlifelog.com

www.kzlifelog.com

おすすめのおすすめの利用法

他のフリーきっぷや割引きっぷとの比較を踏まえて「北海道フリーパス」のおすすめの使い方を考えてみます。

北海道周遊鉄道の旅へ!

とはいえ、考えるまでもなく、おすすめの使い方は「北海道周遊の旅」ということになるでしょう。特に、乗り鉄の方にはおすすめです。

普通列車にしか乗車できない「青春18きっぷ」や「北海道&東日本パス」では、札幌から函館、稚内、釧路、網走などの道内主要都市へ移動するだけでも丸一日を要してしまいます。

f:id:kzlife:20180318231350j:plain

一方、特急列車に乗車できる「北海道フリーパス」であれば、札幌から各都市へ移動後に観光する時間も取れますし、ローカル線に乗り継いで汽車旅を満喫することも可能です。

ということで、初めて北海道を旅行する乗り鉄の方は、少し値が張りますが、絶対に「北海道フリーパス」がおすすめです。

ジェイ・アール北海道バスを活用しよう!

「北海道フリーパス」は、ジェイ・アール北海道バスの路線バスにも乗り放題となります。

www.jrhokkaidobus.com

ジェイ・アール北海道バスの路線は、一般路線バスと高速乗合バスの2種類がありますが、「北海道フリーパス」で乗車できるのは、主に一般路線バスのほうです。(高速乗合バスの札幌~小樽線には乗車できます)

一般路線バスは、札幌市内・札幌近郊とそれ以外の地域の路線がありますが、ここで注目したいの後者です。

  • 【深名線】名寄(宗谷本線)~深川(函館本線・留萌本線)
  • 【日勝線】様似(日高本線,運休中)~えりも岬~広尾

深名線は、1995年に廃止されたJR深名線の代替バスとして誕生した路線です。宗谷本線の主要駅である名寄駅と、函館本線の主要駅で、留萌本線の起点駅でもある深川駅を結んでいます。宗谷本線は稚内~旭川の長大な枝線(途中で乗り換えられる路線が一つもない)ですので、鉄道だけで移動する場合には往復するしかないのですが、ジェイ・アール北海道バスの深名線を利用すれば、深川までショートカットできます。

f:id:kzlife:20180318230909j:plain
いつも強風のえりも岬

一方、日勝線のほうは、鉄道が通っていないえりも岬への観光に活用したい路線です。日高本線の終点となる様似から乗車できるのですが、現在は残念ながら運休中。日高本線はJR北海道が「単独で維持困難な線区」にも指定されているため、今後も復旧する見込みは立っていません。

「北海道フリーパス」を活用してえりも岬に行くには、帯広から十勝バスで広尾へ出て、広尾からジェイ・アール北海道バスの日勝線に乗り継ぐのが良いでしょう。いずれも本数は多くないので、時刻表を確認しておきましょう。

www.tokachibus.jp

「北海道フリーパス」利用例

「北海道フリーパス」の前身となる「北海道フリーきっぷ」(当時23,750円/7日間有効)を利用したときの行程を、参考に載せておきます。きっぷの効力はほぼ同じですので、参考にどうぞ。

  • 1日目
    • 仙台港 → 苫小牧港(太平洋フェリー) ※北海道フリーパスでは乗れません
    • 苫小牧 → 登別(スーパー北斗10号)
    • 登別観光
    • 登別 → 苫小牧(スーパー北斗9号)
    • 苫小牧泊
  • 2日目
    • 苫小牧 → 様似(日高本線 普通列車) ※2018年3月現在、鵡川~様似間は運休中
    • 様似 → えりも岬(ジェイ・アール北海道バス) ※北海道フリーパスで乗車可能
    • えりも岬観光
    • えりも岬 → 広尾(ジェイ・アール北海道バス) ※北海道フリーパスで乗車可能
    • 広尾 → 帯広(十勝バス) ※北海道フリーパスでは乗れません
    • 帯広 → 釧路(スーパーおおぞら9号)
    • 釧路泊
  • 3日目
    • 釧路 → 摩周(釧網本線 快速しれとこ)
    • レンタカーで、摩周湖・硫黄山・美幌峠・屈斜路湖を観光
    • 摩周 → 網走(釧網本線 普通列車)
    • 網走泊
  • 4日目
    • 網走 → 旭川(特急オホーツク2号)
    • 旭川 → 美瑛(富良野線 普通列車)
    • レンタサイクルで美瑛観光
    • 美瑛 → 富良野(富良野線 富良野・美瑛ノロッコ3号)
    • 富良野 → 札幌(臨時特急フラノラベンダーエクスプレス2号)
    • 札幌 → 函館(特急スーパー北斗18号)
    • 函館泊
  • 5日目
    • 函館 → 青森(快速海峡) ※現在は北海道新幹線となり北海道フリーパスでは乗車できません

f:id:kzlife:20180318234240j:plain
現在でも夏に運行されているトロッコ列車「富良野・美瑛ノロッコ号」

ちなみに、2000年8月に北海道旅行したときの行程です。北海道をぐるっと一周するような行程でした。このときは、休暇の都合で、実質5日分しか利用しませんでしたが、元は十分に取れているはずです。時間さえあれば、もう少し余裕のある行程にしたり、さらに多くの場所に訪れたりできると思います。


以上、JR北海道の定番フリーきっぷ「北海道フリーパス」とおすすめの利用法をご紹介しました。広大な北海道を鉄道で旅するなら特急列車の利用が欠かせません。特急列車に7日間も乗り放題となる「北海道フリーパス」を活用して、充実した北海道の汽車旅と観光を楽しみましょう!

関連記事

JR北海道のフリーきっぷのまとめ記事です。ざっくりとした使い分けについても解説しています。

www.kzlifelog.com