スポンサーリンク

日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」を見に行こう! 見どころと公共交通機関(水郡線・路線バス)でのアクセスを紹介します!

旅行記

茨城県にある「袋田の滝」をご存知でしょうか? 華厳の滝、那智の滝と並ぶ日本三大名瀑の一つですが、一段の落差が大きいこれらの滝とは異なり、「袋田の滝」は4段を滑り落ちる美しい滝です。そんな袋田の滝に行ってきましたので、見どころと、水郡線・路線バスでのアクセスを詳しく紹介します。

スポンサーリンク

袋田の滝とは?

袋田の滝は、清流と鮎の釣り場で知られる久慈川の支流、滝川の上流に位置する滝です。日光にある華厳の滝、紀伊半島にある那智の滝と並んで、日本三大名瀑に数えられます。

茨城県の内陸部にあるため、現在では想像できませんが、かつては袋田の滝あたりまで海だったそうです。海底火山の噴出物が堆積した地層を、その後、陸地となった後に、久慈川が徐々に侵食していきました。その浸食に耐えて残った部分の崖が、現在の袋田の滝になっているそうです。

スポンサーリンク

「袋田の滝」への公共交通機関でのアクセスは?

「袋田の滝」への公共交通機関でのアクセス方法を紹介します。

最寄り駅は水郡線「袋田駅」

赤い三角屋根が特徴的な袋田駅
赤い三角屋根が特徴的な袋田駅

公共交通機関で袋田の滝へアクセスするには、JR水郡線(すいぐんせん)を利用します。最寄り駅は袋田駅で、水戸から約1時間10分、郡山から約2時間10分です。水郡線は普通列車しか走っていません。ローカル線で、本数が少ないため、事前にどの列車に乗車するかを決めておいたほうがよいでしょう。

水郡線は、清流といわれる久慈川の流れに沿ったローカル線。川を眺めながらの汽車旅もおすすめです。以下の記事で水郡線の車窓や、東京からの周遊ルートを紹介しています。

【水郡線 周遊ルート】 久慈川の清流を楽しめる路線! 沿線の観光スポットも紹介します! ~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅3~
水郡線は、水戸と郡山を結ぶローカル線です。奥久慈の自然豊かな地域を、久慈川に沿って走る川の路線です。この記事では、首都圏から青春18きっぷで水郡線を旅する日帰りルートを、車窓を交えてご紹介します。沿線には日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」もありますので、滝見物とあわせての汽車旅がおすすめですよ。

首都圏から水戸経由でアクセスする場合には、期間限定ですが土休日に利用できるフリーきっぷ「ときわ路パス」がおすすめです。茨城県内のJR線や私鉄路線に1日乗り放題で2,180円です。水郡線は水戸~下野宮がフリーエリアに入っていて、水戸駅から袋田駅へのアクセスにも利用できます。

【ときわ路パス】茨城県内のJRと私鉄に乗車できるフリーきっぷ! 魅力的な私鉄路線の乗り歩きに最適!(2022-23年版)
JR東日本から2022年の夏季・秋季、2023年の冬季も「ときわ路パス」が発売されます。「ときわ路パス」は、JR線に加えて、茨城県内の魅力的な私鉄路線にも乗車できるおトクなきっぷです。茨城県内の観光や私鉄路線の乗り歩きにいかがでしょうか? 【ひさの乗り鉄ブログ】では、「ときわ路パス」での乗車におすすめの路線・列車を紹介します。

水郡線 袋田駅から路線バス・タクシー・徒歩でアクセス

水郡線の袋田駅から袋田の滝までは約3kmあります。交通手段としては、路線バス、タクシー、徒歩があります。

手段所要時間料金備考
路線バス7分210円茨城交通
1日4往復
タクシー5分1,000円強待機はないので
呼ぶ必要がある
徒歩約40分-

本数が少ないですが、日中時間帯の水戸方面からの水郡線の列車に接続していますので、路線バスを利用する方法がもっともポピュラーでしょう。

袋田の滝の最寄りのバス停「滝本」は駐車場の近く
袋田の滝の最寄りのバス停「滝本」は駐車場の近く

路線バスの終点は「滝本」というバス停ですが、バス停から袋田の滝までは約10分ほど歩きます。沿道にはお土産屋や食堂などが並んでいますし、袋田の滝までは、滝川の流れに沿っているので、散策するのにちょうどよいです。

路線バスのない時間帯であれば、タクシーを呼ぶのが無難でしょう。袋田駅前にはタクシーは待機していないことが多いですが、電話して呼べば来てくれます。道路が空いていれば、料金は1,000円強です。

天気が良ければ徒歩でもアクセスできます。約3km、片道40分程度です。往復すると疲れてしまうかもしれませんが、片道であれば、ちょうどよい散歩になるでしょう。

紅葉の時期になると、袋田の滝への道路が大渋滞するそうです。当然、路線バスやタクシーは相当の時間を要することになります。そんなときは、袋田駅から徒歩でアクセスするのがよいでしょう。

詳しくは、大子町のWebサイトをご確認ください。

袋田の滝へのアクセス | 大子町観光協会
電車・バスでのアクセス JR水郡線「袋田駅」よりバス約10分「滝本」下車徒歩約10分 JR水郡線「常陸大子駅」

水郡線 常陸大子駅から路線バスでアクセス

滝本(袋田の滝)から常陸大子駅に到着した茨城交通の路線バス

滝本(袋田の滝)から常陸大子駅に到着した茨城交通の路線バス

2022年5月1日から、水郡線の常陸大子駅と袋田の滝(滝本)を結ぶ路線バスが運行を開始しました。

手段所要時間料金備考
路線バス11分340円茨城交通
1日2往復

常陸大子駅は袋田駅の隣(一つ郡山寄り)の駅です。水戸駅から水郡線でアクセスする場合には、袋田駅で下車して、すぐ接続する路線バスを使う方がよいでしょう。

一方、袋田の滝の観光を終えて帰宅するときには、常陸大子駅への路線バスを利用するのもアリです。というのも、常陸大子駅には水郡線の車両基地があり、常陸大子駅始発の列車や、常陸大子駅で増結することが多いからです。常陸大子駅から乗車すれば、座席を確保できる可能性はかなり高くなります。

また、袋田駅の周りには飲食店などはありませんが、常陸大子駅の周囲には飲食店や道の駅「奥久慈だいご」などの施設があります。

詳しくは、大子町のWebサイトをご確認ください。

袋田の滝へのアクセス | 大子町観光協会
電車・バスでのアクセス JR水郡線「袋田駅」よりバス約10分「滝本」下車徒歩約10分 JR水郡線「常陸大子駅」
スポンサーリンク

袋田の滝の見どころを紹介!

それでは、袋田の滝の見どころを紹介しましょう。

袋田の滝入口で入場料を払ってトンネルへ

袋田の滝の入場券販売所
袋田の滝の入場券販売所

袋田の滝の見学は有料です。入場券(300円)を払って入りましょう。

袋田の滝の観瀑台へと続くトンネルを歩く
袋田の滝の観瀑台へと続くトンネルを歩く

こんなトンネルを歩いていきます。ひんやりした空気に包まれています。

吊り橋を渡って瀧見台へ

吊り橋を渡ると瀧見台へ 袋田の滝周辺の地形がよくわかります
吊り橋を渡ると瀧見台へ 袋田の滝周辺の地形がよくわかります

メインの観瀑台はトンネルの一番奥ですが、途中で右へ入ると吊り橋に出ます。

吊り橋の上からは袋田の滝と第1観瀑台を見渡すことができます
吊り橋の上からは袋田の滝と第1観瀑台を見渡すことができます

吊り橋からは、袋田の滝を横から見ることができます。滝の正面にあるのが、のちほど紹介する第1観瀑台です。袋田の滝を流れ落ちた水は、滝川の流れとなって下り、久慈川に合流します。

瀧見台からの眺め 断崖絶壁に袋田の滝があることがわかります
瀧見台からの眺め 断崖絶壁に袋田の滝があることがわかります

吊り橋を渡り、少し階段を登っていくと、瀧見台に到着します。瀧見台からは、袋田の滝の全景を見渡すことができました。

袋田の滝の反対側、第1観瀑台がの上が、ものすごく切り立った崖になっているのに驚きました。川の流れが削った跡なのですが、水の力というのはすごいものがあります。

迫力のある袋田の滝を眺められる第1観瀑台

吊り橋からトンネルに戻って、先へ進みましょう。トンネルの突き当りを右へ入れば、先ほど、吊り橋の上から見えた第1観瀑台に到着します。

迫力のある第1観瀑台からの眺め
迫力のある第1観瀑台からの眺め

第1観瀑台からの眺めは大迫力! 4段になった滝の最下段、一番幅の広いところを正面から見る形になります。高さ120メートルに対して、幅が73メートルもあります。幾筋もの流れが、流れ落ちるというよりも、滑り落ちると表現したほうがよいほど美しい滝です。

2019年3月下旬に訪れた時に撮影したものですが、冬季の雨や雪が少なかったせいで、袋田の滝の水も少なめなんだそうです。

夏場のほうが袋田の滝の水量が多い(2009年7月撮影)
夏場のほうが袋田の滝の水量が多い(2009年7月撮影)

2009年7月下旬に撮影した袋田の滝です。夏場は雨が多いので、水量も多めですね。

四季おりおりの表情を見せる袋田の滝ですが、水量の多い滝を見たければ、梅雨~夏がよさそうですね。

袋田の滝の全景を見渡せる第2観瀑台

第2観瀑台へはトンネル奥のエレベータで!
第2観瀑台へはトンネル奥のエレベータで!

次は、第2観瀑台へ行ってみましょう。第2観瀑台へは、トンネルの奥にあるエレベータで上っていきます。

第2観瀑台からの袋田の滝の眺め

第2観瀑台からの袋田の滝の眺め

第2観瀑台からは、袋田の滝の全景を見渡すことができます。4段になって流れ落ちる袋田の滝の全体の様子がよくわかります。

第1観瀑台よりもかなり高いところから眺めることになりますので、全体を眺められる代わりに、迫力はあまりありません。ただ、第1観瀑台よりも空いていることが多いので、混雑している時期には穴場です。

袋田の滝の上流にある「生瀬滝」

袋田の滝の少し上流側には、「生瀬滝」という滝があります。袋田の滝の吊り橋の先からハイキングコースを少し登ると、袋田の滝を上から眺めたり、「生瀬滝」を眺めたりすることができます。

生瀬滝の展望台へ続く階段

生瀬滝の展望台へ続く階段

吊り橋の先に、このような階段がありますので、これを上がっていきます。かなり急ですし、結構長いので、体力に不安のある方にはおすすめしません。また、この上は、さらに急な石段が続きますので、歩きやすい靴(最低でもスニーカー)が必要です。

袋田の滝を上から眺められるスポット

袋田の滝を上から眺められるスポット

しばらく階段を登ると、このような案内板があります。写真ではわかりにくいですが、この横の木々の合間から、袋田の滝を上から眺めることができます。

生瀬滝

生瀬滝

さらに石の階段を登ると、「生瀬滝」を見渡す展望台に到着します。生瀬滝は落差15メートル。袋田の滝と比べるとこじんまりとしています。

戻るときは、急な階段を下ることになりますので、登るときよりも慎重に下っていきましょう。

スポンサーリンク

四季それぞれで表情を変える袋田の滝を見に行こう!

袋田の滝は、季節によってさまざまな表情を見せます。前述のとおり、夏は水量が多く迫力ある滝を見ることができますし、秋は周囲の木々が赤や黄色に色づく絶景を見ることができます。また、真冬になると滝の一部が凍り付きます。寒さが厳しい年には、全面的に氷結することもあるそうです。

最も人気があるのは紅葉の時期だそうですが、それ以外の季節でも十分に堪能できると思います。


以上、『日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」を見に行こう! 見どころと公共交通機関(水郡線・路線バス)でのアクセスを紹介します!』でした。首都圏からは日帰りで楽しめますので、気軽に出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

青春18きっぷでの水郡線の日帰りルートを紹介した記事です。水郡線は、久慈川に沿って走る車窓の美しいローカル線です。東京からはちょっと時間がかかりますが、青春18きっぷでの日帰りも可能です。

【水郡線 周遊ルート】 久慈川の清流を楽しめる路線! 沿線の観光スポットも紹介します! ~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅3~
水郡線は、水戸と郡山を結ぶローカル線です。奥久慈の自然豊かな地域を、久慈川に沿って走る川の路線です。この記事では、首都圏から青春18きっぷで水郡線を旅する日帰りルートを、車窓を交えてご紹介します。沿線には日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」もありますので、滝見物とあわせての汽車旅がおすすめですよ。

乗り鉄・鉄道旅行でぜひ乗りたい列車や路線、途中下車して立ち寄りたい観光スポットなどをまとめた目次ページです。鉄道旅行の参考にしてみてください。

鉄道旅行・乗り鉄のおすすめ路線・列車、おすすめルート、立ち寄りたい観光スポットまとめ
乗り鉄や鉄道旅行でおすすめの路線や列車、おすすめのルートを紹介します。また、旅行の途中で立ち寄りたい、駅から公共交通機関で行ける観光スポットも紹介します。乗り鉄の計画作成の参考にしてみてください。おすすめの観光列車・SL列車鉄道旅行で...
旅行記汽車旅汽車旅-JR東日本汽車旅-観光
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました