K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【JR九州フリーきっぷまとめ】 九州を鉄道で旅するときにおすすめのフリーきっぷを紹介します!

おすすめ記事Pick Up! 2018夏 青春18きっぷシーズン到来! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

九州には、大自然や温泉など魅力的な観光地がたくさんあるほか、観光列車も多く運転されています。そんな九州を鉄道で旅行するときに利用したいフリーきっぷや割引きっぷを紹介します。おおまかな使い分けについても解説していますので、九州旅行の際に参考にしてくださいね。

【結論】JR九州フリーきっぷのおおまかな使い分け

おおまかな使い分けは以下のようになります。

  • 乗り鉄メインで九州内を周遊する旅(新幹線・特急利用) → 「ぐるっと九州きっぷ」+「eきっぷ」(割引特急券)
  • 乗り鉄メインで九州内を周遊する旅(普通列車+私鉄三セク利用) → 「旅名人の九州満喫きっぷ」
  • 九州新幹線・特急列車の片道利用 → 「九州ネットきっぷ」
  • 目的地限定の観光、観光列車への乗車 → 各種エリア限定フリーきっぷ

以下、それぞれのフリーきっぷについて詳しく解説していきます。

鉄道メインの乗り鉄の旅に利用したい「ぐるっと九州きっぷ」

f:id:kzlife:20180305000951j:plain

JR九州全線の普通列車・快速列車に3日間連続で乗り放題となるフリーきっぷです。乗り鉄メインの旅では、まず利用を検討したいきっぷです。

この「ぐるっと九州きっぷ」の大きな特徴は、特急券を別途購入すれば、九州新幹線や在来線特急に乗車できることです。3日間で14,000円という価格は、普通列車だけで元を取ろうとすると難しいですが、新幹線や特急列車を利用して、九州全体を周遊するような旅であれば、かなりお得になります。

また、この「ぐるっと九州きっぷ」は、利用制限日がなく、いつでも利用できるのもうれしいですね。年末年始やお盆休み、ゴールデンウィークでも利用できます。

詳しくは以下の記事で解説していますので、ご覧ください。

www.kzlifelog.com

「ぐるっと九州きっぷ」の概要

  • 利用期間:~2019年4月2日(火) ※利用制限日なし
  • 発売期間:利用開始日の1ヶ月前から当日まで
  • 有効期間:連続する3日間
  • 発売箇所:JR九州インターネット列車予約、JR九州の主な駅、九州内の主な旅行会社等
  • フリーエリア・効力
    • JR九州全線の普通列車・快速列車の自由席に乗り放題
    • 別途、特急券を購入すれば、九州新幹線、在来線特急列車に乗車可能
    • 別途、指定席券を購入すれば、全車指定席の普通・快速列車(観光列車含む)に乗車可能
  • おねだん
    • インターネット予約の場合: おとな 14,000円,こども 7,000円
    • 窓口で購入の場合: おとな 14,500円,こども 7,250円(2018年4月1日利用開始分より)

青春18きっぷが利用できない期間の乗り鉄に!「旅名人の九州満喫きっぷ」

f:id:kzlife:20180305001041j:plain

「旅名人の九州満喫きっぷ」の特徴は、何といっても九州のすべての鉄道路線に乗車できることです。JR九州、私鉄、第三セクターはもちろんのこと、地下鉄やモノレール、市電(路面電車)にまで乗車できてしまうフリーきっぷです。

青春18きっぷと同様に、3回分をバラして利用することができますので、

  • 都市間の移動には九州新幹線や特急列車の割引きっぷを利用
  • 乗り鉄や観光を楽しむ日に「旅名人の九州満喫きっぷ」を利用

といった使い方ができます。

長崎や熊本、鹿児島の路面電車にも乗車できるので、乗り鉄の合間に観光を楽しむのにも便利ですね。

乗車できる路線の多さと使い勝手のよい柔軟性がウリのフリーきっぷです。

「旅名人の九州満喫きっぷ」の概要

  • 利用期間:通年 ※利用制限日なし
  • 発売期間:通年(利用開始当日の購入も可能)
  • 有効期間:3回分(有効期間は発売日から3か月間)
  • 発売箇所:JR九州の主な駅、JR九州旅行支店、駅旅行センターまたは九州内の主な旅行会社
  • フリーエリア
    • JR九州全線(九州新幹線・特急列車を除く)
    • 北九州高速鉄道(モノレール)
    • 平成筑豊鉄道(門司港レトロ観光列車含む)
    • 筑豊電気鉄道
    • 福岡市地下鉄
    • 西日本鉄道(西鉄電車)
    • 甘木鉄道
    • 松浦鉄道
    • 長崎電気軌道(路面電車)
    • 島原鉄道
    • 熊本電気鉄道
    • 熊本市電
    • 南阿蘇鉄道
    • くま川鉄道
    • 肥薩おれんじ鉄道
    • 鹿児島市電
  • きっぷの効力
    • フリーエリア内の普通列車・快速列車の自由席に乗り放題
    • 別途、指定席券を購入すれば、全車指定席の普通・快速列車(観光列車含む)に乗車可能(一部を除く)
  • おねだん: 10,800円(おとな・こども同額)

高い割引率が魅力! 乗車券+特急券がセットになった片道きっぷ「九州ネットきっぷ」

f:id:kzlife:20180305001059j:plain

九州新幹線やJR九州の特急列車にお得に乗車できるのが「九州ネットきっぷ」です。その名のとおり、JR九州のインターネット列車予約限定のきっぷです。

この「九州ネットきっぷ」は、乗車券と特急券(グリーン車用はグリーン券)がセットになった片道利用の割引きっぷです。

割引率が高いのが一番の特徴です。当日の購入も可能であるにもかかわらず、区間によっては、正規料金の35%引きや45%引きといった設定もあります。九州新幹線や特急列車に乗車する場合には、まず「九州ネットきっぷ」が利用できるかを確認したほうがよいでしょう。

九州を鉄道旅行する場合には、都市間の移動を「九州ネットきっぷ」、目的地の周辺でエリア限定のフリーきっぷを活用するという方法がおすすめです。

「九州ネットきっぷ」の概要

  • 利用期間:通年 ※利用制限日なし
  • 発売期間:通年(1ヵ月前の10時~列車出発6分前まで発売)
  • 発売箇所:JR九州インターネット列車予約限定
    • 受け取り前かつ出発前なら何回でも変更可能
  • 発売条件:
    • 指定席用・グリーン車用は当該列車の座席が確保できた場合に発売
    • 自由席用を含め、列車ごとに発売上限数があり、空席があっても利用できないこともある
  • 主な設定区間と料金・割引率
    • 博多~鹿児島中央: 9,260円(九州新幹線普通車指定席,約12%引き)
    • 博多~熊本: 3,600円(九州新幹線普通車指定席,約30%引き)
    • 博多~長崎: 3,090円(特急列車普通車指定席,約35%引き)
    • 博多~大分・別府: 3,090円(特急列車普通車指定席,約45%引き)

なお、「九州ネットきっぷ」の早期割引適用版である「九州ネット早得3」(3日前までの予約)、「九州ネット早得7」(7日前までの予約)もあります。さらに割引率が高く設定されていますので、日程が早めに決まっていれば、こちらの「早得」版を利用してもよいでしょう。

詳しくは、JR九州のWebサイトをご覧ください。

www.jrkyushu-kippu.jp

ぐるっと九州きっぷと組み合わせたい割引特急券「eきっぷ」(JQ CARD会員限定)

「eきっぷ」は、特急料金・グリーン料金を割引にした料金券です。「eきっぷ」単独では利用できず、普通の乗車券やフリーきっぷ等と組み合わせて利用します。また、JR九州が発行するクレジットカード「JR CARD」会員限定となっています。

この「eきっぷ」、山陽新幹線と九州内の各都市間の割引料金券として利用されることが多いのですが、実は九州内での新幹線や特急列車でも利用できます。九州内に閉じた利用では、上で紹介した「九州ネットきっぷ」のほうが割引率が高いため、単独ではあまり使われていないようです。

それでも、この「eきっぷ」を紹介したいのは、一番最初に紹介した「ぐるっと九州きっぷ」の特急券として利用できるためです。「ぐるっと九州きっぷ」は乗車券のみのフリーきっぷですが、別途、特急券を購入すれば、新幹線や特急列車にも乗車できます。その特急券に、この「eきっぷ」を利用することができるのです。

割引率は高くなく、自由席料金で指定席に乗車できるくらい(数百円程度の割引き)ですが、JR九州の新幹線・特急列車では、どの区間でも利用できますので、JQ CARD会員の方はぜひ利用したいところです。

「eきっぷ」の概要(九州内のみの利用に限定して紹介)

  • 利用期間:通年 ※利用制限日なし
  • 発売期間:通年(1ヵ月前の10時~列車出発6分前まで発売)
  • 発売箇所:JR九州インターネット列車予約限定
    • JQ CARD会員限定
    • 受け取り前かつ出発前なら何回でも変更可能

おもな区間の指定席特急料金とeきっぷ(指定席)の比較は以下の通りです。

路線 区間 指定席特急料金 eきっぷ(指定席)
九州新幹線 博多~熊本 3,000円 2,480円
博多~鹿児島中央 4,940円 4,420円
日豊本線 博多~大分 1,900円 1,380円
博多~宮崎 2,170円 1,650円
豊肥本線 熊本~吉松 1,450円 930円

目的地周辺での観光に「エリア限定フリーきっぷ」

f:id:kzlife:20180305001124j:plain

旅行の目的地のエリアが限定されている場合に検討したいのが、エリア限定のフリーきっぷです。大きく分けると、以下の2タイプになります。

  • 往復タイプ: 出発地から目的地までの往復に乗車できるタイプ
  • 往復+フリータイプ: 目的地までの往復に加えて、目的地のフリーエリア内で乗り降り自由となるタイプ

現地までは「九州ネットきっぷ」などでお得に移動し、そのあとでエリア限定のフリーきっぷを利用するという使い方がおすすめです。JR九州の魅力的な観光列車に乗車するのに利用できるきっぷもあります。

主なエリア限定フリーきっぷ

JR九州が発売している主なエリア限定フリーきっぷをご紹介します。

きっぷ名称 タイプ 概要
阿蘇・奥豊後
のんびりきっぷ
往復+
フリー
福岡・北九州等からの往復+
別府~大分~阿蘇のフリーきっぷ
往復・フリーエリアとも特急指定席利用可
5日間有効
詳しくはこちら
GO!GO!!
おんせん県
おおいたきっぷ
往復+
フリー
福岡・北九州~由布院往復+
別府~大分~由布院のフリーきっぷ
往復・フリーエリアとも特急指定席利用可
5日間有効
詳しくはこちら
海幸山幸
のんびりきっぷ
往復+
フリー
宮崎~南郷往復+
北郷~南郷のフリーきっぷ
往復・フリーエリアとも特急指定席利用可
3日間有効
詳しくはこちら
肥薩線
のんびりきっぷ
往復+
フリー
福岡・熊本~鹿児島中央往復+
熊本~人吉~隼人および霧島~鹿児島中央
のフリーきっぷ
特急「かわせみ やませみ」に乗車可能
往復のどちらかを九州新幹線経由
もう片方を肥薩線経由で利用可能
3日間有効
詳しくはこちら


他にも多くのフリーきっぷが発売されています。詳しくは、JR九州の割引きっぷ一覧をご覧ください。

www.jrkyushu-kippu.jp


以上、九州を鉄道で旅するときにおすすめしたいフリーきっぷ・割引きっぷをご紹介しました。JR九州はかなり多くのフリーきっぷを発売していますので、どれを使ったらよいのか迷う方も多いでしょう。本記事を参考に、お得に汽車旅や観光を楽しんでもらえたらと思います。

関連記事

JR北海道のフリーきっぷのまとめ記事です。

www.kzlifelog.com

その他、当ブログで紹介しているおすすめのフリーきっぷの記事の目次です。

www.kzlifelog.com