スポンサーリンク

【北海道フリーパス】JR北海道の在来線特急列車に7日間乗り放題の定番フリーきっぷ、北海道の乗り鉄・周遊の旅におすすめです!

ノウハウ

広い北海道を鉄道で旅する時にピッタリのきっぷが「北海道フリーパス」です。普通列車にのみ乗車できる青春18きっぷや北海道&東日本パスでは、北海道全体を周遊することは困難ですが、そんなときは特急列車に7日間も乗り放題となる「北海道フリーパス」を利用しましょう。

スポンサーリンク

「北海道フリーパス」とは?

「北海道フリーパス」は、JR北海道の在来線特急列車に7日間乗り放題となるフリーきっぷです。指定席にも6回まで乗車できますので、長距離・長時間の移動になりがちな北海道の都市間移動でも安心ですね。

  • 利用期間: 通年(下記繁忙期を除く)
    • 4月27日~5月6日、8月10日~19日、12月28日~1月6日は利用不可
  • 有効期間: 連続する7日間
  • 発売期間: 有効期間開始日の1か月前から当日まで
  • 発売箇所
    • えきねっと、JR北海道の主な駅の指定席券売機・話せる券売機・みどりの窓口、主な旅行会社
    • 全国のJRの主な駅のみどりの窓口、旅行センター、主な旅行会社
  • フリーエリア:
    • JR北海道の在来線全線
    • ジェイ・アール北海道バス全線(札幌~旭川間、札幌~帯広間、札幌~紋別間、札幌~えりも、札幌~広尾間の都市間バスを除く)
    • 注意: 北海道新幹線には乗車できません
  • きっぷの効力:
    • 「北海道フリーパス」単体でフリーエリア内の普通・快速列車、特急列車の普通車自由席に乗り放題
    • 6回まで指定席に乗車可能(7回目以降は運賃のみ有効)
    • グリーン車に乗車する場合には運賃のみ有効(別途、特急料金+グリーン料金が必要)
  • おねだん: 27,430円(こども用設定なし)

詳しくは、JR北海道のWebサイトをご覧ください。

北海道フリーパス|JR北海道のおトクなきっぷ
JR北海道内の在来線特急列車の普通車自由席及びジェイ・アール北海道バス(一部路線を除く)が7日間乗り降り自由なきっぷです。普通車指定席も6回まで利用できます。北海道をくまなくご旅行される方におトクなきっぷです。※北海道ふるさと納税返礼品に採用されました。|JR北海道のおトクなきっぷ
スポンサーリンク

「北海道フリーパス」と他のフリーきっぷ・割引きっぷとの比較

フリーエリアはJR北海道の在来線全線、それに特急列車に7日間も乗り放題。フリーきっぷとしては万能の「北海道フリーパス」ですが、お値段は27,430円と安くありません。そこで、他のフリーきっぷや割引きっぷとの使い分けについて考えてみます。

都市間往復なら「Rきっぷ」「えきねっとトクだ値」も検討しよう

道内の各都市間の往復移動のみであれば、特急列車の指定席に乗車できる往復割引きっぷ「Rきっぷ」や、片道のみですが割引率の高い「えきねっとトクだ値」 の利用も検討してみましょう。

「Rきっぷ」は、札幌と網走方面(石北本線)、稚内方面(宗谷本線)の主要駅に設定されています。札幌~網走・稚内の「Rきっぷ」のお値段は以下の通りです。

設定区間夏料金冬料金有効期間
札幌~網走17,500円(-17%)17,940円(-15%)6日間
札幌~稚内13,310円(-40%)14,410円(-35%)6日間

※夏料金は4月~11月利用分、冬料金は12月~3月利用分に適用、カッコ内は通常料金(普通車指定席)からの割引率

札幌を起点に、網走や稚内に移動、その周辺で観光するような場合には、「Rきっぷ」がお得です。

広大な釧路湿原へは釧路から釧網本線で
広大な釧路湿原へは釧路から釧網本線で

一方、「えきねっとトクだ値」は、インターネット予約「えきねっと」限定の、乗車券と特急券がセットになった割引きっぷです。札幌と主要駅の割引率は以下の通りです。

設定区間列車割引率
札幌~新函館北斗・函館北斗15%または30%
札幌~帯広とかち20%または45%
札幌~帯広・釧路おおぞら15%または45%
札幌~旭川ライラック45%
札幌~名寄サロベツ45%
札幌~稚内サロベツ50%
札幌~北見オホーツク35%
札幌~網走オホーツク30%

「えきねっとトクだ値」は、列車・席数限定、前日までの購入が必要など、いくつか制限があります。そのため、単純には比べられないのですが、やはり札幌からの都市間移動や都市間往復のみであれば、「北海道フリーパス」よりもお得になることが多いです。

「えきねっとトクだ値」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」でJR東日本・JR北海道の新幹線・特急列車をお得に利用しよう! 購入・変更・払戻の方法、注意点を紹介します!(2021年版)
JR東日本のインターネット予約「えきねっと」限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」を利用すれば、新幹線や特急列車が割安で利用できます。この記事では、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の基本的な使い方や、購入方法、変更や払い戻し(キャンセル)などの注意点、上手な利用法をご紹介します。

道東・道北への旅には「ひがし北海道フリーパス」「きた北海道フリーパス」も検討しよう

Peach及びAIR DOの航空便を利用して北海道に到着する場合には、「ひがし北海道フリーきっぷ」「きた北海道フリーパス」 を利用できます。

きっぷ有効期間おねだんフリーエリア指定席
ひがし北海道
フリーパス
5日間16,380円主に道央~道東×
きた北海道
フリーパス
4日間13,150円主に道央~道北×
北海道フリーパス7日間27,430円JR北海道
在来線全線
6回まで

※こども用の設定あり(おとなの半額)、特急列車の普通車自由席に乗車可能
※2021年度は「きた北海道フリーパス」のANA版もあり

Peach及びAIRDO利用者限定ということで、誰でも利用できるわけではありませんが、旅行先が道東や道北で、LCCが就航している空港から渡道する場合には、これらのフリーきっぷの利用を考えてみましょう。

「北海道フリーパス」よりもフリーエリアは限定されていますが、それでもフリーきっぷのエリアとしてはかなり広いです。

なお、「北海道フリーパス」とは異なり、普通車自由席にしか乗車できません。北海道の特急列車は、札幌~旭川間を除くと、日中時間帯は比較的空いていることが多いので、それほど心配はいりませんが、確実に座席を確保しておきたい場合には、「北海道フリーパス」のほうがよいでしょう。

詳しくは、以下の記事で最新情報と、お得な使い方を紹介しています。ぜひご覧ください。

Peach・AIRDO利用者限定の「ひがし北海道フリーパス」 道央~道東の広いフリーエリアで 5日間特急列車に乗り放題のおトクなきっぷです!
JR北海道は、北海道内空港着のPeach、AIRDO利用者限定のフリーきっぷ「ひがし北海道フリーパス」を、2022年3月末まで継続発売します。この記事では、「ひがし北海道フリーパス」の概要、利用できる航空便の発着空港、買い方・使い方、おすすめの利用法の紹介や、他のフリーきっぷとの比較します。
Peach・AIRDO・ANA利用者向け「きた北海道フリーパス」 道央・道北エリアで4日間特急列車に乗り放題! ただし使いこなすには工夫が必要です!
JR北海道が、Peach・AIRDO利用者限定のフリーきっぷ「きた北海道フリーパス」を2022年3月末まで継続して発売します。宗谷本線の稚内までがエリアに入る広範囲なフリーきっぷです。また、2020年度から発売されている「ANA きた北海道フリーパス」も引き続き発売されます。この記事では、「きた北海道フリーパス」の概要と、使いこなしのコツをご紹介します。
スポンサーリンク

「北海道フリーパス」をえきねっとで購入し、事前に指定席を予約しよう!

JR東日本のインターネット予約・購入サービス「えきねっと」のリニューアルに伴い、「北海道フリーパス」をえきねっとで購入することができるようになりました。

えきねっとでの「北海道フリーパス」の購入方法

「えきねっと」のトップページ

「えきねっと」のトップページから「おトクなきっぷ」をタップ

えきねっとのトップページから「おトクなきっぷ」をタップします。(PC版の場合は、えきねっとトップページの左上「JRきっぷ」をプルダウンして、「おトクなきっぷの申込」を選んでもよい)

「おトクなきっぷの申込」の画面に進んだら、利用開始日だけを入力して次へ進むと、えきねっとで購入できるおトクなきっぷの一覧が表示されます。ここで、「北海道フリーパス」の「詳細」ボタンをタップします。

「えきねっと」のきっぷ詳細画面

「えきねっと」のきっぷ詳細画面

「きっぷの詳細」画面の下のほうで「利用開始日」「人数」を選択することができるので必要に応じて変更します。そして、合計金額を確認します。

下のほうにある「きっぷのみを申込む」を選択すれば、支払いの画面に移動します。あとは、支払い方法等を選択していけば終了です。

利用開始前に、指定席券売機で「北海道フリーパス」を受け取るのを忘れないようにしましょう。

「北海道フリーパス」の指定席券も「えきねっと」で予約可能!

「北海道フリーパス」は指定席に6回まで乗車できますが、その指定席も「えきねっと」で予約することができます。

上記の「きっぷの詳細」画面の下のほうで、「きっぷと一緒に列車を申込む」を選ぶと、「列車申込」画面に移動します。乗車駅、降車駅、日時等を入力して検索し、乗車したい列車を選択すればOKです。シートマップに対応している列車では、シートマップを見ながら好みの座席を選ぶことができます。

また、「北海道フリーパス」の購入と同時に指定席を予約しなくても、あとから予約することも可能です。

えきねっとにログイン後、「申込履歴」から「北海道フリーパス」のところに表示されている「このきっぷを利用して列車を申込む」を選択すれば、列車申込の画面になります。あとは、同時に指定席を申込む場合と同様です。

「えきねっと」でのおトクなきっぷの申込方法については、JR東日本のWebサイトもご確認ください。

おトクなきっぷをご利用の場合|JRきっぷ ご利用ガイド:えきねっと(JR東日本)
えきねっと「JRきっぷ申込」での「おトクなきっぷ」のお申込み方法について
スポンサーリンク

「北海道フリーパス」おすすめの利用法

他のフリーきっぷや割引きっぷとの比較を踏まえて「北海道フリーパス」のおすすめの利用法を紹介します。

北海道周遊鉄道の旅へ!

考えるまでもなく、おすすめの使い方は「北海道周遊の旅」 ということになるでしょう。特に、乗り鉄の方にはおすすめです。

普通列車にしか乗車できない「青春18きっぷ」や「北海道&東日本パス」では、札幌から函館、稚内、釧路、網走などの道内主要都市へ移動するだけでも丸一日を要してしまいます。

一方、特急列車に乗車できる「北海道フリーパス」であれば、札幌から各都市への移動後に観光やグルメを楽しむ時間も取れますし、ローカル線に乗り継いで北海道の汽車旅を満喫することもできます。

初めて北海道を鉄道で旅行する方、1週間をまるまる使って北海道のあちこちを観光したい方には、少し値が張りますが、「北海道フリーパス」がおすすめです。

「北海道フリーパス」の指定席6回分は途中駅からの乗車、長距離の乗車に活用しよう!

「北海道フリーパス」は7日間有効ですが、指定席を利用できるのは6回(6列車分)のみとなります。有効期間が長いので、あちこち特急列車に乗りまわっていると、指定席を利用できる権利が足りなくなる可能性があります。

そんなときは、以下のような列車で、優先的に指定席を利用するのがおすすめです。

  • 始発駅ではなく途中駅から特急列車に乗車する場合
  • 朝夕の出張に便利な時間帯の特急列車に乗車する場合
  • 長距離の特急列車に乗車する場合(主に以下の列車)
    • 北斗(札幌~函館)
    • おおぞら(札幌~釧路)
    • 宗谷(札幌~稚内)
    • オホーツク(札幌~網走)

よほどの繁忙期でなければ、上記以外の列車であれば、自由席で十分でしょう。

JR北海道の特急列車は、長距離の列車は指定席から埋まっていきます。長距離の区間では、上で紹介した普通車指定席の往復割引きっぷ「Rきっぷ」があるためです。指定席がいっぱいでも、自由席はガラガラ、ということもあります。

札幌~旭川の特急カムイ・ライラックは始発駅からなら座れます
札幌~旭川の特急カムイ・ライラックは始発駅からなら座れます

JR北海道の在来線特急列車で最も乗客が多いのは、札幌~旭川間の特急「ライラック」「カムイ」ですが、日中時間帯でも1時間に1本、朝夕は30分に1本と、列車の本数が多いため、札幌または旭川からの乗車であれば、少し早めにホームに行けば自由席を確保できます。

ジェイ・アール北海道バスを活用しよう!

「北海道フリーパス」は、ジェイ・アール北海道バスの一般路線バスにも乗り放題となります。

https://www.jrhokkaidobus.com/

ジェイ・アール北海道バスの路線は、一般路線バスと高速乗合バスの2種類がありますが、「北海道フリーパス」で乗車できるのは、主に一般路線バスのほうです。(高速乗合バスの札幌~小樽線には乗車できます)

一般路線バスは、札幌市内・札幌近郊とそれ以外の地域の路線がありますが、ここで注目したいの後者です。主に、廃止されてしまった鉄道路線の経路を走る路線バスです。

  • 【深名線】名寄(宗谷本線)~深川(函館本線・留萌本線)
  • 【日勝線】静内~えりも岬~広尾

深名線は、1995年に廃止されたJR深名線の代替バスとして誕生した路線です。宗谷本線の主要駅である名寄駅と、函館本線の主要駅で、留萌本線の起点駅でもある深川駅を結んでいます。宗谷本線は稚内~旭川の長大な枝線(途中で乗り換えられる路線が一つもない)ですので、鉄道だけで移動する場合には往復するしかないのですが、ジェイ・アール北海道バスの深名線を利用すれば、深川までショートカットできます。

いつも強風のえりも岬
いつも強風のえりも岬

一方、日勝線のほうは、鉄道が通っていないえりも岬への観光に活用したい路線です。ただ、2021年3月末に日高本線の鵡川~様似間が廃止されてしまったため、代替となる路線バスでの乗り継ぎは非常に限られます。

「北海道フリーパス」を活用してえりも岬に行くには、帯広から十勝バスで広尾へ出て、広尾からジェイ・アール北海道バスの日勝線に乗り継ぐのが良いでしょう。いずれも本数は多くないので、時刻表を確認しておきましょう。

十勝バス – 私たちはいつも身近な存在として皆さまに生活の安心を届けます
私たちはいつも身近な存在として皆さまに生活の安心を届けます

「北海道フリーパス」の利用例

「北海道フリーパス」の前身となる「北海道フリーきっぷ」(当時23,750円/7日間有効)を利用したときの行程を、参考に載せておきます。ジェイ・アール北海道バスも利用しています。

「北海道フリーパス」も、きっぷの効力はほぼ同じですので、参考にどうぞ。(一部路線は廃止されてしまい、この行程どおりに旅することができないところもありますのでご注意ください。)

  • 1日目
    • 仙台港 → 苫小牧港(太平洋フェリー) ※北海道フリーパスでは乗れません
    • 苫小牧 → 登別(スーパー北斗10号)
    • 登別観光
    • 登別 → 苫小牧(スーパー北斗9号)
    • 苫小牧泊
  • 2日目
    • 苫小牧 → 様似(日高本線 普通列車) ※2021年3月末で鵡川~様似間は廃止
    • 様似 → えりも岬(ジェイ・アール北海道バス) ※北海道フリーパスで乗車可能
    • えりも岬観光
    • えりも岬 → 広尾(ジェイ・アール北海道バス) ※北海道フリーパスで乗車可能
    • 広尾 → 帯広(十勝バス) ※北海道フリーパスでは乗れません
    • 帯広 → 釧路(スーパーおおぞら9号)
    • 釧路泊
  • 3日目
    • 釧路 → 摩周(釧網本線 快速しれとこ)
    • レンタカーで、摩周湖・硫黄山・美幌峠・屈斜路湖を観光
    • 摩周 → 網走(釧網本線 普通列車)
    • 網走泊
  • 4日目
    • 網走 → 旭川(特急オホーツク2号)
    • 旭川 → 美瑛(富良野線 普通列車)
    • レンタサイクルで美瑛観光
    • 美瑛 → 富良野(富良野線 富良野・美瑛ノロッコ3号)
    • 富良野 → 札幌(臨時特急フラノラベンダーエクスプレス2号)
    • 札幌 → 函館(特急スーパー北斗18号)
    • 函館泊
  • 5日目
    • 函館 → 青森(快速海峡) ※現在は北海道新幹線となり北海道フリーパスでは乗車できません

現在でも夏に運行されているトロッコ列車「富良野・美瑛ノロッコ号」
現在でも夏に運行されているトロッコ列車「富良野・美瑛ノロッコ号」

2000年8月に北海道旅行したときの行程です。北海道をぐるっと一周するような行程でした。このときは、休暇の都合で、実質5日分しか利用しませんでしたが、元は十分に取れているはずです。時間さえあれば、もう少し余裕のある行程にしたり、さらに多くの場所に訪れたりできると思います。

スポンサーリンク

【まとめ】「北海道フリーパス」は北海道鉄道旅行の定番きっぷ!

「北海道フリーパス」は、広大な北海道を鉄道で旅するのに最適なきっぷです。

おねだんは27,430円と、全国のフリーきっぷの中でもかなり高いほうですが、有効期間はたっぷり7日間、それに、繁忙期を除く通年で利用できる使い勝手の良さもあります。

この「北海道フリーパス」を使えば、「あそこも行きたい!、ここも行きたい!」が実現できます(笑) 特に、初めて北海道を旅行する方は、まず北海道のあちこちを見て回りたい!という方も多いのではないかと思います。

レンタカーでは300km以上ある都市間移動はキツイので、都市間移動は「北海道フリーパス」でJR北海道の特急列車を利用、観光地でレンタカーを借りて観光する、というのがおすすめです。もちろん、公共交通機関でも、有名観光スポットを訪問することはできます。


以上、JR北海道の定番フリーきっぷ「北海道フリーパス」とおすすめの利用法をご紹介しました。広大な北海道を鉄道で旅するなら特急列車の利用が欠かせません。特急列車に7日間も乗り放題となる「北海道フリーパス」を活用して、充実した北海道の汽車旅と観光を楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連記事

JR北海道のフリーきっぷ・割引きっぷのまとめ記事です。使い分けについても、わかりやすく解説していますので、どのきっぷを使うか迷っている方は、ぜひご覧ください。

【JR北海道フリーきっぷまとめ】青春18きっぷだけじゃない! 北海道を旅するときに利用したいフリーきっぷ・割引きっぷを紹介します!(2021年版)
JR北海道は特急列車にも乗車できるさまざまなフリーきっぷや割引きっぷを発売しています。この記事では、北海道を鉄道で旅する方向けに、おすすめのフリーきっぷや割引きっぷをまとめてご紹介します。どのように使い分ければよいかも解説しますので、どのきっぷを使えばよいか迷っている方も、ぜひ読んでみてください。

当ブログで紹介しているおすすめのフリーきっぷ・割引きっぷの目次ページです。乗り鉄や鉄道主体の旅行に便利な、フリーエリアが広範囲のきっぷを主に紹介しています。

おすすめきっぷ
乗り鉄や鉄道メインの旅行に利用できる、おすすめのおトクなきっぷ(フリーきっぷ、割引きっぷ)の紹介記事のまとめです。おトクなきっぷを上手に活用して、充実した旅行を楽しみましょう!2021年夏秋 注目のJR各社のお得なフリーきっぷ・割引きっぷ...

コメント

  1. hachi555 より:

    こんにちは。
    「富良野・美瑛ノロッコ号」懐かしいです。
    2000年ころだったか?
    乗った事がありますよ。
    確か、この時は美馬牛に泊りました。

  2. kzlife より:

    はっち555さん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    JR北海道の観光列車はどんどん減っていっていますが、富良野・美瑛ノロッコ号は健在ですね。
    美馬牛に泊まられたとのこと、いいですね~。一度は、富良野や美瑛の周辺に泊まってみたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました