スポンサーリンク

九州を周遊する「36ぷらす3」、1日単位でも乗車できるカジュアルな観光列車! ダイヤ・停車駅・旅行プラン・料金を紹介!

汽車旅

JR九州の「36ぷらす3」は、5日間で九州を一周する新たな観光列車です。車両は787系を改造したもので、ビュッフェも復活します。全車グリーン車ながら、1日単位でも乗車でき、乗り鉄や鉄道旅行でも利用できそうです。ランチやディナーがセットになった旅行商品のほか、通常のきっぷとして発売される「グリーン席プラン」もあり、比較的カジュアルに使える列車です。

スポンサーリンク

JR九州、新たな観光列車「36ぷらす3」のまとめ

JR九州は、新たな観光列車「36ぷらす3」を2020年秋に運行開始しました。

概要は以下の通りです。

  • 787系電車を改造した新しい観光列車(JR九州では「D&S列車」と呼ぶ)
  • 6両編成、全車グリーン席で、グリーン個室とグリーン席(座席)がある
  • ビュッフェも復活
  • 毎週木曜から翌週月曜の5日間をかけて九州を一周
  • 1日単位でも乗車可能

予約方法・乗車方法は以下のとおりです。

  • 以下の2種類の旅行プランを提供
    • お食事付きのプラン(ランチプラン・ディナープラン): JR券(乗車券+特急券+グリーン券)+お食事
    • グリーン席プラン(きっぷ): JR券のみ(乗車券+特急券+グリーン券)
  • お食事付きプランはグリーン個室(1~3号車)、グリーン席(5・6号車)のいずれも乗車可能
    • 個室と座席では料金が異なる(個室のほうが高い)
  • グリーン席プランはグリーン席(5・6号車)のみ乗車可能
  • 予約方法は以下のとおり
    • お食事付きプラン(ランチプラン・ディナープラン)は、JR九州の「36ぷらす3」専用ホームページ、36ぷらす3ツアーデスク(電話による予約)、各駅旅行の窓口、主な旅行会社で予約可能(インターネットでは5日前まで、電話・窓口では10日前までの予約が必要)
    • グリーン席プラン(きっぷ)は、「JR九州のインターネット列車予約」からも予約可能(「36ぷらす3」専用ホームページからアクセス可能、列車発車時刻まで予約可能)
スポンサーリンク

「36ぷらす3」は九州を周遊するカジュアルな観光列車!

「36ぷらす3」はJR九州の観光列車(D&S列車)ですが、これまでの観光列車と異なる点があります。それは運行ルートです。「36ぷらす3」は、豪華クルーズ列車「ななつ星 in 九州」と同じように、数日をかけて九州を周遊するルートになっています。

「36ぷらす3」の運行ルート
「36ぷらす3」の運行ルート

(出典)黒い787「36ぷらす3」2020年秋 運行開始!(JR九州ニュースリリース 2019年11月21日 PDF)

以下に、ダイヤ、途中乗降できる駅、長時間停車する駅、駅でのイベントをまとめました(横にスクロールできます)。

※2021年3月13日以降のダイヤです

曜日 出発駅・時刻 途中停車駅
(乗降可能)
終着駅・時刻 長時間停車する駅 イベント
木曜日 博多
09:52発
(休日は09:58発)
熊本
11:50着/12:00発
鹿児島中央
16:24着
玉名 11:10頃
約20分停車
熊本県北の
特産品販売
牛ノ浜 14:25頃
約15分停車
牛ノ浜海岸の絶景
金曜日 鹿児島中央
12:17発
- 宮崎
15:46着
大隅大川原 13:20頃
約50分停車
カフェ
特産品販売
青井岳 15:05頃
約10分停車
-
土曜日 宮崎空港
11:36発
宮崎
11:47着/11:51発
大分
16:49着/16:55発
別府
17:05着
延岡 13:20頃
約10分停車
地域の特産品販売
宗太郎 14:15頃
約10分停車
宗太郎峠越え
秘境駅
重岡 14:35頃
約25分停車
地域の特産品販売
日曜日 大分
10:48発
別府
10:58着/11:08発
小倉
15:01着/15:11発
博多
16:32着
杵築 11:25頃
約15分停車
地域の特産品販売
中津 12:10頃
約10分停車
地域の特産品販売
門司港 14:10頃
約40分停車
門司港駅舎
自由散策
月曜日
博多→長崎
博多
10:51発
(休日は11:06発)
佐賀
12:07着/12:20発
長崎
15:38着
肥前浜 13:05頃
約55分停車
日本酒バー
特産品販売
宿場町散策
月曜日
長崎→博多
長崎
17:30発
佐賀
19:49着/20:05発
博多
21:05着
- -

「36ぷらす3」は、上の図・表のように、木曜日から月曜日までの5日間をかけて、博多から反時計回りに九州を一周します。

特徴的なのは、1日単位で乗車ができる点です。

例えば、土曜日に大分か別府に宿泊し、翌日、「36ぷらす3」に乗車して博多へ移動する、といったことができるわけです。

5日間すべて乗車すれば、九州を一周するクルーズトレインのような旅行ができますし、1日単位で利用すれば、通常の観光列車のような利用ができるという、なかなか面白い運行形態です。乗り鉄や鉄道旅行には、旅程に組み込みやすいので、うれしいところですね。

おおよそ、11時前後に出発し、16時頃に到着するダイヤが組まれています。午前中の出発までの時間で観光を楽しんだり、夕方の到着後にグルメを楽しんだりといったことができそうです。

さらに、観光列車らしく、特徴のある駅での長時間の停車時間が設けられています。ホームや駅に降りて、地域の特産品を購入したり、景色を眺めたり、飲食を楽しんだりできるイベントやおもてなしが用意されています。

途中駅での停車時間やイベント・おもてなしの内容については、JR九州の「36ぷらす3」のWebサイトをご確認ください。

運行ルート・ダイヤ | JR九州 | 36 ぷらす 3
36 ぷらす 3の運行ルート・ダイヤです。2020年秋、JR九州では約8年半ぶりとなる新しいD&S列車がデビューします。コンセプトは「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった“走る九州”といえる列車」。これまでのD&S列車とはひと味違った、新たな旅の楽しみ方をご提案します。
スポンサーリンク

「36ぷらす3」の車両は黒い787系! ビュッフェも復活!

「36ぷらす3」は、787系特急電車を改造した車両になります。

「36ぷらす3」のエクステリア
「36ぷらす3」のエクステリア

(出典)黒い787「36ぷらす3」2020年秋 運行開始!(JR九州ニュースリリース 2019年11月21日 PDF)

787系は1992年にデビューしたJR九州の特急用の電車です。特徴的な外観だけでなく、グリーン個室があったり、ビュッフェがあったりと、その設備の豪華さでも話題になりました。

「36ぷらす3」は、その787系の改造した車両であることも発表されました。

その外観は、ニュースリリースのタイトルにもあるように「黒」! 黒い787系もカッコイイですね。

また、現在運行されている787系にはビュッフェはないのですが、「36ぷらす3」ではビュッフェが復活します! 観光列車の楽しみの一つが、車内での飲食ですので、ビュッフェの復活は大歓迎ですね。

座席は、全車グリーン席で、定員は100名程度と発表されいます。787系のグリーン席は、1+2列のゆったりとしたものですが、「36ぷらす3」では、個室タイプやボックスタイプの座席も用意されるかもしれませんね。

一方、「36ぷらす3」には寝台の設備はなく、基本的には日中時間帯の運行になるようです。

なお、2019年12月に、「36ぷらす3」の内装や車両レイアウトも発表されています。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

JR九州の観光列車「36ぷらす3」の車両レイアウト発表! 多彩なグリーン個室、ビュッフェ、マルチカーなどゆったりしたつくり!
2020年秋の運行開始を予定しているJR九州の新たな観光列車「36ぷらす3」の車両レイアウトが、早くも発表されました。グリーン席、グリーン個室に加えて、ビュッフェや、フリースペースとなるマルチカーなど、多彩な設備を備えつつも、非常にゆったり...
スポンサーリンク

「36ぷらす3」の旅行プラン・座席(グリーン席)の詳細

「36ぷらす3」に乗車するためには、きっぷとお食事がセットになった「ランチプラン」「ディナープラン」、きっぷのみの「グリーン席プラン」のいずれかを購入することになります。

プラン ランチプラン
ディナープラン
グリーン席プラン
JR券 片道の乗車券・
特急券・グリーン券
片道の乗車券・
特急券・グリーン券
お食事 ×
グリーン個室
1~3号車
×
グリーン席
5~6号車
予約期限 電話: 10日前まで
ネット: 5日前まで
当日(出発時刻)まで
備考 食事内容はコース
によって異なる
-

「ランチプラン」「ディナープラン」は、片道のきっぷ類(乗車券・特急券・グリーン券)に加えて、コースによって異なるお食事がつきます。月曜日の長崎発のコースのみ「ディナープラン」となり、それ以外は「ランチプラン」となります。

一方、「グリーン席プラン」は、片道のきっぷ類(乗車券・特急券・グリーン券)のみのシンプルなプランです。お食事は付きませんが、あらかじめお弁当や飲み物などを持ち込むことができますし、3号車にあるビュッフェで購入することもできます。

注意したいのは、プランによって、予約できる座席種別が異なる点です。1号車~3号車のグリーン個室に乗車するには、「ランチプラン」または「ディナープラン」を購入する必要があります。「グリーン席プラン」で乗車できるのは、5号車・6号車のグリーン席のみとなり、グリーン個室には乗車できません。

また、「ランチプラン」「ディナープラン」は、予約締め切りがかなり早くなっています。電話での予約の場合は乗車日の10日前まで、インターネットでの予約の場合でも5日前までの予約が必要です。

「ランチプラン」「ディナープラン」の料金

「ランチプラン」「ディナープラン」は、曜日によってお食事の内容が異なるため、料金も曜日によって大きく異なります。また、個室か座席かによっても異なります。

おおまかな価格帯は以下のようになっています。

  • ランチプラン(個室)
    • おとな 17,000円~30,000円
    • こども 13,500円~25,000円
  • ランチプラン(座席)
    • おとな 12,000円~20,500円
    • ことも 8,500円~15,500円

なお、「36ぷらす3」のグリーン個室は、号車によって定員が異なります。「ランチプラン」「ディナープラン」を利用する場合は、各定員の個室に対して、以下の人数での申し込みが必要です。

  • 1号車個室(定員4名): 3~4名
  • 2号車個室(定員6名): 4~6名
  • 3号車個室(定員2名): 2名

ただし、3号車の個室については、各コースの料金に10,000円~19,000円をプラスすることで、1名での利用も可能となります。

お食事の内容や料金の詳細、各プランの発売日等については、JR九州の特設Webサイトをご確認ください。

黒い787「36 ぷらす 3」2020年秋運行開始!| JR九州
2020年秋、JR九州では約3年半ぶりとなる新しいD&S列車がデビューします。コンセプトは「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった“走る九州”といえる列車」。これまでのD&S列車とはひと味違った、新たな旅の楽しみ方をご提案します。

「グリーン席プラン」の料金

「グリーン席プラン」は、JR九州の運賃+B特急料金+36ぷらす3グリーン料金の合計となります。「36ぷらす3グリーン料金」は、「36ぷらす3」のグリーン席のために新たに設定されたグリーン料金です。

主な区間の価格は以下のようになっています。この表の料金は、「グリーン席プラン」(片道の乗車券+特急券+グリーン料金の合計)です。また、「グリーン席プラン」は通常のきっぷと同じく、乗車日の1か月前の午前10時からの発売となります。

曜日 乗車駅 降車駅 おとな こども
木曜日 博多 鹿児島中央 16,860円 12,730円
博多 熊本 6,720円 5,000円
熊本 鹿児島中央 11,900円 9,250円
金曜日 鹿児島中央 宮崎 7,080円 5,180円
土曜日 宮崎空港 別府 11,350円 8,320円
宮崎空港 大分 11,020円 8,160円
宮崎 別府・大分 10,890円 8,090円
日曜日 大分・別府 博多 9,450円 6,870円
大分・別府 小倉 7,080円 5,180円
小倉 博多 5,450円 4,370円
月曜日 博多 長崎 8,570円 6,430円
博多 佐賀 5,270円 4,280円
佐賀 長崎 6,720円 5,000円
長崎 博多 8,570円 6,430円
長崎 佐賀 6,720円 5,000円
佐賀 博多 5,270円 4,280円

最も長い乗車距離となる木曜日の博多~鹿児島中央で16,860円です。上記以外にも、乗降可能な途中停車駅からの乗車や下車などもできます。

ちなみに、九州新幹線の博多~鹿児島中央の普通車指定席の料金は10,640円です。これにプラス約6,000円で、「36ぷらす3」に乗車できることになります。

「グリーン席プラン」は、JR九州のWebサイトから購入することができます。以下の「36ぷらす3」の専用Webサイトから「グリーン席プランのご予約」をご覧ください。予約のボタンを押して進んでいくと、「JR九州 インターネット列車予約」に遷移します。

ご予約・お問い合わせ | JR九州 | 36 ぷらす 3
36 ぷらす 3のご予約・お問い合わせはこちらから。2020年秋、JR九州では約26年半ぶりとなる新しいD&S列車がデビューします。コンセプトは「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった“走る九州”といえる列車」。これまでのD&S列車とはひと味違った、新たな旅の楽しみ方をご提案します。

以上、『九州を周遊する「36ぷらす3」、1日単位でも乗車できるカジュアルな観光列車! ダイヤ・停車駅・旅行プラン・料金を紹介!』でした。JR西日本の「WEST EXPRESS 銀河」に続き、リーズナブルな料金で乗車できる列車がJR九州にも誕生します。新しい長距離列車、周遊列車のジャンルが生まれつつありますね。

コメント

  1. モルト より:

    こんにちは
    宮崎県都城市にルーツを持つ私にとって興味深い列車です
    日豊本線の活性化に繋がると良いなと思ってます
    ところで鹿児島本線と日豊本線を通しで行くとリバースループになってますよね
    毎回エンドが変わる運行なのでしょうか?
    そこも興味深いです

  2. kzlife より:

    モルトさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    そうですね、日豊本線は観光客向けの列車が少ないので、この「36ぷらす3」の運転で活性化するといいですね。ほぼ毎週運転されるようですし。
    ご指摘のとおり、鹿児島中央で向きが変わりますね。門司港でも向きが変わると思うので、トータルでは元に戻る、ということかなと思いました。
    新しい運行形態の列車なので楽しみですね。

  3. モルト より:

    早速のレスありがとうございます
    門司港駅は頭端式ですが
    鹿児島中央駅はスルー配線なのです
    宮崎方面からの日豊本線の下り列車が鹿児島本線の上り列車となり直通運転してます
    なので1エンドで鹿児島本線を下って、そのまま日豊本線を上る事になります
    スイッチバックは門司港駅だけなので博多駅には出発と逆向きで帰って来ます
    そう考えるとワクワクして来ます(笑)
    ちなみに「ななつ星」は鹿児島折返し肥薩線経由の運行なので編成は同じエンドで博多に戻ります

  4. kzlife より:

    モルトさん、ありがとうございます。
    鹿児島中央はスルーでしたね。スイッチバックは鹿児島本線~指宿枕崎線のほうでした。
    おっしゃる通り、このルートの通りだとすると、スイッチバックは門司港だけですね。
    週ごとに逆向きで運行するなんていうのも楽しいですね。

タイトルとURLをコピーしました