ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【休日おでかけパス】 東京近郊のおでかけにピッタリのフリーきっぷ! 高崎・宇都宮などフリーエリア外へ乗り越しても意外にお得!?

おすすめ記事Pick Up! 2019年夏のおすすめ臨時列車

東京近郊のJR線に1日乗り放題になる「休日おでかけパス」。土休日のみ有効ですが、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始は毎日利用できます。この記事では、「休日おでかけパス」の購入方法、フリーエリア範囲内でのお得な使い方、さらに、応用編として、フリーエリア外への乗り越しでお得に利用する方法を紹介します。

「休日おでかけパス」とは?

「休日おでかけパス」は、東京近郊のJR線に1日乗り放題となるフリーきっぷです。

  • 利用期間: 土休日、ゴールデンウィーク(4/29~5/5)、夏休み(7/20~8/31)、年末年始(12/29~1/3)
  • 発売期間: 通年(利用日の1か月前~当日)
  • 有効期間: 1日
  • きっぷの効力:
    • フリーエリア内の普通列車・快速列車の普通車自由席に乗り放題
    • 別途、特急券を購入すれば、フリーエリア内の東北新幹線・上越新幹線、特急列車に乗車可能
    • 別途、指定席券やグリーン券を購入すれば、指定席やグリーン席(普通列車グリーン車含む)に乗車可能
  • 発売箇所: フリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザ、提携販売センター、主な旅行会社
  • おねだん: 大人 2,670円 小児 1,330円

フリーエリアは以下の通りです。

f:id:kzlife:20190416223243g:plain
「休日おでかけパス」のフリーエリア

(出典)おトクなきっぷ:JR東日本

「休日おでかけパス」の購入方法・使い方

「休日おでかけパス」の購入方法と使い方について説明しましょう。

「休日おでかけパス」は利用当日に指定席券売機で購入しよう!

「休日おでかけパス」は利用する当日に購入することができます。前もって購入しておいても良いのですが、万が一、旅行が中止になってしまうと払い戻し手数料(220円)を取られてしまいます。「休日おでかけパス」は利用当日に購入するのがおすすめです

「休日おでかけパス」は、駅のみどりの窓口でも購入できますが、一番早くて簡単のは、指定席券売機での購入です。「おトクなきっぷ」→「休日おでかけパス」を選択し、利用日、人数を入力します。購入には、Suicaやクレジットカードも使えます。

「休日おでかけパス」の使い方

「休日おでかけパス」の使い方は簡単。自動改札に入れるだけです。なお、あとで述べますが、フリーエリア外で下車する場合は、フリーエリア末端の駅から下車駅までの乗り越し清算が必要です。

「休日おでかけパス」+特急券で新幹線・特急列車にも乗車可能!

f:id:kzlife:20190416230955j:plain

「休日おでかけパス」は乗車券としての効力を持つフリーきっぷですので、それ単体では新幹線や特急列車には乗車できません。

新幹線や特急列車に乗車したい場合には、別途、特急券を購入しましょう

自動改札を通る場合には、「休日おでかけパス」と特急券を2枚重ねて入れればOKです。

また、個人的には、普通列車グリーン車への乗車がおすすめです。東海道本線や高崎線、宇都宮線などの普通列車に連結されている2階建てのグリーン車です。「休日おでかけパス」があれば、別途、普通列車用グリーン券(休日料金は50kmまで570円、51km以上770円)を購入すれば乗車できます。

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

「休日おでかけパス」はどこまで乗ればお得なの?

「休日おでかけパス」はどこまで乗ればお得になるでしょうか? 有効期間が1日なので、日帰り旅行に利用すると想定して、都心(東京駅、品川駅、新宿駅)を起点として、単純往復でどこまで行けばお得になるのかを考えてみましょう。

f:id:kzlife:20190416224753p:plain
都心からフリーエリア内主要駅までの普通運賃

「休日おでかけパス」は2,670円ですので、単純往復で利用する場合には、片道1,340円以上であればお得ということになります。

上表のオレンジの部分は「休日おでかけパス」の単純往復でお得になるところです。都心からだと、距離がある房総半島や成田方面はお得になる範囲が広いですが、中央本線や東海道本線方面では、必ずしもお得になるとは限りません。

青い部分は、片道1,320円、往復で2,640円ですが、「休日おでかけパス」の2,670円とほぼ変わらない金額になります。単純往復ではなく、どこかで途中下車したりすれば、お得になる可能性が高いです。

都心部がフリーエリアの真ん中にありますので、意外と単純往復で安くなるエリアは広くありません

一方、フリーエリアの端のほう、神奈川県、千葉県、埼玉県などから、都心を経由して別のエリアへ旅行する場合には、お得になる可能性が高くなります。例えば、小田原(神奈川県)~小山(栃木県)の普通運賃は3,020円。片道だけでも「休日おでかけパス」のもとが取れてしまいますし、往復すれば3,370円も安くなります。

「休日おでかけパス」で乗り越しすれば意外と広いエリアでお得?

それでは、「休日おでかけパス」は、都心からだと、単純往復では使いづらいきっぷなのでしょうか?

実は、そんなこともありません。都心からフリーエリア外の駅まで往復するときにも、フリーエリアからはみ出した部分の運賃を支払えば、「休日おでかけパス」を利用することができます

東京駅から各方面のフリーエリア外の主要駅までの往復で比較すると、以下のようになります。

f:id:kzlife:20190416224750p:plain
都心からフリーエリア外主要駅までの単純往復との比較

フリーエリアの端っこの駅、東北本線(宇都宮線)の自治医大や高崎線の神保原は、それぞれ、宇都宮、高崎のすぐ近くなのです。そのため、宇都宮や高崎への単純往復に利用しても、かなりお得になることがわかります。それ以外でも、甲府や熱海まででもお得になります。

このように、フリーきっぷだからといって、必ずしもフリーエリア内の旅行にだけしか利用できないわけではありません。フリーエリアから少し外れたところが目的地で、フリーエリアを通過する距離が長い場合には、「休日おでかけパス」を購入したほうが安くなることがあります

「休日おでかけパス」フリーエリア外の駅での下車・乗車方法

ここでは、応用編として、「休日おでかけパス」で、フリーエリア内の駅から、フリーエリア外の駅へ行く場合の清算方法について説明します。

フリーエリア外の駅で下車する場合は下車駅で清算

f:id:kzlife:20190416231153j:plain

フリーエリア内の駅から、フリーエリア外の駅まで乗車する場合、下車駅(フリーエリア外の駅)で「休日おでかけパス」を見せて、フリーエリアからはみ出した部分の運賃を精算すればOKです

例えば、東京駅から乗車し、高崎駅で下車する場合、高崎駅で「休日おでかけパス」を見せて、フリーエリア外の区間(神保原~高崎間)の運賃240円を支払います。フリーエリア末端駅となる神保原駅でいったん下車する必要はありません。

フリーエリア外の駅から乗車する場合はフリーエリアまでの乗車券を購入

フリーエリア外の駅から乗車するときには、手元に「休日おでかけパス」がある場合、乗車駅からフリーエリアの最初の駅までの乗車券を購入して改札を通ればOKです

例えば、高崎駅から東京駅まで乗車する場合、フリーエリア区間外となる高崎~神保原の乗車券(240円)を券売機で購入して改札を入ります。

ただし、手元に「休日おでかけパス」がない場合には、フリーエリア内の駅でいったん下車して、「休日おでかけパス」を購入する必要がありますので注意しましょう。

新幹線・特急列車で「休日おでかけパス」のフリーエリア外の駅で下車・乗車する場合

新幹線や特急列車で「休日おでかけパス」のフリーエリア外で下車・乗車する方法は、特急券が加わるだけで、基本的には前述のとおり、フリーエリア外の区間の乗車券を組み合わせることには変わりありません。

東京~高崎間を上越新幹線で移動する場合は、以下の3つが必要になります。

  • 「休日おでかけパス」(東京~本庄早稲田間の乗車券として利用)
  • 本庄早稲田~高崎間の乗車券(320円)
  • 東京~高崎間の特急券(自由席特急券 2,470円)

新幹線の自動改札機は賢くて、同時に4枚まで乗車券や特急券を投入することができます。

f:id:kzlife:20190416231256j:plain

なお、特急券はフリーエリア内、フリーエリア外に分割する必要はありません。特急券は1列車ごとに必要と決められていますので、1本の列車で移動するのであれば特急券は1枚あればよい ということです。

新幹線の自動改札を通るときには、上記の3枚をまとめて投入します。東京駅での乗車時、高崎駅での下車時ともに同様です。

高崎から乗車して東京で下車する場合も、上記の3つを用意して、まとめて自動改札に投入すればOKです。

フリーエリアからのはみ出し部分は在来線区間の乗車券でもOK

f:id:kzlife:20190416234006j:plain

ちょっとマニアックな話になりますが、新幹線と在来線が並行している区間では、どちらの経路の乗車券でも乗車できるというルールがあります。例えば、熊谷~高崎間は、在来線の高崎線の乗車券で、上越新幹線に乗ることができるわけです(別途、特急券は必要です)。

このルールを活用すると、前述の東京~高崎間のフリーエリア外の区間を神保原~高崎間とみなして、

  • 「休日おでかけパス」(東京~神保原間の乗車券として利用)
  • 神保原~高崎間の乗車券(240円)
  • 東京~高崎間の特急券(自由席特急券 2,470円)

というきっぷを用意しても、新幹線に乗車することができます。なぜならば、熊谷~高崎間は、在来線経由のきっぷでも新幹線に乗車できるためです。

もっとも、数十円の差ですので、こんなややこしいことをする必要はないかもしれませんが…

【まとめ】「休日おでかけパス」のお得な使い方

  • 都心からフリーエリア内の単純往復は、お得になるエリアが意外と狭いので、本当にお得になるのか計算しておこう
  • 都心を経由してフリーエリア内を移動する場合はお得になる可能性が高い
  • フリーエリアに近い主要駅(高崎駅、宇都宮駅、熱海駅など)への旅行でもお得になる場合が多い

以上、『【休日おでかけパス】 東京近郊のおでかけにピッタリのフリーきっぷ! 高崎・宇都宮などフリーエリア外へ乗り越しでも意外にお得!?』でした。東京近郊の日帰り旅行では定番のフリーきっぷですが、フリーエリア外へ乗り越す前提で利用してもお得になったりと、意外と奥が深いきっぷです。フリーエリア内を長距離移動するときには、「休日おでかけパス」がお得になるのかを事前に検討してみましょう。

関連記事

JR東日本のフリーきっぷのまとめ記事です。フリーエリアの広いフリーきっぷ、割引きっぷを中心に紹介しています。

www.kzlifelog.com