スポンサーリンク

【香川・徳島フリーきっぷ】「四国まんなか千年ものがたり」「藍よしのがわトロッコ」に1回ずつ乗車可能! 特急自由席に3日間乗り放題で6,000円のフリーきっぷ!

ノウハウ

JR四国は、期間限定で、香川県・徳島県のフリーエリア内の特急自由席に3日間乗り放題の「香川・徳島フリーきっぷ」を発売します。追加料金不要で「四国まんなか千年ものがたり」「藍よしのがわトロッコ」に1回ずつ乗車できる珍しいきっぷで、これらの観光列車の乗車にはぴったりです。

スポンサーリンク

JR四国が期間限定で「香川・徳島フリーきっぷ」を発売!

JR四国は、「四国デスティネーションキャンペーン」の開催にあわせて、2021年10月~12月の期間限定で、香川県・徳島県のフリーエリア内の特急自由席に3日間乗り放題となる「香川・徳島フリーきっぷ」を発売します。

フリーエリア内を走る観光列車「四国まんなか千年ものがたり」「藍よしのがわトロッコ」にも1回ずつ乗車できる珍しいきっぷです。

  • 利用期間: 2021年10月1日(金)~12月31日(金)
  • 有効期間: 連続する3日間
  • 発売期間: 2021年9月1日(水)~12月29日(水)
    • 利用開始1ヶ月前から発売
  • フリーエリア: 主に香川県・徳島県のJR四国の路線
    • 予讃線: 観音寺~高松間
    • 高徳線: 高松~徳島間
    • 土讃線: 多度津~大歩危間
    • 徳島線: 佃~佐古
    • 鳴門線:池谷~鳴門間
  • きっぷの効力:
    • 上記フリーエリア内の普通列車・特急列車の普通車自由席に乗り放題
    • 追加料金不要(座席指定のみ)で「四国まんなか千年ものがたり」「藍よしのがわトロッコ」に1回ずつ乗車可能
  • 発売箇所
    • Webサイト JR四国ツアー
    • JR四国の駅のみどりの窓口、みどりの券売機プラス、駅ワーププラザ、ワープ支店
  • おねだん
    • 大人 6,000円, 小児 3,000円

フリーエリアは以下のとおりです。

「香川・徳島フリーきっぷ」のフリーエリア
「香川・徳島フリーきっぷ」のフリーエリア

(出典)JR四国 おトクなきっぷ 香川・徳島フリーきっぷ

詳しくは、JR四国のWebサイトをご確認ください。

香川・徳島フリーきっぷ |四国旅行 JR四国ツアー(駅コミ)
香川・徳島の観光に便利なフリーきっぷです。フリー区間内では、JR四国線の特急列車・普通列車の普通車自由席が連続した3日間乗り降り自由です。
スポンサーリンク

「香川・徳島フリーきっぷ」は「四国まんなか千年ものがたり」「藍よしのがわトロッコ」に1回ずつ乗車可能!

「香川・徳島フリーきっぷ」は香川・徳島両県のJR四国の路線が、特急列車も含めて、3日間乗り放題で6,000円というお得度の高いフリーきっぷです。

ただ、それだけではなく、このエリアを走る観光列車「四国まんなか千年ものがたり」「藍よしのがわトロッコ」に、座席指定のみ(追加料金不要)で1回ずつ乗車できるのです。

具体的には、以下のような扱いになっています。

  • 「四国まんなか千年ものがたり」のグリーン車指定席、「藍よしのがわトロッコ」の普通車指定席に、乗車前に座席指定を受けることで、それぞれ1回ずつ、追加料金なしで乗車できる
  • 座席指定は乗車前に以下の場所で受けられる
    • JR四国の駅のみどりの窓口、ワープ支店、駅ワーププラザ
    • JR四国のWebサイト「JR四国ツアー」では座席指定を受けられない

事前に座席指定を受けることができないため、「香川・徳島フリーきっぷ」を窓口等で購入するときか、購入後に別途窓口等で指定を受ける必要があります。この点は注意しましょう。

全車グリーン席のプレミアムな観光列車「四国まんなか千年ものがたり」

秘境駅、坪内駅に停車中の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」
秘境駅、坪内駅に停車中の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」

「四国まんなか千年ものがたり」は、多度津~大歩危間を走るJR四国自慢の観光列車です。

全車グリーン席のプレミアムな観光列車で、事前に食事予約券(5,000~6,000円前後)を購入しておけば、車内でお食事が提供されます。また、事前に予約をしていなくても、車内で軽食や飲み物を注文することもできます。

「四国まんなか千年ものがたり」から眺める大歩危峡・小歩危峡の車窓
「四国まんなか千年ものがたり」から眺める大歩危峡・小歩危峡の車窓

「四国まんなか千年ものがたり」は車窓も魅力的。特に、大歩危・小歩危の渓谷美は素晴らしいものです。

「四国まんなか千年ものがたり」は全車グリーン席の特急列車ですので、乗車券のほかに、特急券とグリーン券が必要になります。多度津~大歩危間の全区間に乗車すると、合計3,800円となります。内訳は以下のようになります。

  • 運賃: 1,300円
  • 特急料金: 1,200円
  • グリーン料金: 1,300円

特急列車の自由席に乗れる「香川・徳島フリーきっぷ」ではグリーン車には乗車できないのですが、前述のとおり、「四国まんなか千年ものがたり」には1回だけ追加料金なしで乗ることができます。グリーン料金の1,300円が1回分含まれていると考えればよいでしょう。(予約制の食事の料金は含まれていません)

なお、「四国まんなか千年ものがたり」の車内の様子や車窓については、以下の乗車記をご覧ください。前日の予約だったため、予約制のお食事の様子はありませんが、車内で軽食と飲み物を注文していますので、その様子もご覧いただけます。

【四国まんなか千年ものがたり 乗車記】 大歩危・小歩危峡の絶景、スイッチバックの坪尻駅、そして、食事も楽しめる観光列車! 予約方法、おすすめ座席も紹介します!
「四国まんなか千年ものがたり」は、土讃線の多度津駅~大歩危駅間で運行されている観光列車。吉野川の眺めや、大歩危・小歩危峡の絶景、スイッチバックの秘境駅、坪尻駅での長時間停車、そして、車内で楽しめる食事やお酒。どれをとっても観光列車としてはハイレベル。今回、「四国まんなか千年ものがたり」(そらの郷紀行 多度津→大歩危)に乗車してきましたので、乗車記をお届けします。また、「四国まんなか千年ものがたり」の予約方法やおすすめの座席についても紹介します。

吉野川沿いを走るトロッコ列車「藍よしのがわトロッコ」

「藍よしのがわトロッコ」は、徳島~阿波池田間を走るトロッコ列車です。トロッコ車両に乗車できるのは、途中の石井~阿波池田間となります。

「藍よしのがわトロッコ」は、その名のとおり、吉野川に沿って走ります。路線としては徳島線がメインになります。

「藍よしのがわトロッコ」は、1号車がトロッコ車両(キクハ32)、2号車が特急形の気動車(キハ185系)という編成になっています。指定席券は2号車の座席が指定されますが、トロッコ乗車区間になると1号車のトロッコ車両の同じ席番号の座席に座ることができます。

「藍よしのがわトロッコ」に乗車するには、乗車券と指定席券が必要になります。徳島~阿波池田の全区間に乗車すると、合計で2,190円となります。内訳は以下のようになります。

  • 運賃: 1,660円
  • 指定席料金: 530円

「香川・徳島フリーきっぷ」では指定席料金の530円が含まれる形になります。

「藍よしのがわトロッコ」については、JR四国のWebサイトをご覧ください。

観光列車<藍よしのがわトロッコ> - JR四国 | おすすめ列車/イベント情報 | JR四国
JR四国の観光列車<藍よしのがわトロッコ...

「藍よしのがわトロッコ」~「四国まんなか千年ものがたり」乗り継ぎコース

「香川・徳島フリーきっぷ」で乗車できる2つの観光列車「四国まんなか千年ものがたり」と「藍よしのがわトロッコ」は、両方の列車が運転される日(主に土休日)であれば、1日で乗り継ぐコースを実現できます。実際に、JR四国の「藍よしのがわトロッコ」のパンフレットにも記載されています。

高松発着の例では以下のようになります。

  • 高松 09:11発 → 徳島駅 10:18着(特急うずしお7号)
  • 徳島 10:28発 → 阿波池田 12:59着(藍よしのがわトロッコ)
  • 阿波池田 13:32発 → 大歩危 13:50着(特急南風9号)
  • 大歩危 14:21発 → 多度津 17:14着(四国まんなか千年ものがたり)
  • 多度津 17:26発 → 高松 17:57着(特急いしづち24号)

これは高松発の日帰りプランですが、「香川・徳島フリーきっぷ」は3日間有効ですので、途中で1泊ないしは2泊して、ゆっくりと観光を楽しむのも良いでしょう。

ちなみに、このルートで、ふつうにきっぷや特急券・グリーン券を購入すると、以下のようになります。

  • 運賃: 合計5,060円
    • 高松 → 大歩危: 3,230円
    • 大歩危 → 高松: 1,830円
  • 料金: 合計5,090円
    • 高松 → 徳島: 1,200円(自由席特急料金)
    • 徳島 → 阿波池田: 530円(指定席料金)
    • 阿波池田 → 大歩危: 330円(自由席特急料金)
    • 大歩危 → 多度津: 2,500円(特急料金+グリーン料金)
    • 多度津 → 高松: 530円(自由席特急料金)

乗車券(運賃)は、どこで区切るかで若干値段が変わりますが、料金(特急料金等)とあわせて、おおむね1万円くらいになります。これが6,000円で済むわけですから、日帰りだとしても、かなりお得になります。

スポンサーリンク

四国の鉄道の旅、2021年秋は「四国DC満喫きっぷ」と使い分けよう!

「香川・徳島フリーきっぷ」と同じ期間、2021年10月~12月には、JR四国・土佐くろしお鉄道全線の特急自由席に3日間乗り放題で9,000円という「四国DC満喫きっぷ」も発売されます。

【四国DC満喫きっぷ】JR四国・土佐くろしお鉄道全線、3日間特急自由席に乗り放題で9,000円! 四国DCにあわせて2020年10月~12月の3か月利用可能で、この秋の四国へのおでかけに最適!
JR四国は、JR四国全線と土佐くろしお鉄道全線の特急列車の自由席に3日間乗り放題となる「四国DC満喫きっぷ」を9,000円(紙のきっぷは10,000円)で発売します。四国デスティネーションキャンペーンの開催にあわせて、2021年10月1日~...

有効期間は「香川・徳島フリーきっぷ」と同じく3日間、特急列車の自由席に乗り放題というのも同じですが、フリーエリアは「四国DC満喫きっぷ」のほうが圧倒的に広いです。

一方、「四国DC満喫きっぷ」のほうには、観光列車に追加料金なしで乗車できる特典はありません。とはいえ、乗車券としては有効ですので、例えば「四国まんなか千年ものがたり」に乗車したい場合は、別途、特急券+グリーン券を購入すれば乗車できます。

また、「四国DC満喫きっぷ」は有効期間のうち最低でも1日は土休日(祝日もOK)を含むという決まりがありますので、平日のみ3日間での利用はできません。

旅行で訪れるエリア、旅行日、「四国まんなか千年ものがたり」や「藍よしのがわトロッコ」に乗車する予定があるかなどで、「四国DC満喫きっぷ」と「香川・徳島フリーきっぷ」を使い分けるとよいでしょう。

なお、JR四国は、他にも多くのフリーきっぷや割引きっぷを発売しています。以下の記事でまとめていますので、四国を鉄道で旅行する予定がある方は、ぜひご覧ください。

【JR四国フリーきっぷまとめ】 格安の乗り放題フリーきっぷが多いJR四国、鉄道旅行・乗り鉄に便利なきっぷを紹介します!
JR四国は非常に多くのフリーきっぷ、割引きっぷを発売しています。JR四国全線に3~5日間乗り放題のきっぷから、エリアごとに路線バスも含めて利用できるフリーきっぷ、1日乗り放題のフリーきっぷなどです。この記事では、四国を鉄道で旅行するときに利用しやすいフリーきっぷ、割引きっぷを中心に、その概要と使い分けについて、わかりやすくご紹介します。

以上、『【香川・徳島フリーきっぷ】「四国まんなか千年ものがたり」「藍よしのがわトロッコ」に1回ずつ乗車可能! 特急自由席に3日間乗り放題で6,000円のフリーきっぷ!』でした。観光列車への乗車を含めた、香川・徳島への旅であれば、かなりお得に利用できるフリーきっぷです。

コメント

  1. ho8810 より:

    ひさ (id:kzlife)さん
    まんなかものがたりしかり、四国の観光列車は指定席がとれなくて困りました…。
    現地に行ってから席がとれないとなると、乗るのは現実的では無さそうですね…。。。

  2. kzlife より:

    ハヤトさん、コメントありがとうございます。
    四国まんなか千年ものがたり、人気なんですよね。
    事前に席をとるなら、このきっぷではなく、四国フリーきっぷとかのほうがよさそうですね。そちらなら、別途、特急券・グリーン券が必要ですが、先に予約しておくこともできますね。

タイトルとURLをコピーしました