スポンサーリンク

JR北海道の特急列車に乗り放題の「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」付きJALツアーがお得! 冬の道東・流氷観光に最適です!

汽車旅

JALとJR北海道のキャンペーンで、JR北海道の道央・道東方面の特急列車に乗車できるフリーきっぷ「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」がついた国内ツアーが、旅行各社から発売されています。航空券、ホテル、JR北海道のフリーパスがすべて付いて、3泊4日のツアーで4~5万円台からと、かなり安くなっています。冬の北海道観光や乗り鉄にいかがでしょうか?

スポンサーリンク

往復JAL利用のツアー限定! JR北海道のフリーパス付き「ひがし&きた北海道キャンペーン」

2022-23年冬も、JALとJR北海道のコラボレーションによる「ひがし&きた北海道キャンペーン」が実施されます。

目玉は、北海道への往復にJAL便を利用するツアーに付属する「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」です。北海道に滞在中、JR北海道のフリーエリア内の特急列車、快速・普通列車に乗り放題となるフリーパスです。特急列車の指定席にも乗車できる、フリーきっぷとしてもレベルの高いものになっています。

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」の概要は、以下のとおりです。

  • 設定期間: 2022年11月1日(火)~2022年3月31日(金)帰着分まで
  • フリーエリア
    • 函館本線(小樽~札幌~旭川)
    • 石北本線(旭川~網走)
    • 石勝線(南千歳~新得)
    • 根室本線(滝川~根室)
    • 富良野線(旭川~富良野)
    • 千歳線(札幌~南千歳・新千歳空港)
    • 室蘭本線(岩見沢~追分)
    • 釧網本線(釧路~網走)
  • フリーパスの効力
    • フリーエリア内の、特急列車の普通車指定席・自由席、快速・普通列車の指定席・自由席に乗車可能
    • グリーン車は乗車券部分のみ有効(別途、特急料金+グリーン料金が必要)
  • 対象空港
    • 発空港: 全国(北海道内を除く)各空港
    • 着空港: 新千歳・女満別・旭川・釧路・とかち帯広各空港
  • 有効期間: ツアーで北海道滞在中
  • キャンペーン参加企業
    • JTB系列,近畿日本ツーリスト,日本旅行,東武トップツアーズ,クラブツーリズム,名鉄観光サービス,阪急交通社,ジェイトリップ,オリオンツアー,ジャルパック,読売旅行,HISなど

フリーエリアは以下の図のとおりです。

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」のフリーエリア

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」のフリーエリア

(出典)JAL/JR北海道 ひがし&きた北海道キャンペーン

上記のキャンペーン参加企業が販売する往復JAL便利用の北海道ツアーに、「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」が付属することになります。もちろん、ツアーによっては付属しないこともありますので、購入される際には、「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」が付属することを確認したほうが良いでしょう。

この「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」は、フリーエリアがとても広いのが特徴です。札幌、小樽から、旭川、富良野や、釧路、網走、根室などの道東まで広くフリーエリアに含みます。往復JAL便+ホテルのみのツアーもあり、ツアーといいながらも、ほぼ自由に行程を組み立てられるものも多くあります。

詳しくは、JALの「ひがし&きた北海道キャンペーン」のページをご覧ください。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/dom/campaign/hokkaido/higashi-kita/index.html

また、「ひがし&きた北海道キャンペーン」の旅行商品を扱っている旅行会社の一覧が、JR北海道のWebサイトにあります。

北海道外からお越しのお客さま限定 おトクに北海道に行こう!
北海道外からお越しのお客さま限定 おトクに北海道に行こう!サッポロビールとの共同キャンペーン実施中
スポンサーリンク

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」組み込み、オプションなど各社さまざま

JR北海道の「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」がついたツアーですが、各社それぞれの形でツアーを販売しています。

大きく分けると、以下の2パターンになります。

  • 「ひがし&きた北海道キャンペーン」をオプションで付けられるツアー
    • 往復JAL便、宿泊のみのツアーに、「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」をオプションで付けられるツアー
  • 「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」が組み込まれたツアー
    • 往復のJAL便、宿泊、「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」全てがオールインワンになっているパッケージツアー

以下で、それぞれの具体例を見ていきましょう。

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」をオプションで付けられるツアー

往復JAL便のフライト+宿泊のみのツアーに、「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」をオプションで付けられる商品が発売されています。

例として、ジャルパックから発売されている、宿泊+往復航空便+オプションを自由に組み合わせてツアーを構成できる「JALダイナミックパッケージ」では、JR券をオプションでつけられますが、その中で「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」を選ぶことができます。有効期間は2日間~5日間を選択でき、価格は以下のとおりです。

有効期間おとなこども
2日間10,000円5,500円
3日間12,000円6,000円
4日間13,000円6,500円
5日間14,000円7,000円

普段は個人手配で旅行をされている方でも、往復フライトとホテルを自由に組み合わせられる「JALダイナミックパッケージ」は使いやすい商品です。これに「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」をつければ、北海道内での移動もバッチリ! ほぼ個人旅行の感覚で利用できます。

「JALダイナミックパッケージ」は、以下のバナーから予約できます。

フライト条件の到着地を北海道の対象となる空港に指定してツアーを検索し、ホテルを選びます。「オプションの追加」のところで「JR」を選び、「JAL/JR北海道 ひがし&きた北海道キャンペーンパス〇日間」を選択すれば、「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」をオプションで付けられます。

他にも、旅行各社からさまざまなツアーが発売されていますので、選択肢はかなり多くなっています。

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」が組み込まれたツアー

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」が組み込まれたツアーは、多くの旅行会社が取り扱っています。例えば、オリオンツアーの例では、

  • <羽田発>【新千歳空港利用】JAL/JR北海道 ひがし&きた北海道キャンペーン!札幌・小樽を含むひがし北海道のJR特急・快速・普通列車が乗り放題のキャンペーンパス付!札幌・小樽&ひがし北海道周遊チョイス3泊4日
    • 往復JAL便+宿泊(3泊)+「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」(2名1室)
    • 基本代金: 42,600円~106,000円
  • <羽田発>【新千歳空港利用】JAL/JR北海道 ひがし&きた北海道キャンペーン!札幌・小樽を含むひがし北海道のJR特急・快速・普通列車が乗り放題のキャンペーンパス付!札幌・小樽&ひがし北海道周遊チョイス2泊3日
    • 往復JAL便+宿泊(2泊)+「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」(2名1室)
    • 基本代金: 38,600円~80,200円

ざっと見たところ、平日のみであれば3泊4日で5万円台が多いようです。

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」が組み込まれたツアーは、以下のオリオンツアーのWebサイトから、行先が北海道、かつ、「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」が有効なエリア(道東方面)を選択すると検索できます。

列車でめぐる旅 JR北海道フリーパス(乗り放題)付きプラン|格安北海道旅行ならオリオンツアー
北海道を列車でめぐるなら、JR北海道フリーパスがセットになったプランがおすすめ!各エリアの周遊旅行に最適な道南・道央・道東・札幌フリーパスや北海道の全区間利用可能な北海道フリーパスなど、お得なフリーパスがいろいろ!
スポンサーリンク

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」は特急列車の普通車指定席にも乗車可能!

ツアーに付属する「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」は、JR北海道が発売しているPeach、AIRDO利用者専用の「ひがし北海道フリーパス」にそっくりです。

ひがし&きた北海道
キャンペーンパス
ひがし北海道
フリーパス
フリーエリア道央・道東エリア道央・道東エリア
乗車できる列車特急列車 普通車指定席・自由席
快速・普通列車 指定席・自由席
特急列車 普通車自由席
快速・普通列車 自由席
有効期間ツアーで北海道滞在中
(2~5日間)
5日間
おねだん2日間 10,000円
3日間 12,000円
4日間 13,000円
5日間 14,000円
15,500円

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」はツアー付属のフリーパス、「ひがし北海道フリーパス」はJR北海道が発売するフリーきっぷという違いがありますので、単純には比較できないのですが、フリーエリアや効力はかなり似ています。

両者の違いは以下の2点です。

  • 「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」は2日間用~5日間用と有効期間が選べる
  • 「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」は特急列車の指定席が利用できる

特に、「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」は特急列車の指定席が利用できる 点は注目です。北海道内での移動は、長距離になりがちですので、座席を確保できる指定席が利用できるのは安心です。ただし、ツアー予約時点で指定席の予約をすることはできず、北海道に到着後、「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」を受け取ってからの予約になる点は注意が必要です。

「ひがし北海道フリーパス」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

Peach・AIRDO利用者限定の「ひがし北海道フリーパス」 道央~道東の広いフリーエリアで 5日間特急列車に乗り放題のお得なきっぷ!(2022年度版)
JR北海道は、北海道内空港着のPeach、AIRDO利用者限定のフリーきっぷ「ひがし北海道フリーパス」を、2022年3月末まで継続発売します。この記事では、「ひがし北海道フリーパス」の概要、利用できる航空便の発着空港、買い方・使い方、おすすめの利用法の紹介や、他のフリーきっぷとの比較します。
スポンサーリンク

「ひがし&きた北海道キャンペーン」、おすすめは冬の道北・流氷観光!

「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」での行先のおすすめは流氷観光です。

流氷はいくつかの街で見られますが、JRでアクセスしやすいのは網走でしょう。網走駅から路線バスで10分ほどで、流氷観光砕氷船「おーろら号」の乗り場に到着します。

網走流氷観光砕氷船 おーろら 公式ホームページ
網走の冬の醍醐味、オホーツク海の流氷を船...

流氷の時期は年によって変化しますが、網走の平年値は、以下のとおりです。

  • 流氷初日:1月20日(流氷が初めて見えた日)
  • 接岸初日:2月 2日(流氷が接岸し、船舶の航行ができなくなった日)
  • 海明け: 3月20日(沿岸の水路ができて、船舶の航行ができるようになった日)
  • 流氷終日:4月11日(流氷が最後に見られた日)

最も流氷が見られる可能性が高いのは、2月中旬~3月上旬です。

全面氷結した冬の摩周湖(3月)
全面氷結した冬の摩周湖(3月)

また、せっかくの「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」ですから、流氷観光をメインとしつつも、他にも観光を楽しみたいですよね。

そこで、こんなルートはいかがでしょうか? 3泊4日のプランの例です。

  • 1日目
    • 出発地 → 釧路空港
    • 釧路観光
    • 釧路泊
  • 2日目
    • 「SL冬の湿原号」(例年1月下旬~2月下旬に運行、釧路~標茶間)
    • 摩周湖・屈斜路湖などを観光
    • 網走泊
  • 3日目
    • 流氷観光(流氷観光砕氷船「おーろら号」)
    • 移動(網走→旭川 特急オホーツク利用)
    • 旭川泊
  • 4日目
    • 旭川観光、もしくは、富良野・美瑛観光
    • 旭川空港 → 帰着地

釧網本線は、車窓も素晴らしいですし、無人駅の駅舎を利用したレストランやカフェがあるなど、沿線の乗り歩きにも楽しい路線です。

釧網本線で車窓と観光・グルメを楽しもう! 沿線のおすすめ観光スポットや駅舎カフェをご紹介します!
道東、釧路と網走を結ぶ釧網本線。沿線には釧路湿原や摩周湖・屈斜路湖などの観光資源が多くある観光路線です。車窓も素晴らしく、釧路湿原やオホーツク海を間近に眺めることができます。そして、無人駅の駅舎を活用したカフェやレストランが多く、「駅舎グル...

以上、『JR北海道の特急列車に乗り放題の「ひがし&きた北海道キャンペーンパス」付きJALツアーがお得! 冬の道東・流氷観光に最適です!』でした。格安のツアー料金に、自由度の高いツアー内容となっていますので、この冬に道東を周遊する旅行を考えている方にはおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

JR北海道のフリーきっぷのまとめ記事です。個人でJR北海道のきっぷ類を手配される場合には、ぜひこちらの記事をご覧下さい。

【JR北海道 お得なきっぷまとめ】青春18きっぷだけじゃない! 北海道を旅するときに利用したいフリーきっぷ・割引きっぷを紹介します!(2022年版)
JR北海道は特急列車にも乗車できるお得なきっぷを発売しています。この記事では、北海道を鉄道で旅する方向けに、おすすめのフリーきっぷや割引きっぷをまとめてご紹介します。どのように使い分ければよいかも解説しますので、どのきっぷを使えばよいか迷っている方も、ぜひ読んでみてください。
汽車旅汽車旅-JR北海道鉄道ニュース
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました