スポンサーリンク

【首都圏発 水郷ルート】 鹿島線~鹿島臨海鉄道でのんびり旅、水郷の町「佐原」、鹿島神宮、大洗で観光も!~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅8~

日帰り旅

首都圏発、青春18きっぷで日帰り旅シリーズ。今回は、千葉県北東部~茨城県の太平洋沿いを巡るルートの紹介です。鹿島線や鹿島臨海鉄道で利根川や霞ヶ浦など、水郷ならではの車窓を楽しんだり、水郷の町、佐原での観光、鹿島神宮への参拝、大洗での観光も楽しめるルートです。

スポンサーリンク

水郷の車窓と町を楽しむ鹿島線~鹿島臨海鉄道 水郷ルート

千葉県北東部~茨城県南西部は、利根川や霞ヶ浦・北浦など、大河や湖に恵まれた水郷地区です。JR鹿島線は、そんな水郷地区を走りますので、車窓からは、大河の様相を呈する利根川の河口域や、霞ヶ浦などを眺めることができます。江戸時代からの古い建物が多く残る水郷の町「佐原」や、鹿島神宮駅から徒歩10分でアクセスできる「鹿島神宮」など、途中下車して観光できるスポットも豊富にあります。

また、鹿島線から接続する鹿島臨海鉄道(大洗鹿島線)は、のどかな車窓が続くローカル線。途中の大洗駅で途中下車すれば、海岸まで散策することも可能です。

鹿島線~鹿島臨海鉄道で、佐原から鹿島神宮を経由して、水戸に抜けるルートは、以下のようになります。

海の近くを走りますが、車窓からはほとんど見えません。車窓の主役は、水郷地帯らしく、利根川と湖沼です。

なお、鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線は、JRの路線ではなく、第三セクター路線ですので、青春18きっぷでは乗車できません。別途、乗車券を購入する必要がありますが、のんびりムードの旅にはおすすめの路線です。

スポンサーリンク

青春18きっぷ日帰り「水郷ルート」(鹿島線~鹿島臨海鉄道)

今回ご紹介する鹿島線~鹿島臨海鉄道の「水郷ルート」の概要は以下の通りです。東京発着としていますが、適宜アレンジしていただければと思います。

区間路線備考
東京→成田総武線快速
成田線
成田空港行きがおすすめ
成田→佐原成田線水郷の町「佐原」散策がおすすめ
佐原→鹿島神宮鹿島線鹿島神宮参拝がおすすめ
鹿島神宮→水戸鹿島臨海鉄道
(大洗鹿島線)
大洗で途中下車がおすすめ
水戸→東京常磐線グリーン車利用がおすすめ

成田から佐原、鹿島神宮、水戸を経由して東京へ戻る周遊ルートです。

前述のとおり、鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線は第三セクター路線のため、青春18きっぷでは乗車できません。鹿島サッカースタジアム~水戸間(通しで1,400円、途中下車する場合は異なる)の乗車券が別途必要になります。

スポンサーリンク

「水郷ルート」(鹿島線~鹿島臨海鉄道)車窓・観光スポットの紹介

青春18きっぷ日帰り旅「水郷ルート」の車窓と観光スポットを紹介していきます。

成田へアクセス(総武線快速・成田線 東京→成田)

東京駅では地下ホームから発車する総武線快速列車
東京駅では地下ホームから発車する総武線快速列車

まずは、成田駅までアクセスします。東京からであれば、総武線快速の成田空港行きに乗車すれば、乗り換えなしで成田駅まで直行できます。総武線快速列車には、グリーン車が連結されていますので、グリーン券を購入してグリーン車に乗っても良いでしょう。

総武線快速よりも、常磐線に近い方は、我孫子から成田線で成田までアクセスしてもよいでしょう。我孫子~成田の成田線は、日中時間帯には1時間に2本運転されていますが、そのうち1本は上野発着です。

利根川流域の広大な平地が続く成田線(成田線 成田→佐原)

成田駅で銚子方面の成田線の電車に乗り換え
成田駅で銚子方面の成田線の電車に乗り換え

成田駅からは成田線の銚子方面行きに乗り換えです。2022年4月現在、普通列車としては、主に209系が運行されています。4両編成のうち、中間の2両がロングシート、前後それぞれの先頭車がボックスシートです。車窓を眺めたいのであれば、先頭車のボックスシートがおすすめです。

利根川流域の広大な平地が続く成田線の車窓
利根川流域の広大な平地が続く成田線の車窓

成田線は利根川に沿って進みますが、少し離れているため、車窓からは利根川を眺めることができません。それでも、利根川流域の広大な平地を車窓から眺めることができます。

水郷の町・小江戸「佐原」を散策

小野川の両岸に古い建物が残る小江戸「佐原」
小野川の両岸に古い建物が残る小江戸「佐原」

時間があれば、佐原で途中下車して、水郷の町を散策してみましょう。佐原の町中を流れる小野川の両岸には、商家や蔵など、江戸時代からの古い建物が多く残っています。小野川を含めて、「小江戸」の雰囲気を壊さないように整備・保存されています。

冬はコタツで温まりながらの「舟めぐり」が楽しめます
冬はコタツで温まりながらの「舟めぐり」が楽しめます

小野川では「舟めぐり」を楽しむこともできます。舟から眺める小江戸の町並みも美しいものでしょう。

水郷の町「佐原」については、以下の散策記もご覧ください。駅から徒歩で散策できますし、佐原駅は鹿島線の始発駅でもありますので、途中下車しての散策をおすすめします。

水郷の町・北総の小江戸「佐原」を散策しよう! 小野川沿いの風情ある町並みは一見の価値あり!
千葉県の北東部にある佐原は、「北総の小江戸」とも呼ばれ、江戸時代に水運で栄えた古い町並みが保存されています。町の中心部を流れる小野川では、舟めぐりを楽しむこともできます。この記事では、佐原駅から徒歩でアクセスできる範囲にあるおすすめの観光...

日本一の大河を車窓から眺められる水郷路線「鹿島線」(鹿島線 佐原→鹿島神宮)

鹿島線の列車は佐原駅発着、車両は209系です
鹿島線の列車は佐原駅発着、車両は209系です

佐原からは、鹿島線の列車に乗車します。鹿島線は佐原の次の香取駅が起点駅ですが、列車は全て佐原駅発着となっています。(2022年4月現在、鹿島線の普通列車にはE131系電車が使われています)

鹿島線の列車は、おおむね1時間に1本。日中時間帯は1時間半~2時間ほど空くことがありますので、時刻表を事前に確認しておきましょう。前述の佐原の町の散策を含めて、時間調整するとよいと思います。

利根川の河口域で非常に川幅が広いのが特徴
利根川の河口域で非常に川幅が広いのが特徴

鹿島線は、香取~鹿島サッカースタジアム間の17.4kmを結ぶJR東日本の路線です。利根川や霞ヶ浦の河口域の水郷地帯を高架で駆け抜けていく路線で、車窓からの景色が良い路線でもあります。

利根川の河口域はとても川幅が広く、流域面積日本一の「大河」であることを実感できます。また、天気が良ければ、関東平野の向こうに筑波山を望むこともできます。

鹿島線の車窓については、以下の乗車記で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

JR鹿島線 乗車レポート 高架からの水郷地帯の眺めが良いミニ路線! 利根川・霞ヶ浦を車窓から!
千葉県北東部の香取駅と、茨城県南東部の鹿島サッカースタジアム駅を結ぶミニ路線、JR「鹿島線」。霞ヶ浦や利根川が集まる水郷地帯を高架で超えていく、眺めのよい路線です。JR鹿島線とは?JR鹿島線は、成田線との分岐駅である「香取駅」と、鹿島臨...

鹿島神宮駅で途中下車して「鹿島神宮」を参拝

鹿島神宮駅の立派な駅舎
鹿島神宮駅の立派な駅舎

JR鹿島線の電車は、鹿島神宮駅が終点です。鹿島線としては、もう一駅先の鹿島サッカースタジアム駅まで含まれるのですが、運行上、鹿島神宮から先は、鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線の列車が乗り入れているのです。

終点だから、というわけでもないですが、鹿島神宮駅で途中下車して、ぜひ鹿島神宮を参拝してみましょう。

東日本大震災で倒壊した御影石の鳥居に代わって木製の大鳥居が建てられました
東日本大震災で倒壊した御影石の鳥居に代わって木製の大鳥居が建てられました

鹿島神宮へは、鹿島神宮駅から徒歩で10分ほど。参道にはたくさんのお店が並びますし、鹿島神宮の中も広いので、散策するにはちょうど良いでしょう。

鹿島神宮の立派な「楼門」は、日本三大楼門の一つ
鹿島神宮の立派な「楼門」は、日本三大楼門の一つ

鹿島神宮には立派な楼門があります。この楼門は、阿蘇神社(熊本県)、筥崎宮(福岡県)と並んで、日本三大楼門の一つなのだそうです。

厳かな森の中にある鹿島神宮「奥宮」
厳かな森の中にある鹿島神宮「奥宮」

拝殿は楼門を入ってすぐにありますが、ずっと奥まで歩くと奥宮があります。賑やかな参道や拝殿までの雰囲気とは異なり、木々に覆われて厳かな雰囲気を味わえます。時間があれば、奥宮のほうまで散策してみましょう。

鹿島神宮へのアクセス等については、鹿島神宮の公式Webサイトをご確認ください。

鹿島神宮 | 常陸国一之宮
鹿島神宮は、日本建国・武道の神様である「武甕槌大神」を御祭神とする、神武天皇元年創建の由緒ある神社です。

長閑な田園風景と湖沼の車窓が魅力的な鹿島臨海鉄道(大洗鹿島線 鹿島神宮→水戸)

鹿島神宮駅で発車を待つ鹿島臨海鉄道の列車(8000形)
鹿島神宮駅で発車を待つ鹿島臨海鉄道の列車(8000形)

鹿島神宮駅に戻り、乗り鉄の旅を再開しましょう。鹿島神宮からは、鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線の列車に乗車します。

鹿島臨海鉄道の車両には、旅客営業を開始した頃から走っている「6000形」という車両と、2015年以降に投入された新型の「8000形」という2種類があります。

6000形は古いのですが、転換型のセミクロスシートを装備していて、車窓を眺めるのに向いています。8000形は新しくてきれいなのですが、ロングシートです。

鹿島臨海鉄道の「ガールズ&パンツァー」ラッピング車両(6000形)
鹿島臨海鉄道の「ガールズ&パンツァー」ラッピング車両(6000形)

鹿島臨海鉄道といえば、大洗が部隊のアニメ『ガールズ&パンツァー』とのコラボレーションが有名です。現在でも、『ガールズ&パンツァー』ラッピングの列車が運行されています。どの列車がラッピングされた車両での運行になるかは、鹿島臨海鉄道のWebサイトで確認できます。

鹿島臨海鉄道株式会社
水戸・鹿嶋を結ぶ「大洗鹿島線」と貨物輸送を行う「鹿島臨港線」を運営する鹿島臨海鉄道株式会社

北浦湖畔駅周辺では「北浦」を車窓から望めます
北浦湖畔駅周辺では「北浦」を車窓から望めます

鹿島臨海鉄道の沿線は、のどかな車窓が続きます。単線非電化で、1両や2両の気動車が走る様子は、ローカル線そのものです。そんな鹿島臨海鉄道の車窓のポイントは、北浦でしょう。水戸方面の列車であれば、車窓の左手に見えます。

『ガールズ&パンツァー』の聖地、大洗駅
『ガールズ&パンツァー』の聖地、大洗駅

沿線の中心駅が大洗駅です。海水浴場の「大洗サンビーチ」に近いため、夏になると海水浴客で賑わいます。そして、前述のとおり、アニメ『ガールズ&パンツァー』の舞台でもあり、街を挙げてコラボレーションを推進していますので、アニメファンも多く訪れる駅です。

夏は賑わう海水浴場「大洗サンビーチ」の静かな冬の夕暮れ
夏は賑わう海水浴場「大洗サンビーチ」の静かな冬の夕暮れ

駅から徒歩20~30分ほどで、「大洗サンビーチ」に到着します。大洗サンビーチのとなりには「大洗港フェリーターミナル」があり、北海道の苫小牧への航路があります。

夕暮れの大洗駅
夕暮れの大洗駅

大洗駅に戻って、鹿島臨海鉄道の旅を再開します。といっても、終点の水戸までは15分ほど。あっという間です。

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線の乗車記については、以下の記事もご覧ください。車窓を中心に紹介しています。

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線 乗車レポート! のどかな農地と湖沼の風景が魅力的な非電化ローカル線!
茨城県の水戸駅と鹿島サッカースタジアム駅を結ぶ鹿島臨海鉄道大洗鹿島線。1985年に開業した新しい第三セクター鉄道です。「臨海鉄道」ですが、車窓から海は見えません。平坦な農地が続き、ときおり湖が見える、のどかなローカル線です。この記事では、...

常磐線で帰京(常磐線 水戸→東京)

水戸から常磐線ではグリーン車がおすすめ!
水戸から常磐線ではグリーン車がおすすめ!

水戸からは、常磐線の普通列車で東京へ戻るだけです。水戸始発、あるいは、一つ北側の勝田始発の列車が多く運転されていますし、10両と長編成ですので、座れないことはないでしょう。

上野や東京、品川まで、普通列車ではたっぷり2時間かかりますので、グリーン車がおすすめです。2時間も乗るのであればグリーン料金(ホリデー料金800円)を支払う価値はあるでしょう。

首都圏の普通列車グリーン車については、以下の記事もご覧ください。青春18きっぷ+グリーン券で乗車できます。

JR東日本の普通列車グリーン車でプチ贅沢な旅をしよう! グリーン券の購入方法、ルールなど紹介します! 青春18きっぷとの相性も抜群!
JR東日本の首都圏を走る普通列車に連結されているグリーン車には、グリーン券を購入すれば、青春18きっぷでも利用できます。この記事では、普通列車グリーン車の概要、グリーン券の購入方法、混雑状況、【ひさの乗り鉄ブログ】おすすめの利用法について紹介します。
スポンサーリンク

水郷エリアの車窓と散策を満喫できる青春18きっぷ日帰りルート!

ということで、鹿島線、鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線を中心とした水郷エリアをめぐる青春18きっぷ日帰りルートをご紹介しました。

特に、鹿島線の車窓は、大河や湖沼の風景が連続する水郷エリアならではのものです。水郷の町「佐原」での散策と組み合わせれば、水郷エリアを満喫できるでしょう。

鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線は別払いとなりますが、都心発着であれば、往路の鹿島サッカースタジアムまでと、水戸からの帰路だけでも十分に青春18きっぷ1日分の元が取れます。それに、鹿島臨海鉄道は非電化路線。ディーゼルカーのエンジン音を聞きながらの旅は旅情満点です。


以上、『【首都圏発 水郷ルート】鹿島線~鹿島臨海鉄道でのんびり旅、水郷の町「佐原」、鹿島神宮、大洗で観光も!~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅8~』でした。乗り鉄と散策を組み合わせる日帰り旅にぴったりのルートです。各自でアレンジしながら、ぜひお出かけしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

青春18きっぷで日帰りルートの目次ページです。首都圏発の日帰りルートをたくさん掲載しています。青春18きっぷでどこへ出かけようか迷っている方、青春18きっぷが1回分余ってしまった方、ぜひご覧ください。

青春18きっぷが1日分余ってしまったら!? 首都圏発、青春18きっぷ おすすめ日帰り旅9選!
青春18きっぷで旅行をしてきたけど1日分余ってしまった。そんなときには、週末の日帰り旅行に利用してみましょう。日帰りでも、乗り鉄と観光の両方を存分に楽しむことができます。この記事では、首都圏発の青春18きっぷ日帰り旅のおすすめルートを紹介します。

当ブログのメインコンテンツ、青春18きっぷ関連のトップページです。青春18きっぷの最新情報、基礎知識から、おすすめの路線やルート、使いこなしのコツなど、多数のコンテンツを掲載しています。

【青春18きっぷ 2022年夏】青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。【ひさの乗り鉄ブログ】では、2022-23年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。
日帰り旅青春18きっぷ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました