K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線 乗車レポート! のどかな農地と湖沼の風景が魅力的な非電化ローカル線!

おすすめ記事Pick Up! 2019年夏のおすすめ臨時列車

茨城県の水戸駅と鹿島サッカースタジアム駅を結ぶ鹿島臨海鉄道大洗鹿島線。1985年に開業した新しい第三セクター鉄道です。「臨海鉄道」ですが、車窓から海は見えません。平坦な農地が続き、ときおり湖が見える、のどかなローカル線です。

この記事では、鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線の乗車レポートをお届けします。

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線とは?

鹿島臨海鉄道は、JR貨物や茨城県が出資する第三セクターの鉄道会社です。

www.rintetsu.co.jp

大洗鹿島線、鹿島臨港線の2路線を保有・運行していますが、鹿島臨港線は貨物専用線となっていますので、乗車できるのは大洗鹿島線のみとなります。


大洗鹿島線は、水戸駅~鹿島サッカースタジアム駅を結ぶ非電化路線で、全長53km、15の駅があります。本来は、国鉄の路線として開業する予定でしたが、国鉄の業績悪化により、鹿島サッカースタジアム駅より北側の区間を、第三セクターの鹿島臨海鉄道が引き継いで開業しました。

開業は1985年と新しく、そのために高架の区間が多くなっています。踏切も、水戸駅周辺に少しあるだけで、それ以外の区間では全くありません。

水戸~大洗間は、通勤・通学や、大洗への観光客に利用されていて、1時間に2~3本ほど運転されています。大洗~鹿島サッカースタジアム間は列車の本数が少なく、1時間に1本ほどになります。鹿島サッカースタジアム駅は臨時駅のため、大洗鹿島線の列車は、JR鹿島線の鹿島神宮駅まで乗り入れています。

「臨海鉄道」の名称から、海が見える路線と思われがちですが、車窓からはほとんど海を見ることはできません。鹿島灘と霞ヶ浦(北浦)のちょうど中間あたりを南北に走っているため、そのどちらも、ほとんど見えないというわけです。

大洗鹿島線へのアクセス

大洗鹿島線へのアクセスとしては、

  • 常磐線・水郡線で水戸駅へ
  • 成田線・鹿島線で鹿島神宮駅へ
  • 東京駅から高速バスで鹿島神宮駅へ

などが考えられます。

鉄道好きの方なら、JR鹿島線(佐原・香取~鹿島サッカースタジアム)と合わせての乗車がおすすめです。北総の小江戸とも呼ばれる佐原や、水郷地帯であやめが有名な潮来、鹿島神宮など、観光スポットも多くあります。

JR鹿島線の乗車レポートは、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

大洗鹿島線 乗車レポート

それでは、大洗鹿島線の乗車レポートをお届けします。今回は、佐原からJR鹿島線で鹿島神宮駅までアクセスしました。

高架の鹿島神宮駅から出発!

f:id:kzlife:20190108224656j:plain
鹿島神宮駅で発車を待つ新型気動車

鹿島神宮駅は高架の1面2線のホーム。JR鹿島線から同じホームでの乗り換えができます。

やってきた列車は、新型車両の8000形の2両編成。残念ながらオールロングシートです。旧型の6000形は、車両は古いですが、転換クロスシートなので、車窓を眺めたいならば、6000形のほうがよいでしょう。鹿島鉄道のWebサイトに掲載されている時刻表では、どの列車が新型車両で運転されているかがわかります。

f:id:kzlife:20190108224750j:plain
新型車両8000形はオールロングシート

車内はこんな感じです。平日の午後の列車ということもあってか、車内はガラガラでした。ちなみに、新型車両の8000形にはトイレが設置されていませんので、あらかじめ駅で済ませておきましょう。

f:id:kzlife:20190108224837j:plainf:id:kzlife:20190108224951j:plain
「ガールズ&パンツァー」ラッピング列車

鹿島臨海鉄道といえば、大洗が舞台となっているTVアニメ「ガールズ&パンツァー」とコラボレーションしたラッピング列車が有名です。JR鹿島線で鹿島神宮駅に到着したときに、ちょうど停車していましたので、撮影してみました。

こちらの列車は1両ということもあってか、あるいは、これを目当てに乗りに来た人が多いのか、座席がほとんど埋まるほど混雑していました。このラッピング列車にどうしても乗車したい!という方は、鹿島臨海鉄道のWebサイトを確認しましょう。1週間単位でラッピング列車の運用が公開されています。

田畑が目立つのどかな車窓

14時26分に鹿島神宮駅を発車。すぐに左へカーブし、臨時駅の鹿島サッカースタジアム駅を過ぎると、ほぼ北へ進路を取ります。

f:id:kzlife:20190108225032j:plain
日本一長い駅名「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」の駅名標は巨大

14時37分、長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅に到着。南阿蘇鉄道高森線にある「南阿蘇水の生まれる里白水高原」1駅と並んで、日本一長い駅名として有名です。

駅名が長いためか、駅名標も巨大なものとなっています。

f:id:kzlife:20190108225125j:plain
のどかな田畑が車窓に広がります

沿線は、田畑が広がるのどかな風景が続きます。冬なので、やや殺風景ですが、夏ならば一面緑になるのでしょうか。

f:id:kzlife:20190108225317j:plain
真っすぐな線路を軽快に飛ばしていきます

そんな中を、大洗鹿島線の気動車は、結構な速度で進んでいきます。線路が直線的だからスピードを出すことができるのですね。さすがに新型気動車。軽快に走行していきます。

北浦を望む内陸部へ

鹿島灘、大洋と、海が見えそうな駅が続きますが、残念ながら車窓からは見えません。地図で確認すると、鹿島灘の海岸線からは、1kmくらい内陸側を走っているようです。

大洋駅を出ると、少し左へカーブして内陸へ。14時55分に北浦湖畔駅に到着します。

f:id:kzlife:20190108225527j:plain
北浦湖畔駅前後では、車窓から北浦を見ることができます

駅名のとおり、このあたりは霞ヶ浦を構成する湖の一つ「北浦」の北端部にあたります。進行方向左側(太平洋とは反対側)の車窓から北浦を見ることができます。

大洗鹿島線に乗車する前、JR鹿島線で北浦の南端部を渡ってきましたが、ここまでやってきても、まだ北浦が続いているのですね。それでも、北端に近く、幅がかなり狭まっているところなので、川のようにも見えます。

f:id:kzlife:20190108225442j:plain
車両最後部から、いま来た道を振り返る…

あまり高くない高架をまっすぐ進んでいきます。2両目の後ろのほうに座っていたので、ときどき最後部から流れゆく車窓を楽しんでいました。

f:id:kzlife:20190108225604j:plain
中心駅の一つ、新鉾田駅に到着!

15時ちょうど、中心駅の一つ、新鉾田駅に到着。特に行き違いがあるわけでもないのですが、4分停車ということで、ホームに降りてみました。

f:id:kzlife:20190108225631j:plain
新鉾田駅の高架ホームは空が開けていて広々!

非電化路線の高架ホームには、架線や架線柱がなく、本当に広々として気持ちが良いです。

新鉾田で半数くらいの乗客が下車。乗ってくる人は少なく、さらに閑散としてしまいました。

もう一つの湖 涸沼を眺める

f:id:kzlife:20190108225700j:plain
涸沼駅の近くでは少しだけ汽水湖の涸沼を見ることができます

15時26分に涸沼(ひぬま)駅に到着。駅名にもなっている涸沼は、涸沼川などが流れ込む湖です。下流側は那珂川と合流してすぐに河口となるため、満潮時には海水が流れ込む汽水湖になっています。

その涸沼を、進行方向左側の車窓から、少しだけ見ることができました。ほんのちょっと湖畔をかすめるくらいのところを走るので、見えるのは短時間です。

f:id:kzlife:20190108225736j:plain
平らな農地の向こうに、やけに低い雲が浮かんでいました

車窓から涸沼が見えなくなると、再び海岸線に近づいていきます。残念ながら、ここでも車窓から海を見ることはできません。その代わり、平らな農地の向こうに浮かぶ低い雲を眺めることができました。

沿線の中心駅 大洗へ

f:id:kzlife:20190108225813j:plain
大洗鹿島線の中心駅、大洗駅は2面3線の高架ホーム

15時26分、大洗に到着です。鹿島臨海鉄道の本社や、車庫もある、大洗鹿島線の中心駅です。水戸~大洗は20分に1本くらいの割合で運転されていて、通勤・通学や観光に利用されています。

f:id:kzlife:20190108225856j:plain
鹿島臨海鉄道の本社も同居する大洗駅の駅舎

駅舎も立派です。この駅舎に、鹿島臨海鉄道の本社も同居しています。

このときは、大洗で途中下車。大洗の海岸まで散策してきたのでした。

f:id:kzlife:20190108225933j:plain
大洗駅では「ガールズ&パンツァー」のキャラクターたちがお出迎え!

大洗駅は、TVアニメ「ガールズ&パンツァー」の本拠地(?)でもあるので、あちこちでキャラクターたちが出迎えてくれます。といっても、私はこのアニメをあまり見たことがないので、よくわからないのですが…。

f:id:kzlife:20190108230013j:plain
大洗駅ホームの横には留置線や洗車装置があります

ホームの横には、留置線や洗車装置があります。さすがに鹿島臨海鉄道の本拠地です。

f:id:kzlife:20190108230045j:plain
夕暮れの大洗駅ホーム

日も暮れてきました。夕暮れの駅は、なんとなく哀愁があっていいですね。

旧型車両6000形で水戸へ

f:id:kzlife:20190108230107j:plain
大洗始発の水戸行きは旧型車両6000形

大洗始発の水戸行きに乗車します。旧型の6000形の2両編成でした。車両側面には、大学の広告がでかでかとラッピングされていました。

f:id:kzlife:20190108230137j:plain
6000形の車内は転換クロスシートが!

車内は転換クロスシートが並びます。やはり、汽車旅にはこちらのほうがいいですね! 新型車両(8000形)はどうしてロングシートだけにしてしまったのでしょう?

f:id:kzlife:20190108230213j:plain
夕焼けを眺めているとあっという間に終着の水戸へ!

16時59分に大洗を発車。車内はガラガラです。もう暗くなってきて、車窓を撮るのも厳しくなってきましたが、夕焼けがきれいだったので何枚か撮影。

高架から夕焼けを眺めながら、大洗鹿島線の旅が終わります。


以上、鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線の乗車レポートをお届けしました。残念ながら列車から海を見ることはできませんが、のどかな農地や湖、そして、水戸に近くなると街並みを眺めることができます。高架なので結構眺めも良く、飽きることはありませんでした。


  1. 2016年の熊本地震で被災し、南阿蘇水の生まれる里白水高原は不通となっています。