スポンサーリンク

【リゾートビュー諏訪湖】長野~富士見を結ぶ臨時快速列車! 中央本線・篠ノ井線をハイブリッド車両でのんびり走る観光列車!

「リゾートビュー諏訪湖」は上諏訪駅で23分停車乗車レポート
「リゾートビュー諏訪湖」は上諏訪駅で23分停車

「リゾートビュー諏訪湖」は、ふだん大糸線で運転されている「リゾートビューふるさと」の車両を利用した臨時快速列車で、長野~松本~富士見間で運転されます。長野から諏訪方面への観光に便利な列車で、中央本線をハイブリッド車両で走る珍しい列車でもあります。今回、「リゾートビュー諏訪湖」の往路(富士見→長野)に乗車してきましたので、その様子を紹介します。

スポンサーリンク

「リゾートビュー諏訪湖」とは?

富士見駅に停車中の「リゾートビュー諏訪湖」

富士見駅に停車中の「リゾートビュー諏訪湖」

「リゾートビュー諏訪湖」は、長野~松本~富士見間を、篠ノ井線・中央本線経由で運転される臨時快速列車です。ふだんは長野~松本~南小谷間で運転されている「リゾートビューふるさと」の車両が利用されます。

現在は、観光シーズンに、月に1日程度運転されています。ふだんは直通する特急列車がない長野から諏訪エリアへの観光に便利な列車です。また、青春18きっぷ+指定席券で乗車でき、中央本線~篠ノ井線をリクライニングシートで快適に移動できる列車として、乗り鉄としても注目の列車です。

週末にコンスタントに運転されている「リゾートビューふるさと」(長野~松本~南小谷)については、以下の記事でわかりやすく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【リゾートビューふるさと】 北アルプス・安曇野・善光寺平と多彩な風景が楽しめる観光列車! 車窓とおすすめの座席を紹介します!(座席表あり)
JR東日本の観光列車「リゾートビューふるさと」は、日本三大車窓の姨捨、安曇野ののどかな風景、北アルプスの雄姿を車窓から眺めることができる絶景列車の一つです。【ひさの乗り鉄ブログ】では「リゾートビューふるさと」の乗車記に加えて、おすすめの座席(座席表あり)、指定席の予約方法をご紹介します。
スポンサーリンク

「リゾートビュー諏訪湖」の運転日とダイヤ(2022年秋)

現在発表されている「リゾートビュー諏訪湖」の運転日は以下のとおりです。

  • 快速「リゾートビュー諏訪湖」
    • 運転日: 2022年9月11日(日),10月16日(日),11月13日(日)
    • 運転区間・時刻
      • 往路: 長野 09:05発 → 富士見 11:38着
      • 復路: 富士見 13:38発 → 長野 16:30着

2022年の「リゾートビュー諏訪湖」のダイヤは、以下のとおりです。

↓往路 ↑復路
長野 09:05発 16:30着
篠ノ井 09:14着
09:14発
16:20発
16:19着
姨捨 09:29着
09:32発
16:00発
15:56着
松本 10:24着
10:26発
14:59発
14:57着
塩尻 10:38着
10:39発
14:46発
14:44着
岡谷 10:50着
10:53発
14:35発
14:34着
下諏訪 10:58着
11:00発
14:28発
14:26着
上諏訪 11:06着
11:18発
14:21発
13:58着
茅野 11:24着
11:25発
13:51発
13:50着
富士見 11:38着 13:38発
スポンサーリンク

「リゾートビュー諏訪湖」の乗車に必要なきっぷ類

「リゾートビュー諏訪湖」は、全車指定席の快速列車として運転されます。乗車するには、乗車する区間の乗車券と、指定席券(530円)が必要となります。

乗車券としてフリーきっぷも利用可能、おすすめは「信州ワンデーパス」

乗車券は、いわゆる「きっぷ」です。乗車する区間によって乗車券のねだん(運賃)は異なります。主な区間の片道の運賃は以下のとおりです。

区間運賃(片道)
長野~富士見
(全区間)
1,980円
長野~上諏訪1,690円
長野~松本1,170円

通常のきっぷ以外に、乗車する区間をフリーエリアに含むフリーきっぷを利用することもできます。

「リゾートビュー諏訪湖」が運転される全区間をフリーエリアに含むフリーきっぷとしては、「信州ワンデーパス」がおすすめです。主に長野県内のJR線に1日乗り放題で2,680円とお得です。「リゾートビュー諏訪湖」の全区間に乗っても、片道だけでは元を取ることはできませんが、長野発着で上諏訪や富士見まで往復すれば、十分に元を取ることができます。

「信州ワンデーパス」については、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

「信州ワンデーパス」で車窓が美しい長野のローカル線を旅しよう! おすすめの使い方、購入方法などを紹介します!
長野県を鉄道で旅行するときに活用したいのが、通年利用可能な「信州ワンデーパス」です。長野県内のJR線が1日乗り放題となるフリーきっぷです。この記事では、「信州ワンデーパス」のお得な使い方、おすすめの路線や列車をわかりやすく紹介します。

首都圏や南東北など、別のエリアから長野エリアへ新幹線や特急列車を利用して移動する場合には、週末の土休日の2日間有効の「週末パス」(8,880円)が使いやすいです。フリーエリアは、南東北・関東甲信越のJR東日本の路線、主な第三セクター路線と広くなっています。「リゾートビュー諏訪湖」の乗車だけでなく、前後の行程がフリーエリアに含まれるのであれば、このきっぷ1枚で周遊の旅をすることができます。

特急券を追加すれば、新幹線や特急列車にも乗車できますので、北陸新幹線で長野へ移動したり、中央本線の特急「あずさ」で富士見へ移動したりすることもできます。

「週末パス」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【週末パス】関東甲信越・南東北の主要路線に土日の2日間乗り放題! 新幹線・特急列車での週末旅行に最適! 買い方・おすすめの使い方を紹介します!(2022-23年版)
「週末パス」は、関東甲信越・南東北の広い範囲がフリーエリアとなるJR東日本の定番フリーきっぷです。【ひさの乗り鉄ブログ】では、「週末パス」の最新情報に加えて、買い方、使い方、おすすめの活用法、他の割引きっぷとの比較などをご紹介します。

また、利用できる期間が限られますが、青春18きっぷを利用することもできます。当日有効の(当日の日付印が押してある)青春18きっぷに、指定席券をプラスすれば、「リゾートビュー諏訪湖」に乗車することができます。

「青春18きっぷ」については、以下の特設ページで詳しく紹介しています。

【青春18きっぷ 2022年夏】青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。【ひさの乗り鉄ブログ】では、2022-23年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。

「リゾートビュー諏訪湖」の乗車には指定席券が必要

前述のとおり、「リゾートビュー諏訪湖」は全車指定席の快速列車ですから、乗車券のほかに指定席券が必要となります。指定席券を持っていないと、「リゾートビュー諏訪湖」に乗車することができません。また、指定席は定員がありますので、当日購入しようとしても、満席の場合には購入することができません。事前に購入しておきましょう。

「リゾートビュー諏訪湖」の指定席券の購入方法は、主に以下の3つです。

  • インターネット予約サービス「えきねっと」で購入する
  • 駅の指定席券売機で購入する
  • 駅のみどりの窓口で購入する

おすすめは、スマートフォンやPCから指定席券を購入できる「えきねっと」です。座席表で好みの座席を指定することができます。

「えきねっと」では、トップページから「のってたのしい列車(観光列車)の申込」をタップすると表示される列車一覧の中から、「季節のイベント列車」を選ぶと、その中に「リゾートビュー諏訪湖」が入っています。

えきねっとの「のってたのしい列車」→「季節のイベント列車」のメニュー

えきねっとの「のってたのしい列車」→「季節のイベント列車」の中にリゾートビュー諏訪湖があります

乗車日と乗車駅、降車駅、乗車人数などを選択し、好みの座席を選択するればOKです。

スポンサーリンク

「リゾートビュー諏訪湖」座席表と車窓が見やすいおすすめの座席

「リゾートビュー諏訪湖」の座席配置(座席表)は、以下の図のとおりです。

「リゾートビュー諏訪湖」の座席表

「リゾートビュー諏訪湖」の座席表

「リゾートビュー諏訪湖」の座席は、特急列車のような2名掛けのリクライニングシートとなっています。窓側がA席・D席、通路側がB席・C席となっています。

「リゾートビュー諏訪湖」は車窓が美しい区間を走る列車ですから、窓側のA席かD席がおすすめです。「リゾートビュー諏訪湖」から見られる車窓(車窓が見られる区間)と、その車窓を見やすい座席は、以下のようになっています。

区間主な車窓おすすめの座席
篠ノ井~姨捨善光寺平A席
明科~松本犀川
北アルプス
D席
岡谷~上諏訪諏訪湖D席
茅野~富士見南アルプス
入笠山
D席

D席のほうが、北アルプスや諏訪湖、南アルプスなどのいろいろな車窓を眺めることができるのですが、沿線で随一の絶景ポイントである姨捨駅周辺からの善光寺平を眺めるならA席です。

「リゾートビュー諏訪湖」には、運転席の近くに展望スペースがあるので、座席と反対側の車窓を眺めたい場合には、展望スペースに移動するのも良いでしょう。このあとの乗車記でも、写真入りで車窓を紹介します。

また、「リゾートビュー諏訪湖」の車内の様子については、以下の「リゾートビューふるさと」の記事で、写真入りで詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

【リゾートビューふるさと】 北アルプス・安曇野・善光寺平と多彩な風景が楽しめる観光列車! 車窓とおすすめの座席を紹介します!(座席表あり)
JR東日本の観光列車「リゾートビューふるさと」は、日本三大車窓の姨捨、安曇野ののどかな風景、北アルプスの雄姿を車窓から眺めることができる絶景列車の一つです。【ひさの乗り鉄ブログ】では「リゾートビューふるさと」の乗車記に加えて、おすすめの座席(座席表あり)、指定席の予約方法をご紹介します。
スポンサーリンク

【リゾートビュー諏訪湖 乗車記1】富士見~松本間

2022年8月に、「リゾートビュー諏訪湖」の下り列車の全区間(富士見→長野)に乗車しましたので、そのときの乗車記をお届けします。

ダイヤは2022年8月時点のものです。

中央本線の普通列車で富士見駅へ

甲府駅で発車を待つ中央本線の普通列車

中央本線の普通列車を乗り継いで富士見駅へ

この日は、青春18きっぷでの移動。新宿駅から高尾、甲府で乗り継いで、富士見駅に向かいます。「リゾートビュー諏訪湖」の発車時刻にあわせて移動したので、いつもの青春18きっぷ旅よりは少し遅めのスタート。そのせいもあってか、高尾からの普通列車はボックスを占有できるくらい空いていました。

富士見駅2番線に停車している「リゾートビュー諏訪湖」

富士見駅2番線に停車している「リゾートビュー諏訪湖」

12時44分に富士見駅に到着。2番線には、午前中に長野からやってきた「リゾートビュー諏訪湖」が停車していました。

富士見駅2番線に停車している「リゾートビュー諏訪湖」の行先表示器

富士見駅2番線に停車している「リゾートビュー諏訪湖」の行先表示器

行先表示器を見ると「快速 全車指定 富士見」となっています。車内の整備は終わっているようで、座席の向きは長野のほうへ向いていました。行先表示だけが、まだ変更されていないようです。

「富士見」という行先は珍しいですね。

夏雲が湧く富士見駅

夏雲が湧く富士見駅

駅舎の外に出てみると、まさに「夏」という感じ。青空と、緑色の駅舎の屋根に、もくもくとした夏雲が映えます。

午前中の「リゾートビュー諏訪湖」でやってきた方々なのか、駅舎の待合室では、駅そばをすする人が目立ちました。夏休みの晴天の日曜日ということもあってか、家族連れも多かったですね。

富士見駅の跨線橋からの八ヶ岳の眺め

富士見駅の跨線橋からの八ヶ岳の眺め

富士見駅の南側(信濃境寄り)にある跨線橋に登ると、八ヶ岳がよく見えます。山頂は大きな入道雲に隠されてしまっていますね。

富士見駅の標高は955メートルで、中央本線では最も標高が高い駅です。東京駅の標高がほぼゼロであることを考えると、同じ路線で1000メートル近くも標高差があることになります。

標高が高いので風は涼しいのですが、日差しが強い! 都心が猛暑日でも、このあたりの気温は28℃くらいと涼しいのですが、日なたにいるととても暑く感じます。

富士見駅の駅前広場で開催されていた「富士見駅前マルシェ」

富士見駅の駅前広場で開催されていた「富士見駅前マルシェ」

富士見駅の駅前広場では、「富士見駅前マルシェ」が開催されていて、キッチンカーが何台か出ていました。かき氷やクレープなどを販売していたようです。駅前に飲食店が多いわけではないので、ありがたいですね。

「リゾートビュー諏訪湖」富士見駅を定刻に発車!

富士見駅2番線で発車を待つ「リゾートビュー諏訪湖」

富士見駅2番線で発車を待つ「リゾートビュー諏訪湖」

発車時刻が迫ってきたので、富士見駅の2番ホームへ移動します。ホームには「リゾートビュー諏訪湖」の乗車を待っている人たちと、13時34分発の上り普通列車を待つ人たちがいて、混みあってきました。

「リゾートビュー諏訪湖」の扉が開いたのは発車時刻の10分ほど前。早速乗り込みます。

快適なリクライニングシートが並ぶ「リゾートビュー諏訪湖」の車内

快適なリクライニングシートが並ぶ「リゾートビュー諏訪湖」の車内

車内は快適なリクライニングシートが並びます。この座席に、乗車券+指定席券(530円)で乗れるので、かなりお得な列車ですね。

シートピッチが広い「リゾートビュー諏訪湖」のリクライニングシート

シートピッチが広い「リゾートビュー諏訪湖」のリクライニングシート

リクライニングシートを横から見るとこんな感じ。シートピッチ(前後の座席の間隔)が1200mmととても広く、なんと、E5系新幹線のグリーン車(1160mm)よりも広いのです。座席に腰かけて、ゆったりと足を伸ばせる広さです。

「リゾートビュー諏訪湖」長野行きの行先表示器

「リゾートビュー諏訪湖」長野行きの行先表示器

「リゾートビュー諏訪湖」の行先表示は、「快速 全車指定 長野」に変わっていました。もっとも、この車両を利用した長野行きの列車は、毎週「リゾートビューふるさと」の復路として運転されているので、あまり珍しいものではありません。

そうこうしているうちに、発車時刻に。「リゾートビュー諏訪湖」は、13時38分、富士見駅を時刻どおりに発車しました。

「えきねっと」で見た感じでは、窓側の座席はほぼ埋まり、通路側も埋まっているところがあるくらいだったのですが、富士見駅発車時点では3割くらいしか埋まっていないようです。途中駅から乗ってくるのでしょうか。

山並みと田園風景を眺めながら茅野駅へ

入笠山から続く山並みの車窓

入笠山から続く山並みの車窓

「リゾートビュー諏訪湖」が富士見駅を発車すると、進行方向左側の車窓には、入笠山から続く低い山並みが続きます。その手前には田園風景。夏らしい雲が湧いていて、夏の中央本線の車窓を楽しむことができます。

ゆったりとしたリクライニングシートで車窓を眺めながら乾杯!

ゆったりとしたリクライニングシートで車窓を眺めながら乾杯! これぞ鉄旅の醍醐味!

旅のお供はビールということで、富士見駅の近くにあるコンビニで購入しておいた缶ビールとおつまみで乾杯! ゆったりとしたリクライニングシートで、夏の車窓を眺めながらのビールは最高ですね。

「リゾートビュー諏訪湖」は茅野駅に停車

「リゾートビュー諏訪湖」は茅野駅に停車

13時50分、茅野駅に到着。私が乗っていた2号車では乗降はなかったようです。車内は静かなまま、茅野駅を発車しました。

上諏訪駅の売店でお買い物して缶バッチをゲット

「リゾートビュー諏訪湖」は上諏訪駅で23分停車

「リゾートビュー諏訪湖」は上諏訪駅で23分停車

上諏訪駅に13時58分に到着。上諏訪駅では23分の停車時間があるので、ホームに下りてみます。

上諏訪駅のホームに降りると、乗務員さんから何やら「オリジナル缶バッチ 引換券」なるものをもらいました。上諏訪駅のニューデイズでお買い物をすると、「リゾートビューふるさと」のオリジナル缶バッチがもらえるとのこと。

上諏訪駅のホームにある足湯

上諏訪駅のホームにある足湯

跨線橋を渡って駅舎側のホームへ行くと、上諏訪駅名物の足湯があります。駅のホームにあるので、列車待ちの間に良さそうですね。

上諏訪駅のニューデイズでお買い物をしてゲットした缶バッチ

上諏訪駅のニューデイズでお買い物をしてゲットした缶バッチ

上諏訪駅の待合室にあるニューデイズで、ビールとおにぎりを購入。そして、缶バッチももらってきました。

まだ発車まで時間があるので、再びホームへ。

上諏訪駅の発車案内

上諏訪駅の発車案内、文字や絵柄が凝っています

上諏訪駅の発車案内は「あずさ」や「リゾートビュー」の文字が凝っていますね。そして、この発車案内が示すように、特急あずさ21号に先を譲るようです。

上諏訪駅であずさ21号と並ぶ「リゾートビュー諏訪湖」

上諏訪駅であずさ21号と並ぶ「リゾートビュー諏訪湖」、先を譲ります

しばらくすると、隣のホームにあずさ21号がやってきました。日曜日の午後、これから下りの特急に乗る人が多くないのか、乗降はあまりありませんでした。

ほぼ同じ時刻に、1番ホームに新宿行きの特急あずさ34号もやってきました。「リゾートビュー諏訪湖」は、上諏訪駅で、あずさ21号に先を譲りつつ、あずさ34号との行き違いをするようです。茅野駅~下諏訪駅は単線なのですよね。

塩尻から篠ノ井線に入り松本へ

上諏訪~岡谷間でちらっと眺められる諏訪湖

上諏訪~岡谷間でちらっと眺められる諏訪湖

14時21分に上諏訪駅を発車。中央本線は、上諏訪~岡谷間で諏訪湖の北岸を回り込むように走りますので、進行方向左側の車窓からは諏訪湖を見ることができます。といっても、それほどしっかり見えるわけではなく、街並みのすき間からちらっと見える程度。

下諏訪駅では2分停車。この間に、新宿行きの臨時特急あずさ74号と行き違いをします。

底が平らな雲が並ぶ岡谷駅付近の車窓

底が平らな雲が並ぶ岡谷駅付近の車窓

車窓には底が平らな雲の列が並んでいるのが見えます。近くでは雷雨もあったようですが、幸い、長野駅に到着するまでの間、「リゾートビュー諏訪湖」が雷雨に遭うことはありませんでした。

JR東海の車両が停車している岡谷駅

JR東海の車両が停車している岡谷駅

14時34分、岡谷駅に到着。向かい側のホームには、JR東海の飯田線の電車が止まっているのが見えます。

複雑な配線を渡って塩尻駅へと入る「リゾートビュー諏訪湖」

複雑な配線を渡って塩尻駅へと入る「リゾートビュー諏訪湖」

複雑な配線の線路を渡って塩尻駅へ。

そういえば、上諏訪駅などで少し乗車があり、車内は6~7割程度の乗車率になりました。幸い、私の隣の席には終点まで誰も乗ってこなかったので、ゆったり過ごすことができました。通路側の席に座っているのは、2名で乗車している人たちだけのようで、隣同士でで相席になっているところはなさそうでした。

田園風景が広がる松本盆地を走る「リゾートビュー諏訪湖」の車窓

田園風景が広がる松本盆地を走る「リゾートビュー諏訪湖」の車窓

塩尻駅を出発すると、「リゾートビュー諏訪湖」は松本盆地へ。車窓には、田園風景と夏雲の景色が広がり、夏の信濃路といった風情です。

松本駅に到着した「リゾートビュー諏訪湖」

松本駅に到着した「リゾートビュー諏訪湖」

14時57分、富士見駅から1時間20分ほどで松本駅に到着しました。

いつもは特急あずさで駆け抜けてしまう中央本線~篠ノ井線の区間ですが、「リゾートビュー諏訪湖」ではのんびりとした走りで車窓を楽しむことができました。普通列車の速度で、停車駅は特急並みといった感じです。

そして、中央本線では珍しいハイブリッド車両の列車。架線下をエンジン音を唸らせて走る列車に乗車できるのは貴重な機会ですね。

スポンサーリンク

【リゾートビュー諏訪湖 乗車記2】松本~長野間

松本駅を発車すると、「リゾートビュー諏訪湖」は、篠ノ井線を長野方面へ。臨時列車のせいか、篠ノ井線の単線区間では各駅で通過待ちや行き違いでの運転停車が頻繁にありました。のんびり走る列車で長野へ。

明科、西条、冠着で通過待ち・行き違いで運転停車ののんびり旅

松本~明科間の犀川と北アルプスの眺め

松本~明科間の犀川と北アルプスの眺め、雲がかかっていて北アルプスは良く見えませんでした

松本駅を発車すると、進行方向左側に、犀川と北アルプスが見えるようになってきます。が、この日は北アルプスには雲がかかっていて、うっすらと稜線が見えるくらい。

晴天時の犀川と北アルプスの車窓(2022年4月撮影)

晴天時の犀川と北アルプスの車窓(2022年4月撮影)

今年4月に乗車した時に、同じ場所から眺めた北アルプスと犀川です。北アルプスの近くを走る路線といえば大糸線なのですが、篠ノ井線の松本~明科間からの眺めも素晴らしいです。

明科駅で後続の特急しなのの通過待ちのために「リゾートビュー諏訪湖」は9分停車

明科駅で後続の特急しなのの通過待ちのために「リゾートビュー諏訪湖」は9分停車

松本近くから並走していた犀川と分かれると、明科駅に到着です。特急しなのの通過待ちのため、9分の停車とのこと。「リゾートビュー諏訪湖」の停車駅ではないため、ドアは開きません。

明科駅で「リゾートビュー諏訪湖」を追い越していく特急しなの

明科駅で「リゾートビュー諏訪湖」を追い越していく特急しなの

しばらく待っていると、隣のホームを特急「しなの13号」が通過していきました。

特急しなのとの行き違いのため「リゾートビュー諏訪湖」は西条駅でも運転停車

特急しなのとの行き違いのため「リゾートビュー諏訪湖」は西条駅でも運転停車

ようやく明科駅を発車したかと思ったら、次の西条駅でまた運転停車です。

西条駅を通過する特急しなの18号

西条駅を通過する特急しなの18号

今度は、名古屋行きの特急「しなの18号」と行き違い。篠ノ井線は単線ですし、こちらはたまにしか運転されない臨時列車ですので、運転停車が多くなるのは仕方がないですね。

田園風景に夏雲が湧く「リゾートビュー諏訪湖」の夏らしい車窓

田園風景に夏雲が湧く「リゾートビュー諏訪湖」の夏らしい車窓

車窓には夏の田園風景が広がります。夏らしい雲が湧いているものの、これなら雷雨の心配はなさそうです。

冠着駅で普通列車と行き違いのために運転停車

冠着駅で普通列車と行き違いのために運転停車

冠着(かむりき)駅で停車。今度は、松本行きの普通列車との行き違いです。

この「リゾートビュー諏訪湖」は、松本駅から長野駅まで、時刻表上の停車駅は姨捨駅と篠ノ井駅の2駅のみですが、所要時間は約1時間半かかります。各駅に停車する普通列車の所要時間が1時間15分~20分くらいですから、いかに「リゾートビュー諏訪湖」がのんびり走っているかがわかります。

実際には、走行中はそれなりの速度で走りますが、ここまで紹介したように、運転停車が多いのですね。

善光寺平の絶景と姨捨駅のスイッチバック

姨捨駅に停車中の「リゾートビュー諏訪湖」から眺める善光寺平の景色

姨捨駅に停車中の「リゾートビュー諏訪湖」から眺める善光寺平の景色

進行方向右側に善光寺平が見えくると、15時56分、姨捨駅に到着です。4分の停車時間がありますが、残念ながら、長野行きの列車は善光寺平の絶景を眺められるホームには停車しないので、列車の中から景色を楽しむことにします。

10分くらい停車時間があれば、列車を下りて、跨線橋を渡って反対側のホームまで景色を見に行けるのですが……。まあ、単線の篠ノ井線ですから、こればかりは仕方がないですね。

姨捨駅発車後にバックする「リゾートビュー諏訪湖」

姨捨駅発車後にバックする「リゾートビュー諏訪湖」、スイッチバックして長野を目指します

そして、姨捨駅といえばスイッチバック! 長野方面行きの列車は、姨捨駅を発車後、いったんバックしてから、長野方面への線路に入って進んでいきます。

姨捨駅発車後から、スイッチバックするまでの様子を動画で撮影してみました。

動画には映っていませんが、運転士さんは、窓から顔を出して後方を確認しながら、マスコンを操作していました。なかなかカッコイイですね。

日本三大車窓の一つ、姨捨駅付近から眺める善光寺平の景色

日本三大車窓の一つ、姨捨駅付近から眺める善光寺平の景色

姨捨発車後に、車窓から眺められる善光寺平の景色です。日本三大車窓の一つに数えられる景色です。いつ見ても素晴らしいですね。

昼間の景色も素晴らしいのですが、夜景もまた美しいです。長野駅から姨捨駅まで、夜景を見るために運転されている観光列車「ナイトビュー姨捨」もあります。「リゾートビュー諏訪湖」と同じリゾートビューふるさとの車両を利用した列車です。詳しくは、以下の記事をご覧ください。姨捨駅ホームから眺めた夜景の写真も掲載しています。

【ナイトビュー姨捨】日本三大車窓の一つ、善光寺平の夜景を楽しむ異色の観光列車です!(座席表あり)
長野県にある姨捨(おばすて)駅からの善光寺平の眺めは、「日本三大車窓」の一つに数えられるほど素晴らしいものです。この姨捨駅からの夕景・夜景を眺めるための観光列車が「ナイトビュー姨捨」です。今回、「ナイトビュー姨捨」に乗車してきましたので、その様子を詳しくご紹介します。

終点の長野駅に向けてラストスパート!

複雑なポイントをゆっくり渡って篠ノ井駅に入る「リゾートビュー諏訪湖」

複雑なポイントをゆっくり渡って篠ノ井駅に入る「リゾートビュー諏訪湖」

姨捨駅を出発後、徐々に標高を下げて、善光寺平の端まで下りてくると、まもなく篠ノ井駅です。右手からしなの鉄道の線路が近づいてきて、駅構内の複雑なポイントをゆっくり渡ると、16時19分、篠ノ井駅に到着です。

終点の長野を目指して信越本線をかっ飛ばす「リゾートビュー諏訪湖」

終点の長野を目指して信越本線をかっ飛ばす「リゾートビュー諏訪湖」

篠ノ井駅を出発すると、複線の信越本線に入ります。線路の規格が高いのか、線形が良いのか、「リゾートビュー諏訪湖」はかなりかっ飛ばして長野駅へ向かいます。ここまでで最も速い走りです。

信越本線といっても、いまや途中の区間がしなの鉄道に移管され、ばらばらになってしまいました。この篠ノ井~長野間は3つに分断された区間のうちの一つ。3つの区間のうちで最も短い「信越本線」で、たった9.3kmしかありません。

濁った犀川を鉄橋で渡る「リゾートビュー諏訪湖」

濁った犀川を鉄橋で渡る「リゾートビュー諏訪湖」

途中、千曲川の支流の犀川を渡ります。松本駅からしばらくの間、車窓に見えていた川ですね。この鉄橋の少し下流側で千曲川と合流します。

それにしても、川の水が濁っていますね。あちこちで雷雨があったようなので、その影響でしょうか。

終点の長野駅に到着した「リゾートビュー諏訪湖」

終点の長野駅に到着した「リゾートビュー諏訪湖」

「リゾートビュー諏訪湖」は、時刻どおり、16時30分に終点の長野駅に到着しました。

富士見駅から3時間弱の旅でしたが、楽しむことができました。車窓の見どころも多いですし、中央本線でハイブリッドディーゼルの列車に乗車するのも貴重な経験です。

停車駅は特急並みに少ないにもかかわらず、所要時間は普通列車とあまり変わりません。乗車記で紹介したように、運転停車が多いからですが、それものんびりと旅を楽しめると考えれば良いでしょう。なんといっても、このゆったりとしたリクライニングシートであれば、長時間、乗車していても疲れませんから。


以上、「【リゾートビュー諏訪湖】長野~富士見を結ぶ臨時快速列車! 中央本線・篠ノ井線をハイブリッド車両でのんびり走る観光列車!」でした。長野方面から諏訪エリアへの観光の足として、あるいは、今回の私のように、関東から長野方面への移動手段として、乗車してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

長野駅から飯山線を走る観光列車「おいこっと」の乗車記です。千曲川沿いの田園風景を楽しめる観光列車です。

【おいこっと】千曲川の車窓が美しい飯山線の観光列車! 車窓、おすすめの座席、指定席の予約方法を紹介します!
「おいこっと」は、飯山線の長野~十日町間を走る観光列車です。千曲川・信濃川の美しい車窓を眺めながら、のんびりとした旅を楽しめます。この記事では「おいこっと」の車窓に加え、指定席券の予約方法、おすすめの座席を紹介します。

小海線の小淵沢~小諸間を走る観光列車「HIGH RAIL 1375」の紹介記事です。JR線で最も標高の高いエリアを走る「高原路線」です。

小海線「HIGH RAIL 1375」(ハイレール1375)に乗ろう! おすすめの座席・指定席券の予約方法を解説します!
高原路線として有名な小海線。そんな小海線を走る観光列車「HIGH RAIL 1375」(ハイレール1375)は、小海線の車窓やグルメを楽しむのにぴったりの観光列車です。この記事では「HIGH RAIL 1375」の車内の様子を紹介するとともに、指定席券の予約・購入方法や「HIGH RAIL 1375」の特徴でもある車内サービス(オプションサービス)の予約方法についてわかりやすく解説します。

「ひさの乗り鉄ブログ」でおすすめしている観光列車のトップページです。車窓、グルメ、イベントなどジャンルごとにおすすめの列車を紹介していますので、ぜひご覧ください。

【観光列車】列車に乗って車窓・グルメ・イベントを楽しもう! 観光列車の魅力とおすすめの列車を紹介!
日本各地で運転されている観光列車。沿線の観光地へのアクセスに利用してもよいですし、観光列車自体を目的にしてもよいでしょう。【ひさの乗り鉄ブログ】では、多くの観光列車に乗車してきた筆者が、観光列車の魅力と、車窓・グルメ・イベント等のジャンル別におすすめの観光列車を紹介しています。
乗車レポート汽車旅汽車旅-JR東日本観光列車
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました