スポンサーリンク

JR北海道が札幌~釧路・帯広の特急「おおぞら」「とかち」に50~55%引きの「お先にトクだ値」を2021年も設定! 札幌~釧路が4,990円!(設定期間を2022年3月末まで延長)

ノウハウ

JR北海道は、札幌~釧路を結ぶ特急「おおぞら」、札幌~帯広を結ぶ特急「とかち」の乗車券+特急券を、2週間前までの購入で50~55%割り引く「お先にトクだ値」を、2022年3月末までの期間限定で設定しています。札幌から道東方面へ、お得に鉄道で旅ができるチャンスです。

※当初は2021年11月末まででしたが、2022年3月末まで設定期間が延長されました。

スポンサーリンク

JR北海道が「おおぞら」「とかち」を50%以上割り引く「お先にトクだ値」を設定

JR北海道は、札幌~釧路・帯広を結ぶ特急列車「おおぞら」「とかち」に、2週間以上前の購入で、乗車券+特急券を50%以上割引く「お先にトクだ値」を期間限定で設定します。「おおぞら」は普通車指定席、「とかち」は普通車指定席に加えて、割引率は25%と低めですが、グリーン車用も設定されます。

当初は2021年3月末までの予定でしたが、「おおぞら」「とかち」ともに、2022年3月末まで延長されました。

設定区間、設定期間、料金は以下の通りです。(表は左右にスクロールできます)

路線名 列車名 設定期間 主な設定区間 座席種別 料金(割引率)
石勝線
根室本線
おおぞら ~2022年3月31日 札幌・新札幌 ⇔ 釧路 普通車 4,990円(50%引き)
南千歳 ⇔ 釧路 普通車 4,710円(50%引き)
とかち ~2022年3月31日 札幌・新札幌 ⇔ 帯広 普通車 3,490円(55%引き)
グリーン車 8,580円(25%引き)
南千歳 ⇔ 帯広 普通車 2,850円(55%引き)
グリーン車 6,470円(25%引き)

※席数限定、札幌・新札幌発着の乗車券は札幌市内発着

詳しくは、JR北海道のニュースリリースをご覧ください。

なお、「おおぞら」「とかち」では、ふだんから、乗車券+特急券の合計が15~40%引きになる「えきねっとトクだ値」(前日まで購入可能)が設定されています。

2週間前までに予定が決められない場合でも、割引率は多少下がりますが、普通にきっぷを購入するよりはだいぶ安く買えますので、「えきねっとトクだ値」があるかを確認してみたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

「お先にトクだ値」は2週間前までに「えきねっと」での購入が必要

JR北海道は、JR東日本と同じインターネット予約・購入サービス「えきねっと」のシステムを利用しています。

今回設定された「お先にトクだ値」は、えきねっと専用の早期購入割引きっぷとなります。

購入にあたって、いくつか注意すべき点をまとめてみます。

  • 席数限定
  • 2週間前までの予約・購入が必要
  • 発券後の払い戻し手数料は高額(割引率分の払い戻し手数料がかかる)

札幌~釧路を結ぶ特急「おおぞら」
札幌~釧路を結ぶ特急「おおぞら」

まず、席数限定のサービスですので、指定席に空席があるからといって、「お先にトクだ値」の価格で購入できるとは限りません。旅行の日程が決まったら、早めに「えきねっと」で購入しましょう。

次に、「お先にトクだ値」は2週間前、正確には乗車日の13日前の午前1時50分までに購入を完了している必要があります。この「午前1時50分」という中途半端な時刻は、えきねっとシステムの営業終了時刻です。

最後に、発券に関する注意です。「えきねっと」では、インターネットで予約・購入手続き後、乗車前に自動券売機や窓口できっぷを発券する必要があります。

注意したいのは、発券後に払い戻しをすると、払い戻し手数料が高額になる という点です。「えきねっと」の早期購入割引では、発券後は、割引率分の払い戻し手数料がかかることになっています。例えば、札幌~釧路間の「お先にトクだ値」(4,990円)を購入、発券後に払い戻すと、このきっぷは50%引きですので、払い戻し手数料は50%(4,990円×50%=2,490円)となります。

発券前であれば、「えきねっと」からオンラインで払い戻しができますし、払い戻し手数料は320円(えきねっと特典対象列車)で済みます。「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」は、予約は早めに、発券は直前に、が原則です

詳しくは、以下の記事でまとめていますので、よろしければご覧ください。

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」でJR東日本・JR北海道の新幹線・特急列車をお得に利用しよう! 購入・変更・払戻の方法、注意点を紹介します!(2021年版)
JR東日本のインターネット予約「えきねっと」限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」を利用すれば、新幹線や特急列車が割安で利用できます。この記事では、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の基本的な使い方や、購入方法、変更や払い戻し(キャンセル)などの注意点、上手な利用法をご紹介します。
スポンサーリンク

「お先にトクだ値」で道東方面へお得に旅行するチャンス!

いろいろな制約があるとはいえ、半額というのはやはり魅力的です。旅行の日程を早めに決めて、「お先にトクだ値」を活用してみましょう。

道東の代表的観光地、釧路湿原
道東の代表的観光地、釧路湿原

「お先にトクだ値」は、札幌からだけでなく、南千歳からの設定もあります。南千歳は、新千歳空港から一駅(運賃220円が別途必要)。道外から飛行機で新千歳空港に到着後、南千歳まで移動して、「おおぞら」「とかち」で道東方面へ、という使い方ができます。

鉄道旅行なら、道東でのおすすめは、沿線に釧路湿原や阿寒湖、摩周湖などの北海道らしい観光スポットが点在する釧網本線です。途中下車しながら観光やグルメを楽しめば、満足度の高い旅になります。釧網本線の乗車記については、以下の記事をご覧ください。

釧網本線で車窓と観光・グルメを楽しもう! 沿線のおすすめ観光スポットや駅舎カフェをご紹介します!
道東、釧路と網走を結ぶ釧網本線。沿線には釧路湿原や摩周湖・屈斜路湖などの観光資源が多くある観光路線です。車窓も素晴らしく、釧路湿原やオホーツク海を間近に眺めることができます。そして、無人駅の駅舎を活用したカフェやレストランが多く、「駅舎グル...

冬季、特に2月におすすめなのが、オホーツク海の流氷です。網走駅から路線バスで約10分の乗船場から、流氷観光砕氷船「おーろら号」に乗ることができます。海一面を埋め尽くす流氷を、バリバリと割って進む砕氷船は迫力満点です。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

釧網本線に乗って流氷を見に行こう!(2021年版) 「流氷物語号」「SL冬の湿原号」に乗る周遊ルートがおすすめです!
2~3月は北海道の流氷シーズン。例年は2月上旬に流氷が接岸し、3月中旬まで1か月半ほど流氷観光が楽しめます。この記事では、流氷観光×汽車旅をテーマに、流氷観光へのアクセス、流氷観光とあわせて訪れたい鉄道路線や乗りたい観光列車などを紹介します...

また、日本離れした雄大かつ荒涼とした車窓を楽しみたいのなら、花咲線(根室本線の釧路~根室)もおすすめです。以下の記事で紹介しているような、北海道らしい車窓を眺めることができます。

花咲線(根室本線 釧路~根室)乗車レポート! 厚岸湾と別寒辺牛湿原の最果ての車窓が見どころ!
雄大な車窓を眺められるJR北海道の路線の中でも、最果て感の強い路線が、花咲線(はなさきせん)です。花咲線は、根室本線の釧路~根室間の愛称で、列車は6往復のみの超ローカル線です。厚岸(あっけし)湾や、その沿岸に広がる別寒辺牛(べかんべうし)湿...

以上、『JR北海道が札幌~釧路・帯広の特急「おおぞら」「とかち」に50~55%引きの「お先にトクだ値」を2021年も設定! 札幌~釧路が4,990円!(設定期間を2022年3月末まで延長)』でお届けしました。観光シーズンに設定される割引きっぷをうまく活用して、道東を訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

JR北海道のフリーきっぷ・割引きっぷのまとめ記事です。北海道を鉄道で旅行したいけれど、どんなきっぷがあるのかわからない! という方は、まずはこの記事を読んでみてください。

【JR北海道フリーきっぷまとめ】青春18きっぷだけじゃない! 北海道を旅するときに利用したいフリーきっぷ・割引きっぷを紹介します!(2021年版)
JR北海道は特急列車にも乗車できるさまざまなフリーきっぷや割引きっぷを発売しています。この記事では、北海道を鉄道で旅する方向けに、おすすめのフリーきっぷや割引きっぷをまとめてご紹介します。どのように使い分ければよいかも解説しますので、どのきっぷを使えばよいか迷っている方も、ぜひ読んでみてください。

当ブログで紹介している鉄道旅行・乗り鉄におすすめのフリーきっぷ・割引きっぷのまとめページです。

おすすめきっぷ
乗り鉄や鉄道メインの旅行に利用できる、おすすめのおトクなきっぷ(フリーきっぷ、割引きっぷ)の紹介記事のまとめです。おトクなきっぷを上手に活用して、充実した旅行を楽しみましょう!2021年秋 注目のJR各社のお得なフリーきっぷ・割引きっぷま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました