スポンサーリンク

【JR北海道 お得なきっぷまとめ】青春18きっぷだけじゃない! 北海道を旅するときに利用したいフリーきっぷ・割引きっぷを紹介します!(2022年版)

ノウハウ

北海道はとても広いうえに、列車の本数も少ないので、青春18きっぷで旅行しようとするとかなり大変です。そこで、JR北海道が発売している、北海道の鉄道旅行におすすめのお得なきっぷ(フリーきっぷ・割引きっぷ)をまとめてご紹介します。どのように使い分ければよいかも解説しますので、どのきっぷを使えばよいか迷っている方も、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

青春18きっぷだけでは北海道の周遊は大変!

鉄道旅行の定番フリーきっぷといえば、全国のJR全線の普通列車・快速列車に乗り放題の「青春18きっぷ」です。

【青春18きっぷ 2022年夏】青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。【ひさの乗り鉄ブログ】では、2022-23年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。

ところが、北海道はとても広いのです。札幌から、函館、稚内、釧路、網走といった道内の主要都市までは300~400km。特急を利用しても4時間以上かかってしまいます。青春18きっぷだけで乗り継ごうとすると、移動だけで丸一日費やしてしまうのです。

普通列車に乗ることが目的であればそれでもいいのですが、観光名所の多い北海道ですので、なるべく観光に時間をとりたいと思う方が多いのではないでしょうか。

そこで、JR北海道が発売している道内で利用可能なフリーきっぷをご紹介します。旅行の行先や行程に応じて、最適なきっぷを選んで、北海道の汽車旅を楽しみたいですね。

スポンサーリンク

JR北海道のお得なきっぷのおおまかな使い分け

JR北海道が発売するお得なきっぷ(フリーきっぷ・割引きっぷ)は、以下のような使い分けができます。

ただし、以下で紹介するように、行程や旅行期間などによっては、必ずしも上記のとおりにならない場合もあります。おおまかな使い分けを頭に入れて、予定している行程にあてはめてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

期間限定! 北海道を旅する時に使える格安なフリーきっぷ・割引きっぷ

JR北海道は、期間限定で設定されている格安なフリーきっぷや割引きっぷも販売しています。利用できる期間や制限がありますので、いつでも利用できるわけではありませんが、条件があえば、通常のフリーきっぷよりもかなりお得に旅行ができます。

【期間限定】HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス

※利用期間が9月30日まで(発売期間は8月31日まで)に延長されました。

JR北海道の在来線全線の特急・快速・普通列車の普通車自由席に6日間乗り放題で12,000円という破格のフリーきっぷです。しかも、指定席にも4回まで乗車することができます。

  • HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス
    • 利用期間: 2022年3月26日(土)~9月30日(金)
      • 2022年9月25日(日)利用開始分まで
    • 有効期間: 連続する6日間
    • 発売期間: 2022年3月25日(金)~8月31日(水)
      • 有効期間開始日の1か月前から前日まで
    • 効力
      • 「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」単体でJR北海道の在来線の普通・快速列車、特急列車の普通車自由席に6日間乗り放題
      • 4回まで普通車指定席に乗車可能(5回目以降は運賃のみ有効)
    • おねだん: 12,000円

北海道の補助金を活用したきっぷのため、補助金の上限に達した場合には、利用期間内であっても、発売を終了することがあります。

また、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」は、北海道内のJRの駅などでしか購入することができません。利用開始日の前日までに購入する必要があるため、北海道外から北海道へ渡って、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を利用する場合には、前日入りするなどの工夫が必要です。

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」については、以下の記事をご覧ください。

【HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス】JR北海道の特急列車が6日間乗り放題で12,000円の格安フリーきっぷ!(7月上旬に発売終了見込み)
JR北海道は、6日間特急列車(自由席)に乗り放題で12,000円という格安のフリーきっぷ「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を期間限定で発売しています。利用できるのは9月30日まで。指定席も4回まで利用でき、長距離の移動も安心!...

【期間限定】お先にトクだ値スペシャル・お先にトクだ値

北海道新幹線の新函館北斗~新青森の各駅相互間には、3週間前までの予約・購入で、乗車券+特急券が50%引きになる「お先にトクだ値スペシャル」が期間限定で設定されています。

【お先にトクだ値スペシャル(50%引き)】

  • 対象列車: 北海道新幹線「はやぶさ」「はやて」
  • 設定区間: 新函館北斗~新青森の各駅相互間
  • 設定期間: 2022年5月28日~6月22日
  • 発売期間: 乗車日の1ヶ月前の午前10時~20日前の午前1時50分まで
  • 設備: 普通車指定席
  • 注意: インターネット申込「えきねっと」限定、列車・区間・座席数限定

JR北海道の在来線特急列車では、2週間前までの予約・購入で、特急「北斗」が40%引き、特急「とかち」が55%引き、特急「おおぞら」が50%引きになる「お先にトクだ値」が、期間限定で設定されています。

【お先にトクだ値(40~55%引き)】

  • 対象列車・設定期間・割引率
    • 特急「北斗」(~2022年6月30日 40%引き)
    • 特急「おおぞら」(~2022年6月30日 50%引き)
    • 特急「とかち」(~2022年11月30日 普通車55%引き グリーン車25%引き)
  • 発売期間: 乗車日の1ヶ月前の午前10時~13日前の午前1時50分まで
  • 設備: 普通車指定席
  • 注意: インターネット申込「えきねっと」限定、列車・区間・座席数限定

いずれも、列車・区間・席数が限定されていますし、2~3週間前までの購入が必要ですが、条件が合えば、かなりお得に旅行ができます。

「おおぞら」「とかち」に設定されている「お先にトクだ値」については、以下の記事で紹介しています。

JR北海道が札幌~釧路・帯広の特急「おおぞら」「とかち」に50~55%引きの「お先にトクだ値」を2022年も設定! 札幌~釧路が4,990円!(「とかち」の設定期間を2022年11月末まで延長)
JR北海道は、札幌~釧路を結ぶ特急「おおぞら」、札幌~帯広を結ぶ特急「とかち」の乗車券+特急券を、2週間前までの購入で50~55%割り引く「お先にトクだ値」を、2022年3月末までの期間限定で設定しています。札幌から道東方面へ、お得に鉄道で旅ができるチャンスです。

詳しくは、以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

新幹線・特急列車が30~50%引きになる「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」、JR東日本・JR北海道が複数の路線で設定!(2022年版)
この記事では、早期に購入することで乗車券+特急券が30~50%引きになる期間限定の「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」の最新情報をまとめています。早めの予約・購入で、新幹線や特急列車をお得に利用しましょう。

【大人の休日倶楽部会員限定】大人の休日倶楽部パス(利用期間限定)

JR北海道・JR東日本が提供するシニア向けの会員制サービス「大人の休日倶楽部」があります。50歳以上で加入できるサービスです。この「大人の休日倶楽部」会員限定で、JR北海道エリア、JR東日本+JR北海道エリア全体がフリーエリアになる「大人の休日倶楽部パス」を購入することができます。

閑散期を中心に年に何度か発売され、利用できる期間もそれほど長くはないのですが、通常のフリーきっぷに比べると、かなりお得な価格になっています。

  • 北海道用(有効期間5日間)
    • フリーエリア: JR北海道 在来線全線(北海道新幹線は利用できない)
    • 価格: 17,400円
  • 東日本・北海道用(有効期間5日間)
    • フリーエリア: JR北海道全線、JR東日本全線(北海道新幹線含む)、東日本エリアの一部の第三セクター路線・私鉄路線
    • 価格: 26,620円

フリーエリア内の特急列車の自由席に乗り放題、指定席も6回まで利用できるフリーきっぷです。

利用期間等、詳しくは、以下の記事をご覧ください。

【大人の休日倶楽部パス】JR東日本・JR北海道全線の新幹線・特急列車に乗り放題のフリーきっぷ! お得な使い方・注意点を紹介します!(2022年度版)
「大人の休日倶楽部」専用のフリーきっぷ「大人の休日倶楽部パス」は、JR東日本やJR北海道の新幹線・特急列車に乗り放題で、東日本用が4日間15,270円からと破格の内容になっています。この記事では、「大人の休日倶楽部パス」の利用期間とお得な使い方、利用上の注意点を説明します。
スポンサーリンク

北海道鉄道旅行の万能きっぷ「北海道フリーパス」

  • 北海道フリーパス
    • 効力: JR北海道全線(普通・快速・在来線特急)に7日間乗り放題(指定席は6回まで)
    • 利用期間: 通年(4月27日~5月6日、8月10日~19日、12月28日~1月6日を除く)
    • 有効期間: 7日間
    • おねだん: 27,430円(こども用の設定なし)

JR北海道の在来線全線の特急列車・快速列車・普通列車に7日間乗り放題となるフリーきっぷです。指定席にも6回まで乗車できます。27,430円と安くはないですが、北海道のあちこちを鉄道で旅行したい方にはおすすめのフリーきっぷです

特に、札幌から距離のある道東(釧路、網走、釧網本線や花咲線など)、道北(稚内、宗谷本線)も含めて、北海道を周遊するなら、適切なきっぷは北海道フリーパスしかありません。

一方、2~3泊で、旅行する方面が決まっている場合には、別のフリーきっぷのほうが適している場合もありますので、十分に比較検討したほうがよいでしょう。具体的には、後ほど紹介する「ひがし北海道フリーパス」や「きた北海道フリーパス」などが候補になります。

また、北海道フリーパスでは、北海道新幹線には乗車できません。本州から北海道新幹線で北海道に入る場合、北海道フリーパスの利用を開始するのは、新函館北斗駅からになります。北海道新幹線の運賃や特急料金は別途必要になりますので、注意しましょう。

北海道フリーパスについては、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

【北海道フリーパス】JR北海道の在来線特急列車に7日間乗り放題の定番フリーきっぷ、北海道の乗り鉄・周遊の旅におすすめです!
広い北海道を鉄道で旅する時にピッタリのきっぷが「北海道フリーパス」です。JR北海道全線の在来線特急列車に7日間乗り放題! この記事では、「北海道フリーパス」の概要、おすすめの使い方に加えて、他のフリーきっぷ・割引きっぷとの使い分けについても紹介します。
スポンサーリンク

Peach/AIRDO限定「ひがし北海道フリーパス」

  • ひがし北海道フリーパス
    • 効力: 道央~道東のフリーエリア内の特急列車の自由席に5日間乗り放題
    • 販売条件: Peach、AIRDOの北海道到着便(函館空港は除く)利用者にのみ販売
    • 利用期間: ~2023年4月5日(水)
    • 有効期間: 5日間
    • おねだん: おとな 16,380円, こども 8,190円,U25用 12,680円

Peach利用者、AIRDO利用者限定のフリーきっぷ です。Peachの搭乗券、AIRDOのご搭乗案内を提示して購入します。くれぐれも搭乗券をなくさないようにご注意ください。

有効期間は5日間で、新千歳空港から、札幌・小樽方面、旭川・富良野方面、釧路方面、網走方面といった道央・道東がフリーエリアに含まれます。

札幌から旭川・網走への特急ライラック・カムイ・大雪や、帯広・釧路へのとかち・おおぞら等に乗車できますし、有効期間も5日間と十分です。飛行機で北海道へ入って道東を旅行するなら最適のきっぷです

Peach、AIRDO利用者限定となっていますが、今のところ、このきっぷの代替となるフリーきっぷはありません。これら2社の北海道便が就航している空港を利用できる方限定になってしまいます。

「ひがし北海道フリーパス」については、以下の記事で詳しく紹介しています。おすすめの使い方、利用できる空港など詳しく解説していますので、興味がありましたらご覧ください。

Peach・AIRDO利用者限定の「ひがし北海道フリーパス」 道央~道東の広いフリーエリアで 5日間特急列車に乗り放題のお得なきっぷ!(2022年度版)
JR北海道は、北海道内空港着のPeach、AIRDO利用者限定のフリーきっぷ「ひがし北海道フリーパス」を、2022年3月末まで継続発売します。この記事では、「ひがし北海道フリーパス」の概要、利用できる航空便の発着空港、買い方・使い方、おすすめの利用法の紹介や、他のフリーきっぷとの比較します。

さらに、バニラエア(成田国際空港→新千歳空港、現Peach)で渡道し、「ひがし北海道フリーパス」を利用してみましたので、そのレポート記事を公開しています。

実践! 「ひがし北海道フリーパス」で道東一周乗り鉄旅! 使い勝手・自由席の混雑などレポートします!
LCC利用者限定のJR北海道のフリーきっぷ「ひがし北海道フリーパス」。札幌から東側のほとんどの路線の特急列車自由席に5日間も乗り放題で15,500円と格安なきっぷです。8月下旬、この「ひがし北海道フリーパス」を利用して、道東方面に旅行に行...

スポンサーリンク

Peach/AIRDO/ANA限定「きた北海道フリーパス」

  • きた北海道フリーパス
    • 効力: 道央~道北のフリーエリア内の特急列車の自由席に4日間乗り放題
    • 販売条件: Peach、AIRDO、ANAの新千歳空港・旭川空港・稚内空港到着便利用者にのみ販売
    • 利用期間: ~2023年4月4日(火)
    • 有効期間: 4日間
    • おねだん: おとな 13,150円,こども 6,570円,U25用 10,520円

上で紹介した「ひがし北海道フリーパス」の道北版です。Peach、AIRDO用に加え、2022年度はANA用も発売されます。フリーエリアは宗谷本線を中心する道北方面で、有効期間は4日間となっています。

ひがし北海道フリーパスと同様におすすめ!と言いたいところですが、道央~道東方面で周遊ルートを組みやすいひがし北海道フリーパスに対して、この「きた北海道フリーパス」は周遊ルートが組みにくい という問題があります。

宗谷本線は長大な盲腸線で、鉄道だけで移動しようとすると、基本的には同じルートを戻るしかありません。特定の区間を往復する場合には、あとで紹介する「Sきっぷ」「Rきっぷ」の割引率が高いため、「きた北海道フリーパス」の優位性が薄れてしまいます。

フリーエリア内でどのようなルートで乗車する予定かをよく検討して、他の割引きっぷと比較したほうがよいでしょう。

「きた北海道フリーきっぷ」については、以下の記事で詳しく紹介しています。他のフリーきっぷや割引きっぷとの比較もしています。「きた北海道フリーきっぷ」の利用を考えていらっしゃる方は、以下の記事をよく読んでいただき、他に良い割引きっぷがないかを検討してみてください。

Peach・AIRDO・ANA利用者向け「きた北海道フリーパス」 道央・道北エリアで4日間特急列車に乗り放題! ただし使いこなすには工夫が必要です!
JR北海道が、Peach・AIRDO利用者限定のフリーきっぷ「きた北海道フリーパス」を2022年3月末まで継続して発売します。宗谷本線の稚内までがエリアに入る広範囲なフリーきっぷです。また、2020年度から発売されている「ANA きた北海道フリーパス」も引き続き発売されます。この記事では、「きた北海道フリーパス」の概要と、使いこなしのコツをご紹介します。
スポンサーリンク

普通列車の乗り放題ならコレ!「北海道&東日本パス」

  • 北海道&東日本パス
    • 効力: JR東日本・JR北海道の普通列車・快速列車に7日間乗り放題
    • 利用期間(春季): 3月1日~4月22日
    • 利用期間(夏季): 7月1日~9月30日
    • 利用期間(冬季): 12月10日~1月10日
    • 有効期間: 連続する7日間
    • おねだん: おとな 11,330円,こども 5,660円

JR北海道・JR東日本エリアの普通列車・快速列車の自由席に乗り放題となるフリーきっぷです。青春18きっぷの北海道・東日本版ともいうべきっぷです。旅行先がJR北海道エリア・JR東日本エリアの場合には、青春18きっぷより利便性が高いです。

北海道エリアを旅行する場合には、青春18きっぷと比べると以下のメリットがあります。

  • JR東日本エリアから普通列車で北海道を目指す場合、IGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道に乗車可能
  • 別途、特急券を購入すれば、北海道新幹線(新青森~新函館北斗相互発着のみ)に乗車可能
    • 新青森~新函館北斗間の特定特急券(空いている席を利用できる)は4,000円
  • 青春18きっぷより若干安いうえに、有効期間が7日間と長い(ただし、連続する7日間のみ有効、青春18きっぷのように利用日をバラして使うことはできない)

青春18きっぷ同様、春・夏・冬の期間限定ですが、青春18きっぷより利用可能期間が少し長くなっています。

「北海道&東日本パス」の詳細や、青春18きっぷとの比較を、以下の記事で解説していますので、よろしければご覧ください。

【北海道&東日本パス】北海道・東日本エリアの普通列車が7日間乗り放題で11,330円! 基本的な使い方・利用期間・青春18きっぷとの違いを紹介します!(2022-23年版)
「北海道&東日本パス」が、2022-23年も春夏冬の3シーズン発売されます。【ひさの乗り鉄ブログ】では、「北海道&東日本パス」の利用期間、利用方法に加えて、青春18きっぷとの違い、どちらを利用すればよいかの判断ポイントなどをわかりやすくご紹介します。

また、「北海道&東日本パス 北海道線特急オプション券」(6,000円)を追加で購入すれば、北海道新幹線とJR北海道内の普通車自由席に1日のみ乗り放題となります。

「北海道&東日本パス 北海道線特急オプション券」をうまく組み合わせて、長距離を移動する日と、ローカル線に乗ったり観光をしたりする日を分けた計画をつくるとよいでしょう。

「北海道&東日本パス 北海道線特急オプション券」については、以下の記事をご覧ください。どのように使えばメリットがあるか、他の割引きっぷなどと比較しています。

【北海道&東日本パス】北海道新幹線・北海道内の特急に1日乗り放題の「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」はお得なのか? お得に活用するコツを紹介します!
「北海道&東日本パス」のオプションとして、北海道新幹線と北海道内の在来線特急に乗車できる「北海道線特急オプション券」が発売されていますが、1日有効で6,110円。本当にお得なのでしょうか? 【ひさの乗り鉄ブログ】では「北海道線特急オプション券」のお得な使い方について紹介します。
スポンサーリンク

札幌・旭川から道東・道北への都市間往復は「Rきっぷ」「Sきっぷ」

札幌や旭川から、函館本線(札幌~旭川)、宗谷本線(旭川~稚内)、石北本線(旭川~網走)への往復に利用できるのが、「Rきっぷ」「Sきっぷ」です。

往復特急列車が利用でき、割引率もかなり高く設定されています。「Rきっぷ」は指定席が利用可能、「Sきっぷ」は自由席専用です。それぞれ、設定されている区間が異なります。

お盆休みや年末年始も含めて、利用制限期間がなく、通年で利用できるのも大きな特徴です。

フリーきっぷではないので、あちこち乗りまわることはできませんが、札幌や旭川を起点に、稚内や網走などへ旅行し、現地ではレンタカーや路線バスなどで観光するのであれば、十分に検討に値する割引きっぷです。

「Rきっぷ」の主な設定区間とおねだん

Rきっぷの主な設定区間とおねだん、有効期間です。観光シーズンではない冬料金のほうが割引率が低いのは、自家用車や高速バスの利用を避ける人が多く、鉄道の需要があるからでしょうね。

宗谷本線への割引率がとても高いのが特徴ですね。

設定区間夏料金冬料金有効期間
札幌~網走17,500円(-17%)17,940円(-15%)6日間
札幌~稚内13,310円(-40%)14,410円(-35%)6日間


※夏料金は4月~11月利用分、冬料金は12月~3月利用分に適用、カッコ内は通常料金(普通車指定席)からの割引率
※他に、札幌~遠軽・北見・音威子府の設定あり

Rきっぷの詳細や、他の設定区間については、JR北海道のサイトをご覧ください。

指定席往復割引きっぷ(Rきっぷ)|JR北海道のおトクなきっぷ
「ゆき」と「かえり」に特急列車普通車指定席をご利用になれる往復割引きっぷです。|JR北海道のおトクなきっぷ

「Sきっぷ」の主な設定区間とおねだん

Sきっぷの主な設定区間とおねだん、有効期間です。Rきっぷとは異なり、通年で均一料金です。Rきっぷに比べて近距離での設定になっています。

設定区間おねだん有効期間
札幌~旭川5,550円(-41%)6日間
旭川~稚内10,830円(-35%)6日間
旭川~網走14,070円(-12%)6日間


※カッコ内は通常料金(普通車自由席)からの割引率
※他に、札幌~岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・留萌・士別・名寄、旭川~深川・滝川・北見の設定あり

Sきっぷの詳細や、他の設定区間については、JR北海道のサイトをご覧ください。

自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)|JR北海道のおトクなきっぷ
「ゆき」と「かえり」に特急列車普通車自由席をご利用になれる往復割引きっぷです。|JR北海道のおトクなきっぷ
スポンサーリンク

特急の片道利用ならインターネット限定の「えきねっとトクだ値」

JR北海道の特急を片道利用する場合には、インターネット予約サービスの「えきねっと」で購入できる「えきねっとトクだ値」がおすすめ です。

「えきねっとトクだ値」は、以下のような割引きっぷです。

  • 乗車券と特急券(指定席)がセットになった割引きっぷ
  • 列車・席数限定(空席があっても、えきねっとトクだ値の販売席数に達したら購入できない)
  • インターネット予約サービス「えきねっと」での購入限定
  • 当日の午前1時40分まで(前日のえきねっとシステムの利用終了まで)の購入が必要
  • きっぷ受け取り前の払い戻しは320円、きっぷ受け取り後は割引率分の手数料(30%割引のきっぷは、30%の払い戻し手数料)がかかる

制限が多いですが、割引率が40%や50%の設定もありますので、北海道内で特急列車を片道利用する場合には、「えきねっとトクだ値」が設定されていないか調べてみましょう。

「えきねっとトクだ値」が設定されているかを調べるには、えきねっとにログインし、乗車したい列車の区間・日時・時刻を入力して、列車の一覧を表示させるとわかります。

片道利用が可能ですので、青春18きっぷや北海道&東日本パスと併用するのもおすすめ です。例えば、札幌から帯広や釧路へ、えきねっとトクだ値で購入したきっぷを使って特急で一気に移動、その後、青春18きっぷや北海道&東日本パスで、ローカル線の旅を楽しむ、といった使い方です。

2022年4月現在の主な区間の割引率は以下の通りです。

設定区間列車割引率
札幌~新函館北斗
・函館
北斗15%・30%
札幌~苫小牧
・東室蘭
すずらん35%
札幌~帯広
・釧路
おおぞら15%・40%
札幌~帯広とかち20%・45%
札幌~旭川ライラック・カムイ45%
札幌~名寄
・稚内
宗谷35%
旭川~士別-稚内サロベツ45-55%
札幌~遠軽・北見オホーツク35%
札幌~網走オホーツク30%
旭川~遠軽-網走大雪50-55%

「えきねっとトクだ値」の設定区間、割引率は、季節等によって変更になる可能性があります。

なお、期間限定で、「おおぞら」(札幌~釧路)、「とかち」(札幌~帯広)が50~55%引きになる「お先にトクだ値」が設定されています。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

JR北海道が札幌~釧路・帯広の特急「おおぞら」「とかち」に50~55%引きの「お先にトクだ値」を2022年も設定! 札幌~釧路が4,990円!(「とかち」の設定期間を2022年11月末まで延長)
JR北海道は、札幌~釧路を結ぶ特急「おおぞら」、札幌~帯広を結ぶ特急「とかち」の乗車券+特急券を、2週間前までの購入で50~55%割り引く「お先にトクだ値」を、2022年3月末までの期間限定で設定しています。札幌から道東方面へ、お得に鉄道で旅ができるチャンスです。

また、前述のとおり、2022年6月30日までの期間限定ですが、2週間前までの購入で、特急「北斗」が40%引きになる「お先にトクだ値」が設定されています。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

新幹線・特急列車が30~50%引きになる「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」、JR東日本・JR北海道が複数の路線で設定!(2022年版)
この記事では、早期に購入することで乗車券+特急券が30~50%引きになる期間限定の「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」の最新情報をまとめています。早めの予約・購入で、新幹線や特急列車をお得に利用しましょう。

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」全般については、以下の記事で詳しく紹介しています。早期購入割引きっぷならではの注意点も解説していますので、ぜひご覧ください。

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」でJR東日本・JR北海道の新幹線・特急列車をお得に利用しよう! 購入・変更・払戻の方法、注意点を紹介します!(2022年版)
JR東日本のインターネット予約「えきねっと」限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」を利用すれば、新幹線や特急列車が割安で利用できます。この記事では、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の基本的な使い方や、購入方法、変更や払い戻し(キャンセル)などの注意点、上手な利用法をご紹介します。
スポンサーリンク

札幌から富良野・美瑛への観光なら「ふらの・びえいフリーきっぷ」

美瑛パノラマロードからの絶景!(最寄り駅:富良野線美馬牛駅)
美瑛パノラマロードからの絶景!(最寄り駅:富良野線美馬牛駅)

地域限定となりますが、札幌から富良野・美瑛へ観光に行くのであれば、「ふらの・びえいフリーきっぷ」が最適です。

  • ふらの・びえいフリーきっぷ
    • 効力: 札幌~フリーエリアの往復に特急列車(自由席)が利用でき、フリーエリア内では普通列車の自由席に乗り降り自由
    • 利用期間: 2022年4月29日(金)~10月31日(月)
    • 有効期間: 4日間
    • おねだん: おとな 7,400円, こども 3,700円
      • ※2022年4月29日(金)~6月30日(木),9月1日(木)~10月31日(月)は小児用1,000円

札幌近辺に在住の方に限らず、北海道外から北海道へ旅行する際にも使いやすいきっぷです。新千歳空港に到着し、札幌を起点として富良野や美瑛まで足を延ばしたいときにはちょうどよいきっぷです。

観光シーズンには、旭川~富良野間にトロッコ列車「富良野・美瑛ノロッコ号」や、特急車両を利用した「快速ふらの・びえい」が運転されます。これらの列車にももちろん乗車することができます。また、札幌~富良野を直通する臨時特急「フラノラベンダーエクスプレス」にも乗車できます。

有効期間が4日間もありますので、フリーエリア内の富良野・美瑛周辺や、旭川などに宿泊して観光することもできます。

詳しくは、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

富良野・美瑛を旅しよう! 北海道の観光シーズン到来! 主要観光地へのアクセス・おすすめの臨時列車やきっぷを紹介します!(2022年版)
6~7月、梅雨のない北海道の観光シーズンです。特に、ラベンダーが咲く富良野・美瑛方面への旅行に最適な季節です。この記事では、富良野・美瑛への鉄道でのアクセスや、おすすめの臨時列車、使いやすいフリーきっぷなどについて紹介します。また、鉄道旅行...
スポンサーリンク

札幌近郊の日帰り観光に最適!「一日散歩きっぷ」

札幌近郊がフリーエリアとなっている「一日散歩きっぷ」です。普通列車の普通車自由席にのみ乗車できます。

  • 一日散歩きっぷ
    • 効力: 札幌近郊のフリーエリア内の普通列車・快速列車に乗り放題
    • 利用期間:
      • 2022年4月29日(金)~11月13日(日)までの土休日
    • 有効期間: 1日間
    • おねだん: おとな 2,540円, こども 1,270円

札幌から小樽、苫小牧、室蘭、富良野・美瑛などへの日帰り旅に利用できます。

新千歳空港もエリアに含まれるため、北海道外からの観光客も利用できます。ただし、「一日散歩きっぷ」を購入できるのは札幌近郊の駅のみで、新千歳空港駅では購入できません。利用するとしたら、札幌から小樽へ移動して観光、その後、新千歳空港で帰宅、というような使い方になります。旅行最終日が土休日で、札幌近郊を観光後に新千歳空港から帰途に就く場合にはお得に使える可能性があります。

利用できるのは土休日のみですが、札幌近郊のJRの駅で当日購入できるため、「一日散歩きっぷ」の利用日であれば、気軽に利用してみるのが良いでしょう。

「一日散歩きっぷ」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

札幌近郊のフリーきっぷ「一日散歩きっぷ」、富良野やニセコの観光に便利! 廃止危機路線の乗車にもおすすめです!(2022年度版)
札幌近郊(道央圏)のJR線に1日乗り放題となるJR北海道の定番フリーきっぷ「一日散歩きっぷ」。札幌近郊とはいえ、富良野や美瑛、小樽、余市、ニセコなどがフリーエリアに入っているので、札幌からの日帰り旅にも十分に活用できます。この記事では「一日散歩きっぷ」のおすすめ日帰りルートを紹介します。

以上、JR北海道の主要なお得なきっぷ(フリーきっぷ・割引きっぷ)をご紹介しました。JR北海道は、特急列車での往復や片道にもかなり割引率の高いきっぷを用意していますので、フリーきっぷのほうが良いのか、往復・片道の割引きっぷがよいのか、行程を考えながら比較検討されることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

現在、利用できるJR各社の格安フリーきっぷをまとめた記事です。随時更新しており、最新情報を掲載していますので、ぜひご覧ください。

2022年夏の鉄道旅行に使えるJR各社の格安フリーきっぷ・割引きっぷまとめ!
JR各社は非常に多くのフリーきっぷ・割引きっぷを発売しています。期間限定のものもあり、どのきっぷを使うと良いのかわからないことも多いでしょう。この記事では、2022年夏(6月~8月頃)に利用できるJR各社のお得なきっぷ(フリーきっぷ・割引きっぷ)をまとめて紹介します。

JR東日本のフリーきっぷのまとめ記事です。

【JR東日本フリーきっぷまとめ】 関東・甲信越・東北の各エリア別のおすすめフリーきっぷ・割引きっぷを紹介! きっぷの使い分けも紹介します!
JR東日本は数多くのフリーきっぷを発売しています。どのエリアにどんなフリーきっぷがあるのか、その全貌を掴むだけでも困難です。【ひさの乗り鉄ブログ】では、おおまかなエリア別に、どのフリーきっぷや割引きっぷを利用すればおトクかを詳しく紹介します。JR東日本エリアの旅行や乗り鉄の参考にしてみてください。

その他、当ブログで紹介しているおすすめのフリーきっぷの記事の目次です。

おすすめきっぷ
乗り鉄や鉄道メインの旅行に利用できる、おすすめのおトクなきっぷ(フリーきっぷ、割引きっぷ)の紹介記事のまとめです。おトクなきっぷを上手に活用して、充実した旅行を楽しみましょう!2022年夏 注目のJR各社のお得なフリーきっぷ・割引きっぷま...
ノウハウノウハウ-おトクなきっぷ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

  1. Yuji より:

    「一日散歩きっぷ」について。
    新千歳空港もエリアに含まれるため、札幌近郊に在住の方だけでなく、
    北海道外から新千歳空港に到着した観光客も利用できます。
    と、ありますが、私の経験では、新千歳空港駅では、一日散歩きっぷを購入できなかったので、
    新千歳空港に「到着した」観光客は、このきっぷを利用する事ができません。
    「到着」ではなく「帰る」場合にだけ、このきっぷで、新千歳空港駅を出入りできるのではないでしょうか?

  2. kzlife より:

    Yujiさん、コメントありがとうございます。
    そのとおりですね。新千歳空港では購入できないようです。「新千歳空港に到着した観光客も利用できる」というのは間違っていますので、修正しておきます。
    ご指摘ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました