ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

高知東部交通バスで室戸岬へ! ごめん・はなり線 奈半利駅と阿佐海岸鉄道 甲浦駅をつなぐ抜け道&絶景ルート!


高知県の東部を走る高知東部交通の室戸・甲浦線。かつて計画された鉄道「阿佐線」の未成区間を結ぶ路線バスです。途中、室戸岬を経由するため、乗り鉄にも観光にも便利な路線バスです。見どころは、太平洋の海岸沿いを走る区間。車窓からは太平洋の大海原を眺めることができます。

この記事では、高知東部交通の室戸・甲浦線の乗車記をお届けします。

高知東部交通 室戸・甲浦線とは?

高知東部交通は、高知県の東部で路線バスを運行するバス会社です。

toubukoutuu.jimdo.com

室戸・甲浦線は、高知東部交通が運行する路線バスですが、安芸~奈半利~室戸~甲浦を結ぶ路線です。


高知県の東部、室戸岬を沿岸部に沿ってぐるっと半周するようなルートで走ります。(市街地では内陸部を走るため、上記ルートは細かいところでは異なっています)

この路線バス、公共交通機関で室戸岬へアクセスするのに有用ですが、乗り鉄をする際にもとても便利です。

途中、土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線の終点、奈半利駅を経由しますし、阿佐海岸鉄道の甲浦駅にも止まります。

この区間はもともと「阿佐線」の一部として鉄道が建設される予定でしたが、今のところ未整備となっています。今後の人口減少を考えると、新たに鉄道ができるとは思えませんので、この高知東部交通の室戸・甲浦線は、鉄道主体の旅行でも重要な交通機関となります。

高知東部交通 室戸・甲浦線 所要時間と運賃

高知東部交通 室戸・甲浦線の所要時間と運賃は以下の通りです。

区間 所要時間 運賃
奈半利~室戸岬 約1時間 1,200円
奈半利~甲浦 約2時間 2,370円
室戸岬~甲浦 約55分 1,470円


ごめん・なはり線の安芸駅からも乗車できますが、奈半利駅から乗車するよりも若干運賃が高くなります。

2019年9月現在の運転本数は以下の通りです。

  • 安芸~奈半利~室戸岬~室戸世界ジオパークセンター: 1日15~18往復
  • 安芸~奈半利~室戸岬~室戸世界ジオパークセンター~甲浦: 1日5~6往復

安芸~室戸世界ジオパークセンターは1時間に1本ほど運転されていますが、室戸世界ジオパークセンター~甲浦間は3分の1ほどに本数が少なくなります。

甲浦駅まで乗りとおす場合には、事前に時刻表を調べておきましょう。

高知東部交通 室戸・甲浦線 乗車記(奈半利駅~室戸岬)

それでは、乗車記をお届けします。

この日は、朝早く高知駅を出発、後免駅で土佐くろしお鉄道 ごめん・なはり線に乗り換えて、奈半利駅に到着したのでした。

f:id:kzlife:20190913214827j:plain
奈半利駅に到着した高知東部交通の路線バス 甲浦行きです

奈半利駅前から、8時43分発の甲浦行きのバスに乗ります。あいにくの雨模様のせいか、乗客は私以外に2名のみ。室戸岬への観光客も少ないようです。

f:id:kzlife:20190913214859j:plain
曇り空の下、太平洋の大海原を見渡すことができました

奈半利町の市街地を抜けて国道55号線に入ると、すぐに右手に太平洋が見えてきます。雨はやみましたが、どんよりとした曇り空。

基本的に国道55号線を南下していきますが、沿岸に点在する町では、街中の道路に入っていきます。

室戸市の営業所で運転手が交代。営業所を出ると、数分で室戸岬のバス停に到着しました。奈半利駅から約1時間、運賃は1,200円でした。

室戸岬と室戸世界ジオパークセンターを観光

あまりに天気が悪かったら観光をやめようと思っていたのですが、雨は降ったり止んだり。降ってきてもパラパラと小雨が降る程度でしたので、予定通り、室戸岬を観光します。

f:id:kzlife:20190913214951j:plain
ユネスコ世界ジオパークの一つ、室戸岬

岬というと、断崖絶壁のイメージがありますが、室戸岬はこのとおり、海のすぐ近くまで降りることができます。

f:id:kzlife:20190913215038j:plain
縞々の地層は室戸岬に特徴的な「タービタイト層」

室戸岬の海岸には、このような縞々の岩石がたくさん見られます。これは「タービタイト層」と呼ばれる地形で、海岸に近い浅い海底で、川などによって運ばれてきた砂や泥が堆積してできた地層です。それが地震などで隆起して、地上に姿を現したというわけです。

タービタイト層は、室戸岬の特徴的な地形のひとつです。

f:id:kzlife:20190913215109j:plainf:id:kzlife:20190913215119j:plain
休憩所の小さな展望台から室戸岬を見渡すことができます

雨が強くなってきたので、道路沿いにある休憩所へ。休憩所に併設されている小さな展望台(地上3階くらいの高さ)から、室戸岬を眺めることにしました。ゴツゴツとした特徴的な岩が広がる海岸線が一望できます。

f:id:kzlife:20190913215154j:plain
室戸岬の地質や地形、歴史について学べる「室戸世界ジオパークセンター」

室戸岬のバス停から、10時47分のバスに乗車。8分ほどで室戸世界ジオパークセンターに到着です。

室戸岬は、ユネスコが認定する「ユネスコ世界ジオパーク」の一つです。日本には9つしかありませんが、その一つが室戸岬なのです。

室戸世界ジオパークセンターは、室戸世界ジオパークのビジターセンター的な施設で、ジオパークについての展示や映像による紹介や、観光案内などの機能が集約されています。

www.muroto-geo.jp

高知や安芸のほうから室戸岬に来ると、室戸世界ジオパークセンターは室戸岬より先になってしまうのですが、できれば、先に室戸世界ジオパークセンターを訪れて、室戸岬の地形や地質、歴史について学んでから観光するほうがよさそうですね。

f:id:kzlife:20190913215227j:plain
室戸世界ジオパークセンター1階のジオカフェでカツオのカツ定食、なんとワンコイン!

じっくりと展示や映像の上映を見たあとは、室戸世界ジオパークセンター1階にある「ジオカフェ」でランチ。高知名物、カツオのカツ定食です。これで500円! コスパ抜群のランチでした。

高知東部交通 室戸・甲浦線 乗車記(室戸岬~甲浦)

室戸世界ジオパークセンターを12時10分に出発する甲浦行きのバスに乗って、再び高知東部交通バスの旅を再開します。

f:id:kzlife:20190913215346j:plain
バスの車窓にはずっと太平洋!

ここから甲浦駅の直前までは、ずっと海沿いの国道55号線を北上していきます。進行方向右側には、ずっと太平洋の絶景を眺めることができます。

f:id:kzlife:20190913215435j:plain
海岸線に沿って走るため、こんなカーブもあります

カーブの手前では、こんな景色も見ることができます。

f:id:kzlife:20190913215411j:plain
甲浦の近くでは入り江も!

甲浦に近づくと、入り江のようなところを通ります。先ほどまでの、太平洋の大海原が広がる景色とは一味違いますね。

f:id:kzlife:20190913215817j:plain
甲浦駅に到着! 思わぬ絶景を満喫することができました!

太平洋の絶景を眺めていると、あっという間に甲浦駅に到着。室戸ジオパークセンターから約45分の絶景車窓の旅でした。

甲浦駅からは、四国のミニ鉄道路線、阿佐海岸鉄道 阿佐東線に乗車しました。

www.kzlifelog.com

その後、JR牟岐線に乗車して徳島まで行きました。高知から徳島まで、鉄道がつながっていない室戸岬経由のルートでも、高知東部交通の室戸・甲浦線の路線バスを利用すれば、公共交通機関だけで旅をすることができます。

なお、阿佐海岸鉄道では2020年にDMVを導入する計画です。DMVが導入されたら、甲浦駅から、先ほど通ってきた国道55号線を通って、室戸岬まで直通する便もできるかもしれませんね。


以上、「高知東部交通バスで室戸岬へ! ごめん・はなり線 奈半利駅と阿佐海岸鉄道 甲浦駅をつなぐ抜け道&絶景ルート!」でした。室戸岬への観光でも、乗り鉄の旅でも、とても利用価値の高い路線バスです。室戸岬方面へご旅行の際は、ぜひ乗車して、太平洋の絶景を楽しんでみてください!

関連記事

当ブログで紹介している観光列車、SL列車、風光明媚な路線の乗車記の目次ページです。

www.kzlifelog.com