スポンサーリンク

【JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ・中国エリアどこでもきっぷ】2日間、新幹線・特急列車の自由席に乗り放題で6,000円~7,000円の格安フリーきっぷ!

ノウハウ

JR西日本は、旅行会社での宿泊とセットでの発売限定で、「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」と「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」を発売します。いずれもフリーエリア内の新幹線、特急列車の自由席に2日間乗り放題で、それぞれ大人6,000円、7,000円(小児半額)という格安のフリーきっぷです。

スポンサーリンク

「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」を発売!

JR西日本は、北陸エリアが2日間乗り放題の「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」と、中国(山陽・山陰エリア)が2日間乗り放題の「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」を発売します。いずれも、旅行会社でのみ発売され、同時に宿泊を予約した場合に購入することができます。

  • 利用期間: 2022年1月7日(金)~2022年4月10日(日)の連続する2日間
  • 発売期間: 2021年12月27日(月)~2022年4月3日(日)まで
    • 利用開始日の1ヶ月前から7日前まで発売
  • きっぷの効力
    • フリーエリア内のJR西日本全線(新幹線・特急列車含む)の普通車自由席が乗り放題
    • 駅レンタカーを特別価格で利用可能
    • エリア内の観光施設・飲食店等での特典あり(入場料割引等)
  • 発売箇所・発売条件
    • JR西日本管内の主な旅行会社でのみ発売
    • 宿泊と同時発売の場合に限って発売
    • 1名から利用可能
  • 価格
    • 北陸エリアどこでもきっぷ: 大人 6,000円 小児 3,000円
    • 中国エリアどこでもきっぷ: 大人 7,000円 小児 3,500円

「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」のフリーエリアは以下の図のとおりです。

「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」のフリーエリア

「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」のフリーエリア

「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」のフリーエリアは以下の図のとおりです。

「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」のフリーエリア

「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」のフリーエリア

(出典)【旅行会社限定】「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」・「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」の発売について(JR西日本ニュースリリース 2021年12月20日 PDF)

スポンサーリンク

「どこでもきっぷ」のエリア限定版、「中国エリアどこでもきっぷ」は利用価値高い!

今回発売される「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」は、2021年10月~12月に発売されていた「JR西日本 どこでもきっぷ」のエリア限定版です。

【JR西日本どこでもきっぷ・関西どこでもきっぷ】JR西日本全線の新幹線・特急に3日間乗り放題で22,000円のお得なきっぷ! 関西版2日間用も10,000円で発売!
JR西日本は、JR西日本全線の新幹線・特急列車が2日間乗り放題で18,000円、3日間乗り放題で22,000円の「JR西日本 どこでもきっぷ」を発売します。1名での利用が可能ですので、一人旅や乗り鉄にも活躍しそうです。関西版(2日間で10,000円)も発売されます。

北陸エリアと中国エリアに限定されていますが、特に中国エリアのフリーエリアは広く、岡山・鳥取以西がすべて含まれます。山陽新幹線も岡山~新下関間で利用できるため、山陰~山陽の周遊の旅にも便利です。

以下では、どのくらいお得になるのか、主要都市間の通常料金と比べてみましょう。

【北陸エリアどこでもきっぷ】

区間列車通常価格備考
敦賀~金沢サンダーバード
しらさぎ
4,170円自由席利用
敦賀~和倉温泉サンダーバード6,080円自由席利用
金沢~富山北陸新幹線
つるぎ
2,860円自由席利用

「北陸エリアどこでもきっぷ」は6,000円ですから、片道で3,000円以上の往復であればお得になります。

敦賀~金沢・和倉温泉の往復(特急の自由席利用)で十分に元が取れます。また、金沢~富山間の北陸新幹線「つるぎ」利用の往復では元が取れませんが、金沢周辺などで少し在来線を利用すれば、あっという間にお得になるでしょう。

ただし、あとで述べますが、北陸エリアには、他にもお得なきっぷがありますので、「北陸エリアどこでもきっぷ」とどちらが良いかの比較検討が必要です。

【中国エリアどこでもきっぷ】

区間列車通常価格備考
岡山~広島山陽新幹線5,610円自由席利用
岡山~新下関山陽新幹線10,550円自由席利用
岡山~鳥取スーパーいなば4,470円自由席利用
岡山~出雲市やくも6,160円自由席利用

「中国エリアどこでもきっぷ」は7,000円ですから、片道3,500円以上の往復であればお得になります。

上表のように、岡山起点で考えると、山陽新幹線や特急列車で移動する距離を往復するのであれば、元を取るのは簡単です。岡山~新下関間は片道で十分にお得になります。

「中国エリアどこでもきっぷ」のフリーエリア内は、山陽新幹線・山陽本線、山陰本線と、陰陽連絡の路線が複数あるため、周遊ルートが組みやすいのが特徴です。山陽新幹線以外にも、山陰本線や陰陽連絡路線に特急列車が多く走っているため、あっという間に元を取ることができそうです。

また、中国エリアでは、他に乗り放題のフリーきっぷがないため、「中国エリアどこでもきっぷ」はとても利用価値の高いきっぷになります。

スポンサーリンク

「北陸エリアどこでもきっぷ」は「北陸おでかけパス」と使い分けよう!

「北陸エリアどこでもきっぷ」と似たようなフリーエリアのフリーきっぷ「北陸おでかけパス」があります。違いは、利用できる曜日、有効期間、フリーエリアなどです。

北陸エリアどこでもきっぷ 北陸おでかけパス
利用可能日
有効期間
2022/1/7~4/10の
連続する2日間
土休日の1日間
フリーエリア
(JR線)
北陸新幹線(金沢~黒部宇奈月温泉)
北陸本線(金沢~敦賀)
小浜線(敦賀~青郷)
越美北線(越前花堂~九頭竜湖)
七尾線(七尾~津幡)
城端線(高岡~城端)
氷見線(高岡~氷見)
高山本線(富山~猪谷)
-
-
北陸本線(金沢~敦賀~長浜
小浜線(敦賀~青郷)
越美北線(越前花堂~九頭竜湖)
七尾線(七尾~津幡)
城端線(高岡~城端)
氷見線(高岡~氷見)
高山本線(富山~猪谷)
大糸線(糸魚川~中土)
フリーエリア
(三セク)
金沢~津幡の通過利用のみIRいしかわ鉄道(金沢~倶利伽羅)
あいの風とやま鉄道(倶利伽羅~市振)
えちごトキめき鉄道(市振~直江津)
のと鉄道(七尾~和倉温泉)
きっぷの効力 フリーエリア内の
新幹線・特急・普通列車
の普通車自由席に乗り放題
フリーエリア内の普通列車
の普通車自由席に乗り放題
別途、特急券を購入すれば在来線
の特急列車に乗車可能
価格(大人) 6,000円 2,580円

「北陸おでかけパス」は、土休日にしか利用できませんが、北陸本線を引き継いだ第三セクター路線、具体的には、IRいしかわ鉄道(金沢~倶利伽羅)、あいの風とやま鉄道(倶利伽羅~市振)、えちごトキめき鉄道(市振~直江津)に乗車できます。一方、北陸新幹線には乗車できません。

また、「北陸おでかけパス」は乗車券タイプのフリーきっぷで、単体では特急列車に乗車できません。特急列車に乗車するためには、別途、特急券を購入する必要があります。

金沢~(新)高岡~富山間の移動に北陸新幹線を利用するのか、在来線を利用するのかで、最適なきっぷが変わってきます。よく比較検討したほうがよいでしょう。

「北陸おでかけパス」については、以下の記事をご覧ください。

【北陸おでかけパス】 北陸エリアの第三セクター路線+JR西日本が1日乗り放題のフリーきっぷ! 青春18きっぷとの組み合わせがおすすめ!
JR西日本が発売する「北陸おでかけパス」は、北陸地方の第三セクター路線とJR西日本の路線に、土休日の1日乗り放題となるフリーきっぷです。青春18きっぷと「北陸おでかけパス」を組み合わせることで、北陸エリアをお得に移動できます。この記事では、「北陸おでかけパス」の概要とおすすめの使い方をご紹介します。
スポンサーリンク

「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ・中国エリアどこでもきっぷ」は西日本エリア在住者向け

「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」はお得なきっぷですが、事実上、西日本エリア在住者向けのきっぷとなっています。

というのも、

  • JR西日本管内の旅行会社のみで発売
  • 利用開始日の7日前までの購入が必要

という条件があるためです。

利用開始日の7日前までに、JR西日本エリアの旅行会社できっぷを購入するのは、JR西日本エリアにお住まいの方か、JR西日本エリアのすぐ近くにお住まいの方でないと難しいでしょう。そのため、事実上、西日本エリア在住者向けのきっぷということになりそうです。

JR西日本としては、京阪神エリアなどの都市部から、北陸や山陽・山陰エリアに1泊で旅行に行き、エリア内での移動に「JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ」「JR西日本 中国エリアどこでもきっぷ」を利用する、という使い方を想定しているものと思われます。

関東・甲信などのJR東日本エリアから北陸エリアに旅行する場合には、前述の「北陸おでかけパス」とほぼ同等の効力・値段で2日間利用できる「北陸周遊乗車券」がおすすめです。ただし、北陸新幹線に「新幹線eチケット」で乗車する必要があります。

「北陸周遊乗車券」については、以下の記事をご覧ください。

【北陸周遊乗車券】北陸新幹線「新幹線eチケット」利用者限定、北陸の三セクを含む広いエリアに2日間乗り放題のフリーきっぷ!(2021年版)
北陸新幹線「新幹線eチケット」利用者限定のフリーきっぷが「北陸周遊乗車券」です。フリーエリアは直江津~長浜と非常に広いうえに、第三セクター路線にも乗車できて、使い勝手、お得度ともに抜群です。この記事では、「北陸周遊乗車券」の概要と購入方法、お得な使い方について、わかりやすく紹介します。

以上、「【JR西日本 北陸エリアどこでもきっぷ・中国エリアどこでもきっぷ】2日間、新幹線・特急列車の自由席に乗り放題で6,000円~7,000円の格安フリーきっぷ!」でした。旅行会社でのみ、宿泊とセットで発売など、通常のきっぷとは異なるところもありますが、条件を満たせるのであればお得なフリーきっぷです。

関連記事

JR各社の格安フリーきっぷ・割引きっぷのまとめ記事です。鉄道での周遊旅行や乗り鉄に便利なきっぷをまとめて紹介しています。

2022年冬の鉄道旅行に使えるJR各社の格安フリーきっぷ・割引きっぷまとめ!
JR各社は非常に多くのフリーきっぷ・割引きっぷを発売しています。期間限定のものもあり、どのきっぷを使うと良いのかわからないことも多いでしょう。この記事では、2022年冬(1月~3月頃)に利用できるJR各社のお得なきっぷ(フリーきっぷ・割引きっぷ)をまとめて紹介します。
ノウハウノウハウ-おトクなきっぷ汽車旅汽車旅-JR西日本
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました