ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【えきねっとチケットレス】スマートフォンで購入、そのまま特急列車に乗車できるチケットレスサービス! 特急の短距離利用がお得!


注目記事 【ダイヤ改正】2021年ダイヤ改正まとめ
【2021年春の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【JR各社】2021年冬春に使えるJR各社の格安きっぷまとめ

JR東日本の首都圏を走る在来線特急列車に導入されているチケットレスサービスが「えきねっとチケットレス」です。スマートフォンで簡単に特急券を購入でき、紙のきっぷを受取ることなく特急列車に乗車できるサービスです。Suicaやフリーきっぷとの併用がとても便利なサービスです。通常の指定席特急料金より100~300円お得になる点も見逃せません。

首都圏の特急列車にチケットレスで乗車できる「えきねっとチケットレス」

首都圏のJR東日本の在来線特急列車にチケットレスで乗車できるサービスが「えきねっとチケットレス」です。サービスの概要は以下のとおりです。

  • スマートフォンで指定席特急券を購入し、紙のきっぷを受取らずにチケットレスで特急列車に乗車できるサービス
  • 別途、乗車券を用意する必要があるが、Suica、定期券、フリーきっぷ等との併用も可能
  • 首都圏の主な在来線特急列車に導入されている
  • 対象となる座席は普通車指定席・グリーン車指定席のみ(自由席は対象外)
  • 通常の指定席特急料金より100~300円お得になる
  • 発車時刻まで何度でも列車の変更が可能(「踊り子」熱海~三島を含む場合は変更1回まで)
  • 乗り遅れた場合は無効(成田エクスプレスのみ後続列車の空席に乗車可能)

「えきねっとチケットレス」の対象列車は、一部を除いてSuica等の交通系ICカードを利用できる区間を走っています。交通系ICカードを乗車券として利用すれば、あとはスマートフォンで「えきねっとチケットレス」を購入するだけで特急列車に乗車できます。

「えきねっとチケットレス」のサービス対象路線・列車

「えきねっとチケットレス」のサービス対象となる路線・列車と割引額は以下のとおりです。区間を明記していますが、対象列車は全区間で「えきねっとチケットレス」のサービス対象となります。

路線 列車 区間 割引額
中央本線 あずさ
かいじ
千葉・東京・新宿
~甲府・松本
100円
中央本線
富士急行線
富士回遊 東京・新宿~
河口湖
100円
中央本線
青梅線
はちおうじ
おうめ
東京~
八王子・青梅
100円
常磐線 ひたち
ときわ
品川・上野~
水戸・仙台
100円
東海道本線 踊り子
湘南
※1
東京~小田原・
伊豆急下田・修善寺
100円
高崎線 スワローあかぎ 上野・新宿~
高崎
100円
あかぎ 上野~高崎 300円
総武本線等 成田エクスプレス 東京~成田空港等 200円

※1: 2021年3月13日乗車分からサービス開始、「サフィール踊り子」は対象外

「えきねっとチケットレス」はスマートフォンからの予約にのみ対応

「えきねっとチケットレス」は、JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」の名称がついていますが、予約・購入が可能なのはスマートフォンからのみとなるなど、別のサービスであると考えたほうがよいでしょう。

  • 「えきねっとチケットレス」はスマートフォンの専用サイトからのみ予約が可能
    • PC版「えきねっと」からは利用できない
  • 「えきねっとチケットレス」で予約したきっぷは、「えきねっとチケットレス」サービス以外のきっぷへの変更ができない
    • 通常の「えきねっと」の予約とは別に管理されている
  • 「えきねっとチケットレス」のアカウントは「えきねっと」と共通

「えきねっとチケットレス」は、スマートフォンの「えきねっと」のサイトからのみ予約・購入・変更等が可能です。PC版(パソコン版)の「えきねっと」のサイトから予約等はできません。

また、「えきねっとチケットレス」で予約したきっぷは、「えきねっと」で予約したものとは別に管理されています。そのため、「えきねっとチケットレス」で予約したきっぷを、「えきねっと」側での予約に変更することはできません。

f:id:kzlife:20210309182256j:plain
スマートフォン版「えきねっと」には「JR券申込」と「チケットレスサービス」がある

スマートフォンの「えきねっと」のサイトの画面ですが、「JR券申込」と「チケットレスサービス」があります。

  • JR券申込: PC版(パソコン版)「えきねっと」と共通の予約
  • チケットレスサービス: 「えきねっとチケットレス」専用の予約

このように分けて管理されています。「えきねっとチケットレス」での申し込みをしたい場合は、必ず「チケットレスサービス」を選んでいるかを確認しましょう。

「えきねっとチケットレス」の申し込み方法

「えきねっとチケットレス」の申し込み方法をご紹介します。

スマートフォンから「えきねっと」にアクセスし、IDとパスワードを入力してログインします。前述のとおり、IDとパスワードは、PC版(パソコン版)の「えきねっと」と共通です。

  • メニューから「チケットレスサービス」を選択

メニューから「チケットレスサービス」を選択します。「JR券申込」は通常の「えきねっと」(チケットレスではないほう)の申し込みになりますので、間違えないようにしましょう。

  • 列車名の一覧が表示されるので、予約したい列車名をタップ

f:id:kzlife:20210309182140j:plain
「えきねっとチケットレス」列車名選択の画面

このような列車名一覧が表示されますので、予約した列車名をタップします。このとき、上のほうにあるタブが「チケットレス申込」になっているかも確認しましょう。

  • 乗車日・出発時刻・乗車駅・降車駅を入力

乗車日、出発時刻、乗車駅、降車駅を入力する画面が出ますので、それぞれ選択します。選択し終えたら「次へ」をタップします。

  • 列車と座席種別(普通/グリーン等)を選択

選択した乗車日・乗車時刻の列車の一覧が表示されますので、予約したい列車名をタップします。すると、座席種別の一覧が出てきますので、普通車指定席であれば「普通」を、グリーン車であれば「グリーン」を選択します。なお、残席がない場合は「×」が表示され、選択できないようになっています。

  • 人数・座席位置希望を選択

f:id:kzlife:20210309182047j:plain
「えきねっとチケットレス」座席表の画面

人数(おとな・こども)を選択します。その後、「シートマップ(座席表)」へをタップすると、上の図のような座席表の画面が出てきますので、希望の座席を選択します。

  • 「以上の内容で申し込む」をタップ

すべて入力・選択し終えたら、「以上の内容で申し込む」をタップします。

  • 登録してあるメールアドレスに購入した列車・座席の情報が記載されたメールが送られてくる

購入が完了すると、登録してあるメールアドレスにメールが送られてきます。タイトルが「〇月〇日分チケットレス申込 購入内容のお知らせ【えきねっと】」となっていますので、これを保存しておきます。このメールに、指定席を購入した列車名、発車・到着時刻、座席番号等が記載されています。

「えきねっとチケットレス」では、紙のきっぷがありませんので、このメールを保存しておかないと、座席番号等がわからなくなってしまいます。もしメールをなくしてしまったら、再度「えきねっと」にアクセスして、確認することもできます。

  • 指定された列車に乗車し、指定された座席に座る

あとは、通常のきっぷやSuica等で改札を入場して、指定された列車の指定された座席に座るだけです。

指定された座席に座っている分には、車内改札は省略されます。異なる座席に座っていると、車掌から声をかけられることがありますので、上記のメールをすぐに取り出せるようにしておきましょう。

「えきねっとチケットレス」利用時の注意点

「えきねっとチケットレス」はチケットレスで特急列車に乗車できる便利なサービスですが、通常の(紙の)特急券と異なる点もあります。ここでは、「えきねっとチケットレス」を利用するうえでの注意点を詳しく解説します。

f:id:kzlife:20210309182948j:plain

「えきねっとチケットレス」は指定された列車に乗り遅れたら無効!

「えきねっとチケットレス」で最も注意しなくてはいけないのが、指定された列車に乗り遅れたら特急券が一切無効になってしまう という点です。

もう少し厳密にいうと、

  • 指定された列車に乗り遅れたら特急券が一切無効になり、後続列車に乗車することもできない
  • 成田エクスプレスのみ、乗り遅れた場合に、当日の後続列車の空席を利用することができる

というルールになっています。

成田エクスプレスに限り、特例として後続の列車に乗れるようにしているのは、成田空港への到着便が遅れた場合の救済措置でしょう。

一方、それ以外の列車に関しては、乗り遅れたら、購入した特急券が無駄になってしまいます。予約した列車に間に合いそうにない場合には、列車の発車時刻までに「えきねっと」で別の列車に変更しておきましょう

「えきねっとチケットレス」は何度でも列車の変更が可能(熱海~三島を含む場合を除く)

「えきねっとチケットレス」は、列車の発車前までであれば、何度でも列車の変更が可能です。

前述のとおり、予約した列車に乗り遅れてしまったら特急券が一切無効になってしまうため、列車の発車時刻までに変更しておくようにしましょう。

何度でも列車の変更が可能ですので、例えば、仕事やレジャーの帰りの時間が明確でない場合には、以下のようにするとよいでしょう。

  • とりあえず予約をしておく
  • 予約していた列車より早い時間の列車に乗れそうであれば変更する
  • 予約していた列車に間に合いそうになければ、後の列車に変更する

ただし、熱海~三島間を含む予約に関しては、手数料なしで変更できるのは1回までとなります。具体的には、特急「踊り子」の修善寺発着の列車が該当します。変更が1回しかできないため、2回目以降は、いったん払い戻したうえで、新たに購入しなおす必要があります。

「えきねっとチケットレス」の払戻手数料は1席320円(熱海~三島を含む場合を除く)

f:id:kzlife:20210309182854j:plain

「えきねっとチケットレス」で予約・購入した特急券を払い戻す場合の手数料は、以下のようになっています。

  • 1席につき320円
  • 熱海~三島間を含む予約(「踊り子」修善寺発着列車)は以下のとおり
    • 2日前まで1席につき340円
    • 前日・同日は1席につき購入額の30%(最低340円)

何らかの事情で払い戻しをせざるを得ない場合は「えきねっと」からできます。

手数料は上記のとおりで、通常は1席あたり320円となっています。ただし、熱海~三島間を含む予約に関しては、2日前までは340円で済みますが、前日・当日は購入額の30%と高額になりますので、注意が必要です。

このあたりのルールは、「えきねっと」と共通です。JR東日本管内に閉じる予約(富士急行線、伊豆急行線含む)に対しては「えきねっと特典」が適用され、変更回数が無制限、払い戻し手数料が320円となります。一方、JR東海区間(熱海~三島間)を含む予約については「えきねっと特典」が適用されず、通常のきっぷの払い戻し手数料がかかるというわけです。

「えきねっとチケットレス」をSuicaと併用するときの注意点

「えきねっとチケットレス」は特急券のみですので、乗車券が別途必要になります。この乗車券として、Suica等の交通系ICカードを利用することができます。

ただし、交通系ICカードを利用できない路線や、利用する際に注意が必要な路線があります。

  • 交通系ICカードを利用できない列車と区間
    • 「踊り子」(修善寺発着)の三島~修善寺間
    • 「踊り子」(修善寺発着)を熱海をまたぐ区間
    • 「ひたち」(仙台発着)の浪江~原ノ町を含む区間

「踊り子」(修善寺発着)は伊豆箱根鉄道 駿豆線(三島~修善寺)に乗り入れますが、駿豆線では交通系ICカードを利用することができません。また、同じく「踊り子」の熱海をまたぐ区間では、通しで交通系ICカードを利用することができません。熱海駅がJR東日本とJR東海の境界駅になっていますが、現状、会社間での交通系ICカードのチャージ残高での乗車には対応できていないためです。

また、常磐線の「ひたち」に浪江~原ノ町を含む区間で乗車する場合も同様です。こちらは、いずれもJR東日本のエリアですが、浪江以南が「首都圏エリア」、原ノ町以北が「仙台エリア」となっていて、エリア間をまたいで交通系ICカードを利用することができないためです。

上記の区間に乗車する場合には、あらかじめ紙のきっぷを購入しておきましょう。

「えきねっとチケットレス」おすすめの利用法

「えきねっとチケットレス」をどのように活用するとよいか、筆者おすすめの利用法をご紹介します。

フリーきっぷ「休日おでかけパス」との相性がバッチリ!

「えきねっとチケットレス」は、首都圏エリアのJR線に土休日の1日乗り放題になる「休日おでかけパス」(またはSuica版の「のんびりホリデーSuicaパス」)との相性がとても良いです。

「休日おでかけパス」単体で乗車できるのは普通列車・快速列車のみですが、別途、特急券を購入すると、エリア内の特急列車に乗車することができます。

「休日おでかけパス」で首都圏近郊の日帰り旅を楽しんでいるときに、「ちょっと急いで移動したい」、「遊び疲れたから特急で帰りたい」というようなことがあるかと思いますが、こんなときに、スマートフォンを取り出して、「えきねっとチケットレス」で特急券を購入するのです。乗車券としては「休日おでかけパス」が使えますので、そのまま特急列車に乗車できる、というわけです。

「休日おでかけパス」のフリーエリア内では、以下の特急列車の本数が多いので、使いやすいでしょう。(カッコ内は休日おでかけパスのフリーエリア)

  • 中央本線「あずさ」「かいじ」「富士回遊」(東京・新宿~大月)
  • 常磐線「ひたち」「ときわ」(品川・上野~土浦)
  • 東海道本線「踊り子」(東京~小田原)

あとで紹介しますが、「えきねっとチケットレス」は特急の近距離利用に向いているサービスです。そのため、フリーエリアが限定されている「休日おでかけパス」で「ちょっと特急に乗りたい」というときに便利なのです。

「休日おでかけパス」については、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

定期券との併用で特急列車に乗車!

対象路線で定期券をお持ちの方は、定期券と「えきねっとチケットレス」で特急列車の普通車指定席に乗車することができます。

最近は通勤ライナーが廃止され、特急列車に格上げされています。中央本線・青梅線の「はちおうじ」(東京~八王子)、「おうめ」(東京~青梅)や、高崎線の「スワローあかぎ」(上野・新宿~高崎)、2021年3月のダイヤ改正でデビューする東海道本線「湘南」(東京・新宿~小田原)などがあります。

上記も併せて、定期券併用で利用しやすい路線は以下の列車でしょうか。

  • 中央本線「あずさ」「かいじ」「富士回遊」
  • 中央本線・青梅線「はちおうじ」「おうめ」
  • 常磐線「ひたち」「ときわ」
  • 東海道本線「踊り子」「湘南」
  • 高崎線「スワローあかぎ」

通勤時・帰宅時にラッシュに巻き込まれずに、座って移動できるのはありがたいですね。

「成田エクスプレス」だけは注意が必要です。「成田エクスプレス」に定期券で乗車できるのは、以下の列車・区間のみです。

  • 池袋・新宿・渋谷・品川・東京 ⇔ 千葉・四街道・佐倉・成田
    • 下り: 成田エクスプレス 47号、49号、51号、53号
    • 上り: 成田エクスプレス 2号、4号、6号
  • 東京・品川 → 武蔵小杉・横浜・戸塚・大船
    • 下り: 成田エクスプレス 38号、40号、42号、46号、50号、52号、54号
  • 渋谷・新宿・池袋 → 大宮
    • 下り: 成田エクスプレス 40号、46号
  • 渋谷・新宿 → 吉祥寺・三鷹・国分寺・立川・八王子
    • 下り: 成田エクスプレス 50号、52号

なお、上記の列車については、「えきねっとトクだ値」(料金券のみ)が、2022年3月末までの期間限定で設定されています。通常期の特急料金の35%引きになりますので、200円引きの「えきねっとチケットレス」よりもお得になる場合が多いです。

詳しくは「えきねっとトクだ値」の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

短距離の特急利用に向いている「えきねっとチケットレス」

「えきねっとチケットレス」は、その手軽さから、短距離の特急列車の利用に向いています。また、「えきねっとチケットレス」の割引は100円~300円の定額料金。そのため、短距離利用のほうがお得度が高いのです。

一方、長距離で特急列車を利用するのであれば、前日までの購入で割引になる「えきねっとトクだ値」や、2週間前までの購入で30~40%引きになる「お先にトクだ値」などの、早期購入割引きっぷの利用を検討したほうがよいでしょう。

  • 特急列車の短距離の利用、当日急遽の利用
    • えきねっとチケットレス
  • 特急列車の長距離利用、あらかじめ予約しての利用
    • えきねっとトクだ値・お先にトクだ値

このように使い分けるとよいと思います。

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」については、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com


以上、「【えきねっとチケットレス】スマートフォンで購入、そのまま特急列車に乗車できるチケットレスサービス! 特急の短距離利用がお得!」でした。いちいち駅で特急券を買わなくても済みますので、ちょっと急ぎたい、ちょっと特急列車に乗りたい、というときに便利なサービスです。

関連記事

JR東日本の新幹線にチケットレスで乗車できる「新幹線eチケットサービス」を詳しく解説した記事です。

www.kzlifelog.com

JR東日本の新幹線の自由席に、Suicaだけでそのまま乗車できる「タッチでGo!新幹線」の紹介記事です。

www.kzlifelog.com