スポンサーリンク

【ときわ路パス】2021年夏・秋・冬も発売! 茨城県内のJRと私鉄に乗車でき、魅力的な私鉄路線の乗り歩きに最適なフリーきっぷです!

ノウハウ

JR東日本から2021年の夏季・秋季・冬季も「ときわ路パス」が発売されます。毎年発売されているおなじみのフリーきっぷです。「ときわ路パス」は、JR線に加えて、茨城県内の魅力的な私鉄路線にも乗車できるおトクなきっぷです。茨城県内の観光や私鉄路線の乗り歩きにいかがでしょうか?

スポンサーリンク

「ときわ路パス」とは?

「ときわ路パス」は、JR東日本が発売する1日有効のフリーきっぷです。期間中の土休日に利用することができます。

  • 2021年夏季
    • 利用期間: 2021年7月22日(木・祝)~8月29日(日)の土休日
    • 発売期間: 2021年6月22日(火)~8月29日(日)
  • 2021年秋季
    • 利用期間: 2021年10月2日(土)~12月5日(日)の土休日
    • 発売期間: 2021年9月2日(木)~12月5日(日)
  • 2021年冬季
    • 利用期間: 2021年12月25日(土)~2022年2月6日(日)の土休日
    • 発売期間: 2021年12月6日(月)~2022年2月6日(日)
      • ※利用日の1ヶ月前から当日まで
  • 有効期間: 1日
  • 発売箇所: フリーエリア内の JR東日本の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口
  • フリーエリア:
    • JR線(常磐線 取手~大津港、水戸線 小田林~友部、水郡線 水戸~下野宮・常陸太田、鹿島線 鹿島サッカースタジアム~潮来)
    • 関東鉄道 常総線・竜ケ崎線 全線
    • 真岡鉄道 全線
    • 鹿島臨海鉄道 全線
    • ひたちなか海浜鉄道 全線
  • きっぷの効力
    • フリーエリア内の普通列車(快速含む)に乗り放題
    • 在来線特急・グリーン車なども特急券・グリーン券を購入すれば乗車可能
    • SLもおかも整理券を購入すれば乗車可能
  • 価格
    • 大人 2,180円
    • こども 550円
    • 大人の休日倶楽部会員 1,670円

フリーエリアは以下の通りです。

「ときわ路パス」のフリーエリア(JR東日本のWebサイトより)
「ときわ路パス」のフリーエリア(JR東日本のWebサイトより)

(出典)JR東日本 おトクなきっぷ ときわ路パス

ご覧のとおり、茨城県内のJR線に加えて、関東鉄道、真岡鉄道、鹿島臨海鉄道、ひたちなか海浜鉄道といった、茨城県内を中心に運行している私鉄路線にも乗車できる のが最大の特徴です。JR東日本が発売するフリーきっぷですが、これらの魅力的な私鉄路線を乗り歩くためにあるようなきっぷです。

このようなエリア限定のフリーきっぷの例にもれず、フリーエリア内の駅でしか購入できません ので、フリーエリア外からくる方は、どの駅で「ときわ路パス」を購入するかをよく考えておきましょう。東京方面から常磐線を利用する場合には、取手駅が候補になるでしょう。

スポンサーリンク

「ときわ路パス」で乗りたいおすすめ路線

「ときわ路パス」で乗りたいおすすめ路線を、独断と偏見で紹介してみます。

関東鉄道常総線&真岡鉄道

取手~下館を走る関東鉄道常総線と、下館~茂木を走る真岡鉄道は、合わせて乗りたい路線です。

いずれも非電化路線で、関東鉄道常総線は、東京から最も近いディーゼルカーに乗車できる路線です。東京から近いこともあり、取手側はラッシュ時には1時間に10本もの列車が走る通勤路線になっています。日中でも1時間に4本ほど運転されていますので、気軽に乗車できます。

関東鉄道常総線には、関東の駅百選に認定されている騰波ノ江(とばのえ)駅など、ローカル線の雰囲気を感じられる風情のある駅もあります。

関東鉄道常総線の乗車記は、以下の記事をご覧ください。

関東地方私鉄乗り歩き (1)関東鉄道常総線
昨日までのブログで書いたように、東北地方を18きっぷで旅しましたが、まだ2日分余っています。そのうちの1日分を利用して、まだ乗車したことのない関東の地方私鉄乗り歩きの旅に行きました。(2015年8月下旬の旅行記です)

下館駅で発車を待つ真岡鉄道「SLもおか」
下館駅で発車を待つ真岡鉄道「SLもおか」

真岡鉄道(もおかてつどう)は、「SLもおか」で有名なSLが走る路線です。沿線には益子焼で有名な益子駅、SLが展示されている「キューロク館」がある真岡駅など、観光スポットもありますので、途中下車して散策するのにもよい路線です。

真岡鉄道「SLもおか」の乗車記を掲載しています。以下の記事をご覧ください。

真岡鐵道「SLもおか」に乗ろう! 気軽に乗れる普段着のSL、転車台やSLのメンテナンスも見学できます!(2021年版)
真岡鐵道が運行する「SLもおか」は、下館~茂木間を土休日を中心に運行されています。この記事では、「SLもおか」の運転日やダイヤ、SL整理券の予約方法などをわかりやすく紹介します。また、「SLもおか」の乗車記として、車内の様子や混雑状況なども詳しく紹介します。

普通列車の乗車記は、以下のページにあります。

関東地方私鉄乗り歩き (2)真岡鐵道
下館で軽く昼食を済ませ、次は真岡鐵道に乗車します。真岡鐵道は、茨城県の下館駅と栃木県の真岡駅を結ぶ、全長41.9kmの路線です。

ひたちなか海浜鉄道

ひたちなか海浜鉄道の気動車

ひたちなか海浜鉄道は、JR常磐線の勝田駅と阿字ヶ浦駅を結ぶ全長14.3kmの非電化路線です。2008年に、それまで運行していた茨城交通から鉄道部門を切り離し、ひたちなか市も出資する第三セクター方式の「ひたちなか海浜鉄道株式会社」として再出発しました。

那珂湊駅

上の写真の那珂湊駅は、ひたちなか海浜鉄道の中心駅です。徒歩圏内に 「那珂湊おさかな市場」 があり、新鮮な海の幸をいただけるお店がたくさんあります。

那珂湊おさかな市場
那珂湊漁港前に11店舗が軒を連ねる「那珂湊おさかな市場」。旬の魚介類、那珂湊や近海で漁れる地魚を豊富に取り揃えています。お食事処やおみやげ屋さん、たくさんの楽しいお店が集まっています。

阿字ヶ浦駅

また、終点の阿字ヶ浦駅からは、バスや徒歩で 「国営ひたち海浜公園」 にアクセスできます。広大なお花畑を有する公園で、ゴールデンウィークのネモフィラが有名ですね。

国営ひたち海浜公園に青い絨毯「ネモフィラ」を見に行こう!(2019年版) ネモフィラの見頃や見どころ、公共交通機関でのアクセスを紹介します!
淡い青色が特徴のネモフィラ。一年草の小さな花ですが、群生していると一面が青く染まり、この世のものとは思えない風景が広がります。そんなネモフィラを手軽に見られるのが、茨城県ひたちなか市にある「国営ひたち海浜公園」です。この記事では、ひたち海浜...

なお、「ひたちなか海浜鉄道」は以下の記事で詳しく紹介しています。沿線の観光スポットも紹介していますので、ぜひご覧ください。

茨城のミニ三セク路線「ひたちなか海浜鉄道」に乗ろう! ひたち海浜公園やおさかな市場へのアクセスにも使えます!
茨城県の海沿いの町、ひたちなか市を走る「ひたちなか海浜鉄道」。勝田~阿字ヶ浦の全線で14.7kmの小さな鉄道ですが、ひたち海浜公園やおさかな市場などへのアクセスにも使えます。鉄道ファン的には、日本各地で活躍していた古い車両にお目にかかれるの...

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線は、水戸~鹿島サッカースタジアム間を結ぶ非電化路線です。

途中の大洗は、海水浴などの観光地として有名です。

「鹿島臨海鉄道」の名称から、鹿島灘や太平洋が車窓から見えることを期待しますが、残念ながら見えません。その代わり、霞ヶ浦や涸沼など、茨城県南部に点在する湖沼を車窓から望むことができます。

また、高架の区間が多いため、平地に広がるのどかな農地を見渡すことができます。

列車は、JR東日本の鹿島線に一駅だけ乗り入れ、鹿島神宮駅が終点となっています。鹿島神宮へは駅から徒歩10分ほどですので、参拝するのもよいでしょう。

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線については、以下の乗車レポートもご覧ください。

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線 乗車レポート! のどかな農地と湖沼の風景が魅力的な非電化ローカル線!
茨城県の水戸駅と鹿島サッカースタジアム駅を結ぶ鹿島臨海鉄道大洗鹿島線。1985年に開業した新しい第三セクター鉄道です。「臨海鉄道」ですが、車窓から海は見えません。平坦な農地が続き、ときおり湖が見える、のどかなローカル線です。この記事では、...

水郡線

水郡線の気動車

JR東日本が発行しているフリーきっぷですので、JRの路線も最後に紹介します。

このエリアで乗りたいのは「水郡線」です。水戸~郡山を結ぶ比較的長い非電化路線ですが、この「ときわ路パス」で乗車できるのは、途中の下野宮までです。それでも、水戸から乗車すると1時間半ほどかかります。

水郡線は、久慈川という川に沿って進む川の路線 です。途中の山方宿駅あたりから、久慈川が車窓に見えるようになります。

袋田の滝

沿線の見どころは、日本三大名瀑の一つとして有名な「袋田の滝」 です。袋田駅から路線バスで10分ほどでアクセスできます。高さはそれほどでもないですが、幅が広い滝です。夏は水量が多く迫力がありますし、秋は紅葉、冬は凍結することもあり、1年を通じて楽しめます。

なお、水郡線については、以下の記事でも紹介していますので、興味があればご覧ください。

【水郡線 周遊ルート】 久慈川の清流を楽しめる路線! 沿線の観光スポットも紹介します! ~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅3~
水郡線は、水戸と郡山を結ぶローカル線です。奥久慈の自然豊かな地域を、久慈川に沿って走る川の路線です。この記事では、首都圏から青春18きっぷで水郡線を旅する日帰りルートを、車窓を交えてご紹介します。沿線には日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」もありますので、滝見物とあわせての汽車旅がおすすめですよ。

以上、茨城県内のJR線と私鉄路線に乗車可能なフリーきっぷ「ときわ路パス」についてご紹介しました。東京から近いわりに、懐かしさを感じさせる私鉄路線が多い茨城県。そんな路線を乗り歩くのに最適なフリーきっぷですね。

スポンサーリンク

関連記事

JR東日本のフリーきっぷ・割引きっぷのまとめ記事です。使い分けについても解説していますので、他にどんなフリーきっぷがあるのか、どのフリーきっぷを使うとお得なのかを知りたい方は、ぜひご覧ください。

【JR東日本フリーきっぷまとめ】 関東・甲信越・東北の各エリア別のおすすめフリーきっぷ・割引きっぷを紹介! きっぷの使い分けも紹介します!
JR東日本は数多くのフリーきっぷを発売しています。どのエリアにどんなフリーきっぷがあるのか、その全貌を掴むだけでも困難です。この記事では、おおまかなエリア別に、どのフリーきっぷや割引きっぷを利用すればおトクかを詳しくご紹介します。JR東日本エリアの旅行や乗り鉄の参考にしてみてください。

鉄道旅行や乗り鉄に便利で使いやすいフリーきっぷや割引きっぷの目次ページです。JR各社のフリーエリアの広いフリーきっぷを中心に紹介しています。

おすすめきっぷ
乗り鉄や鉄道メインの旅行に利用できる、おすすめのおトクなきっぷ(フリーきっぷ、割引きっぷ)の紹介記事のまとめです。おトクなきっぷを上手に活用して、充実した旅行を楽しみましょう!2021年夏 注目のJR各社のお得なフリーきっぷ・割引きっぷま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました