青春18きっぷ関連のコンテンツはサブブログ「青春18きっぷナビ」に移行しました
スポンサーリンク

【2024年春 JRダイヤ改正】北陸新幹線敦賀延伸開業で北陸方面の輸送体系は大幅変更、山形新幹線E8系投入、東北新幹線定期列車復活でコロナ後のダイヤへ!

鉄道ニュース-ダイヤ改正
本サイトでは記事内に広告が含まれている場合があります。

JR各社は2024年3月のダイヤ改正の概要を発表しました。北陸新幹線の敦賀延伸開業では、「かがやき」「はくたか」あわせて14往復が東京駅から直通運転されます。また、「サンダーバード」「しらさぎ」は敦賀発着となるなど運行体系が大幅に変更されます。山形新幹線ではE8系が運転を開始、東北新幹線は定期列車が復活するなど、新幹線を中心に話題の多いダイヤ改正となります。

この記事では乗り鉄的な視点で興味深いトピックをまとめます。

スポンサーリンク

2024年春のJR各社ダイヤ改正(2024年3月16日)

JR各社は、2024年3月16日にダイヤ改正を実施すると発表しました。各社のニュースリリースは以下のとおりです。(全てPDFファイルへのリンクです)

スポンサーリンク

北陸新幹線 金沢~敦賀間が開業! 東京~福井は2時間51分に!

2024年3月16日に北陸新幹線の金沢~敦賀間が延伸開業します。東京~福井間は最速2時間51分、東京~敦賀は最速3時間8分となります。

金沢~敦賀間では「かがやき」9往復、「はくたか」5往復、「つるぎ」25往復を運転

2024年3月ダイヤ改正の最大のトピックが、北陸新幹線の金沢~敦賀間の延伸開業です。

新規開業区間での運転本数・停車パターンは以下のとおりです。

「かがやき」「はくたか」の運転パターン

「かがやき」「はくたか」の運転パターン

(出典)2023年春のダイヤ改正について(JR西日本)

「かがやき」「はくたか」は東京からの直通運転を実施します。東京への直通運転が実施されるのは「かがやき」が9往復、「はくたか」が5往復の計14往復となります。「かがやき」は朝晩を中心に、「はくたか」は日中時間帯を中心に運転されます。

「かがやき」は、福井駅にのみ停車する速達タイプが5往復、小松駅・越前たけふ駅にも停車するタイプが2往復、加賀温泉・芦原温泉にも停車するタイプが2往復となります。

「はくたか」5往復は、新規開業区間となる金沢~敦賀間は全駅に停車します。

「つるぎ」の運転パターン

「つるぎ」の運転パターン

(出典)2023年春のダイヤ改正について(JR西日本)

「つるぎ」は金沢~敦賀間で25往復運転されます。うち18往復が富山駅発着、残りの7往復が金沢駅発着となります。これまで「つるぎ」は各駅停車のみでしたが、ダイヤ改正以降は、金沢~敦賀間で福井駅にのみ停車する速達タイプの「つるぎ」が9往復運転されます。「はくたか」は各駅停車のみですので、新規開業区間では「つるぎ」のほうが速い列車ということになりそうです。

「サンダーバード」「しらさぎ」は敦賀発着に短縮、北陸新幹線「つるぎ」と接続へ

関西~北陸方面の特急列車の運行体系

関西~北陸方面の特急列車の運行体系

(出典)2023年春のダイヤ改正について(JR西日本)

北陸新幹線の敦賀延伸開業に伴って、大阪・名古屋~北陸方面の特急列車の運行体系が大きく変更されます。

「サンダーバード」「しらさぎ」は敦賀駅発着となり、北陸新幹線「つるぎ」に接続となります。「サンダーバード」はこれまでどおり25往復、「しらさぎ」は名古屋~敦賀間が8往復、米原~敦賀間が7往復の運転となり、米原~敦賀間で1往復減便となります。(代替の快速列車が運転されます)

「しらさぎ」の米原発着便は運転時間が30分ちょっとという短距離特急列車になります。

スポンサーリンク

山形新幹線「つばさ」に新型車両E8系を投入、E5系「やまびこ」と併結へ

山形新幹線「E8系」

山形新幹線「E8系」

(出典)2024年3月ダイヤ改正について(JR東日本東北本部)

山形新幹線に新型車両「E8系」が順次投入されます。これにより、宇都宮~福島間で300km/h運転ができるようになり、所要時間が最大で4分短縮します。東京~山形の最速列車は2時間22分となります。

ダイヤ改正当初、E8系で運転される「つばさ」は以下のとおりです。

  • 下り
    • つばさ131号: 東京 09:24 → 新庄 12:31
    • つばさ149号: 東京 17:00 → 山形 19:45 ※
    • つばさ157号: 東京 19:16 → 新庄 22:45 ※
  • 上り
    • つばさ122号: 新庄 05:40 → 東京 09:12
    • つばさ124号: 山形 07:12 → 東京 09:35
    • つばさ144号: 新庄 13:18 → 東京 16:48 ※

※: E3系で運転する場合があります。

一部の列車はE3系で運転する場合もあるそうですので、確実にE8系に乗りたい場合には、つばさ131号、つばさ122号、つばさ124号を選ぶとよさそうです。

また、「つばさ」と併結される「やまびこ」はE2系からE5系に変更になります。福島駅で見られるE2系+E3系の分割・併合もそろそろ見納めのようです。また、E5系+E3系(つばさ)の併結も、E8系が出そろうまでの期間限定ということになりそうです。

スポンサーリンク

JR東日本の新幹線で減便ダイヤを解消して定期列車を増発!

JR東日本の新幹線、特に東北新幹線は、前回(2023年)のダイヤ改正で大幅減便となりました。正確には、定期列車から臨時列車に格下げされ、閑散期には運転しないという対応を取っていました。

その後、コロナ禍からの回復傾向が見られてきたことにより、以下の列車が定期列車として復活(増便)されます。

  • 東北・秋田新幹線
    • 下り: はやぶさ・こまち9号、はやぶさ105号、109号
    • 上り: はやぶさ6号、104号、106号、26号、こまち40号
  • 東北新幹線
    • 下り: やまびこ135号、137号、141号、143号、153号
    • 上り: やまびこ128号、132号、138号、140号、146号

東北新幹線系統では、東京~盛岡間の「はやぶさ」と、「つばさ」に併結される「やまびこ」が定期列車として復活する形です。前回のダイヤ改正以降、日中時間帯の「つばさ」は単独で運転される列車が多かったのですが、2024年のダイヤ改正でほとんどが「やまびこ」(E5系)と併結されることになりそうです。

一方で、盛岡駅発着の「やまびこ」2往復が仙台駅発着に短縮されます。

  • 上越新幹線
    • 下り: たにがわ409号(平日のみ運転)
  • 北陸新幹線
    • 下り: かがやき511号、517号
    • 上り: かがやき504号、508号

上越新幹線では、平日夕方下り「たにがわ」を1本増発、北陸新幹線では敦賀延伸開業にあわせて「かがやき」2往復が増発となります。

各新幹線がコロナ前の90%程度まで回復している中、東北新幹線だけは80%そこそこと回復が遅れていました。そのため、減便ダイヤを続ける可能性もあるかと思いましたが、無事に増発となりました。今後の回復が予想されているということなのでしょう。

スポンサーリンク

房総方面の特急列車の輸送体系を変更、全車指定席化に「しおさい」E259系投入

首都圏では全般的に小幅な改正となっていますが、房総方面の特急列車は大きな動きがあります。

房総特急「しおさい」「わかしお」「さざなみ」が全車指定席へ

既報ではありますが、房総方面への特急列車「しおさい」「わかしお」「さざなみ」が全車指定席での運転となります。首都圏の他の特急列車で導入されている「新たな着席サービス」に統一されます。詳しくは、以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【房総特急】2024年春から全車指定席へ、首都圏の在来線特急から自由席は消滅!
房総方面への特急列車「しおさい」「わかしお」「さざなみ」が、2024年春から全車指定席での運転となります。首都圏の他の特急列車に導入されている「新たな着席サービス」が導入されます。これで首都圏の在来線特急列車からは自由席が消滅します。全車指定席化の前に「えきねっとトクだ値(チケットレス特急券)」40%割引キャンペーンも実施されます。

房総方面の特急列車を減便

都心から房総方面へ向かう特急列車「しおさい」「わかしお」「さざなみ」は、いずれも減便となります。特に、「しおさい」「わかしお」は土休日の列車本数が2~4本も減便となります。具体的には、以下の図のようになります。

房総方面特急列車の運行体系見直し

房総方面特急列車の運行体系見直し

「2024年3月ダイヤ改正について」(JR東日本千葉支社)に掲載されている図を編集して利用

平日は1~2本の減便、土休日は1~4本の減便となっています。もともと運転本数の少ない土休日の減便が多いのが気になります。

「しおさい」にE259系を投入、房総特急はE257系とE259系で大幅減車へ!

運転終了となる「255系」

255系は運転終了?

房総特急は、減便に加えて、車両面でも大幅に減車されます。

  • しおさい
    • 現行: 255系9両、E257系10両
    • 改正後: E259系6両、E257系5両
  • わかしお
    • 現行: 255系9両、E257系5両または10両
    • 改正後: E257系5両
  • さざなみ
    • 現行: 255系9両、E257系5両
    • 改正後: E257系5両

これまで255系9両やE257系10両で運転されていた列車が、すべてE259系6両またはE257系5両での運転となります。10両編成、9両編成がなくなり、すべて5~6両編成となります。前述の減便をあわせて考えると、輸送力は大幅に減っていることになります。

コロナ禍では、ビジネス需要は完全には戻らないものの、観光需要はほぼ100%まで戻るだろうというのが大方の予想で、実際にそうなりつつありますが、房総半島方面は事情が異なるようです。

また、これまで房総方面の特急列車の顔として活躍していた255系電車は、ダイヤ改正以降、定期列車から引退する見込みです。臨時列車での運転があるのかはわかりませんが、早めに乗り納めをしておいた方がよさそうです。

スポンサーリンク

奈良~大阪エリアでは有料座席サービスを拡充!「らくラクやまと」新設、「うれシート」拡大

関西圏では、奈良~大阪エリアの有料座席サービスが一気に拡充します。奈良~新大阪を天王寺経由で結ぶ通勤特急「らくラクやまと」が新設されるほか、2023年10月にサービスを開始した大和路線、おおさか東線の「快速 うれしート」の設定本数が拡大されます。

奈良~新大阪を結ぶ通勤特急「らくラクやまと」1往復を新設!

奈良~新大阪を天王寺経由で結ぶ通勤特急「らくラクやまと」が新設されます。

  • 列車名: らくラクやまと
  • 運転時刻(往路): 奈良 07:16発 → 大阪 08:13着 → 新大阪 08:19着
  • 運転時刻(復路): 新大阪 19:43発 → 大阪 19:49発 → 奈良 20:46着
    途中停車駅: 郡山、大和小泉、法隆寺、王寺、久宝寺、天王寺、大阪(地下ホーム)

JR西日本では、数年前から、姫路~新大阪間に通勤特急「らくラクはりま」を運転しています。今回、奈良~新大阪間に「らくラクやまと」を新設するということは、通勤特急の利用が好調ということなのでしょう。

なお、今回のダイヤ改正では「らくラクはりま」は運転区間が網干~京都間に拡大します。

JR西日本の神戸線通勤特急「らくラクはりま」でらくラク通勤! ダイヤ・停車駅、お得な特急券の買い方を紹介します!(2023年度版)
JR西日本が運行する新大阪~姫路間の通勤特急「らくラクはりま」。割安なチケットレスサービスを拡充して「座って通勤」を推進します。この記事では、通勤特急「らくラクはりま」の概要、料金、運転時刻(ダイヤ)などをご紹介します。おトクに利用するための「J-WESTチケットレス」についても紹介します。

大和路線・おおさか東線の「快速 うれしート」の設定本数を拡大、土休日も設定へ!

2023年10月からサービスを開始している大和路線・おおさか東線の「快速 うれしート」は、300円という安価な追加料金で、着席が保証されるサービスです。

2024年春のダイヤ改正では、「快速 うれしート」の設定本数が拡大されます。また、土休日も設定されるようになります。

  • 平日朝時間帯(大阪方面行き/奈良駅発車時点)
    • 6時台: 1本 → 4本
    • 7時台: 3本 → 3本
  • 土休日(大阪方面行き/奈良駅発車時点)
    • 7時台・8時台: 2本ずつ新設
    • 9時台: 1本新設
    • 15時台・16時台: 1本ずつ新設

座席は通常の普通列車や快速列車と同じものですが、300円で確実に座れるということで人気があるようです。おそらく、今後も設定本数が増えていくものと思われます。

「快速 うれしート」については、JR西日本のWebサイトをご覧ください。

快速 うれしート(有料座席サービス) | 鉄道 :JRおでかけネット
JR西日本が運営する観光情報サイトです。時刻表・運賃・列車運行情報(遅延証明書)・トクトクきっぷ・ICOCA・J-WESTカード・駅・路線図などの営業情報や西日本各地の観光情報、e5489・エクスプレス予約・スマートEXなどの予約サービスが...
スポンサーリンク

JR北海道の主要特急列車が全車指定席化

既報ですが、JR北海道の主要4特急「北斗」「おおぞら」「とかち」「すずらん」が全車指定席での運転となります。また、札幌~旭川を結ぶ「ライラック」「カムイ」の自由席を現状の4両から2両に減らします。

全車指定席となる特急列車では、JR東日本の首都圏で導入されている「座席未指定券」で乗車できるようになります。また、割引きっぷが「えきねっとトクだ値」などに変更になります。詳しくは、以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

【JR北海道】主要特急列車を全席指定化・座席未指定券を導入、札幌~旭川間も自由席を減車へ! 特急乗り放題フリーきっぷはどうなる?
2024年3月のダイヤ改正で、JR北海道が主要な特急列車で全車指定席化するとの報道が出ています。この記事では、2024年3月ダイヤ改正でのJR北海道の主要特急全車指定席化の話題について、現時点でわかっていることをまとめます。
スポンサーリンク

JR北海道の5駅が廃止へ

JR北海道の利用の少ない以下の5駅が廃止されます。

  • 石勝線: 滝ノ上駅
  • 宗谷線: 初野駅、恩根内駅
  • 石北線: 愛山駅
  • 函館線: 中ノ沢駅

宗谷線では連続する2駅の廃止となり、美深駅~天塩川温泉駅間は駅間距離が23.2kmとなります。宗谷線の名寄以北は、ここ数年で駅がどんどん廃止になっています。このままいくと特急停車駅しか残らないかもしれませんね。


以上、『【2024年春 JRダイヤ改正】北陸新幹線敦賀延伸開業で北陸方面の輸送体系は大幅変更、山形新幹線E8系投入、東北新幹線定期列車復活でコロナ後のダイヤへ!』でした。2015年の金沢延伸開業のときには開業特需で賑わいましたが、今回の敦賀延伸開業も賑わうといいですね。

スポンサーリンク

関連記事

房総方面の特急列車全車指定席化のまとめ記事です。

【房総特急】2024年春から全車指定席へ、首都圏の在来線特急から自由席は消滅!
房総方面への特急列車「しおさい」「わかしお」「さざなみ」が、2024年春から全車指定席での運転となります。首都圏の他の特急列車に導入されている「新たな着席サービス」が導入されます。これで首都圏の在来線特急列車からは自由席が消滅します。全車指定席化の前に「えきねっとトクだ値(チケットレス特急券)」40%割引キャンペーンも実施されます。

JR北海道の主要特急列車の全車指定席化のまとめです。

【JR北海道】主要特急列車を全席指定化・座席未指定券を導入、札幌~旭川間も自由席を減車へ! 特急乗り放題フリーきっぷはどうなる?
2024年3月のダイヤ改正で、JR北海道が主要な特急列車で全車指定席化するとの報道が出ています。この記事では、2024年3月ダイヤ改正でのJR北海道の主要特急全車指定席化の話題について、現時点でわかっていることをまとめます。
鉄道ニュース鉄道ニュース-ダイヤ改正
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました