ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【SLぐんまみなかみ 乗車記】 上越線の上り勾配を力強く走るSL列車! 高崎駅の入線から水上駅の転車台までイベントも盛りだくさん!

おすすめ記事Pick Up! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

上越線 高崎~水上間で週末を中心に運転されている「SLぐんまみなかみ」は、関東ではおなじみのSL列車です。家族連れ、お子様にも大人気のSL列車で、多くの乗客で賑わいます。今回、「SLぐんまみなかみ」の下り列車(高崎→水上)に乗車してきましたので、その様子をお届けします。また、指定席券の購入方法、おすすめの座席やきっぷなども紹介します。

「SLぐんまみなかみ」とは?

「SLぐんまみなかみ」は、JR東日本高崎支社が運行するSL列車です。週末を中心に、年間を通してコンスタントに運転されています。

高崎支社が運転するSL列車は、

  • SLぐんまみなかみ: 高崎~水上(上越線)
  • SLぐんまよこかわ: 高崎~横川(信越本線)

の2つがあり、日によって運転される路線が異なります。

運転日や、どの路線で運転されるのかは、JR東日本高崎支社Webサイトの「運転カレンダー」のページをご覧ください。

www.jreast.co.jp

2機のSL「C61 20」と「D51 498」

JR東日本高崎支社は、2機のSL(蒸気機関車)を保有しています。運転日によって、どちらのSLが利用されるかが変わります。上で紹介した高崎支社の運転カレンダーを見るとわかります。

f:id:kzlife:20190716195354j:plain
「SLぐんまみなかみ」のC6120蒸気機関車(新前橋駅停車中)

今回乗車した「SLぐんまみなかみ」をけん引していたのは、「C61 20」でした。C61の「C」は、動輪の数が3つであることを示しています。

f:id:kzlife:20190716195630j:plain
もう一機の蒸気機関車「D51 498」(高崎駅到着後)

もう一機は「D51」。蒸気機関車の代名詞的な存在で、「デゴイチ」という愛称を聞いたことのある方も多いでしょう。「D」は動輪の数が4つであることを表しています。

「C61」「D51」ともに、「テンダー式蒸気機関車」という様式で、蒸気機関車の後ろに、石炭と水を積む「テンダー車(炭水車)」が連結されています。

「SLぐんまみなかみ」の運転時刻・停車駅

「SLぐんまみなかみ」の運転日には、1日1往復、高崎~水上間で運転されます。運転時刻、停車駅は以下の通りです。

  • 下り: 高崎 09:56発 → 新前橋 10:09着/10:14発渋川 10:34着/10:55発沼田 11:24着/11:34発 → 後閑 11:43着/11:44発 → 水上 12:03着
  • 上り: 水上 15:20発 → 後閑 15:38着/15:39発 → 沼田 15:47着/15:52発渋川 16:21着/16:35発新前橋 16:55着/17:01発 → 高崎 17:13着

※2019年7月時点のダイヤ

太字で示した駅では5分以上の停車時間がありますので、ホームに降りてSLを撮影することができます。

「SLぐんまみなかみ」の乗車方法、指定席券の購入方法、おすすめの座席ときっぷ

「SLぐんまみなかみ」は、全車指定席の快速列車として運転されます。「乗車券」、つまり、ふつうのきっぷ(Suicaも利用可)に加えて、「指定席券」(座席指定券)が必要になります。指定席券を持っていないと乗車することができません。

指定席券を事前に購入しておこう

指定席券の購入方法としては、

  • 駅の窓口(みどりの窓口など)で購入
  • インターネット予約サービス「えきねっと」で購入(乗車前に駅の指定席券売機で受け取る)

のどちらかがおすすめです。

座席の希望などがある場合には駅の窓口で、お手軽に購入したい場合には「えきねっと」が良いでしょう。

おすすめの座席は?

「SLぐんまみなかみ」は、4~6両の客車を連結して運転されます。各客車は、中央の通路を挟んで、両側に4人掛けのボックスシート(二人掛けの座席が向かい合わせになったタイプのシート)が並びます。

各客車で共通しているのは、

  • 窓側がA席・D席、通路側がB席・C席
  • 下り列車(高崎→水上)では、A席・B席が進行方向前向き
  • 上り列車(水上→高崎)では、C席・D席が進行方向前向き

であるということです。

f:id:kzlife:20190716195909j:plain
「SLぐんまみなかみ」の客車、4人掛けのボックスシートが並びます

一方、通路を挟んで、進行方向右側か左側か、どちらのボックスがよいかは、号車によって異なります。通路を挟んだ片側が偶数番号、もう一方が奇数番号であることは共通ですが、号車によっては向きが逆になっていたりして、統一されていないのです。

ちなみに、車窓から眺められる景色としては、下り列車(高崎→水上)では、

  • 進行方向右側: 赤城山(新前橋~沼田)
  • 進行方向左側: 榛名山(新前橋~渋川)、利根川(渋川~水上)

となっています。(上り列車では左右逆になります)

どうしても、進行方向の左右どちらかのボックスを指定したければ、駅の窓口の係員に希望を伝えるのが良いと思います。

一方、「えきねっと」では、窓側や通路側なども含めて、座席の指定ができません。ただ、複数名で申し込みをすると、基本的には座席は離れないようです。2名で申し込んだときには、窓側のA席・D席(ボックスの窓側の向かい合わせの2席)になりました。

おすすめのフリーきっぷ

「SLぐんまみなかみ」は快速列車ですので、いろいろなフリーきっぷを利用することができます。

期間が限定されますが、「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」が使えます。

www.kzlifelog.com

www.kzlifelog.com

群馬県内のフリーきっぷとしては、「ぐんまワンデー世界遺産パス」が定番です。群馬県内のJR線、東武線、私鉄線等に1日乗り放題で2,200円です。こちらも期間限定ですが、2019年は4月~9月に利用できます。

高崎~水上の往復だけでは元が取れませんが、高崎へのアクセスにも使えば、簡単に元が取れるでしょう。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

「SLぐんまみなかみ」乗車記

それでは、「SLぐんまみなかみ」の乗車記をお届けします。SL列車への乗車だけでなく、入線時の客車とSLの連結作業や、水上到着後の転車台でのSLの回転やメンテナンス作業の見学など、乗車前後の見どころもいっぱいです。

高崎駅へのSL入線、客車との連結は一大イベント!

「SLぐんまみなかみ」は高崎駅の2番ホームから発車します。

同じ2番ホームを9時27分に出る新前橋行きが出発したあと、9時40分頃、高崎駅の南側から、まずは客車が入線してきます。

f:id:kzlife:20190716200050j:plain
高崎駅の2番ホームにバックで入線する蒸気機関車「C6120」

そして、そのすぐあと、今度は高崎駅の北側から、蒸気機関車がバックで入線してきます。

f:id:kzlife:20190716200124j:plain
SL入線は一大イベント! ホームは乗客や見物客でいっぱい!

もうこの時点でホームは乗客やSLを一目見ようとする人たちで大賑わい!

f:id:kzlife:20190716200335j:plain
先に入線していた客車と蒸気機関車を連結!

蒸気機関車と客車が連結されると、ドアが開いて乗車できるようになります。とはいえ、まだ乗車する人は少なく、SLの写真撮影や記念撮影があちこちで行われています。

f:id:kzlife:20190716200412j:plain
発車を待つ「SLぐんまみなかみ」 入線から発車まで15分ほど

発車を待つ「SLぐんまみなかみ」。SL入線から発車までは15分ほどでしょうか。その間にも、隣のホームには高崎線の普通列車が到着して、ホームには人がさらに増えます。

もっとも、このあと、「SLぐんまみなかみ」のいくつかの停車駅では、停車時間が長めにとられていて、SLの撮影や記念撮影ができるようになっていますので、乗車する方は、無理して高崎駅で記念撮影しなくてもよさそうです。

SLの撮影は新前橋駅がおすすめ!

9時56分に高崎駅を発車。ホームには見送る方々が大勢! たまたま高崎駅に居合わせたのか、SLを見に来たのか、SLに乗車されない方も多かったようです。

SLの車内は、適度な乗り具合。各ボックスに2~4名といった感じで、私が乗車した4号車では、ボックスで相席になっている人やグループはいないようですが、ほぼすべてのボックスが埋まっていたようです。

三連休の初日ということもあってか、お子様連れが多く乗車していました。ボックス席でお弁当を広げたり、窓から外を眺めたりと、楽しそうに過ごしています。SL列車は、これくらい賑やかなほうがいいですね。

f:id:kzlife:20190716200453j:plain
新前橋駅停車中はSL撮影のチャンス!

11時09分、新前橋駅に到着です。ここで5分の停車時間がありますので、ホームへ降りてSLを撮影しました。

高崎駅や水上駅、それに、停車時間の長い渋川駅、沼田駅では、大勢の乗客がホームに降りて、SLと一緒に記念撮影をしていましたが、新前橋駅は、停車時間が短いためか、ホームに降りてきた人はわずかでした。

蒸気機関車を撮影したい方は、新前橋駅がおすすめです。ただし、停車時間が短いので、乗り遅れないようにご注意を。

f:id:kzlife:20190716200532j:plain
梅雨空が赤城山を隠してしまいました

新前橋を出発すると、車窓右側に、すそ野の広い赤城山が見えてくる...はずなのですが、この日はあいにくの曇り空。雨は降っていなかったものの、赤城山は雲のなかでした。写真上のほうの黒いのは、蒸気機関車の煙です。

f:id:kzlife:20190716200630j:plain
晴れていれば赤城山を一望!(2018年8月撮影)

同じ区間から別の日に撮影した赤城山です。山の上に入道雲が発達していましたが、晴れていれば、こんな風景が見られるはずです。

車内での飲食も「SLぐんまみなかみ」の楽しみの一つ! 車内販売も実施されています!

f:id:kzlife:20190716211501j:plain
上越線ビール「D51」とおつまみ

さて、次の停車駅まで20分ほどありますので、ビールを開けてしまいましょう(笑) 鉄道旅行の楽しみの一つといえば、車内での飲食ですよね。

「上越線ビール」という、月夜野クラフトビールが製造して、JR東日本が販売しているビールです。「C61」「D51」という、SLの形式名を冠した2種類のビールがあります。

高崎駅構内の売店「NEWDAYS」で購入してきた「D51」ビールは、なんとペットボトル! ちょっと味気ない気もしますが、列車の中で飲んで、下車後に駅のゴミ箱に捨てられるので便利ではあります。栓抜きも不要ですし。

この「D51」は黒ビールですが、あまり黒ビール感は強くなく、コクとうま味があって、美味しいビールでした。

f:id:kzlife:20190716211543j:plain
東日本では絶滅危惧種!「シンカンセンスゴイカタイアイス」

「SLぐんまみなかみ」では、車内販売も実施されています。今では、JR東日本エリアの車内販売からはほとんど消えてしまったホットコーヒーやアイスクリームも販売されています。

そして、車内販売のアイスクリームといえば「スジャータ」。「シンカンセンスゴイカタイアイス」として有名になったアイスクリームです。聞いたら、バニラとキャラメルの2種類があるというので、バニラを購入。客車には冷凍庫がなく、クーラーボックスに入れられていたためか、スゴイカタイという状態ではなく、すでに食べごろでした。

ボックスシートの窓側には、少し大きめのテーブルが設置されていますので、車内での飲食もOKですね。

渋川駅では21分停車! SLの横では記念撮影が大人気!

f:id:kzlife:20190716211622j:plain
渋川駅では21分の停車時間!

10時35分、吾妻線との分岐駅、渋川駅に到着。渋川駅では、停車駅の中で最大の21分の停車時間があります。

SLの乗客はほとんどがホームに降りて、思い思いにSLを眺めたり、写真を撮ったりしています。

f:id:kzlife:20190716211727j:plain
SLの横での記念撮影は大人気!

SLの前では、「C6120」というSLのナンバーが入ったナンバープレートをもって、スタッフが写真を撮ってくれる記念撮影が大人気。かなりの行列になっていました。

f:id:kzlife:20190716211757j:plain
最後尾から12系客車をパチリ! こちら側はすいています(笑)

せっかくなので、最後尾まで歩いていって客車の写真も。さすがに、ホーム最後尾は閑散としています。

f:id:kzlife:20190716211828j:plain
渋川停車中に特急草津31号がやってきました 乗客はSLに興味津々

「SLぐんまみなかみ」の停車中に、特急草津31号がやってきて、先に出発していきました。特急草津号の乗客も、横に止まっているSLを興味深そうに眺めています。

ついで、10時50分には、「SLぐんまみなかみ」の30分もあとに高崎駅を出発した水上行きの普通列車が到着して、先に発車していきました。「SLぐんまみなかみ」は快速列車ですが、普通列車に先を譲るわけですね。

上り勾配では爆煙! トンネルでは車内に煙も!

渋川駅を10時55分に発車。高崎~渋川間は関東平野の北端にあたり、ほぼ平坦でしたが、ここから先はいよいよ上り勾配になります。

f:id:kzlife:20190716211923j:plain
上越線の上り勾配の区間では爆煙に! 車窓にも流れていく黒煙が見られます

今回、乗車していたのは4号車。蒸気機関車のすぐ後ろが5号車でしたので、先頭から2両目だったのですが、窓からはかなり煙が見えました。

ところどころにあるトンネルに入ると、窓を閉め切っていても、どこからか煤煙が入ってくるようで、少し煙くなります。

f:id:kzlife:20190716212012j:plain
SLが通過したあとには煙の筋が...

勾配のきついところでは、蒸気機関車が吐く煙も多くなり、通ってきたところに煙がたなびいているのが見えました。

f:id:kzlife:20190716212050j:plain
渋川~水上間では利根川の流れも車窓の見どころの一つ

進行方向左側の車窓には利根川が見えてきます。たまに、蛇行する利根川を橋梁で渡っていくため、車窓の右側からも眺めることができます。

f:id:kzlife:20190716212128j:plain
円形の橋脚が特徴的な第五利根川橋梁を渡ります

沼田駅に到着する直前、石積みの円形の橋脚が特徴的な橋を渡りました。第五利根川橋梁というそうです。上越線には、かなり古い橋梁やトンネルが随所に残っているのですね。

沼田駅で10分停車、停車中に爆煙!

11時24分に沼田駅に到着。沼田駅でも10分の停車時間があります。

f:id:kzlife:20190716212201j:plain
沼田駅停車中に黒い煙を勢いよく吐き出すSL

地下通路を通って、駅舎側のホームから撮影してみました。停車中にもかかわらず、黒々とした煙を噴き上げていました。ホームに出ていた乗客もびっくりして、みんな見上げているのがわかりますね。

f:id:kzlife:20190716212236j:plain
停車中にはSLの側面も間近に! メカっぽいですがその動きは生き物のよう

SLの前面も良いですが、側面もまた大迫力! 近寄ると熱気を感じます。ふつうの電車とは比べ物にならないくらい大きな動輪や、その動輪につながっている主連棒や連結棒など。すごくメカメカしいのに、近くで見ているとまるで生き物に蒸気を吹いたりしています。

ということで、沼田駅での停車時間もあっという間に過ぎてしまいました。

終点、水上へラストスパート!

沼田駅を11時34分に発車。終点の水上までは、あと30分ほどです。

f:id:kzlife:20190716212330j:plain
車窓に山が目立ってくると終点水上が近いです

沼田を出ると、両側から山々が迫ってきます。利根川が削った谷筋に沿って、上り勾配を進みます。相変わらずの爆煙です。

後閑駅に11時43分に到着。停車時間はほとんどなく、すぐに発車します。

f:id:kzlife:20190716212353j:plain
水上到着後、すぐに客車と蒸気機関車が切り離されます

利根川の川幅がかなり狭くなり、車窓の左側に大きな温泉旅館の建物が見えてくると、終点の水上に到着です。

水上に到着すると、すぐに、蒸気機関車と客車が切り離されます。蒸気機関車の周辺では、記念撮影をする乗客がたくさんいました。

f:id:kzlife:20190716212422j:plain
跨線橋からは赤々と燃えるボイラーの火が見えました

水上駅の跨線橋の上からは、蒸気機関車を上から眺めることができました。機関助士がボイラーに石炭をくべている様子が見られました。ボイラーの中が赤々と燃えているのがわかります。

転車台でSLの回転を見学!

水上駅に到着後、改札を出て、駅前の通りを右へ3~4分ほど歩くと、「SL転車台広場」があります。SLの終着駅といえば、転車台でSLが回転する様子を眺めるのがお決まりですね。

f:id:kzlife:20190716213043j:plain
水上駅から徒歩4分「SL転車台広場」

転車台広場に着くと、すでに客車から切り離された蒸気機関車が、ポイントのあるところまで前進していくところでした。

f:id:kzlife:20190716213115j:plain
ポイントを通ってバックで転車台へ入線する蒸気機関車

いったん停止したあと、今度はポイントを通ってバックで転車台のあるほうへ入ってきました。テンダー車についているライトは、こういうときに利用するのですね。

f:id:kzlife:20190716213143j:plain
いったん停車して慎重にバックして転車台へ

慎重にバックして、転車台の上へ。線路から転車台のレールへ車輪が入るときは、なんだかドキドキしますね。

f:id:kzlife:20190716213204j:plainf:id:kzlife:20190716213215j:plain
サービス(?)で一回転半!

「C6120」蒸気機関車とテンダー車が転車台に乗りましたが、本当にギリギリですね。ぴったりと止まると、回転を始めます。

転車台は、SLの向きを変えるのが目的の施設ですから、半回転(180度)すれば十分なのですが、ここはサービスで右回りに1回転半!

f:id:kzlife:20190716213248j:plain
転車台で向きを変えたあとはバックで出ていきます

転車台での回転が終わると、今度はバックで転車台から出ていきます。

ピット線で整備作業へ

f:id:kzlife:20190716213317j:plain
今度はピット線に入線して整備作業へ

転車台で回転して向きを変えたらそれで終わり...ではなく、このあとは、転車台の横にある「ピット線」と呼ばれる線路に入ってきます。

上の写真の線路、レールとレールの間に空間がありますが、ここに石炭を燃やした灰を捨てるのです。それと同時に、給水作業や、整備作業が一斉に始まりました。

f:id:kzlife:20190716214007j:plain
蒸気機関車のメンテナンス作業中 動輪が大きい!

作業をされている方と比べると、動輪の大きさがよくわかりますね。

動輪をつないでいる連結棒の位置によって作業のしやすさが変わるようで、停車位置を微妙に調整していました。「もう4分の1回転くらい前」という指示があると、見事に動輪を4分の1回転させた位置で停車。機関士さんの腕の良さがわかるというものです。

このようなベテランの機関士さんたちによって、「SLぐんまみなかみ」の運行が支えられているのが、とてもよくわかります。

SL列車から下車したら、ぜひ整備作業まで見学していってほしいと思います。大迫力の蒸気機関車をすぐ近くで見られますし、整備作業も見ているだけで面白いです。

水上周辺の観光スポット

「SLぐんまみなかみ」で水上駅に到着したあとは、観光を楽しみましょう。

高崎への復路も「SLぐんまみなかみ」に乗車するのであれば、水上には3時間ほどの滞在となります。駅前の食堂や蕎麦屋でランチを食べたり、お土産屋をのぞいてみたり、利根川の河原を散歩するのもよいでしょう。

少し駅から歩きますが、せっかくの温泉地ですので、日帰り温泉を楽しむのもおすすめです。

f:id:kzlife:20190716214652j:plain
水上駅から路線バスとロープウェイで天神平へ

一方、もう少し観光に時間が取れるのであれば、路線バスで谷川岳ロープウェイを目指してみましょう。終点の谷川岳ロープウェイ駅から、ロープウェイとリフトを乗り継ぐと、標高1,300メートル以上の天神平まで行くことができます。特に、夏の暑い時期にはおすすめです。

f:id:kzlife:20170729234144j:plain
日本一の「モグラ駅」土合駅へ

鉄道好きなら、日本一の「モグラ駅」として有名な土合駅を訪ねてみましょう。土合駅の下り線のホームは、新清水トンネルの中にあります。改札口までは462段もの階段を登らなくてはならず、約10分もかかります。

列車の本数が少ないのですが、前述の水上駅~谷川ロープウェイ駅の路線バスは、土合駅前を通りますので、上越線の列車と路線バスをうまく組み合わせるとよいでしょう。

詳しくは、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com


以上、「【SLぐんまみなかみ 乗車記】 上越線の上り勾配を力強く走るSL列車! 高崎駅の入線から水上駅の転車台までイベントも盛りだくさん!」でした。乗車時間は2時間ほどありますが、停車駅でホームに降りて写真を撮ってみたり、車内で飲食を楽しんだり、利根川や赤城山の景色を楽しんだりしていると、あっという間です。東京からもアクセスしやすいので、SLに乗ってみたいという方にはおすすめです。

関連記事

秩父鉄道を走る「SLパレオエクスプレス」の乗車記です。SLに乗ることを楽しむだけでなく、長瀞、秩父への観光の足としても重宝します。

www.kzlifelog.com

2017年にデビューしたばかりの東武鉄道「SL大樹」の乗車記です。乗車時間は短いですが、転車台でのSL回転などイベントが充実しています。

www.kzlifelog.com

下館~真岡間を走る真岡鐡道「SLもおか」の乗車記です。自由席もあり、東京から近いこともあって、気軽の乗れるカジュアルなSL列車です。

www.kzlifelog.com

SL列車をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記を集めた目次ページです。

www.kzlifelog.com