青春18きっぷ関連のコンテンツはサブブログ「青春18きっぷナビ」に移行しました
スポンサーリンク

四国エリア おすすめ路線・列車、沿線の観光スポット

予土線の車窓から眺める清流「四万十川」の車窓 ノウハウ-おすすめ路線
本サイトでは記事内に広告が含まれている場合があります。

四国は海に囲まれているため、瀬戸内海や太平洋の車窓が美しい路線が多くあります。また、大歩危・小歩危の渓谷美が素晴らしい土讃線、清流 四万十川の眺めが素晴らしい予土線など、川の車窓も素晴らしいエリアです。

この記事では【ひさの乗り鉄ブログ】がおすすめする四国の路線や列車を紹介します。

スポンサーリンク

渓谷美と清流が素晴らしい四国の川の路線

四国には、全国でもトップクラスの素晴らしい渓谷美と清流を眺められる川の路線があります。名勝「大歩危・小歩危」の渓谷美を車窓から眺めることができる「土讃線」と、日本一の清流ともいわれる四万十川に沿う「予土線」です。

吉野川の急流がつくった大歩危峡・小歩危峡が美しい「土讃線」

吉野川の急流によってできた「大歩危峡・小歩危峡」
吉野川の急流によってできた「大歩危峡・小歩危峡」

香川県の多度津駅と高知県の窪川駅を結ぶ土讃線は、内陸部の阿波池田駅から高知市の市街地に入るまでの間、吉野川やその支流の穴内川に沿って走ります。

中でも、名勝「大歩危峡」「小歩危峡」の近くでは、車窓から眺める渓谷美が素晴らしいです。川沿いの路線には多く乗ってきましたが、その中でも「渓谷美」が美しい路線といえば、まず土讃線を挙げたいと思えるほどです。

坪尻駅に停車中の「四国まんなか千年ものがたり」
坪尻駅に停車中の「四国まんなか千年ものがたり」

土讃線の素晴らしい渓谷美を眺めるのにおすすめの列車が、JR四国自慢の「ものがたり列車」のうちの一つ、「四国まんなか千年ものがたり」(多度津~大歩危)です。全車グリーン席の観光列車で、車内はまるでレストランのようにゆったりとした座席配置です。

大歩危峡、小歩危峡での徐行運転はもちろんのこと、秘境駅「坪尻駅」にも停車します。終点の大歩危駅に到着後は、もちろん大歩危峡を観光することができます。

「四国まんなか千年ものがたり」については、以下の乗車記をご覧ください。土讃線の車窓についても紹介しています。

清流 四万十川の美しい流れに沿って走る「予土線」

予土線の車窓から眺める清流「四万十川」の車窓
予土線の車窓から眺める清流「四万十川」の車窓

四国の南西部、愛媛県の宇和島駅と高知県の窪川駅を結ぶのが予土線です。予土線には「しまんとグリーンライン」という愛称がつけられています。その愛称のとおり、清流 四万十川に沿って走る路線です。特に、江川崎~土佐大正間では、蛇行する四万十川を何度も渡りながら進みます。四万十川は、とにかく水がきれいで、車窓からでも十分に「清流」であることがわかります。

予土線の車窓については、以下の乗車記をご覧ください。

予土線には普通列車しか走っていませんが、週末を中心に「しまんトロッコ」というトロッコ列車が運転されています。普通列車に利用されている気動車が、貨車を改造した本格的なトロッコ車両を牽引する列車です。清流 四万十川を感じながら旅をするのにぴったりの列車です。

「しまんトロッコ」については、JR四国のWebサイトをご確認ください。運転日、運転時刻なども掲載されています。

Yodosen Fun Fun Trains
予土線を走る観光列車の紹介ページです。
スポンサーリンク

瀬戸内海と太平洋、対照的な車窓を楽しめる海の路線

四国は海に囲まれた島ですが、北側は内海の穏やかな瀬戸内海、南側は大海原の太平洋と、対照的な海に面しています。四国の路線でも、瀬戸内海の車窓が美しい「予讃線」(愛ある伊予灘線)と太平洋側を走る「土讃線」や土佐くろしお鉄道「中村線」は、それぞれの海の車窓が美しい路線です。

下灘駅で有名な瀬戸内海沿いの路線「予讃線」(愛ある伊予灘線)

伊予上灘~下灘間の車窓は伊予灘を望む絶景!
伊予上灘~下灘間の車窓は伊予灘を望む絶景!

予讃線は高松駅と宇和島駅を結ぶJR四国の路線です。途中、愛媛県内の向井原~伊予大洲間は、特急「宇和海」が通る内陸まわりの「内子線」と、瀬戸内海沿岸を通る「愛ある伊予灘線」に分かれています。瀬戸内海の車窓が素晴らしいのは、「愛ある伊予灘線」のほうですが、こちらは普通列車しか走りません。

「愛ある伊予灘線」の車窓からは、小さな島がたくさん浮かぶ穏やかな瀬戸内海を見ることができます。

目の前に瀬戸内海が広がる「下灘駅」
目の前に瀬戸内海が広がる「下灘駅」

「愛ある伊予灘線」の見どころといえば、言わずと知れた「下灘駅」です。今や、フォトジェニックな景色を眺められる駅として、全国各地から観光客が訪れる有名駅です。

予讃線「愛ある伊予灘線」の乗車記と、下灘駅の訪問記については、以下の記事をご覧ください。

太平洋の車窓が素晴らしい土佐くろしお鉄道「中村線」

土佐くろしお鉄道 中村線の土佐佐賀駅付近からの太平洋の車窓
土佐くろしお鉄道 中村線の土佐佐賀駅付近からの太平洋の車窓

土佐くろしお鉄道の中村線(通称「土佐くろしおライン」)は、太平洋を車窓いっぱいに眺めることができます。太平洋に沿って走る区間は長くはありませんが、太平洋が見える区間(土佐佐賀駅付近など)からは、このような素晴らしい車窓を眺めることができます。

土佐くろしお鉄道 中村線の土佐佐賀駅付近からの太平洋の車窓
土佐くろしお鉄道 中村線の土佐佐賀駅付近からの太平洋の車窓

この区間、線路と海の間には道路がありますが、線路は少し高いところを通っているため、道路を気にせずに車窓を眺めることができます。

土佐くろしお鉄道の中村線には、JR四国の土讃線から直通で特急「あしずり」(高知~中村・宿毛)、特急「しまんと」(高松→中村 ※下り1本のみ)が運転されています。高知県西部へ鉄道で旅行する際には、車窓にも注目したいですね。

【番外編】太平洋岸の国道を走る高知東部交通バス「室戸・甲浦線」

太平洋岸に沿う国道55号線を走る高知東部交通バスの車窓
太平洋岸に沿う国道55号線を走る高知東部交通バスの車窓

番外編として、太平洋の車窓が美しい路線バスとして、高知東部交通の「室戸・甲浦線」を紹介します。鉄道が通っていない室戸岬を訪問するときに利用したいバス路線です。

土佐くろしお鉄道の「ごめん・なはり線」の安芸駅、奈半利駅から、室戸岬を経由して、甲浦方面を結ぶ路線バスです。室戸岬のすぐ近くを通るほか、太平洋に沿う国道55号線を走るため、車窓からは太平洋の大海原を眺めることができます。

また、甲浦の少し手前にある「道の駅 東洋町」では、阿佐海岸鉄道のDMVに乗り継ぐことができ、その先、牟岐線を経由して徳島駅まで鉄道で移動することができます。

高知東部交通の「室戸・甲浦線」に乗車して室戸岬を訪問したときの様子を、以下の乗車記で紹介していますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

四国エリアの鉄道旅行・乗り鉄におすすめのきっぷ

四国を鉄道で旅する際には、JR四国と土佐くろしお鉄道の乗り放題きっぷを利用するのがおすすめです。

JR四国の定番フリーきっぷが「四国フリーきっぷ」です。JR四国全線の普通列車、特急列車(普通車自由席のみ)に3日間乗り放題で18,000円です。

特急列車の指定席やグリーン席に乗車したい場合や、土佐くろしお鉄道にも乗車したい場合におすすめなのが「四国グリーン紀行」です。JR四国全線に加えて、土佐くろしお鉄道全線に乗車でき、特急列車の指定席・グリーン席にも乗車できます。4日間有効で23,000円です。

その他、誕生月にだけ利用できる「バースデイきっぷ」などのお得なきっぷもあります。

JR四国のお得なきっぷについては、以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事

当ブログでおすすめの路線や列車、沿線の観光スポットなどをエリアごと、ジャンルごとに紹介しているページです。筆者が各地の観光列車やローカル線に乗車した時の乗車記をまとめています。沿線の観光スポットやお得なきっぷについての情報も紹介しています。鉄道旅行・乗り鉄の際の参考にぜひご覧ください!

ノウハウノウハウ-おすすめ列車ノウハウ-おすすめ路線汽車旅汽車旅-JR四国
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました