K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

ビューカードのポイントで普通列車グリーン車に乗ろう! 「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」がおトクです!

おすすめ記事Pick Up! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

f:id:kzlife:20170813184942j:plain

JR東日本が発行する「ビューカード」(VIEWカード)。カードの利用で貯まる「JRE POINT」で、首都圏を中心に運転されている普通列車グリーン車に乗車できる「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」をもらうことができます。

※2018.07.07 更新(JRE POINTへの移行に伴って大幅に修正・追記)
※2017.12.23 追記・更新

ビューカードのポイントでもらえる「普通列車グリーン車利用券」とは?

JR東日本が発行しているビューカード(VIEWカード)を利用すると「JRE POINT」というポイントがもらえます。このポイントと引き換えに、いろいろなプレゼントがもらえるのですが、その中に「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」があります。

この「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」の概要は以下の通りです。

  • 交換に必要なポイント: 700ポイント(2019年6月末までは600ポイント)
  • もらえるもの: Suicaグリーン券(普通列車グリーン車に1回乗車可能)
  • 有効期限: 30日間(ポイント交換から受け取りまで。受け取り後は当日のみ有効)

ビューカードのポイントをSuicaチャージ(電子マネー)に交換する場合、1ポイント=1円となります。つまり、「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」は電子マネー700円(2019年6月末まで600円)の交換と同じポイントでもらえることになります。

なお、普通列車グリーン車については、別記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com

どれくらいおトクなの?

首都圏の主要路線に連結されている「普通列車グリーン車」のグリーン料金は以下のようになっています。

営業キロ 平日 ホリデー
50kmまで 770円 570円
51km以上 980円 780円


この「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」は曜日や距離にかかわらず、1回分で「1乗車」として利用できます。つまり、

  • ホリデー料金/50kmまで(570円)なら、Suicaチャージに交換し、そのSuicaでグリーン券を購入したほうがおトク
  • 平日料金、または、ホリデー料金/51km以上なら「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」のほうがおトク

ということになります。

2018年6月までは、1,000円相当のポイントで普通列車グリーン車利用券が2枚(1枚あたり500円相当)もらえたので、どの曜日・距離でもおトクだったのですが、JRE POINTに移行して、少しおトク度が下がってしまいました。

ただし、あとで説明しますが、使い勝手は抜群によくなりました。

申込み方法は?

ビューカードでJRE POINTが溜まったら、JRE POINTのサイトの「ポイントを使う」のページで、「 (JRE POINT用)Suicaグリーン券に交換する」を選びましょう。

www.jrepoint.jp

その後の手続きは、画面に沿って進めるだけです。

  • 入力1: 交換申し込みするSuicaを選択する
    • 一つの JRE POINT のアカウントで複数のSuica(ICカード、クレジット機能付きSuica、モバイルSuica等)を登録できるので、そのうち、どのSuicaで受け取るかを選択する
  • 入力2: 交換する枚数を入力する
    • 最大で10枚まで交換できる(受け取れるのは1枚ずつのみ)
  • 確認: 交換対象のSuica、枚数、受け取り方法などを確認して、申込みボタンを押す

どうやって受け取るの?

少しわかりにくいのですが、「申し込み」をしたあと、実際にグリーン車に乗車する前に「受け取り」をする必要があります。

「受け取り」というのは、前述のようにJRE POINTのサイトで申し込んだ「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」を、SuicaやモバイルSuicaで受け取る作業のことです。

受け取りの方法は、ICカードのSuicaとモバイルSuicaで異なります。

ICカードのSuicaで受け取る場合

グリーン車停車駅のSuicaマークのついた自動券売機(自動券売機・Suicaグリーン券売機・多機能券売機)で受け取ることができます。

「申し込み」のときに選択したSuicaを自動券売機に入れて受け取りますが、途中で「Suicaグリーン券受取り」を選択、その後「JRE POINTから受取る」を選ぶことがポイントです。

グリーン車に乗車する駅で受け取るのが良いでしょう。

なお、ICカードで受け取れるのは、申し込みの翌日から30日以内 となっています。申し込み当日の受け取りはできないようなので気をつけましょう。

詳しくは、以下のJRE POINTのサイトをご覧下さい。

www.jrepoint.jp

モバイルSuicaで受け取る場合

モバイルSuicaアプリ(Android)、Suicaアプリケーション(iOS)で受け取ることができます。

モバイルSuicaアプリの場合は、普通にグリーン券を購入する操作をしていくと、途中で「JRE POINTサイトから交換申し込みをされたSuicaグリーン券があります」という画面が出るので、そこで「Suicaグリーン券受取り」を選択すればOKです。

Suicaアプリケーションの場合は、ログインしたら、「グリーン券」→「ポイント交換情報」→「Suicaグリーン券受取り」と進んでいけば受け取れます。

詳しくは、以下のJRE POINTのサイトをご覧下さい。

www.jrepoint.jp

「受け取り」は乗車当日に!

普通列車グリーン車に乗車したことのある方はご存知かもしれませんが、グリーン券は購入当日限り有効です。それは、「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」も同じです。

ということで、自動券売機やモバイル端末での「受け取り」操作は、グリーン車に乗車する当日に実施するようにしましょう。

申し込み~乗車までの期限をまとめると、以下のようになります。

  • 申し込み後の受け取り期間
    • ICカードのSuica: 翌日から30日以内
    • モバイルSuica: 当日から31日以内
  • 受け取り後の有効期限
    • 当日のみ有効

利用方法は?

いちど受け取ってしまえば、普通にグリーン券を購入したときと同じように利用できます。

f:id:kzlife:20180707004734j:plain

つまり、普通列車グリーン車に乗車したら、座席上にある「グリーン券情報読み取り部」にICカードのSuicaやモバイルSuicaをタッチするだけです。

普通に購入したグリーン券と同じルールで利用できますので、同一方向のグリーン車の乗り継ぎも可能です。例えば、横浜~東京、東京~水戸という2本の列車に乗車する場合でも、「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」は1枚でOKです。

乗り継ぎの方法も通常のグリーン券と同様、1本目の列車を下車するときに「グリーン券情報読み取り部」にタッチ、その後、乗り継いだ2本目の列車でも同様に「グリーン券情報読み取り部」にタッチするだけです。

(おまけ)旧「普通列車グリーン車利用券」との比較

JR東日本のポイントサービスが「JRE POINT」に統合されたのを機に、普通列車グリーン車に乗車できる特典の内容が変更になりました。旧「普通列車グリーン車利用券」と比較してみましょう。

(JRE POINT用)Suicaグリーン券 普通列車グリーン車利用券
必要ポイント 700ポイント(700円相当)/1枚
(2019年6月末まで600ポイント)
400ポイント(1,000円相当)/2枚
受け取り方法 自動券売機またはモバイルSuica 郵送
申込みから
受け取りまで
ICカードのSuica: 翌日
モバイルSuica: 当日
約2週間
利用方法 グリーン券情報読み取り部
にタッチ
乗車駅・下車駅を記入して
アテンダントに手渡す


ざっくりいうと、おトク度は若干下がったが使い勝手はかなり良くなった というところでしょう。

f:id:kzlife:20180707004900j:plain

特に、申し込みから受け取りまでの期間が大幅に短くなったのはありがたいです。以前の「普通列車グリーン車利用券」は、サイトで申し込みをしてから郵送で届くまでに1~2週間程度を要していたので、ポイントはたくさんあるのに受け取りが間に合わずに使えないといったことがありました。

「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」であれば、前日までに申し込みをしておけば利用できるので、「使いたいのに使えない」ということがなくなりそうです。

さらに、モバイルSuicaであれば、申し込みから受け取り、乗車までスマートフォンだけで完結するので、使い勝手はかなり良くなりそうです。

乗り鉄にはおすすめのビューカードポイントの利用法です!

この「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」は、乗り鉄にはおすすめのビューカードのポイント利用法です。たいてい長距離を乗る乗り鉄の場合は51km以上の料金区分(平日:980円,ホリデー:780円)での利用が多いでしょうから、少なくともSuicaチャージに比べて損することはないでしょう。

青春18きっぷと合わせて利用することもできるので、ビューカードユーザーは積極的に利用しましょう!


以上、ビューカードのポイントで普通列車グリーン車に乗ろう! という話題でお届けしました。普通列車グリーン車に乗車したことがない方も、ポイントと交換できる「(JRE POINT用)Suicaグリーン券」であれば心理的なハードルも低いでしょうから、一度試してみることをおすすめします!