スポンサーリンク

【五能線フリーパス】「リゾートしらかみ」乗車に最適なフリーきっぷ! 秋田~青森片道だけでもお得に!

ノウハウ

「リゾートしらかみ」が走る五能線は、日本海の絶景車窓で有名な路線です。そんな五能線全線を含む秋田~青森間に2日間乗り放題となるフリーきっぷが「五能線フリーパス」です。「リゾートしらかみ」に片道乗るだけでも十分お得になるきっぷです。この記事では、「五能線フリーパス」の概要とおすすめの使い方について紹介します。

スポンサーリンク

「五能線フリーパス」とは?

「五能線フリーパス」は、五能線を含む秋田~青森間の普通列車に2日間乗り放題となるJR東日本のフリーきっぷです。

  • 利用期間: 通年
  • 発売期間: 通年
    • 利用開始当日の購入も可能
  • 有効期間: 2日間
  • フリーエリア
    • 五能線(東能代~川部)
    • 奥羽本線(秋田~東能代、弘前~川部~青森)
  • きっぷの効力:
    • フリーエリア内の快速列車・普通列車の普通車自由席に乗り放題
    • 別途、指定席券を購入すれば、全車指定席の快速列車(リゾートしらかみ)にも乗車可能
    • 別途、特急券を購入すれば、在来線特急列車にも乗車可能
    • 青森~新青森間に限り、「五能線フリーパス」単体で、特急列車、全車指定席の快速列車(リゾートしらかみ)に乗車可能
  • 発売箇所:
    • フリーアリア内、秋田エリア内のみどりの窓口、指定席券売機、びゅうプラザ、主な旅行会社
  • おねだん:
    • 大人: 3,880円, 小児: 1,940円

フリーエリアは以下のとおりです。

「五能線フリーパス」のフリーエリア

「五能線フリーパス」のフリーエリア

(出典)おトクなきっぷ 五能線フリーパス(JR東日本)

五能線を含む秋田~青森間がフリーエリアになっていますが、このフリーエリアは、「リゾートしらかみ」の運転区間そのものです。

「リゾートしらかみ」の乗車にぴったりですし、2日間利用可能なので、五能線の沿線で一泊する旅行にも使うことができます。

「五能線フリーパス」を利用される際には、JR東日本のWebサイトで最新情報もご確認ください。

おトクなきっぷ:JR東日本
JR東日本の特別企画乗車券「おトクなきっぷ」をご紹介します。フリーエリアが乗り放題になるきっぷや往復割引、回数券、フリーパスなど条件を指定して検索できます。
スポンサーリンク

「五能線フリーパス」おすすめの購入場所は?

「五能線フリーパス」は、フリーエリア内・秋田エリア内のみどりの窓口、指定席券売機で購入するのがおすすめ です。

利用開始当日に購入できますので、新幹線や特急列車等で、秋田や青森・新青森に到着したあと、在来線に乗り換える前に購入するのがよいでしょう。

秋田や青森から「リゾートしらかみ」に乗車する場合には、「リゾートしらかみ」の乗車駅で購入するのがよいでしょう。「リゾートしらかみ」に乗車するには指定席券が必要なので、「えきねっと」で予約した指定席券を受け取るときに、一緒に「五能線フリーパス」を購入するのもよいでしょう。

スポンサーリンク

「五能線フリーパス」は「リゾートしらかみ」片道に乗るだけでもお得!

「五能線フリーパス」は3,880円。2日間有効とはいえ、それなりのお値段です。「五能線フリーパス」は、どのくらい乗ればお得になるのでしょうか?

「リゾートしらかみ」全区間に乗るだけでお得に!

結論から言えば、「リゾートしらかみ」に片道乗るだけで元をとることができます。

区間普通運賃
秋田~青森・新青森4,510円
秋田~弘前4,070円

「リゾートしらかみ」は、秋田~青森間を走る列車と、秋田~弘前間を走る列車があります。距離が長い秋田~青森間の列車はもちろんのこと、秋田~弘前間の列車でも、全区間に乗りとおせば、片道だけでも「五能線フリーパス」(3,880円)のほうがお得になります。

もちろん、「リゾートしらかみ」で一気に全区間を乗らなくても、途中下車して観光を楽しんだり、有効期間2日間を活かして、沿線で宿泊してもよいでしょう。

一般的には、五能線の旅の起点は、秋田駅、青森駅、新青森駅、弘前駅になることが多いでしょう。これらの駅から、五能線を全線乗車する計画であれば、ふつうにきっぷを買うよりも、「五能線フリーパス」のほうがお得になります。

「五能線フリーパス」は五能線に乗れるフリーきっぷでは貴重な存在

五能線の全線に乗車できるフリーきっぷとしては、「五能線フリーパス」はほぼ唯一の存在と言ってもよい貴重な存在です。

津軽エリアの青森~弘前~五所川原の区間に乗車できるフリーきっぷはいくつかありますが、五能線のハイライトと言ってもよい日本海の沿岸に沿って走る区間に乗車できるフリーきっぷは、「五能線フリーパス」だけなのです。

観光列車「リゾートしらかみ」への乗車はもちろんのこと、普通列車で五能線を旅する時にも便利なきっぷです。五能線では無人駅が多いうえに、Suica等の交通系ICカードが使えません。普通列車に乗車するたびに現金での支払いが必要になりますが、「五能線フリーパス」を購入すれば、そんな煩わしさからも解放されます。

えきねっとトクだ値(新幹線)との組み合わせがおすすめ

「リゾートしらかみ」の起点駅となる秋田駅や新青森駅へは、秋田新幹線や東北新幹線でアクセスする人が多いでしょう。そんなときには、新幹線に安く乗車できる早期購入割引きっぷの「えきねっとトクだ値」や「お先にトクだ値」がおすすめです。

新幹線のお得なきっぷで秋田駅や新青森駅に到着したあと、五能線を旅する前に「五能線フリーパス」を購入するのがよいでしょう。

関東や南東北など、遠方から五能線へアクセスする場合には、「五能線フリーパス」と「えきねっとトクだ値」は相性の良い組み合わせです。

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」でJR東日本・JR北海道の新幹線・特急列車をお得に利用しよう! 購入・変更・払戻の方法、注意点を紹介します!(2021年版)
JR東日本のインターネット予約「えきねっと」限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」を利用すれば、新幹線や特急列車が割安で利用できます。この記事では、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の基本的な使い方や、購入方法、変更や払い戻し(キャンセル)などの注意点、上手な利用法をご紹介します。
スポンサーリンク

「五能線フリーパス」のおすすめの使い方

ここでは、「五能線フリーパス」のおすすめの使い方をご紹介します。

観光列車「リゾートしらかみ」で日本海の絶景を楽しむ旅

五能線の観光列車「リゾートしらかみ」

五能線の観光列車「リゾートしらかみ」

やはり、五能線といえば、観光列車「リゾートしらかみ」を外すことはできません。シーズンには1日に3往復(6本)もの「リゾートしらかみ」が運転されています。五能線は、JR東日本の路線の中では、かなりの赤字ローカル線ですが、「リゾートしらかみ」のおかげで、日本一の観光路線になっています。

「リゾートしらかみ」は、秋田~青森間を五能線経由で運転されています。前述のとおり、「五能線フリーパス」のフリーエリアが、「リゾートしらかみ」の運転区間とぴったり一致します。まさに、「リゾートしらかみ」のためにあるようなフリーきっぷと言っても良いでしょう。

津軽富士「岩木山」

五能線から眺める津軽富士「岩木山」

「リゾートしらかみ」に、秋田~青森間の全線に乗車すると、乗車時間は5時間を超えます。五能線に初めて乗車する方や、五能線の車窓を楽しみたい方は、「リゾートしらかみ」で一気に乗りとおしてしまってもよいでしょう。5時間も同じ列車に乗り続けると退屈するのではないかと思われるかもしれませんが、日本海のすぐ近くを走る区間をはじめ、リンゴ畑の向こうに津軽富士(岩木山)を望む津軽平野、干潟の向こうに男鹿半島を望む八郎潟など、車窓も変化に富んでいますので、、飽きることはありません。

「リゾートしらかみ」については、以下の記事をご覧ください。乗車方法、おすすめの座席、指定席券の購入方法などを、わかりやすく紹介しています。

五能線の観光列車「リゾートしらかみ」で日本海の絶景車窓を楽しもう! おすすめの座席や指定券の予約方法、車窓、沿線の観光スポットを紹介します!
日本海に沿う五能線を走る観光列車「リゾートしらかみ」。日本海の海岸線近くを走る区間の車窓は筆舌に尽くしがたいほど素晴らしいものです。この記事では、「リゾートしらかみ」の絶景車窓や、運転日・ダイヤ、指定席の予約方法、おすすめの座席、沿線のおすすめ観光スポット、車内での食事情などを、わかりやすくご紹介します。

途中下車して観光しながらの五能線の旅

五能線は列車の本数がかなり少ないのですが、普通列車に加えて、「リゾートしらかみ」も活用すれば、それなりに途中下車して観光することができます。

十二湖にある「青池」

十二湖にある「青池」

「リゾートしらかみ」も停車する十二湖駅からは、湖沼群が点在する「十二湖」へ路線バスでアクセスできます。上の写真のような、神秘的な青色をした「青池」を見ることもできます。

海辺の露天風呂が有名な「不老不死温泉」

海辺の露天風呂が有名な「不老不死温泉」

同じく「リゾートしらかみ」の停車駅の一つであるウェスパ椿山駅からは、日本海の海岸に作られた露天風呂が有名な「不老不死温泉」への送迎バスが出ています。露天風呂の目の前に日本海の大海原が広がる様子は、ぜひ一度は体験してみたいところです。

日帰り入浴も楽しめますし、宿泊することもできます。「五能線フリーパス」は2日間有効ですから、不老不死温泉に宿泊しても、翌日、再び「五能線フリーパス」で五能線に乗ることができます。

不老不死温泉については、以下の記事をご覧下さい。「リゾートしらかみ」を利用して、日帰りで訪れました。

五能線で秘湯「不老不死温泉」へ行こう! 日帰りでも入れる「海辺の露天風呂」からの日本海の絶景は必見!
青森県深浦町にある「黄金崎不老不死温泉」、波をかぶりそうな海辺にある露天風呂が有名です。今回、五能線「リゾートしらかみ」の旅の途中で、不老不死温泉の海辺の露天風呂に入ってきましたので、その様子をお届けします。アクセスは意外と容易ですので、五...
津軽鉄道の「ストーブ列車」

津軽鉄道の「ストーブ列車」

津軽エリアでは、五所川原駅から「津軽鉄道」に寄り道してみても良いでしょう。太宰治の生家がある金木などを観光することができます。また、冬季限定ですが、客車にだるまストーブを詰んだ「ストーブ列車」も有名です。

津軽鉄道「ストーブ列車」については、以下の乗車記をご覧ください。津軽鉄道の車窓も紹介しています。

【津軽鉄道「ストーブ列車」乗車記】古い客車に乗り、だるまストーブで焼いたスルメを食べながらの汽車旅!
青森県の津軽地方を走るローカル線、津軽鉄道。その津軽鉄道が冬季に運行するのが「ストーブ列車」です。古い客車に設置されただるまストーブで暖をとりながら、焼いたスルメを食べながら旅ができる、とてもレトロな列車です。今回は、津軽鉄道の「ストーブ列...

以上、「【五能線フリーパス】「リゾートしらかみ」乗車に最適なフリーきっぷ! 秋田~青森片道だけでもお得に!」でした。「リゾートしらかみ」で一気に乗りとおすも良し、普通列車で途中下車しながらの旅もまた良し。2日間有効ですので、五能線の旅を思い切り満喫できるきっぷですね。

スポンサーリンク

関連記事

JR東日本エリアのフリーきっぷ、割引きっぷのまとめ記事です。おおまかな使い分けについても紹介しているので、ぜひご覧ください。

【JR東日本フリーきっぷまとめ】 関東・甲信越・東北の各エリア別のおすすめフリーきっぷ・割引きっぷを紹介! きっぷの使い分けも紹介します!
JR東日本は数多くのフリーきっぷを発売しています。どのエリアにどんなフリーきっぷがあるのか、その全貌を掴むだけでも困難です。この記事では、おおまかなエリア別に、どのフリーきっぷや割引きっぷを利用すればおトクかを詳しくご紹介します。JR東日本エリアの旅行や乗り鉄の参考にしてみてください。

当ブログでご紹介している、鉄道旅行や乗り鉄に便利なおすすめのフリーきっぷや割引きっぷのトップページです。

おすすめきっぷ
乗り鉄や鉄道メインの旅行に利用できる、おすすめのおトクなきっぷ(フリーきっぷ、割引きっぷ)の紹介記事のまとめです。おトクなきっぷを上手に活用して、充実した旅行を楽しみましょう!2021年夏 注目のJR各社のお得なフリーきっぷ・割引きっぷま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました