スポンサーリンク

【HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス】2022年9月に再発売! JR北海道の特急列車が6日間乗り放題で12,000円の格安フリーきっぷ!

ノウハウ

JR北海道は、6日間特急列車(自由席)に乗り放題で12,000円という格安のフリーきっぷ「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を2022年9月~2023年1月に再び発売します。指定席も4回まで利用でき、長距離の移動も安心! 北海道の補助金を活用したきっぷのため、販売回数が上限に達した場合には発売終了となります。

※9月28日時点で、「あと3~4週間程度で発売終了の見込み」とのことです。

スポンサーリンク

JR北海道の特急列車に6日間乗り放題で12,000円!「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」

JR北海道は、北海道内の在来線特急列車の普通車自由席に6日間乗り放題で12,000円という格安のフリーきっぷ「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を発売します。

  • 利用期間: 2022年9月2日(金)~2023年1月31日(火)
    • 2023年1月26日利用開始分まで発売
  • 有効期間: 連続する6日間
  • 発売期間: 2022年9月1日(木)~12月31日(土)
    • 有効期間開始日の1か月前から前日まで
    • 補助金の上限に達した場合は、発売期間中でも発売を終了
    • 新型コロナウイルス感染症の拡大により発売を一時休止することもある
  • 発売箇所・指定席の予約箇所
    • JR北海道の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、旅行センター
    • 指定席は「えきねっと」では予約できない
  • フリーエリア:
    • JR北海道の在来線全線
    • ジェイ・アール北海道バス全線(以下の路線を除く)
      • 札幌~旭川間、札幌~帯広間、札幌~紋別間、札幌~えりも、札幌~広尾間の都市間バス
    • 注意: 北海道新幹線には乗車できません
  • きっぷの効力:
    • 「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」単体でフリーエリア内の普通・快速列車、特急列車の普通車自由席に6日間乗り放題
    • 4回まで普通車指定席に乗車可能(5回目以降は運賃のみ有効)
    • グリーン車に乗車する場合には運賃のみ有効(別途、特急料金+グリーン料金が必要)
  • おねだん: 24,000円12,000円

利用期間は2023年1月31日までですが、発売期間は2022年12月31日までとなっていますので、ご注意ください。

詳しくは、JR北海道のWebサイトをご確認ください。

列車で出かけて北海道を元気にしよう!|JR北海道- Hokkaido Railway Company
北海道の大自然を満喫!観光列車に乗ろう!列車で出かけて北海道を元気にしよう!

「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」、9月28日時点で「3~4週間程度」で発売終了見込み!

JR北海道から「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」の発売終了見込みの案内がありました。

  • 9月28日現在、あと3~4週間程度で発売終了の見込み

この見込みどおりになれば、10月中旬~下旬くらいには発売終了となります。「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」の利用を考えていらっしゃる方は、急いだほうが良いでしょう。

「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」、2022年9月から再発売!

「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」は、北海道の補助金によって低価格を実現したフリーきっぷです。補助金には上限があり、その上限に達した場合には、「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」の発売が終了されます。

前回は、2022年3月下旬から発売を開始し、2022年8月末まで発売する予定でした。しかし、売れ行きが好調で、北海道の補助金の上限に達したため、予定よりも2か月近くも早い7月8日に発売を終了してしまいました。

今回、「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」は、2022年9月2日から再発売します。発売期間は9月~12月の4か月間、利用できるのは2023年1月末までの5か月間となります。

これまでの発売では、常に予定していた時期よりも早く発売終了していますので、今回も12月末よりも早く発売を終了する可能性があります。「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」を使って、北海道の鉄道旅行・乗り鉄を楽しみたいという方は、早めに計画したほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

北海道の補助金を活用することで12,000円を実現した「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」は、北海道の「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」の補助金を活用することで、本来は24,000円のところを、半額の12,000円で購入できるようになります。

補助金を申請するのはJR北海道ですので、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」の利用者は、JR北海道の駅で12,000円で購入することができます。そのため、補助金を利用したきっぷであるということを意識する必要はありません。

一つ注意点としては、補助金を活用したきっぷであることから、補助金の上限に達した場合には、発売期間中でも発売を終了するという点です。

JR北海道のWebサイトにも、以下のように記載されています。

北海道の「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」を活用するきっぷのため、補助金をもとに算定した販売予定枚数が補助金の上限に達した場合は、発売を終了します。

(出典)おトクなきっぷ HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス(JR北海道)

スポンサーリンク

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」は都市間往復だけでも十分お得!

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」の12,000円という価格は、北海道の主要都市間の往復だけでも、十分にもとを取ることができます。

札幌から主要都市への通常料金、通年発売の割引きっぷ、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」の料金を比べてみましょう。

区間 通常料金
(往復)
割引きっぷ
(往復)
HOKKAIDO LOVE!
6日間周遊パス
札幌~函館 18,880円 11,320円 ※1 12,000円
札幌~旭川 10,440円 5,720円 ※2
札幌~稚内 22,180円 14,400円 ※2
14,410円 ※3
札幌~網走 21,080円 14,720円 ※2
17,940円 ※3
札幌~帯広 15,580円 6,980円 ※4
札幌~釧路 19,980円 11,980円 ※2


※1: 往復「お先にトクだ値」利用の場合(9/26~10/23限定,2週間前までに購入)
※2: 往復「えきねっとトクだ値」利用の場合(通年発売,前日までに購入)
※3: Rきっぷ利用(冬季の価格)
※4: 往復「お先にトクだ値」利用の場合(~11/30限定,2週間前までに購入)

「通常料金」は特急列車の普通車指定席での往復、割引きっぷは注釈に付記したきっぷを往復使用した場合の価格です。複数の割引きっぷがある場合は、期間限定のものも含めて、最も安いものを選んでいます。

通常料金との比較では、札幌~旭川を除いて、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」のほうが圧倒的に安くなっています。

一方、割引きっぷとの比較では、札幌~稚内・網走では「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」のほうがお得ですが、それ以外では、さらにお得な割引きっぷがあることがわかります。

ただし、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」よりもお得になるのは、いずれも2週間前までに購入する必要がある「お先にトクだ値」で往復した場合に限ります。

札幌~帯広に設定されている「お先にトクだ値」は、2022年11月30日までの期間限定です。

JR北海道が札幌~釧路・帯広の特急「おおぞら」「とかち」に50~55%引きの「お先にトクだ値」を2022年も設定! 札幌~釧路が4,990円!(「とかち」の設定期間を2022年11月末まで延長)
JR北海道は、札幌~釧路を結ぶ特急「おおぞら」、札幌~帯広を結ぶ特急「とかち」の乗車券+特急券を、2週間前までの購入で50~55%割り引く「お先にトクだ値」を、2022年3月末までの期間限定で設定しています。札幌から道東方面へ、お得に鉄道で旅ができるチャンスです。

また、札幌~函館の「お先にトクだ値」は、2022年9月26日~10月23日の期間限定です。

新幹線・特急列車が30~50%引きになる「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」、JR東日本・JR北海道が複数の路線で設定!(2022年版)
この記事では、早期に購入することで乗車券+特急券が30~50%引きになる期間限定の「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」の最新情報をまとめています。早めの予約・購入で、新幹線や特急列車をお得に利用しましょう。

「お先にトクだ値」の割引率は40~55%とかなり高いため、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」よりも安くなりますが、2週間前までの購入が必要です。事前に予定が決まっていれば「お先にトクだ値」を利用することもできますが、そうでない場合には「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」のほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」は前日までの購入が必要! 北海道外からの旅行者は要注意!

北海道外から北海道へ旅行に行く場合に注意したいのが、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」は前日までの購入が必要となる点です。

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」の発売箇所は、JR北海道の主な駅の話せる券売機、指定席券売機、みどりの窓口となっていて、北海道内でしか購入することができません。

最近は、ネットで購入できるきっぷが増えていますが、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」はネットでは購入できません。

北海道外から北海道へ旅行される場合には、北海道への到着日に、その日から利用できる「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を購入することができませんので注意しましょう。

そのため、

  • 北海道へ前日入り(前泊)して、翌日から利用できる「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を購入
  • 北海道到着日は別のきっぷで旅行し、翌日から「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を利用

という使い方になります。

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を利用して、北海道での鉄道旅行を考えている方は、利用開始日の前日までに北海道で購入する必要があることを念頭に置いて、旅行の計画を立てるようにしましょう。

スポンサーリンク

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」の指定席は「えきねっと」で予約不可なので注意!

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」は、普通車指定席が4回まで利用できます。注意しなくてはならないのが、指定席の予約は、JR北海道の主な駅の話せる券売機、指定席券売機、みどりの窓口 でしかできないということです。「えきねっと」での予約はできません。

2020年に発売された「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」は、えきねっとで指定席の予約ができたのですが、今回はできませんので、注意が必要です。

  • 2020年「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」: 「えきねっと」で指定席の予約ができた
  • 2021~22年「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」: 「えきねっと」で指定席の予約ができない

北海道在住の方は、1ヶ月前から「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を購入することができますので、指定席も1ヶ月前から予約できることになります。

一方、北海道外から北海道へ旅行をされる方で、北海道入り後に「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を購入される場合には、事前に指定席の予約ができませんので注意しましょう。

スポンサーリンク

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」で道北・道央周遊旅行を実践!

2020年8月、筆者は、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を利用して、道北~道央を中心に4日間の北海道旅行に行ってきました。

使い勝手や感想を簡単にまとめてみると、以下のようになります。

  • 利用開始日の前日までの購入は、夜の便で北海道入り→「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」購入→翌日から利用開始で解決
  • 事前に「えきねっと」で、初日に利用する特急列車の指定席(特急宗谷の指定席)を予約、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」購入後、すぐに同じ指定席券売機で指定席券を受け取り
    • 前述のとおり、2021/2022年版「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」では、「えきねっと」で指定席の予約ができませんのでご注意ください
  • 宗谷本線は、特急列車、普通列車ともに結構乗っていた印象。長距離かつ自由席の設定が少ない列車は指定席を予約しておくのがおすすめ
  • 初日の札幌→稚内の特急宗谷の全区間乗車だけで「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」の元をほぼとれる。元を取るために乗りまわる必要はなく、観光中心の旅行でも十分にお得

詳しくは以下の記事にまとめています。乗車した列車の混雑状況なども記載していますので、これから「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」で北海道を旅行しようと考えている方は、ぜひご覧下さい。

実践! JR北海道の格安フリーきっぷ「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」で道北・道央を周遊! 使い勝手、特急列車の混雑度をレポートします!
JR北海道が、北海道の補助金を活用して2020年に発売している「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」。JR北海道の特急列車を含む在来線全線に6日間乗車でき、たった12,000円という、恐ろしくお得なフリーきっぷです。今回、2020...
スポンサーリンク

今年の北海道の鉄旅は青春18きっぷより「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」!

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」は1日あたり2,000円で、JR北海道の特急列車に乗り放題という破格のフリーきっぷです。

この価格は、青春18きっぷ1日分(2,410円)よりも安いのです。

【青春18きっぷ 2022年夏】青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。【ひさの乗り鉄ブログ】では、2022-23年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。

一方、青春18きっぷの北海道&東日本版ともいえる「北海道&東日本パス」(7日間有効, 11,330円)よりは若干高いです。

【北海道&東日本パス】北海道・東日本エリアの普通列車が7日間乗り放題で11,330円! 基本的な使い方・利用期間・青春18きっぷとの違いを紹介します!(2022-23年版)
「北海道&東日本パス」が、2022-23年も春夏冬の3シーズン発売されます。【ひさの乗り鉄ブログ】では、「北海道&東日本パス」の利用期間、利用方法に加えて、青春18きっぷとの違い、どちらを利用すればよいかの判断ポイントなどをわかりやすくご紹介します。

それでも、北海道を旅するうえで、特急列車に乗れるというのは大きなアドバンテージです。

北海道の路線の中には、特急列車の本数よりも、普通列車の本数が少ない区間があります。都市近郊はそれなりの本数があっても、普通列車での都市間移動を考慮したダイヤにはなっていないため、普通列車だけで都市間移動をしようとすると、それだけで丸一日かかってしまいます。北海道の都市間距離は、東京~名古屋や東京~仙台に匹敵することを忘れてはいけません(笑)

ということで、今年、北海道を鉄道で旅行するのであれば、青春18きっぷよりも、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」が絶対におすすめです。

北海道の特急列車の自由席の混雑がどのくらいかは、時期によって異なりますが、筆者が2018年8月下旬の平日に「ひがし北海道フリーパス」で旅をしたときの様子を以下の記事でまとめています。参考にしていただければ幸いです。

実践! 「ひがし北海道フリーパス」で道東一周乗り鉄旅! 使い勝手・自由席の混雑などレポートします!
LCC利用者限定のJR北海道のフリーきっぷ「ひがし北海道フリーパス」。札幌から東側のほとんどの路線の特急列車自由席に5日間も乗り放題で15,500円と格安なきっぷです。8月下旬、この「ひがし北海道フリーパス」を利用して、道東方面に旅行に行...

以上、「【HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス】2022年9月に再発売! JR北海道の特急列車が6日間乗り放題で12,000円の格安フリーきっぷ! 」でした。破格のフリーきっぷで、北海道の鉄道旅行を楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連記事

JR北海道のフリーきっぷ、割引きっぷのまとめページです。主な使い分けも紹介しています。

【JR北海道 お得なきっぷまとめ】青春18きっぷだけじゃない! 北海道を旅するときに利用したいフリーきっぷ・割引きっぷを紹介します!(2022年版)
JR北海道は特急列車にも乗車できるお得なきっぷを発売しています。この記事では、北海道を鉄道で旅する方向けに、おすすめのフリーきっぷや割引きっぷをまとめてご紹介します。どのように使い分ければよいかも解説しますので、どのきっぷを使えばよいか迷っている方も、ぜひ読んでみてください。

夏に訪れたい北海道の観光地、富良野・美瑛の記事です。富良野・美瑛への鉄道でのアクセスや、駅から近い観光スポットなどを紹介しています。

富良野・美瑛を旅しよう! 北海道の観光シーズン到来! 主要観光地へのアクセス・おすすめの臨時列車やきっぷを紹介します!(2022年版)
6~7月、梅雨のない北海道の観光シーズンです。特に、ラベンダーが咲く富良野・美瑛方面への旅行に最適な季節です。この記事では、富良野・美瑛への鉄道でのアクセスや、おすすめの臨時列車、使いやすいフリーきっぷなどについて紹介します。また、鉄道旅行...
ノウハウノウハウ-おトクなきっぷ汽車旅汽車旅-JR北海道
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました