スポンサーリンク

【べるもんた 乗車記】城端線を走る1両の小さな観光列車! 車内で握られたお寿司をいただきながらの優雅な旅!

高岡駅で発車を待つ「べるもんた51号」乗車レポート
高岡駅で発車を待つ「べるもんた51号」

JR西日本の観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」(べるもんた)は、城端線、氷見線を走る観光列車です。「べるもんた」は車窓を楽しめるだけでなく、車内で寿司職人が握ったお寿司をいただける、小さいながら優雅な旅ができる観光列車なのです。今回は「べるもんた」の乗車記をお届けします。指定席、車内での食事の予約方法も紹介します。

スポンサーリンク

JR西日本の観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール」(べるもんた)とは?

「ベル・モンターニュ・エ・メール」(以下、「べるもんた」)は、JR西日本の観光列車です。土曜日・日曜日にそれぞれ2往復(4本)が運転されますが、土曜日は城端線の高岡~城端間を、日曜日には氷見線の新高岡・高岡~氷見間(一部列車は砺波発)で運転されます。

列車の正式名称「ベル・モンターニュ・エ・メール」は、フランス語で「美しい山と海」という意味だそうです。その列車名のとおり、城端線では富山平野に広がる田園風景を、氷見線では富山湾の美しい車窓を楽しむことができます。正式名称が長いためか、愛称「べるもんた」で呼ばれることが多いようです。

そんな「べるもんた」の車内では、富山湾の新鮮なネタをふんだんに使ったお食事をいただくことができるのです。それも、できあいのものを提供されるのではなく、車端部に設けられたカウンターで、寿司職人がその場で寿司を握ってくれるのです。

スポンサーリンク

「べるもんた」の運転日とダイヤ(2021年度)

「べるもんた」の2021年度(2021年3月改正ダイヤ)の運転日とダイヤを紹介します。

「べるもんた」の運転日

「べるもんた」の運転日は、以下のとおりです。

  • 「べるもんた」の運転日
    • 土曜日(城端線: 高岡~城端)
    • 日曜日(氷見線: 砺波・新高岡・高岡~氷見)

年末年始など、土曜日、日曜日でも運転がない日もあります。最新の運転日は、JR西日本のWebサイトをご確認ください。

ベル・モンターニュ・エ・メール~べるもんた~│観光列車の旅時間:JRおでかけネット
車両の魅力はもちろん、風光明媚な景色とともに、ゆったりとした列車の旅をお楽しみください

「べるもんた」のダイヤ・停車駅

「べるもんた」のダイヤと停車駅は以下のとおりです。

【土曜日運転(城端線 高岡~城端)】

↓51号 ↓53号 ↑52号 ↑54号
高岡 09:38発 13:08発 11:31着 14:59着
新高岡 09:43発 13:12発 11:27発 14:55発
砺波 09:59発 13:31発 11:10発 14:35発
福野 10:07発 13:41発 11:02発 14:27発
福光 10:15発 13:48発 10:54発 14:17発
城端 10:22着 13:55着 10:43発 14:10発

【日曜日運転(氷見線 砺波・新高岡・高岡~氷見)】

↓1号 ↓3号 ↑2号 ↑4号
砺波 09:45発 - - -
新高岡 10:01発 13:54発 12:10着 -
高岡 10:04着
10:25発
13:57発
14:25発
12:07発
11:36着
-
15:48着
伏木 10:36発 14:42発 11:25発 15:35発
雨晴 10:48発 14:51発 11:12発 15:22発
氷見 10:56着 14:59着 11:05発 15:15発

日曜日の「べるもんた1~3号」は、城端線~氷見線を直通運転します。高岡駅では、線路の配置上、城端線と氷見線を直接行き来することができないため、乗客を乗せたまま入れ替え作業が行われます。そのため、停車時間が長くなっています。

また、日曜日運転の「べるもんた1号」は、2021年7月4日から、砺波始発となり、運転区間が延長されました。砺波エリアでの宿泊客がチェックアウト後に利用できるようにという配慮のようです。

詳しくは、JR西日本のニュースリリースをご覧ください。

スポンサーリンク

「べるもんた」座席表と車内の様子

「べるもんた」は1両のみの小さな観光列車です。座席配置は以下のようになっています。

「べるもんた」の座席表

「べるもんた」の座席表

(出典)ベル・モンターニュ・エ・メール~べるもんた~(JR西日本)

通路を挟んで、4人掛けのボックス席と、窓側に向いたカウンター席が並ぶ座席配置になっています。

3~4人のグループ客であればボックス席が、一人旅か2名での乗車であれば、カウンター席がおすすめです。

景色が良いのはカウンター席のほうです。土曜日運転の城端線ではそれほど変わりはありませんが、日曜日運転の氷見線では、カウンター席側から富山湾を眺めることができます。

「べるもんた」車内の様子

「べるもんた」車内の様子、ボックス席とカウンター席が並びます

「べるもんた」車内の様子です。「べるもんた」は、キハ40形という古い気動車を改造した観光列車です。1両ですが、元となるキハ40形の車内が比較的広いのと、片側がカウンター席ですっきりとしているので、狭苦しさは感じませんでした。

「べるもんた」の4人掛けボックスシート

「べるもんた」の4人掛けボックスシート

4人掛けのボックス席です。全部で6つのボックス席があります。真ん中に折り畳み式のテーブルが設置されています。使わないときは、折りたたむことで、足元が広くなります。

新型コロナ対策で、テーブルの真ん中にアクリル板が設置されていました。

「べるもんた」のカウンター席

「べるもんた」の窓側を向いたカウンター席

窓側に向いたカウンター席です。全部で13席あります。窓の下にテーブルが設置されています。隣の席との間にはアクリル板が設置されています。

「べるもんた」車端部の調理スペース

「べるもんた」車端部の調理スペースでは職人が寿司を握ります!

氷見側(北側)の車端部には、寿司職人が寿司を握るためのスペースと、注文を受けるためのカウンターが設置されています。もともと乗降口だったスペースを活用しているようです。

あとで紹介しますが、車内での当日注文は、このカウンターで受けることになります。

スポンサーリンク

「べるもんた」指定席とお食事の申し込み方法

「べるもんた」は全席指定の快速列車として運転されますので、乗車するには、乗車券の他に、指定席券が必要になります。また、車内でのお食事やお酒は、当日注文できるものもありますが、事前に申込んでおくのが確実です。

「べるもんた」運賃と指定席料金

「べるもんた」の運賃と指定席料金は以下のとおりです。

【「べるもんた」主要区間の運賃】

区間運賃
高岡・新高岡~城端590円
高岡・新高岡~氷見330円

【「べるもんた」指定席料金】

  • 1席あたり 530円

快速列車としての運転ですので、普通列車・快速列車に乗車できるフリーきっぷを利用することもできます。

鉄道旅行で使える代表的なフリーきっぷとしては、以下のものがあります。それぞれきっぷ名をクリックすると、当ブログの紹介記事をご覧いただけます。

  • 青春18きっぷ
    • JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題、春・夏・冬に発売
  • 北陸おでかけパス
    • 北陸エリアのJR線・三セク路線に1日乗り放題(2,580円)
  • 北陸周遊乗車券
    • 北陸新幹線をeチケットで乗車した場合に購入できるフリーきっぷ
    • 北陸エリアのJR線・三セク路線に2日間乗り放題(2,580円)

「べるもんた」の指定席の予約方法

「べるもんた」の指定席は、駅の窓口や指定席券売機、JR西日本のインターネット予約「e5489」などで購入することができます。

e5489ご利用ガイド:JRおでかけネット
e5489とは山陽・九州新幹線(新大阪~鹿児島中央)・北陸新幹線(金沢~東京)とJR西日本・JR四国・JR九州エリアの特急列車(一部快速列車含む)を便利におトクに利用できる会員制ネット予約サービスです。(JR東海・JR東日本(一部エリア)のきっぷも予約可能です。)

今回、筆者は「e5489」での購入を試してみましたが、「e5489」ではシートマップでの座席指定ができません。「どの座席でもよい」を選択して購入したら、往路(べるもんた51号)はボックス席での相席、復路はカウンター席になりました。

カウンター席がよいとか、複数名で並びの席を確保したいというような希望がある場合には、駅の窓口で、その旨を伝えて指定席券を購入することをおすすめします。

「べるもんた」車内でのお食事の予約方法

「べるもんた」の一番の醍醐味は、車内でいただくことができるお食事です。寿司職人が車内で握ってくれたお寿司をいただける列車なんて、そうそうありませんからね。

「べるもんた」の車内でお食事をいただく場合には、事前に予約しておくことをおすすめします。乗車当日でも余裕があれば当日注文を受けてくれますが、限定数のみとなりますので、売り切れとなる場合もあるようです。

2021年8月現在、「べるもんた」車内でいただけるお食事のラインアップは以下のとおりです。

  • ぷち富山湾鮨セット(2,100円)
    • 富山湾の海の幸を使った鮨5貫、氷見はと麦茶
  • ほろ酔いセット(1,550円)
    • 沿線4市のおつまみ、沿線の地酒1杯
  • 飲み比べセット(1,550円)
    • 沿線の地酒3種
  • おみやげセット(1,550円)
    • 沿線のおみやげ3種類以上
  • ぷち富山湾丼セット(3,000円)
    • 富山湾の鮮度抜群の地魚を使った丼、氷見はと麦茶
  • 白エビと紅ズワイ蟹のお造り(1,800円)
    • 白エビと紅ズワイ蟹のお造り

申し込み期限は以下のとおりです。

  • 申込期限: 乗車日の3日前の17時まで

申し込み方法は、以下のとおりです。

  • 「べるもんた」の指定席券を購入
    • お食事予約の際に、列車名、座席番号が必要
  • お食事を予約
    • VISIT富山 で予約・購入
    • 「VISIT富山」にアクセス後、左下の検索ボックスで「べるもんた」と入力して検索ボタンを押すと、プランが表示される
    • ページの下の方にある「空き状況を確認する」を押すとカレンダーが表示されるので、「べるもんた」に乗車する日(購入済みの指定席券に記載の日)を選択
    • 人数、商品(乗車する「べるもんた」の列車名)、必要に応じてオプションを選択
    • 必要に応じて会員登録をして購入(申し込みの際に座席番号を入力する)

「べるもんた」車内でのお食事の予約は、JR西日本のWebサイトではなく、別サイトでの予約となりますので、ご注意ください。

「べるもんた」お食事の当日購入

前述のとおり、在庫に余裕があれば、事前予約をしていなくても、「べるもんた」の車内で当日注文することができます。

2021年7月に筆者が乗車した際には、51号、52号ともに当日注文を受け付けていました。乗車記のところで紹介しますが、筆者も52号(氷見→高岡)で「ぷち富山湾鮨セット」を注文しましたが、無事にいただくことができました。

「べるもんた」の当日注文メニュー

「べるもんた」の当日注文メニュー(2021年7月現在)

「べるもんた」の座席に置かれているメニューです。(2021年7月撮影)

これ以外にも、コーヒーセットなどの軽めのカフェメニューもありました。

ただ、当日の注文は、あくまで在庫に余裕があれば、ということですので、必ず受け付けてもらえるわけではありません。「べるもんた」の車内でお食事を希望される場合には、乗車日3日前の17時までに、事前注文をしておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

べるもんた 51号・52号 乗車記

2021年7月の土曜日に、「べるもんた51号」(高岡→氷見)と「べるもんた52号(氷見→高岡)」に乗車してきましたので、乗車記をお届けします。

【べるもんた51号 乗車記】高岡駅2番線に「べるもんた」入線!

高岡駅で発車を待つ「べるもんた51号」

高岡駅で発車を待つ「べるもんた51号」

連休中の朝の高岡駅。「べるもんた51号」が発車する城端線ホームの2番線で待っていると、9時23分頃、富山方から「べるもんた」が入線してきました。

「べるもんた」の車両は国鉄形の古い気動車「キハ40形」ですが、ダークグリーンの車体にゴールドの帯を巻いた姿は高級感を感じさせます。前面の「ベル・モンターニュ・エ・メール」のロゴマークもいいですね。行先表示幕には「べるもんた」と表示されていて、こちらは愛着を感じさせます。

「べるもんた51号」車内の様子

「べるもんた51号」車内の様子

9時26分頃に車内へ。車内も、外観と同じくダークグリーンに統一されています。天井の蛍光灯には木のカバーがつけられていたり、窓側を向いたカウンター席は木製だったりと、木のぬくもりを感じる車内です。

「べるもんた」の木製のつり革

「べるもんた」の木製のつり革

車端部のロングシートのところにはつり革がありますが、木製のものに取り換えられています。チューリップのイラストに「砺波」の文字も。

南砺市の伝統工芸品「井波彫刻」の作品

「べるもんた」車内には南砺市の伝統工芸品「井波彫刻」の作品が使われている

車内のあちこちに、沿線の南砺市の伝統工芸品「井波彫刻」の作品が展示されています。展示というよりは、仕切り板のようなところにさりげなく埋め込まれていて、あまり目立つことなく、それでいて、車内の雰囲気作りに貢献しているようで、好印象でした。

この日は、連休中ということもあってか、座席は5~6割ほど埋まっています。カウンター席は満席、4人掛けのボックス席も、相席になっているところが多いようです。

筆者の座席も、男性の一人旅の方と相席でした。

【べるもんた51号 乗車記】新高岡駅発車後は田園風景が続く

9時38分に高岡駅を発車。旧北陸本線、あいの風とやま鉄道の線路に別れを告げ、南へ進路をとると、すぐに新高岡駅に到着。北陸新幹線からの乗り継ぎでしょうか、ここでも乗車があり、ざっと7~8割くらいの座席が埋まったようです。

「べるもんた51号」の車窓、夏の田園風景が広がる

「べるもんた51号」の車窓、夏の田園風景が広がる

9時43分に新高岡駅を発車。車窓には夏の田園風景が続きます。夏の城端線の沿線は、ひたすらこんな感じの田園風景が続きます。

新高岡駅を発車すると、車内で食事の提供が始まります。順番に寿司を握っているのか、事前予約をしている人に少しずつ提供されているようです。

「べるもんた」車端部の調理スペース

「べるもんた」車端部の調理スペースでは2人の職人がお食事を用意してくれます

寿司職人は2名で乗車していて、1名が寿司を握り、もう1名が配膳やカウンターでの注文の受付をしています。

今回の「べるもんた」への乗車を決めたのは前日。残念ながら締め切りを過ぎていたため、お食事の事前予約はできませんでした。

ですが、車内で当日注文の受付が始まったので、カウンターへ。この「べるもんた51号」の折り返しとなる「べるもんた52号」のお食事の当日注文ができるかを聞いたところOKとのこと。指定席券を見せて座席番号を伝えて、「ぷち富山湾鮨セット」を注文しました。

復路の「べるもんた52号」では、念願のお寿司を楽しむことができそうです。

【べるもんた51号 乗車記】終点の城端駅へ

福野駅

福野駅

9時59分に砺波駅に、10時06分頃に福野駅に停車。下車する人はいなかったようです。

田園風景が続く「べるもんた」の車窓

田園風景が続く「べるもんた」の車窓

相変わらず青々とした田園風景と夏の空が広がります。車窓は、日曜日に「べるもんた」が運転され、富山湾を一望できる氷見線のほうが魅力的ですが、のんびりした田園風景を眺めながらの気動車の旅も良いものです。

終点の城端駅に到着した「べるもんた51号」

終点の城端駅に到着した「べるもんた51号」

10時22分、あっという間に終点の城端駅に到着しました。ほぼすべての乗客が城端駅まで乗りとおしたようです。

城端駅に到着後、乗客の記念撮影が始まります。ちょうど隣に普通列車が停車していましたので、両方の列車が入るようにパチリ。ダークグリーンの「べるもんた」と、朱色の普通列車「キハ47形」の対比が鮮やかでした。

城端線の終着駅「城端駅」の駅舎

城端線の終着駅「城端駅」の駅舎

折り返し列車となる「べるもんた52号」の発車まで20分ほどありますので、駅の外に出てみました。花で飾りつけられた城端駅の駅舎には、南砺市の観光協会も入っていました。

城端駅前からは、合掌造りの集落として有名な世界遺産「白川郷」「五箇山」への路線バスも発着しています。

「べるもんた51号」から下車した乗客のうち半分以上は、折り返し列車には乗らず、観光に出かけたようです。

【べるもんた52号 乗車記】当日注文の「ぷち富山湾鮨セット」を食べながらの旅!

城端駅で並ぶ「べるもんた」とキハ47形普通列車

城端駅で並ぶ「べるもんた」とキハ47形普通列車

復路の「べるもんた52号」に乗車するまで、城端駅をふらふら。城端駅のホームの端からは、夏空にもくもくとした雲が浮かぶ様子が見られました。

「べるもんた」車両側面のエンブレム

「べるもんた」車両側面のエンブレム

車両側面のロゴマーク、というか、エンブレムも誇らしげ。

「ぷち富山湾鮨セット」の準備

「べるもんた52号」の自席には「ぷち富山湾鮨セット」が準備されていました

車内に入ると、指定されたカウンター席には、「ぷち富山湾鮨セット」のはと麦茶とお箸、お手拭きなどがセットされていました。

城端駅を10時43分に発車。車内は、往路の「べるもんた51号」よりも空いています。乗車率は半分くらいといったところでしょうか。カウンター席も半分くらいしか埋まっていなくて、両隣りは空いていました。

城端線の夏の車窓

城端線の夏の車窓

車内では、事前予約の方へのお食事の提供が始まっています。当日注文の乗客への提供は、そのあとになるようです。

そうこうしているうちに、福光駅を発車。車窓には夏の田園風景が広がります。

「べるもんた52号」車内で提供される「ぷち富山湾鮨セット」

「べるもんた52号」車内で提供される「ぷち富山湾鮨セット」

福野駅の到着する少し前、11時ちょっと前くらいに、待望の「ぷち富山湾鮨」がやってきました! 5貫だけですので、あっという間に食べ終わってしまうのですが、ネタの鮮度はとても良く、列車の中で提供されるお寿司とは思えないほどです。富山らしく、白エビのお寿司もありました。

新高岡でかなりの下車があり、車内は閑散とした状態で、11時31分、終点の高岡駅に到着しました。

往路の「べるもんた51号」では車内の様子と車窓を、復路の「べるもんた52号」では「ぷち富山湾鮨セット」を楽しむことができました。往復あわせてフルコースですね。

「べるもんた」の車内でのお食事は、全体的に量が少なめで「軽食」といった感じ。乗車時間が1時間に満たない観光列車ですので、さっと食べられるものを用意しているのでしょう。とはいえ、もう少し乗車時間に余裕があるといいなと思いました。


「【べるもんた 乗車記】城端線を走る1両の小さな観光列車! 車内で握られたお寿司をいただきながらの優雅な旅!」でした。乗車時間は1時間程度と短めですが、車内で握られたお寿司をいただける珍しい列車です。「べるもんた」に乗車する際には、ぜひお食事をつけることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

「べるもんた」の前日に乗車した、金沢~和倉温泉を走る観光列車「花嫁のれん」の乗車記です。

【花嫁のれん】華やかな車内でのお食事が楽しい観光列車! 和倉温泉・能登観光のアクセス列車としてもおすすめ!
JR西日本の「花嫁のれん」は、金沢~和倉温泉を結ぶ観光列車です。華やかに装飾された車内では、事前予約の軽食が提供され、「食」を楽しめる列車になっています。能登観光や和倉温泉へのアクセス列車としての利用もおすすめです。JR西日本の観光列車「...

「花嫁のれん」から乗り継いだのと鉄道の観光列車「のと里山里海号」の乗車記です。七尾湾の車窓が美しい観光列車です。

【のと里山里海号 乗車記】能登半島・七尾湾の車窓が素晴らしいのと鉄道の観光列車! 予約方法も紹介します!
能登半島の内浦沿いを走るのと鉄道の「のと里山里海号」は、その列車名のとおり、能登半島の風景を楽しめる観光列車です。一番の見どころは、七尾湾沿いを走る区間の海の車窓。入り江や漁港が続く穏やかな海の眺めを楽しめます。この記事では、「のと里山里海号」の乗車記を、車窓や車内の様子を交えてお届けします。また、指定席の予約方法もご紹介します。

当ブログで紹介している観光列車、SL列車、風光明媚なローカル線の乗車記の目次ページです。

【乗車記 目次】観光列車・SL列車・絶景路線の乗車記
各地で運転されている観光列車やSL列車、風光明媚な車窓を眺められる路線など、日本の鉄道には、乗っているだけで楽しめる列車や路線がたくさんあります。当ブログでも、多くの観光列車や路線の乗車レポート(乗車記)を掲載しています。このページでは、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました