ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【下灘駅 訪問記】 目の前に瀬戸内海が広がる海の絶景駅! 車窓からの眺めも抜群!


青春18きっぷのポスターにも何度か登場した下灘駅を訪問してきました。天候と旅行の日程の都合で、朝の訪問になりましたが、目の前に瀬戸内海が広がる絶景を堪能することができました。

松山からの行程とともに、下灘駅の訪問記をお届けします。

下灘駅とは?

下灘(しもなだ)駅は、JR四国の予讃(よさん)線の駅です。


松山から少し西の、瀬戸内海(伊予灘)沿いにある小駅です。

予讃線は、高松と宇和島を結ぶJR四国の路線ですが、途中、向井原~伊予大洲間は、特急「宇和海」が通る内陸まわりの「内子線」と、瀬戸内海沿岸を通る「愛ある伊予灘線」に分かれています。

松山~宇和島間を結ぶ主要ルートは、特急が走る内子線ですが、下灘駅は「愛ある伊予灘線」のほうにあります。そのため、下灘駅には普通列車しか停車しません。

下灘駅に停車する列車は、朝晩は1時間に1本程度、日中は2時間に1本程度と、多くありません。鉄道で訪問する際には、時刻表を見て計画を立てておいたほうがよいでしょう。

下灘駅訪問記

2019年8月下旬の平日の朝、下灘駅を訪問してきました。

下灘駅といえば、伊予灘に沈む夕陽が有名なので、前日の夕方の訪問を予定していたのですが、あいにくの雨。そこで、急遽、予定を変更して、翌日、1本早い列車で松山を出発、下灘駅を訪問して、もとの旅程に復帰することにしたのでした。

早朝の松山駅をキハ185系普通列車で出発!

f:id:kzlife:20190901132040j:plain
早朝、午前6時前の松山駅

早朝、午前5時台の松山駅にやってきました。

前日、松山城などの観光地に近い大街道近くのホテルに泊まっていたのですが、下灘駅に始発列車で行くには、市電の始発では間に合わない! ということで、約2キロ離れた松山駅まで歩いてきたのでした。

f:id:kzlife:20190901132102j:plain
「宇和海1号」は松山駅を5時48分に発車、四国の朝は早い!

まだ6時前だというのに、特急「宇和海1号」が宇和島に向けて出発していきました。四国の朝は早いですね。

f:id:kzlife:20190901132128j:plain
宇和島行きの普通列車はキハ185系の乗り得列車!

松山駅の3番線にやってきた列車は、キハ185系の2両編成。キハ185系といえば、特急形の車両で、現在でも、同じJR四国の特急「剣山」などで運用されています。

そんな車両が普通列車としてやってきたわけですから、これは明らかに乗り得列車ということになります。

f:id:kzlife:20190901132154j:plain
リクライニングシートがボックス状態にセット

車内は、リクライニングシートがボックス状態にセットされていました。そういえば、常磐線の一部区間で走っている651系の普通列車も同様だったのを思い出しました。

午前6時02分、わずかな乗客を乗せて、松山駅を出発です。

市街地を抜けて伊予灘へ

f:id:kzlife:20190901132211j:plain
重信川のほとりには坊ちゃんスタジアムが見えます

松山市内を流れる一級河川、重信川を渡ります。写真右側には、プロ野球の試合も開催される「坊ちゃんスタジアム」が見えました。

f:id:kzlife:20190901132252j:plain
伊予市駅では松山行きの普通列車と交換待ち

松山から約17分で、伊予市駅に到着。特急列車も停車する駅で、松山から伊予鉄道(いよてつ)の郊外電車も走っています。松山の通勤・通学圏ですね。

この伊予市で9分停車。松山行きの普通列車との行き違いをします。あちらはキハ32という古い気動車の単行でした。

f:id:kzlife:20190901132323j:plain
向井原にある分岐 右側の「愛ある伊予灘線」へ向かいます

伊予市の次の向井原を出ると、「内子線」と「愛ある伊予灘線」が分岐します。左側が内子線、右側が愛ある伊予灘線ですね。この列車は右側へ進みます。

その上を通っているのは松山自動車道。四国でもあちこちで高速道路が整備されつつあり、JR四国の特急列車が、自家用車や高速バスに乗客を奪われています。

f:id:kzlife:20190901132417j:plain
伊予上灘駅でも行き違いのため8分停車 のんびりした普通列車の旅です

高野川駅あたりから、車窓の右側に瀬戸内海が広がってきます。そして、下灘駅の一つ手前、伊予上灘駅で、再び行き違いのために8分停車。

f:id:kzlife:20190901132454j:plain
伊予上灘~下灘間の車窓は伊予灘を望む絶景!

伊予上灘を出ると、車窓右側には瀬戸内海の絶景がずっと見えるようになってきます。線路と海の間には国道378号線が走っているのですが、鉄道は一段高いところを走っているので、道路が邪魔にならずに海を見渡すことができます。

こんな絶景を眺めながら、7時01分、下灘駅に到着です。

伊予灘の絶景を眺められる伊予灘駅

f:id:kzlife:20190901132526j:plain
ベンチと屋根の向こうに伊予灘が広がる下灘駅の絶景

青春18きっぷのポスターでも有名になった下灘駅。ホームにあるベンチと小さな屋根が、とてもいい味をだしています。

夏休みで遊びに来ているのでしょうか。3人の若者がベンチで列車を待っています。

f:id:kzlife:20190901132615j:plain

もう、何も言うことはありません。

f:id:kzlife:20190901132641j:plain
開業時から改装を重ねて利用されている下灘駅の木造駅舎

1935年に下灘駅が開業したときから使われている木造駅舎。改装を重ねて使われているそうです。

f:id:kzlife:20190901132708j:plain
駅舎の向こうの瀬戸内海がまぶしい!

無人の駅舎の向こうに見える海がまぶしい。

f:id:kzlife:20190901132744j:plain

f:id:kzlife:20190901132754j:plain

国道は線路より一段低いところを通っています。

f:id:kzlife:20190901132917j:plain
下灘駅の駅舎をホーム側から トイレもあります

ホーム側から駅舎を眺めます。小さな駅舎には、待合室以外に、トイレも併設されています。

f:id:kzlife:20190901132942j:plain
下灘駅にやってきた朝の普通列車

7時35分発の伊予市行きの普通列車が入ってきました。これに乗って伊予市まで戻ります。

このあと、伊予市からは、もともと乗る予定だった特急「宇和海5号」に乗車して、宇和島へ向かったのでした。

ちょっと早起きがつらかったですが、天気がもっているうちに下灘駅の絶景を見られたので満足でした。

下灘→伊予上灘 瀬戸内海(伊予灘)の絶景車窓

下灘駅を7時35分に発車した普通列車の中から、下灘→伊予上灘駅の間で車窓の動画を撮影しました。

ちょっと長いので、適当に飛ばしながらご覧ください。こんな車窓が眺められるんだというのが伝わればと思います。


以上、『【下灘駅 訪問記】 目の前に瀬戸内海が広がる海の絶景駅! 車窓からの眺めも抜群!』でした。夕陽が有名な下灘駅ですが、朝の時間帯でも十分に訪問する価値はある駅です。下灘駅までの車窓からも、瀬戸内海を眺めることができます。道路より高いところから眺める車窓も絶景ですので、ぜひ鉄道で訪問されることをおすすめします。

関連記事

当ブログで公開している乗車記の目次ページです。観光列車、SL列車から、絶景路線の乗車記まであります。ぜひご覧ください!

www.kzlifelog.com