スポンサーリンク

【2023年春の臨時列車】「SL銀河」ラストシーズン、JR北海道のキハ183系もラストランへ! 宗谷本線「花たび そうや」今年も運転!

春臨でラストランの臨時列車が運転されるキハ183系ノウハウ-おすすめ列車
春臨でラストランの臨時列車が運転されるキハ183系

JR各社は、2023年春(2023年3月~6月)の臨時列車の運転計画を発表しました。「SL銀河」がラストシーズンとなり6月4日に定期運行を終了します。JR北海道のキハ183系もラストランの臨時列車が道内各地で運転されます。新規設定の列車としては、塩尻・松本~長野の特急「信州」が運転を開始。そのほか、今年も宗谷本線で「花たび そうや」が運転されるなど、春のお花の時期の臨時列車が盛りだくさんです。

この記事では、2023年春の注目の臨時列車をピックアップして紹介します。

スポンサーリンク

JR各社の2023年春の臨時列車の運転計画まとめ(1月20日時点)

JR各社は、2023年春の臨時列車について発表しました。1月20日時点での運転計画の発表状況は以下のとおりです。

※リンクをクリックするとPDFファイルが開きます。

なお、定番の観光列車(JR東日本の「のってたのしい列車」、JR九州の「D&S列車」など)については、各社のWebサイトにて運転計画が公表されています。

スポンサーリンク

6月4日で定期運行終了! ラストシーズンの「SL銀河」

2023年6月でラストランとなる「SL銀河」

2023年6月でラストランとなる「SL銀河」

(出典)春の増発列車のお知らせ(JR東日本盛岡支社ニュースリリース 2023年1月20日 PDF)

2023年春で運行終了とアナウンスされていた「SL銀河」ですが、定期運行が6月4日(日)で終了、翌週の6月10日と11日の団体臨時列車が最終運行となることが発表されました。

  • 快速「SL銀河」(往路 釜石行き)
    • 運転日
      • 3月25日(土)
      • 4月1日(土),8日(土),15日(土),22日(土),29日(土)
      • 5月3日(水),6日(土),13日(土),20日(土),27日(土)
      • 6月3日(土)
    • 運転時刻: 花巻 10:36発 → 遠野 12:12着 → 釜石 15:10着
  • 快速「SL銀河」(復路 花巻行き)
    • 運転日
      • 3月26日(日)
      • 4月2日(日),9日(日),16日(日),23日(日),30日(日)
      • 5月4日(木),7日(日),14日(日),21日(日),28日(日),
      • 6月4日(日) ※定期運行の最終列車
    • 使用車両: 蒸気機関車(C58-239)+キハ141系4両(全車指定席)

いよいよ「SL銀河」のラストシーズンとなります。

運行形態はこれまでのシーズンと同様に、土曜日に釜石行き、日曜日に花巻行きが運転されます。ラストシーズンということで、指定席の取りにくい状況が続くと思われますので、乗車したい方は、発売日の午前10時にすぐに購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

通勤・通学向けの臨時特急「信州」、平日に毎日運転!

特急「信州」に利用されるE353系電車

特急「信州」に利用されるE353系電車

塩尻・松本~長野間に新規設定の特急「信州」が運転されます。

  • 特急「信州」
    • 運転日
      • 3月20日~6月30日の平日
      • ※5月1日、2日は運転なし
    • 運転時刻
      • 1号: 塩尻 07:37発 → 松本 07:54発 → 明科 08:07発 → 篠ノ井 08:49発 → 長野 08:59着
      • 2号: 長野 20:47発 → 篠ノ井 20:56発 → 明科 21:36発 → 松本 21:49着
    • 使用車両: E353系3両編成(指定席1両、自由席2両)

2023年発のダイヤ改正で発表されていましたが、塩尻・松本~長野間に臨時特急「信州」が運転されます。今回は、運転日、運転時刻等が発表されました。

塩尻・松本方面から長野方面への通勤・通学向けということで、運転日は平日のみ、長野行きは朝時間帯に、松本行きは夜時間帯に設定されました。

同区間には、1時間に1本の特急「しなの」が走っています。特急「信州」は、長野行き「しなの」始発列車(松本9時台発)よりも早い時間帯で、名古屋行き「しなの」の最終列車(長野19時台発)よりも遅い時間に設定されています。

特急料金は以下のようになります。

50キロまで100キロまで
指定席特急料金1,290円1,730円
自由席特急料金760円1,200円

特急料金はA特急料金が適用されます。同区間を走る特急「しなの」と同料金となります。

また、自由席を利用できる「篠ノ井線特急料金回数券」が発売されます。

  • 設定区間: 長野 ⇔ 篠ノ井
  • 価格: 4枚つづり 2,880円(1枚あたり720円)
  • 利用可能列車: 特急「信州」、特急「しなの」
  • 有効期間: 1ヵ月

松本~長野間の自由席特急料金が1,200円なのに対して、篠ノ井線特急料金回数券は1枚あたり720円ですので、だいぶお得になります。

詳しくは、JR東日本のニュースリリースをご確認ください。

スポンサーリンク

今年も運転! 宗谷本線 急行「花たび そうや」

今年も、宗谷本線で急行「花たび そうや」が運転されます。

  • 急行「花たび そうや」
    • 下り(旭川→稚内)
      • 運転日: 5月13日(土),20日(土),27日(土),6月3日(土)
      • 運転時刻: 旭川 10:41発 → 稚内 16:43着
    • 上り(稚内→旭川)
      • 運転日: 5月14日(日),21日(日),28日(日),6月4日(日)
      • 運転時刻: 稚内 08:34発 → 旭川 14:46着
    • 途中停車駅: 比布・塩狩・和寒・剣淵・士別・名寄・美深・音威子府・天塩中川・幌延・豊富・南稚内
    • 使用車両: キハ40系「山紫水明」「道東 森の恵み」「道北 流氷の恵み」(全車指定席)

昨年と同様、5月中旬~6月初旬の土曜日に稚内行きが、日曜日に旭川行きが運転されます。運転時刻も同様となります。

片道6時間超にも及ぶ臨時列車です。昨年同様、各駅でのおもてなしなども実施されると思いますので、楽しい旅になりそうですね。花の季節の宗谷本線を走る臨時列車「花たび そうや」は、この時期の臨時列車の定番となりそうです。

スポンサーリンク

キハ183系ラストランの臨時列車を道内各地で運転! 最終日はグリーン車3両!

春臨でラストランの臨時列車が運転されるキハ183系

春臨でラストランの臨時列車が運転されるキハ183系

JR北海道の特急列車として活躍してきたキハ183系ですが、2023年3月17日に定期運行を終了します。定期運行終了後、臨時列車として道内各地でラストランが実施されます。

  • 特急「キハ183系 北斗」
    • 運転日: 3月25日(土)
    • 運転時刻: 札幌 09:50発 → 東室蘭 11:24発 → 新函館北斗 14:01発 → 函館 14:15着
    • 使用車両: キハ183系(普通車4両、グリーン車1両 ※全車指定席)
  • 特急「キハ183系 ニセコ号」
    • 運転日: 3月26日(日)
    • 運転時刻: 函館 09:47発 → ニセコ 12:38着/13:04発 → 小樽 14:39発 → 札幌 15:12着
    • 使用車両: キハ183系(普通車4両、グリーン車1両 ※全車指定席)
  • 特急「キハ183系 サロベツ」
    • 運転日: 4月1日(土),2日(日) ※2日間で1往復
    • 運転時刻(4/1): 札幌 09:07発 → 旭川 10:45着/11:04発 → 名寄 12:12着/12:20発 → 稚内 15:26着
    • 運転時刻(4/2): 稚内 09:30発 → 名寄 12:41着/12:54発 → 旭川 14:24着/14:26発 → 札幌 15:58着
    • 使用車両: キハ183系(普通車4両、グリーン車1両 ※全車指定席)
  • 特急「キハ183系 オホーツク」
    • 運転日: 4月9日(土),10日(日) ※2日間で1往復
    • 運転時刻(4/9): 札幌 08:05発 → 旭川 09:51着/09:53発 → 遠軽 12:04着/12:15発 → 北見 13:21着/13:27発 → 網走 14:17着
    • 運転時刻(4/10): 網走 10:00発 → 北見 10:53着/10:55発 → 遠軽 11:57着/12:02発 → 旭川 14:21着/14:26発 → 札幌 15:58着
    • 使用車両: キハ183系(普通車2両、グリーン車3両 ※全車指定席)

乗客には、乗車証明書がプレゼントされます。(それぞれの列車で別のデザイン)

最終日となる特急「キハ183系 オホーツク」は、5両編成のうち3両がグリーン車という特別編成での運転です。最後までキハ183系が活躍していた石北本線で、グリーン車3両という豪華編成の「オホーツク」が走る姿が見られそうです。

上記以外にも、旅行会社のツアーが予定されています。詳しくは、JR北海道のニュースリリースをご覧ください。

スポンサーリンク

昨秋全線運転再開の只見線で多数の臨時列車を運転!

2011年から一部区間で長期運休となっており、昨年10月にようやく全線で運転を再開した只見線ですが、この春も多数の臨時列車が計画されています。

  • 快速「風っこ只見線新緑号」
    • 運転日: 4月29日(土),30日(日),5月3日(水)~7日(日)
    • 運転時刻
      • 往路: 会津若松 09:47発 → 只見 12:36着
      • 復路: 只見 13:30発 → 会津若松 16:14着
    • 使用車両: 風っこ2両(全車指定席)

ゴールデンウィークには、トロッコ型気動車「風っこ」を利用した「風っこ只見線新緑号」が会津若松~只見間で運転されます。片道3時間に迫る乗車時間はもとより、昨年、運転再開した会津川口~只見間にも乗車できます。お天気が良ければ、新緑の気持ちの良い季節ですね。

  • 快速「只見線満喫号」
    • 運転日: 5月13日(土),14日(日),20日(土),21日(日),27日(土),28日(日),
    • 運転時刻
      • 往路: 会津若松 10:00発 → 只見 12:17着
      • 復路: 只見 13:35発 → 会津若松 15:53着
    • 使用車両: キハ110系3両(指定席2両+自由席1両)

ゴールデンウィーク後の5月の週末には、キハ110系の快速「只見線満喫号」が運転されます。

上記の列車以外にも、3月上旬の週末、ゴールデンウィーク、5月の週末を中心に、普通列車の延長運転や、臨時の快速列車が運転されます。

多大な費用をかけて鉄路で復旧させた只見線ですから、今後も観光客や鉄道ファンでの賑わいが続くといいですね。

上記の列車を含め、只見線の臨時列車のダイヤは、JR東日本東北本部のニュースリリースに掲載されています。

スポンサーリンク

快速「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」は185系で運転!

185系電車

「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」は185系で運転へ!

上越線のトンネル駅、土合駅への訪問に便利なおなじみの臨時列車「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」が6月に運転されます。

  • 特急「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」
    • 運転日: 6月3日(土),4日(日),17日(土),18日(日)
    • 運転時刻
      • 谷川岳もぐら: 大宮 10:37発 → 越後湯沢 13:38着
      • 谷川岳ループ: 越後湯沢 15:19発 → 大宮 18:24着
    • 使用車両: 185系6両(全車指定席)

以前は、「リゾートやまどり」で運転されていた谷川岳もぐら・ループですが、リゾートやまどり引退に伴い、昨年、E257系での運転に変更になりました。

2023年の春臨では、また車両が変更され、185系での運転となります。

2023年3月のダイヤ改正から、E257系が特急「草津・四万」に投入されるため、臨時列車用のE257系が足りなくなったのかもしれません。あるいは、185系のほうが鉄道ファンに乗ってもらえるとの判断か……。

185系の臨時列車は、旅行会社のツアー専用団体列車以外は消えてしまったかと思われましたが、この春臨で復活となりました。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークに「サンライズ出雲」臨時列車を運転!

出雲市駅に到着した「サンライズ出雲」

出雲市駅に到着した「サンライズ出雲」、東京駅から13時間の長旅でした

毎年恒例となっていますが、ゴールデンウィークに寝台特急「サンライズ出雲」の臨時列車が運転されます。

  • 特急「サンライズ出雲91号」
    • 運転日: 5月2日(火),7日(日)
    • 運転時刻: 東京 22:21発 → 出雲市 13:07着
  • 特急「サンライズ出雲92号」
    • 運転日: 5月1日(月),6日(土)
    • 運転時刻: 出雲市 14:43発 → 東京 06:23着
  • 使用車両: 285系7両(全車指定席)

現在、日本で唯一の定期寝台特急として運転されている「サンライズ出雲」の臨時列車です。定期列車に比べると所要時間がかなり長くなっていますが、今では貴重な個室寝台列車に長く乗車できるうれしい列車でもあります。

「サンライズ出雲」については、以下の乗車記もご覧ください。

【サンライズ出雲 乗車記】日本で唯一の夜行寝台特急に乗車! 個室寝台の旅は非日常の連続! 料金・きっぷの予約購入方法も紹介!(2022年版)
東京~出雲市・高松を結ぶ「サンライズ出雲・瀬戸」は、2022年現在唯一の夜行寝台特急です。【ひさの乗り鉄ブログ】では、「サンライズ出雲・瀬戸」の料金、運転日、きっぷの予約購入方法に加えて、「サンライズ出雲」の乗車記を紹介します。

以上、『【2023年春の臨時列車】「SL銀河」ラストシーズン、JR北海道のキハ183系もラストランへ! 宗谷本線「花たび そうや」今年も運転!』でした。本記事で紹介した臨時列車以外にも、定番の観光列車、お花見列車などが多数運転されます。ようやくコロナ前の活気が戻ってきたと思わせてくれる春臨となりました。

スポンサーリンク

関連記事

2023年春のダイヤ改正のまとめ記事です。

【2023年春 JRダイヤ改正】大阪駅うめきたエリア開業で「はるか」「くろしお」全列車が大阪駅に停車へ! 上越新幹線はE7系に統一、所要時間は7分短縮へ!
JR各社は、2023年春のダイヤ改正の概要を発表しました。コロナ禍に伴う減便はひと段落し、ここ数年では最も小幅な改正になっています。その中でも、大阪駅うめきたエリアの開業が最も大きなトピックでしょう。また、上越新幹線は全列車をE7系に統一、最高速度が275km/hとなり、所要時間が大幅に短縮されます。【ひさの乗り鉄ブログ】では乗り鉄的な視点で興味深いトピックをまとめます。

筆者おすすめの関東甲信越エリアの観光列車をまとめて紹介している記事です。多くの列車は、この春の観光シーズンにも運転されます。

関東・甲信越のおすすめ観光列車10選! 絶景車窓・グルメなど、首都圏からの日帰り・1泊旅行に最適!(2023年版)
乗るだけで観光気分が味わえる観光列車。観光列車に乗ることを旅の目的にしても十分満足できますし、観光のついでに乗るのもありです。【ひさの乗り鉄ブログ】では、首都圏から日帰り・1泊旅行にピッタリで、運転日数が多くて乗車しやすい、関東・甲信越地方のおすすめ観光列車を紹介します。いずれも、筆者が乗車したことのある列車で、車窓やグルメなど、おすすめできる列車ばかりです。

JR各社の格安きっぷをまとめて紹介している記事です。現在~3か月後くらいまでの間に利用できるきっぷを、随時入れ替えて紹介していますので、この春のおでかけの参考にしてみてください。

2023年冬の鉄道旅行に使えるJR各社の格安フリーきっぷ・割引きっぷまとめ!
JR各社は非常に多くのフリーきっぷ・割引きっぷを発売しています。期間限定のものもあり、どのきっぷを使うと良いのかわからないことも多いでしょう。【ひさの乗り鉄ブログ】では、2023年冬(~2023年3月頃)に利用できるJR各社のお得なきっぷ(フリーきっぷ・割引きっぷ)をまとめて紹介します。

当ブログの青春18きっぷ関連のトップページです。青春18きっぷで乗りたい列車など、多数のコンテンツを掲載していますので、ぜひご覧ください。

【青春18きっぷ 2023年春】青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。【ひさの乗り鉄ブログ】では、2022-23年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。
ノウハウノウハウ-おすすめ列車
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました