スポンサーリンク

【おとなびWEB早特】JR西日本の山陽新幹線や特急列車が2割引き、こだまは4割引き! おとなび会員限定の早期割引きっぷを活用しよう!

ノウハウ

JR西日本のミドル・シニア向け会員サービス「おとなび」は、50歳以上で入会できます。割引きっぷやフリーきっぷなど、いろいろな特典がありますが、山陽新幹線や在来線特急列車が2割引き(「こだま」は4割引)になる「おとなびWEB早特」は使い勝手の良い割引きっぷです。この記事では、「おとなびWEB早特」の概要、購入方法の紹介に加えて、JR西日本の他の割引きっぷとも比較してみます。

スポンサーリンク

「おとなびWEB早特」とは?

「おとなびWEB早特」は、JR西日本のミドル・シニア向け会員サービス「おとなび」会員専用の早期購入割引きっぷです。

「おとなび」会員の入会条件は50歳以上であることだけ!

「おとなび」の加入条件は50歳以上であること、それだけです。年会費はなんと無料! 50歳以上の方が、インターネットできっぷを予約・購入できる「J-WESTネット会員」になると、自動的に「おとなび」会員にもなることができます。

つまり、「おとなびWEB早特」を利用するには、50歳以上の方が「J-WESTネット会員」に登録するだけでよいということです。

「おとなびWEB早特」は7日前までの予約で新幹線・特急列車が2割~4割引き!

「おとなびWEB早特」は、7日前までの予約で、

  • 山陽新幹線「のぞみ」や在来線の特急列車が約2割引き
  • 山陽新幹線「こだま」が約4割引き

になる割引きっぷです。いずれも対象は普通車指定席のみで、自由席やグリーン席の設定はありません。

繁忙期を除く通年で利用可能!

「おとなびWEB早特」は、繁忙期を除く通年で利用可能です。

  • 「おとなびWEB早特」の利用期間: 通年
    • 利用不可期間: 4月27日~5月6日,8月10日~8月19日,12月28日~1月6日

ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始は、残念ながら利用できません。ただ、繁忙期以外はいつでも利用できます。7日前までに予約する必要があることだけ忘れないようにすれば、とても使い勝手の良い割引きっぷです。

「おとなびWEB早特」の最新情報については、JR西日本のWebサイトもご覧ください。

鉄道のご案内|トクトクきっぷ:JRおでかけネット
トクトクきっぷとは、特別なご利用条件(区間、列車や利用期間など)を定めて発売する普通乗車券、回数乗車券、急行券、特別車両券、寝台券、コンパートメント券および座席指定券のことです。

2022年度から「おとなびWEB早特」価格改訂、割引率が3割→2割へ

「おとなびWEB早特」は、2022年4月1日乗車分から価格が改訂されました。割引率は、以下の表のように、大幅に下がりました。

路線列車~2022年3月2022年4月~
山陽新幹線こだま以外3割引2割引
こだま6割引4割引
在来線特急列車3割引2割引

割引率は、大半の列車で3割引から2割引へ下がります。山陽新幹線「こだま」に関しては、6割引から4割引へと下がります。

「こだま」に関しては、他に4割引になるようなきっぷはありませんので、引き続き「おとなびWEB早特」のメリットはありそうです。

一方、他の列車は2割引になり、「WEB早特」などの割引きっぷと大差がなかったり、割引率で負けてしまう区間が出てきています。乗車したい区間で、本当に「おとなびWEB早特」が一番安いのか、よく調べてから購入したほうがよさそうです。

スポンサーリンク

「おとなびWEB早特」の購入方法・使い方

「おとなびWEB早特」の購入は、JR西日本のインターネット予約・購入サービス「e5489」専用です。具体的には、以下の手順で購入します。

  • JR西日本のJ-WESTネット会員になっていない方は、まずJ-WESTネット会員の登録を実施(→こちらから)
  • JR西日本のインターネット予約・購入サービス「e5489」でおとなびWEB早特を購入(→こちらから)
    • e5489での予約・購入は乗車日の7日前まで
  • JR西日本の駅の「みどりの券売機」「受取機」「みどりの窓口」できっぷを受け取る
    • きっぷの受け取りは乗車日の当日(乗車時間前)まで可能

なお、クレジットカードで決済した場合には、駅できっぷを受け取るときに、決済に使用したクレジットカード、予約番号、電話番号が必要になりますので、忘れずに持参しましょう。

「e5489」での予約・購入をしたことがない方は、JR西日本の「おとなび簡単ガイド」で、購入方法が画面の画像入りで丁寧に解説されています。これで購入方法を確認にするのがおすすめです。

おとなび 簡単ガイド:JRおでかけネット
50歳からをたのしむ大人の旅クラブ おとなび | JR西日本
スポンサーリンク

「おとなびWEB早特」と山陽新幹線の割引きっぷの比較

「おとなびWEB早特」は、山陽新幹線で利用するとどれくらいお得になるのでしょうか?

「おとなびWEB早特」は通常の料金に対して、「のぞみ」「みずほ」利用で2割引き、「こだま」利用で4割引きですが、山陽新幹線の他の割引きっぷとも比較してみましょう。なお、料金はいずれも通常期のものです。

山陽新幹線「のぞみ」「みずほ」利用の比較

割引きっぷ 予約期限 新大阪~
岡山
新大阪~
広島
新大阪~
博多
備考
おとなびWEB早特 7日前 5,070円
(20%引き)
8,490円
(20%引き)
12,470円
(20%引き)
スーパー早特きっぷ 14日前 - - 11,690円
EX早特 3日前 - - 11,200円 ※2
e特急券+乗車券 当日 5,610円 9,420円 13,490円 ※1
EX予約 当日 5,610円 9,320円 13,490円 ※2
通常料金 当日 6,350円 10,630円 15,600円


※1: e特急券は特急券のみの割引きっぷのため、普通運賃との合計額で比較
※2: J-WESTカード(エクスプレス)等の会員専用

「のぞみ」「みずほ」(山陽新幹線区間のみ)に乗車できる他の割引きっぷと比べると、「おとなびWEB早特」の2割引きがいかに安いかがわかります。新大阪~博多間では、「スーパー早特きっぷ」「EX早特」のほうが少し安くなります。

山陽新幹線「こだま」利用の比較

割引きっぷ 予約期限 新大阪~
岡山
新大阪~
広島
新大阪~
博多
備考
おとなびWEB早特 7日前 3,670円
(40%引き)
6,250円
(40%引き)
9,160円
(40%引き)
こだま指定席きっぷ 前日 4,600円 7,810円 - ※1
バリ得
(旅行商品)
前日 4,100円
(33%引き)
6,800円
(35%引き)
8,600円
(44%引き)
通常料金 当日 6,140円 10,420円 15,280円

※1: 2名以上で発売、一部の「ひかり」も利用可能

「おとなびWEB早特」の真価を発揮するのが「こだま」利用です。4割引きの威力はすさまじく、JR西日本の他の割引きっぷでは太刀打ちできません。

唯一、「おとなびWEB早特」に対抗できそうなのが、日本旅行が販売する旅行商品「バリ得」です。山陽新幹線「こだま」の片道が、「おとなびWEB早特」に近い40%前後の割引率となっています。新大阪~博多などの長距離では、「おとなびWEB早特」よりも安い区間もあります。

旅行商品といっても、こだまに片道乗車できるきっぷとほぼ同等の使い勝手です。前日まで購入できる点は、「おとなびWEB早特」よりも有利です。一方、変更が一切できないなどの制限もあります。

「バリ得」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【バリ得】山陽新幹線「こだま」「ひかり」、九州新幹線「つばめ」等に格安で乗車できる旅行商品! 新大阪~博多が8,600円!(2023年3月まで継続発売)
山陽・九州新幹線で関西~九州を格安で移動できる旅行商品「バリ得」。一部の「こだま」「ひかり」「さくら」「つばめ」限定ですが、割引率は30~40%以上と、他の割引きっぷの追随を許しません。【ひさの乗り鉄ブログ】では「バリ得」の最新情報に加えて、予約方法、利用上の注意点をわかりやすく紹介します。
スポンサーリンク

「おとなびWEB早特」と在来線特急列車の割引きっぷの比較

次に、大阪・新大阪からの在来線特急列車の割引きっぷと比較してみましょう。なお、料金はいずれも通常期のものです。

大阪~金沢(特急サンダーバード)

大阪~金沢間を特急サンダーバード(普通車指定席)で移動する場合、主な割引きっぷと比べてみましょう。

  • おとなびWEB早特: 6,230円(20%引き, 7日前)
  • チケットレス特急券+乗車券: 7,590円(3%引き, 当日)
  • eチケットレス特急券+乗車券: 7,180円(8%引き, 当日)※J-WESTカード会員専用
  • WEB早特1: 6,500円(17%引き, 前日)

おとなびWEB早特は7日前までの予約が必要ですが、割引率は20%と、他の割引きっぷよりも安くなっています。

新大阪~紀伊勝浦(特急くろしお)

新大阪~紀伊勝浦間を特急くろしお(普通車指定席)で移動する場合の比較です。

  • おとなびWEB早特: 5,600円(20%引き, 7日前)
  • WEB早特14: 5,600円(20%引き, 14日前)
  • WEB早特7: 6,300円(10%引き, 7日前)

特急くろしお利用の場合、14日前までに購入が条件の「WEB早特14」と同じ価格ですが、おとなびWEB早特では7日前までの購入でOKです。

大阪~出雲市(山陽新幹線+特急やくも)

大阪~出雲市間を、山陽新幹線(のぞみ・みずほ)と特急やくもを乗り継いで移動する場合の比較です。

  • おとなびWEB早特(のぞみ・みずほ利用): 10,250円(10%引き, 7日前)
  • WEB早特14: 8,960円(21%引き, 14日前)
  • WEB早特7: 10,100円(11%引き, 7日前)

この区間に関しては、「おとなびWEB早特」よりも、WEB早特7、WEB早特14のほうがお得です。

スポンサーリンク

【まとめ】おとなびWEB早特

  • 50歳以上で加入できる「おとなび」会員(年会費無料)専用の早期割引きっぷ
  • 7日前までの予約・購入で、JR西日本の山陽新幹線・在来線特急列車の普通車指定席が2割引、山陽新幹線「こだま」は4割引
  • 「こだま」利用の場合は、JR西日本が発売する他の割引きっぷよりもかなりお得! ただし、新大阪~博多の利用は、他の割引きっぷとの比較が必要
  • 「こだま」以外の場合は、他の割引きっぷ(WEB早特7など)との比較が必要

以上、『【おとなびWEB早特】JR西日本の山陽新幹線や特急列車が2割引き、こだまは4割引き! おとなび会員限定の早期割引きっぷを活用しよう!』でした。7日前までの予約・購入が必要という制限はありますが、通年利用でき、たいていの新幹線や特急列車が2割引は使い勝手のよいきっぷです。

スポンサーリンク

関連記事

ミドル・シニア向けのJR各社の会員制サービスのまとめ記事です。

ジパング倶楽部だけじゃない! JR各社のミドル・シニア向け会員制サービスまとめ! 「大人の休日倶楽部」や「おとなび」で割引サービスや格安フリーきっぷを活用しよう!
JR各社は、ミドル・シニア向けの会員制サービスを提供しています。JR線の料金が割引になったり、会員専用のおトクなフリーきっぷが利用できたりと、かなりメリットがあるサービスになっています。【ひさの乗り鉄ブログ】では、JR各社が提供するミドル・シニア向けサービスをわかりやすくまとめて紹介します。

当ブログでご紹介している旅行や乗り鉄に便利なフリーきっぷ、割引きっぷの目次ページです。

おすすめきっぷ
乗り鉄や鉄道メインの旅行に利用できる、おすすめのおトクなきっぷ(フリーきっぷ、割引きっぷ)の紹介記事のまとめです。おトクなきっぷを上手に活用して、充実した旅行を楽しみましょう!2022年秋 注目のJR各社のお得なフリーきっぷ・割引きっぷま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました