ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

しなの鉄道の新型車両「SR1系」利用の有料快速列車が7月にデビュー! 土休日運転の「軽井沢リゾート号」は乗り鉄にも便利! ダイヤ・料金を紹介


注目記事 【GoToトラベル】地域共通クーポンで買えるJR各社のお得なきっぷ
【2020年秋の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【JR各社】2020年秋に使えるJR各社の格安きっぷまとめ

しなの鉄道は、新型車両SR1系を利用した有料快速列車「しなのサンライズ号」「しなのサンセット号」「軽井沢リゾート号」の運転を7月から開始します。クロス・ロング転換シートに、WiFi、コンセント装備だけでなく、土休日運転の「軽井沢リゾート号」には軽食付きのプランも用意されます。しなの鉄道の旅が楽しくなりそうです。

しなの鉄道「SR1系」利用の有料快速列車の運行を7月から開始!

しなの鉄道株式会社は、新型車両「SR1系」を利用した有料快速列車の運行を、2020年7月4日(土)から開始すると発表しました。

概要は以下の通りです。

  • 平日は朝時間帯に「しなのサンライズ号」(小諸→長野)を1本、夕夜間帯に「しなのサンセット号」を長野~上田間に1.5往復運転
  • 土休日は「軽井沢リゾート号」を4本運転
    • 午前中は軽井沢→妙高高原を1本、長野→軽井沢を1本の合計2本
    • 夕方は妙高高原→軽井沢を1本、軽井沢→長野を1本の合計2本
  • 列車指定券は平日300円~400円(こども同額)、土休日500円(こども250円)
  • 土休日運転の「軽井沢リゾート号」では、軽食付きプランを2,000円で提供(軽食セット1,500円+列車指定券500円)

詳しくは、しなの鉄道のお知らせをご覧ください。

しなの鉄道「SR1系」利用の有料快速列車の運転日とダイヤ

しなの鉄道の新型車両「SR1系」
しなの鉄道の新型車両「SR1系」

(出典)新型車両「SR1系」による有料快速列車の運行開始について(しなの鉄道 2020年5月25日 PDF

しなの鉄道の有料快速列車の運転日(曜日)とダイヤは以下の通りです。

【下り(軽井沢→長野→妙高高原)】

- 平日 土休日
【下り】 しなの
サンライズ号
(6両編成)
しなの
サンセット1号
(4両編成)
軽井沢
リゾート1号
(2両編成)
軽井沢
リゾート3号
(2両編成)
軽井沢 - - 09:31発 16:08発
中軽井沢 - - 09:35発 16:12発
御代田 - - 09:44発
小諸 07:15発 - 09:52発
田中 - 10:01発
上田 07:31発 19:07発 10:09発 16:43発
坂城 10:18発
戸倉 10:23発 16:56発
屋代
長野 08:00着 19:35着 10:42発 17:13着
豊野 - - 10:53発 -
牟礼 - - 11:02発 -
黒姫 - - 11:14発 -
妙高高原 - - 11:22着 -


【上り(妙高高原→長野→軽井沢)】

- 平日 土休日
【上り】 しなの
サンセット2号
(4両編成)
しなの
サンセット4号
(4両編成)
軽井沢
リゾート2号
(2両編成)
軽井沢
リゾート4号
(2両編成)
妙高高原 - - - 16:47発
黒姫 - - - 16:55発
牟礼 - - - 17:06発
豊野 - - - 17:16発
長野 18:26発 20:04発 09:10発 17:29発
屋代 09:23発
戸倉 17:45発
坂城
上田 18:52着 20:30着 09:39発 17:57発
田中 - -
小諸 - -
御代田 - -
中軽井沢 - - 10:07発
軽井沢 - - 10:12着 18:30着

しなの鉄道 有料快速列車の料金・予約方法

しなの鉄道の有料快速列車に乗車するためには、乗車券(きっぷ)のほかに「列車指定券」が必要になります。

主な区間の乗車券(運賃)と列車指定券の料金は以下の通りです。

【平日(しなのサンライズ号・しなのサンセット号)】

区間 乗車券 列車指定券
(大人)
列車指定券
(小人)
小諸~上田 410円 300円 300円
上田~長野 780円 300円 300円
小諸~長野 1,180円 400円 400円


【土休日(軽井沢リゾート号)】

区間 乗車券 列車指定券
(大人)
列車指定券
(小人)
軽井沢~上田 890円 500円 250円
軽井沢~長野 1,670円
軽井沢~妙高高原 2,480円

※軽食付きプランは2,000円(軽食セット1,500円+列車指定券500円)


列車指定券の発売箇所と発売期間(期限)は以下の通りです。

  • 発売箇所
    • 平日: WEB、小諸駅、上田駅、車内
    • 土休日: WEB、軽井沢駅、小諸駅、上田駅、戸倉駅、長野駅(しなの鉄道きっぷうりば)、車内
  • 発売期間
    • 平日: 利用月の1か月前の1日~当日
    • 土休日: 利用月の1か月前の1日~当日
      • 軽食付きプランは1週間前まで

しなの鉄道 有料快速列車の新型車両「SR1系」

しなの鉄道の有料快速列車に利用される車両は「SR1系」という新型車両です。

今回、2両×3編成の合計6両が新製され、7月4日から運行を開始します。今回運行を開始する車両は、有料ライナー用の車両です。また、2026年までには一般用の車両が46両製造され、現在、しなの鉄道で主力の115系を置き換える予定です。

しなの鉄道「SR1系」の座席はクロス・ロング転換シート
しなの鉄道「SR1系」の座席はクロス・ロング転換シート

(出典)新型車両「SR1系」による有料快速列車の運行開始について(しなの鉄道 2020年5月25日 PDF)

今回運行を開始する「SR1系」の特徴は、座席がクロスシートとロングシートに切り替えられる点です。この記事で紹介している有料快速列車として運転されるときには、クロスシートの状態で運転されます。

各座席に電源コンセントとドリンクホルダーが装備され、さらに、フリーWiFiのサービスも提供されます。運賃プラス300円~500円で乗車できる列車としては、十分な設備です。

さらに、軽食付きプランではテーブルが付いている席に案内されるとことで、テーブル付きの座席もあるようです。

しなの鉄道「SR1系」はJR東日本のE129系がベース
しなの鉄道「SR1系」はJR東日本のE129系がベース

なお、しなの鉄道の「SR1系」は、JR東日本のE129系電車がベースになっています。主にJR東日本の新潟地区で運転されている車両です。ただ、E129系にはクロス・ロング転換シートを装備した車両はありませんので、これはしなの鉄道「SR1系」向けに開発されたものと思われます。

旧信越本線の旅! しなの鉄道を横断「軽井沢リゾート1号」がおすすめ!

クロスシートの列車で浅間山を眺めながらの旅も!
クロスシートの列車で浅間山を眺めながらの旅も!

平日の「しなのサンライズ号」「しなのサンセット号」は通勤ライナーの色が濃いですが、土休日の「軽井沢リゾート号」は、鉄道旅行・乗り鉄にも十分に利用できる列車です。

「軽井沢リゾート1号・2号」は、軽井沢~妙高高原間のしなの鉄道全線を走破します。所要時間は2時間弱。これだけ長時間乗るのであれば、クロスシートの車両にゆったりと乗れるのはありがたいですし、電源コンセント、WiFiといった装備もうれしいですね。

しなの鉄道は旧信越本線。「軽井沢リゾート号」を利用すると、500円の列車指定券の追加で、旧信越本線の旅が快適になりそうです。軽食付きプラン(2,000円)にして、食事をしながらの旅も魅力的です。

2020年改正の土休日ダイヤでの、高崎から直江津への乗り継ぎは、以下のようになります。(逆方向の「軽井沢リゾート2号」では、軽井沢→横川のバスの最終便に間に合わないようです)

  • 高崎→軽井沢→妙高高原→直江津
    • 高崎 07:30発 → 横川 08:03着(信越本線 普通列車)
    • 横川 08:10発 → 軽井沢 08:44着(ジェイアールバス関東)
    • 軽井沢 09:31発 → 妙高高原 11:22着(軽井沢リゾート1号)
    • 妙高高原 12:06発 → 直江津 12:55着(えちごトキめき鉄道 普通列車)

以上、『しなの鉄道の新型車両「SR1系」利用の有料快速列車が7月にデビュー! 土休日運転の「軽井沢リゾート号」は乗り鉄にも便利! ダイヤ・料金を紹介』でした。しなの鉄道の新しい快速列車、通勤ライナーとしてだけでなく、観光にも利用できる列車になっていますので、ぜひ乗車してみたいですね。