スポンサーリンク

「新幹線 YEAR2022」キャンペーンで、JRE POINT特典チケットが半分以下のポイントで交換可能に! 東京~新青森・秋田が6,000円相当!

ノウハウ

JR東日本は、2022年に「新幹線YEAR2022」キャンペーンを実施します。注目は、期間限定で、JRE POINTで新幹線に乗車できる「特典チケット」のポイントが半分以下になる「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」。東京~仙台が3,900ポイント、新青森・秋田が6,000ポイントと、かなりお得に新幹線を利用できます。

スポンサーリンク

JR東日本、2022年に「新幹線YEAR2022」キャンペーンを実施

JR東日本は、5年ごとに、新幹線の「周年」を迎える「新幹線YEAR」キャンペーンを実施しています。2022年は、以下のような「周年」となります。

  • 東北新幹線・上越新幹線 開業40周年
  • 山形新幹線 開業30周年
  • 秋田新幹線 開業25周年
  • 北陸新幹線(高崎~長野) 開業25周年
  • 東北新幹線 八戸開業 20周年

これらを記念して、2022年に「新幹線YEAR2022」が実施されます。

詳細は、2022年1月7日に、キャンペーンの特設サイトで公開されるようです。

新幹線YEAR2022|JR東日本
2022年、JR東日本の5方面の新幹線はそれぞれ周年を迎えます。これに合わせて、JR東日本グループでは「新幹線YEAR2022」を実施します。Webサイトは2022年1月7日(金)オープン予定です。

ですが、今回、特別企画として、JRE POINTで新幹線に乗れる「特典チケット」の交換に必要なポイント数が、通常の半分以下となる「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」が実施されることが発表されました。

利用できる期間は以下のとおりです。

  • 第1弾:2022年 2月 1日(火)~2022年 2月28日(月)
  • 第2弾:2022年 6月 1日(水)~2022年 6月14日(火)
  • 第3弾:2022年 9月26日(月)~2022年10月 7日(金)

この記事では、「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」について、どれくらいお得になるのかをわかりやすくお届けします。

スポンサーリンク

ポイントで新幹線に乗れる「JRE POINT 特典チケット」とは?

まず、「JRE POINT 特典チケット」というサービスについて、簡単に紹介します。

「JRE POINT」は、JR東日本のポイントサービスで、Suicaでの鉄道の乗車や、「えきねっと」でのきっぷの購入、定期券の購入、JR東日本のクレジットカード「ビューカード」などの利用で貯まるポイントです。

どのようなときに JRE POINT が貯まるのかについては、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

鉄道に乗って「JRE POINT」を貯めよう! Suica、定期券、新幹線…お得な「JRE POINT」の貯め方まとめ! ビューカードのチャージとセットで3.5%還元も!
JR東日本のポイントサービス「JRE POINT」。たまったポイントをSuicaにチャージできるなど、使い勝手の良いポイントサービスですが、Suicaで鉄道に乗車したり、新幹線に乗車したりするだけで「JRE POINT」が貯まるのをご存知でしょうか? この記事では、どうやってJRE POINTを貯めるとお得に貯められるのか、鉄道に乗車してポイントを貯める点に絞って解説します。

次に、「JRE POINT 特典チケット」について説明します。

「JRE POINT 特典チケット」は、JR東日本の新幹線や特急列車に乗車することができるチケットです。JRE POINT を交換することで利用できます。2021年6月の「えきねっと」リニューアルに伴って、導入されたサービスです。

JR東日本、「えきねっと」を2021年6月27日にリニューアル! UI刷新、「JRE POINT」が貯まる・使えるようになります!
JR東日本は、2021年6月27日に、インターネットJR券申込サービス「えきねっと」をリニューアルすると発表しました。「えきねっと」でのきっぷ購入で「JRE POINT」が貯まるようになるほか、JRE POINTを使って、新幹線や特急列車に乗れる「JRE POINT 特典チケット」や、座席のアップグレードができる「JRE POINT アップグレード」も始まります。この記事では、リニューアルされる「えきねっと」で、どんなことができるようになるのかを詳しく見ていきます。

具体的には、以下の2つの商品に交換することができます。

  • JRE POINT 特典チケット(新幹線eチケットサービス)
    • JR東日本の新幹線に乗車できる「新幹線eチケット」に交換できる
    • 乗車券+特急券を含むため、「新幹線eチケット」単体で新幹線に乗車可能
  • JRE POINT 特典チケット(えきねっとチケットレスサービス)
    • JR東日本の在来線特急列車のうち、「えきねっとチケットレスサービス」が提供されている特急列車の特急券相当に交換できる
    • 特急券のみのため、別途、乗車する区間の乗車券が必要

「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」は、このうち、新幹線eチケットに交換できる「JRE POINT 特典チケット」に必要なポイント数が、期間限定で大幅に少なくなるというものです。

スポンサーリンク

「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」は「お先にトクだ値スペシャル」を超えるお得感!

それでは、「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」に必要なJRE POINTはどれくらいでしょうか? それは、通常の「JRE POINT 特典チケット」と比べて、どのくらいお得なのでしょうか。

乗車距離通常の特典チケット特典チケット
新幹線YEARスペシャル
0~100km2,160ポイント1,000ポイント
101~200km4,620ポイント2,300ポイント
201~400km7,940ポイント3,900ポイント
401km以上12,110ポイント6,000ポイント

この表のとおり、通常の「JRE POINT 特典チケット」と比べると、半分以下のポイントで交換できるようになります。

JRE POINT は、Suicaにチャージすると、1ポイントあたり1円相当です。つまり、100km以下であれば1,000円相当で、どれだけ長距離を乗っても6,000円相当で新幹線に乗れるということです。

具体的な乗車区間で、通常料金、通常の特典チケット、「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」を比べてみましょう。

乗車区間通常料金
(通常期)
JRE POINT
特典チケット
特典チケット
新幹線YEARスペシャル
東京~仙台11,410円7,940ポイント3,900ポイント
(66%引き)
東京~盛岡15,010円12,110ポイント6,000ポイント
(60%引き)
東京~新青森17,670円12,110ポイント6,000ポイント
(66%引き)
東京~秋田18,120円12,110ポイント6,000ポイント
(67%引き)
東京~山形11,510円7,940ポイント3,900ポイント
(66%引き)
東京~新潟10,760円7,940ポイント3,900ポイント
(64%引き)
東京~長野8,340円7,940ポイント3,900ポイント
(53%引き)

※通常料金は通常期の普通車指定席の運賃+特急料金、東北新幹線ははやぶさ料金
※新幹線YEARスペシャルの割引率は、通常料金に対する割引率

通常の「JRE POINT 特典チケット」でも、通常料金(運賃+特急料金)よりもかなりお得に設定されているのがわかります。

さらに、「JRE POINT 特典チケット」は4段階の距離区分で交換に必要なポイントが決められています。新幹線の料金はもっと細かい区分で運賃や料金が決められていますので、「JRE POINT 特典チケット」の距離区分の中で、距離区分の上限に近い区間ほどお得度が増してきます。

そんな「JRE POINT 特典チケット」から、さらに半分以下のポイントで「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」に交換できるのですから、お得感はものすごいことになります。

上の表を見てわかるとおり、東京から主要駅の多くの区間で、1ポイント=1円相当で換算したときの割引率は60%を超えています。東京~秋田間の「こまち」に至っては、67%引き、つまり、通常の3分の1相当の料金で乗車できるということになります。

JR東日本の新幹線では、2021年12月15日まで、運賃+特急料金が半額になる「お先にトクだ値スペシャル」を設定していますが、JRE POINT ユーザーであれば、「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」は、「お先にトクだ値スペシャル」を上回るお得さです。

期間限定で、かつ、JRE POINTを持っていないと利用できないですが、もし条件に合うのであれば、ぜひ「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」を使いましょう。

スポンサーリンク

JRE POINTを貯めるなら、ビューカードでのオートチャージと「えきねっと」決済が鉄則!

「JRE POINT 特典チケット 新幹線YEARスペシャル」を利用するには、JRE POINTが必要になります。それでは、JRE POINTをどのように貯めるとよいのでしょうか。

結論から言うと、以下の2つが重要となります。

  • ビューカードでのオートチャージ、モバイルSuicaでのチャージを多用(還元率1.5%)
  • 新幹線のきっぷを購入する際は、「新幹線eチケット」を利用し、決済はビューカードで「えきねっと」予約時決済を選択(還元率5%)

出張や旅行などで、よほどあちこち出かけるのでなければ、鉄道の利用だけでJRE POINTを大量に貯めるのは難しいです。

私は、モバイルSuicaを利用して、ビューカードでチャージした残高で、スーパーやコンビニ等で買い物をしています。ビューカードの明細を見ると「モバイルSuica入金(チャージ)」がたくさん並んでいます(笑)

モバイルSuicaでのSuicaチャージか、ICカードタイプのSuicaでのオートチャージは、ビューカードと紐づいていれば、還元率は1.5%になります。仮に、月に6万円チャージするのであれば、毎月900ポイント、1年では10,800ポイントもJRE POINTが貯まります。

また、新幹線や特急列車のきっぷを購入するときは、「えきねっと」で購入し、予約時決済を選択しましょう。2021年7月に、ビューカードでJRE POINTが余分に貯まる「VIEWプラス」が改定され、「えきねっと」利用時に予約時決済を選択すると、ポイント還元率が上がるようになりました。

  • 従来(2021年6月まで)
    • 「えきねっと」利用のきっぷ購入: 1.5%
  • 現在(2021年7月から)
    • 「えきねっと」予約時決済: 3.0%
    • 「えきねっと」受取時決済: 0.5%

新幹線eチケットを購入すると2%のポイントが付きますので、上記のビューカード利用での「えきねっと」予約時決済とあわせて、5%もの還元率になります。

ビューカードでJRE POINTが余分に貯まる「VIEWプラス」については、以下の記事もご覧ください。

JRE POINTが多くたまる「VIEWプラス」を改定、ネット予約・モバイルSuica優遇で「えきねっと」決済は1.5%→3%へ!
ビューカード利用でJRE POINTが多くたまる「VIEWプラス」のサービス内容が改定されます。モバイルSuicaや「えきねっと」の利用が優遇される一方、駅窓口・駅券売機等でのポイント付与率は低下します。モバイル・ネット利用をさらに推し進め...

以上、『「新幹線 YEAR2022」キャンペーンで、JRE POINT特典チケットが半分以下のポイントで交換可能に! 東京~新青森・秋田が6,000円相当!』でした。期間限定で、JRE POINTが必要になりますが、条件に合うのであれば、かなりお得に新幹線に乗ることができます。JRE POINTユーザーの方は、ぜひ検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました