ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【きらきらうえつ 乗り納め乗車記】青春18きっぷの旅で何度もお世話になった「きらきらうえつ」の乗り納めをしてきました!


2001年にデビューして、はや18年。車両の老朽化もあり、2019年9月末に引退が決まった「きらきらうえつ」の乗り納めをしてきました。観光列車の先駆けとして走り続けてきた「きらきらうえつ」、何とか指定席券を確保して、無事に乗り納めをすることができました。

青春18きっぷの旅を楽しくしてくれた「きらきらうえつ」

「きらきらうえつ」のデビューは2001年。当時は、今よりも観光列車はずっと少なく、その先駆けとして18年間走り続けてきました。

特急車両に乗車券+指定席券で乗車できたり、車内に売店やラウンジがあったりと、デビュー当時は、良い列車が誕生したものだと思ったものです。

f:id:kzlife:20190826212318j:plain
2015年8月、酒田駅から乗車

そんな「きらきらうえつ」ですが、個人的には思い出深い列車です。乗り鉄を本格的に始めたのが「きらきらうえつ」がデビューしたころでした。それに、当時、主に東北や北海道を中心に旅をしていたこともあり、何度も青春18きっぷで「きらきらうえつ」に乗車したものです。

北東北を青春18きっぷで旅したあと、酒田から「きらきらうえつ」に乗車、新潟駅周辺で時間をつぶして、23時過ぎに出る夜行快速「ムーンライトえちご」で帰京するのが定番でした。

f:id:kzlife:20190826212407j:plain
デビュー2年目! 2002年11月に新潟駅から乗車 地平ホーム7番線です

混雑するのが嫌なので、普段は引退する列車や車両の乗り納めはしないのですが、「きらきらうえつ」だけは特別です。

ということで、青春18きっぷの旅の行程に、何とか指定席を確保できた「きらきらうえつ」を盛り込んだのでした。

「きらきらうえつ」がどんな列車かは、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

「きらきらうえつ」乗り納め乗車記

2019年8月下旬の土曜日、酒田から新潟まで、「きらきらうえつ」の上り列車に乗車しました。その乗車記をお届けします。これから乗り納めをされる方のご参考になれば。

「きらきらうえつ」の聖地? 酒田駅

f:id:kzlife:20190826212522j:plain
きらきらうえつの終着駅、酒田駅

この日は、秋田から羽越本線の普通列車で南下して、13時56分に酒田に到着しました。「きらきらうえつ」の出発、16時10分まではかなり時間があるので、レンタサイクルで酒田市内を観光、15時30分過ぎに駅に戻ってきたのでした。

f:id:kzlife:20190826212547j:plain
酒田駅1番ホームに展示されていたヘッドマークギャラリー

酒田駅の1番ホームには、「きらきらうえつ ヘッドマークギャラリー」が展示されていました。今年の4月から引退する9月まで、月替わりで「きらきらうえつ」のヘッドマークが変わるのですが、それがまとめてパネルになっていました。

f:id:kzlife:20190826212624j:plain
留置線からホームへ入線するために移動する「きらきらうえつ」

「きらきらうえつ」発車の20分ほど前、15時50分頃に、酒田駅構内の留置線に留め置かれていた「きらきらうえつ」が、新潟方面へと移動していきました。このあと、特急いなほ12号(15時56分発)が発車したあと、「きらきらうえつ」が3番線に入線してきます。

f:id:kzlife:20190826212652j:plain
16時ちょうどに酒田駅3番線に入線

16時ちょうどに「きらきらうえつ」が入線しました。さすがに注目度が高い…と思っていましたが、ホームでカメラを構えた人はそれほど多くなく、ゆっくり撮影できました。

まあ、こちら側は最後尾だからでしょうか。

f:id:kzlife:20190826212714j:plain
特徴的なきらきらボディも間もなく見納め

このきらきらボディも、羽越本線の観光列車としては、まもなく見納めです。それにしても、いつ見ても目立つ車体です。

8~9割ほどの乗車率で酒田駅を出発

16時10分に酒田駅を出発。酒田駅出発時点で、8~9割ほど座席は埋まっていました。

さすがに引退間近のきらきらうえつ。乗り納めの鉄道ファンが多いようです。

f:id:kzlife:20190826212737j:plain
2号車ラウンジの窓上には幼稚園児の「きらきらうえつ」の絵が!

車内を見て回っていると、2号車のラウンジの上に、幼稚園児が描いたきらきらうえつの絵が飾られていました。車内放送でも案内がありました。

f:id:kzlife:20190826212812j:plain
曇天の庄内平野を飛ばしていきます

あいにくの曇り空ですが、夏の庄内平野を快調に飛ばしていきます。

余目、鶴岡と少しずつ乗車があり、鶴岡出発時点でほぼ満席になりました。

f:id:kzlife:20190826212841j:plain
「きらきらうえつ」の乗り納めに乾杯!

酒田駅で購入した「だだちゃ豆」のフリーズドライをつまみにして、きらきらうえつの売店で購入した新潟限定ビール「風味爽快ニシテ」で、きらきらうえつの乗り納めを祝って乾杯しました。

「きらきらうえつ」車窓のハイライト!

f:id:kzlife:20190826212918j:plain
あつみ温泉付近からは日本海が車窓を彩ります

庄内平野が途切れ、いくつかの短いトンネルを抜けると、車窓の右側に日本海が見えてきます。あつみ温泉の少し手前から、村上駅の手前まで、きらきらうえつの所要時間では約45分にわたって、車窓からは日本海を眺めることができます。

f:id:kzlife:20190826212950j:plainf:id:kzlife:20190826212952j:plain
「笹川流れ」では大きな奇岩があちこちに

その中でも、ハイライトは、「笹川流れ」と呼ばれるところです。きらきらうえつの停車駅では、桑川駅の周辺になります。日本海の荒波が削り取った奇岩があちこちにそびえたつ様子は、見ごたえがあります。

f:id:kzlife:20190826213037j:plain
日本海に浮かぶ粟島もバッチリ!

沿岸の奇岩の向こうには、粟島の島影をしっかりと見ることができます。新潟県にある比較的大きな島で、村上市の岩船港からフェリーが出ています。すぐ近そうに見えますが、フェリーで1時間30分もかかります。

越後平野を疾走して終着、新潟駅へ

f:id:kzlife:20190826213110j:plain
村上駅手前のデッドセクションで一時的に消灯

村上駅に到着する少し前、車内の照明が一時的に消えるというアナウンスがあり、まもなく、非常灯を残して消えました。照明だけでなく、冷房も一時的に消えました。

村上駅の手前(北側)にある交流電化と直流電化のデッドセクションです。架線に電気が流れていない区間があり、そのために、非常バッテリーで動作する非常灯以外は消えてしまうというわけです。

交直流電車、485系の本領発揮ですね。

f:id:kzlife:20190826213142j:plain
新潟平野に入るとラストスパート!

村上を出ると、新潟平野に入り、ラストスパート! すれ違う列車が、村上以北の気動車から、E129系の最新型の電車に変わり、終着駅が近いことを感じさせます。

新潟駅5番線ホームは大撮影大会へ

18時31分、新潟駅に到着しました。

f:id:kzlife:20190826213341j:plain
新潟駅の5番線に到着後は撮影大会に!

到着したのは5番線。上越新幹線との平面乗り換えができるホームです。それほど広いホームではないのですが、きらきらうえつから下車した人たちや、新潟駅で待ち構えていた(?)人たちによる撮影大会が始まりました。

f:id:kzlife:20190826213400j:plain
先頭車だけでなく最後尾も記念撮影をする人がたくさん

最後尾も記念に写真を撮ろうという人たちで賑わっていました。

ということで、無事に、「きらきらうえつ」の乗り納めをすることができたのでした。


以上、『【きらきらうえつ 乗り納め乗車記】青春18きっぷの旅で何度もお世話になった「きらきらうえつ」の乗り納めをしてきました!』でした。青春18きっぷの旅で数えきれないほど乗車した「きらきらうえつ」、最後に乗り納めができて良かったです。青春18きっぷの旅を楽しくしてくれた「きらきらうえつ」、どうもありがとう!