ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

山形新幹線に最高速度300km/hの新型車両「E8系」を投入! 福島駅のアプローチ線新設で「つばさ」増発にも期待!


注目記事 【秋の乗り放題パス】2020年10月3日(土)~25日(日)利用可
【2020年秋の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール

JR東日本は、山形新幹線に新型車両「E8系」を投入すると発表しました。最高速度は300km/hとなり、所要時間の短縮も期待できそうです。また、福島駅の新幹線と在来線を結ぶアプローチ線の新設も決まり、繁忙期にはかなり混雑する山形新幹線「つばさ」の増発も期待できそうです。

山形新幹線に新型車両「E8系」を投入、2024年に営業運転開始へ!

JR東日本は、山形新幹線に新型車両「E8系」を投入すると発表しました。

概要は以下の通りです。

  • E8系電車(7両編成)を17編成(119両)新造
  • 2024年春から順次営業運転を開始
  • 2022年9月以降に落成、2026年春までに全17編成を落成予定
  • 最高速度は300km/h
  • 宇都宮~福島間でE5系と併結して運転

詳しくは、JR東日本のニュースリリースをご覧ください。

山形新幹線「E8系」、カラーリングはE3系を踏襲、先頭長はE3系とE6系の中間

山形新幹線「E8系」の外観
山形新幹線「E8系」の外観

(出典)山形新幹線をより便利に快適にします(JR東日本ニュースリリース 2020年3月3日 PDF)

E8系の先頭車の外観は、秋田新幹線「E6系」のノーズを少し短くしたような形状になっています。

カラーリングは、これまでのE3系を踏襲したようで、

  • 車体上部: 山形県の県鳥「おしどり」の飾り羽根をモチーフにした「おしどりパープル」
  • 車体の帯: 山形県の県花「紅花」の生花の「紅花イエロー」
  • 車体側面: 蔵王の雪の色「蔵王ビアンコ」

の3つの色は、E3系「つばさ」にも使われていました。

現行の山形新幹線「E3系」

ただ、E3系「つばさ」のカラーリングに比べると、E8系のほうが配色がシンプルになっています。

また、先頭車のノーズの長さ(先頭長)は、以下のようになっています。

形式 先頭長 最高速度
E8系 9m 300km/h
E3系 6m 275km/h
E6系 13m 320km/h


先頭長は、現行のE3系「つばさ」と、E6系「こまち」の中間の9メートル。E6系に近い形状ながら、ちょっとずんぐりとして見えるのは、この先頭長の違いによるものでしょう。

先頭長の違いは、そのまま最高速度の違いになります。高速で走る際の騒音を小さくするために、最高速度を上げるためには、先頭長を長くする必要があるのですね。

ちなみに、最高速度360km/hでの運転を視野に入れて開発された試験車両「ALFA-X」の先頭長は、22メートルと16メートルです。(両端で先頭車の形状が異なる)

山形新幹線「E8系」インテリアイメージ
山形新幹線「E8系」インテリアイメージ

(出典)山形新幹線をより便利に快適にします(JR東日本ニュースリリース 2020年3月3日 PDF)

一方、インテリアのイメージも公開されています。

グリーン車は「最上川と月山」をテーマにしたデザインで、針葉樹林の月山と、最上川の水面を再現した緑色をベースにした、落ち着いた色合いのシートになっています。

普通車は「最上川と紅花」をテーマにしたデザインを採用し、明るい紅花色のシートになっています。

「E8系」の最高速度は300km/h! 運転区間・停車駅と定員のバランスを考慮

E8系の最高速度は、新幹線区間では300km/h、在来線区間では130km/hとなります。在来線区間の最高速度はこれまでどおりですが、新幹線区間では、E3系の275km/hから25km/h向上しています。

東北新幹線では、E5系「はやぶさ」とE6系「こまち」が最高速度320km/hで運転をしています。

今回、E8系の最高速度を320km/hとしなかったのは、最高速度で走れる区間が短いことや、停車駅などを考慮したためでしょう。

山形新幹線は、東京~福島間で東北新幹線を走りますが、東北新幹線の最高速度は区間によって以下のようになっています。

  • 東京~大宮: 110km/h
  • 大宮~宇都宮: 275km/h
  • 宇都宮~盛岡: 320km/h
  • 盛岡~新青森: 260km/h

山形新幹線「つばさ」が走るのは、宇都宮から約150km先の福島まで。これまでの「つばさ」の停車駅と同じだとすると、大半の列車が、宇都宮と郡山にも停車します。

つまり、最高速度で走れる区間が約150kmしかないうえに、その間に停車駅もあるため、最高速度を320km/hにしても、あまり所要時間は変わらないということでしょう。

一方で、前述のように、最高速度を300km/hとすることで、先頭長を、同じ新在直通新幹線車両のE6系に比べて4メートル短くし、その分、先頭車の定員を確保したのでしょう。

最高速度で走れる運転区間や停車駅と、定員のバランスを考慮した結果、最高速度を300km/hにしたのではないかと考えられます。

「E8系」を現行E3系「つばさ」より2編成多い17編成新造

今回、「E8系」を17編成新造すると発表されました。現在、山形新幹線「つばさ」用のE3系は15編成ありますが、それよりも2編成多くなっています。

2編成多く投入する理由の一つが、定員でしょう。

形式 普通席 グリーン席
E8系 329名 26名
E3系 371名 23名
E6系 308名 22名

※すべて7両編成

E6系よりは定員が多いとはいえ、既存のE3系に比べると、先頭長が長くなった分だけ定員が減っています。普通席・グリーン席あわせて39名も定員が減っています。

1列車の定員が減った分を、増発によって補うために、必要になる編成数が増えるのかもしれません。増発と言っても、定期列車ではなく、繁忙期の臨時列車かもしれませんが。

あとで紹介するように、福島駅の新幹線と在来線を結ぶアプローチを新設することも同時に発表されていますので、これによって、山形新幹線の増発が可能になります。

一方、現在残っているE3系を、全てE8系で置き換えると考えると、現在、東北新幹線で運転されている元こまちのE3系(R編成)2編成も対象になるのかもしれません。この場合には、E8系は、「つばさ」だけでなく、「やまびこ」などでも運用される可能性があります。

福島駅での新幹線~在来線のアプローチ線を新設、「つばさ」増発が可能に!

E8系の新造と同時に発表されたのが、福島駅で新幹線と在来線をつなぐアプローチ線の新設です。

福島駅のアプローチ線新設

(出典)山形新幹線をより便利に快適にします(JR東日本ニュースリリース 2020年3月3日 PDF)

現在、福島駅には、高架の新幹線と、地平の在来線(奥羽本線)をつなぐ線路(アプローチ線)が1本しかありません。この1本は、東北新幹線福島駅の下りホームにつながっています。

そのため、福島駅には、「つばさ」は、上り下りあわせて同時に1本しか入ることができません。福島駅では、東北新幹線との増結・解結作業があるため、停車時間も長めになります。

この部分がネックになり、山形新幹線「つばさ」の増発が難しかったのです。

山形新幹線「つばさ」は福島駅14番線から在来線へ
山形新幹線「つばさ」は福島駅14番線から在来線へ

今回、福島駅の上りホームにつながるアプローチ線を新設すると発表がありました。これが完成すると、上りと下りの「つばさ」が同時に福島駅に停車することができるため、ダイヤ編成上のネックがなくなり、増発が可能になります。

前述の通り、E8系は、現在のE3系「つばさ」よりも2編成多く製造されることが発表されていますが、このアプローチ線の新設と合わせて考えると、「つばさ」の増発を想定している可能性が高いのではと思います。


以上、『山形新幹線に最高速度300km/hの新型車両「E8系」を投入! 福島駅のアプローチ線新設で「つばさ」増発にも期待!』でした。E8系の運転開始は2024年春。まだだいぶ先ですが、今から楽しみですね。