ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

東北・北陸新幹線の上り列車の自由席が半額! JR東日本が期間限定で「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」「あさま自由席片道きっぷ」を発売!


JR東日本は、東北新幹線「やまびこ」「なすの」と北陸新幹線「あさま」の上り列車の普通車自由席が半額になる「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」「あさま自由席片道きっぷ」を発売します。ボランティア活動を支援する目的で発売されるきっぷですが、被災地への旅行に利用するのもアリでしょう。

東北・北陸新幹線の自由席が半額! 期間限定で「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」「あさま自由席片道きっぷ」を発売!

JR東日本は、東北新幹線「やまびこ」「なすの」と北陸新幹線「あさま」の上り列車の普通車自由席が半額になる「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」「あさま自由席片道きっぷ」を、期間限定で発売します。

利用期間、設定区間、おねだんは以下の通りです。

  • 利用期間: 2019年11月15日(金)~12月15日(日)
  • 発売期間: 2019年11月15日(金)~12月15日(日)
    • 利用当日の購入も可能
  • 対象列車: 東北新幹線「やまびこ」「なすの」、北陸新幹線「あさま」の普通車自由席のみ
    • 指定席やグリーン席には乗車できない(運賃・特急料金ともに無効)
  • 発売箇所
    • 「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」: 岩手・宮城・福島エリアの主な駅の指定席券売機
    • 「あさま自由席片道きっぷ」: 長野エリアの主な駅の指定席券売機

設定区間・おねだんは以下の通りです。

路線・列車 区間 おねだん 通常料金
東北新幹線
やまびこ
なすの
盛岡→東京 6,980円 13,960円
仙台→東京 5,280円 10.560円
白石蔵王→東京 5,000円 10,010円
福島→東京 4,290円 8,580円
郡山→東京 3,900円 7,810円
北陸新幹線
あさま
長野→東京 3,900円 7,810円

※東京は東京都区内、仙台は仙台市内で有効

詳しくは、JR東日本のニュースリリースをご覧ください。

「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」「あさま自由席片道きっぷ」は台風19号被災地のボランティア向けのきっぷ

今回発売される「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」「あさま自由席片道きっぷ」は、JR東日本のニュースリリースによると、

JR東日本では、このたびの台風19号における被災地のボランティアなど復興支援にあたる方々を対象とした、被災地からのお帰りの際にご利用いただける「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」および「あさま自由席片道きっぷ」を発売します。
盛岡、仙台、白石蔵王、福島、郡山および長野から東京(都区内)までの片道タイプで、通常の約50%引で「やまびこ」号・「なすの」号、「あさま」号の新幹線自由席がご利用いただけます。

(出典) ~JR東日本は被災地でボランティア活動する方々を応援します~ 「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」および「あさま自由席片道きっぷ」の発売について [PDF/317KB](JR東日本ニュースリリース 2019年11月8日)

と書かれており、台風19号の被災地でボランティア活動をする人向けのきっぷということになっています。

設定されている区間・列車が、東北新幹線の被災地近辺の駅、および、長野駅から東京への上り列車のみということからも、それがわかります。つまり、首都圏から東北地方や長野へのボランティアが、東京への帰路で利用することを想定しているきっぷです。

ボランティア以外でも利用可能? 被災地への旅行での利用も!

それでは、ボランティア目的以外では利用できないのでしょうか?

ニュースリリースには明記されていないものの、指定席券売機で発売されることから、何らかの証明を求められることはなさそうですし、ボランティアを実施したという証明自体が、なかなか難しいと思われます。

それでは、「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」「あさま自由席片道きっぷ」を旅行に使ってよいのでしょうか?

おそらく大丈夫でしょう。

今回の台風19号では、広範囲に被害が及んでいて、被災地周辺への旅行客がかなり減っていると思われます。さらに、北陸新幹線をはじめ、かなりの鉄道路線が被災して運転見合わせとなりました。現在は復旧が進んでいるものの、被災地周辺への旅行を控えている方も多いのではないでしょうか。

ライフラインや交通機関が復旧し、宿泊施設も通常通り営業しているのであれば、ぜひ旅行に行くべきでしょう。そして、その帰りに、「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」「あさま自由席片道きっぷ」を利用するのもアリでしょう。

個人的には、これも立派な「復興支援」だと思っています。

f:id:kzlife:20191108191954j:plain

ちなみに、東日本大震災があった2011年にも、東北新幹線の各駅を対象に、同様のきっぷが発売されていました。

このときに発売された「やまびこ自由席片道きっぷ」は、仙台~盛岡の各駅から東京への片道限定で、「やまびこ」の普通車自由席が約半額になるというものでした。

上記のニュースリリースには、

その他:きっぷの特別な購入条件はなく、どなたでもご利用になれます。

(出典) 定例社長会見(2011年5月)~JR東日本は復興に向けた様々な取り組みを実施します~ [PDF/356KB] JR東日本ニュースリリース 2011年5月10日

という但し書きがありました。

今回のニュースリリースには見当たりませんが、同じ扱いなのではないかと思われます。そうであれば、ニュースリリースに明記しておいてもらったほうが、需要を喚起する効果はありそうなんですけどね。

※上記見解はJR東日本に確認したわけではありませんので、ご利用の際には自己責任でお願いします。


以上、『東北・北陸新幹線の自由席が半額! JR東日本が期間限定で「やまびこ・なすの自由席片道きっぷ」「あさま自由席片道きっぷ」を発売!』でした。ボランティアはもちろんのこと、被災地を訪れることでの復興支援にも活用したいきっぷですね。