ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

JR西日本の新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」、2020年春に運転開始へ! 各設備の愛称名も決定! 運転区間と料金はどうなる?


JR西日本が運転を計画している新たな長距離列車ですが、列車名が「WEST EXPRESS 銀河」に決定しました。また、車両のデザインや、設備の愛称名も発表されています。運転開始は、当初予定していた2020年夏から少し早まり、2020年春となりました。まだ発表されていない運行区間や料金はどうなるのでしょうか?

新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」(ウエストエクスプレス銀河)

JR西日本は、かねてから運転を計画していた新たな長距離列車の列車名を「WEST EXPRESS 銀河(ウエストエクスプレス銀河)」に決定したと発表しました。同時に、車両デザイン(エクステリア)と、各車両の設備(座席等)の愛称名についても発表しました。

www.westjr.co.jp

インテリアデザインについては、2018年5月に発表済みです。

www.kzlifelog.com

今回は、さまざまなタイプの座席や、各車両に設けられるフリースペースなどの設備の愛称名も発表されています。

JR西日本が発表した資料では、コンセプトを、

「銀河」とは、広い宇宙に存在する様々な星の集まりを指します
この列車が運転する西日本エリアを宇宙に、各地の魅力的な地域を星になぞらえ それらの地域を結ぶ列車という意味を込めました

(出典)新たな長距離列車の列車名・エクステリア・設備愛称名の決定について(JR西日本 PDFファイル)

としています。

おそらく夜行列車として運転されるでしょうから、そういう意味でも「銀河」という名称はあっていますね。もっとも、「銀河」といえば、東京~大阪を結んでいた夜行急行「銀河」を思い出してしまいますが、「WEST EXPRESS」というくらいですから、まずは西日本エリアで運行されるのでしょう。

117系とは思えないカラーリング!

f:id:kzlife:20190320193601j:plain
「WEST EXPRESS 銀河」のエクステリアデザイン

(出典)新たな長距離列車の列車名・エクステリア・設備愛称名の決定について(JR西日本 PDFファイル)

車両のカラーは、「瑠璃紺(るりこん)色」になりました。

117系電車は、登場時はクリーム色、その後は緑色や黄色など、さまざまなカラーに変更されたこともありますが、今回の濃紺系統の塗装はあまり見覚えがなく斬新です。

「銀河」のイメージともあっていますし、いかにも夜行列車らしいカラーリングですね。そう思うのは、ブルートレインの客車の色を思い浮かべるからかもしれません。

設備愛称名も発表!

前述のとおり、各タイプの座席やフリースペースといった設備の愛称名も発表されました。

号車 設備名 愛称名
1号車 グリーン車指定席 ファーストシート
2号車 普通車指定席
(ノビノビ座席・女性席)
クシェット(女性席)
3号車 普通車指定席
(コンパートメント)
ファミリーキャビン
3号車 フリースペース 明星(みょうじょう)
2-3号車 普通車指定席 (愛称名なし)
4号車 フリースペース 遊星(ゆうせい)
5号車 普通車指定席
(ノビノビ座席)
クシェット
6号車 グリーン個室 プレミアムルーム
6号車 フリースペース 彗星(すいせい)


座席設備につけられた、「ファーストシート」「クシェット」「ファミリーキャビン」「プレミアムルーム」は、これまで聞いたことのない名称ですね。新しいコンセプトの列車であることをアピールするために、新たな愛称名をつけたということなのでしょう。

また、フリースペースにも愛称がつけられました。6両編成の中で、フリースペースが3か所もあるというのが驚きです。それぞれのフリースペースには、「明星」「遊星」「彗星」といった星にちなんだ名前が付けられています。なかなか素敵な愛称ですね。

「カジュアル」がコンセプトながらゆったりとした車内

「WEST EXPRESS 銀河」は、「カジュアル」「くつろぎ」「多様性」をコンセプトにした列車ですが、その「くつろぎ」が具現化されているのが、たっぷり設けられたフリースペースですね。

f:id:kzlife:20190320193648j:plain
「WEST EXPRESS 銀河」の車内

(出典)新たな長距離列車の列車名・エクステリア・設備愛称名の決定について(JR西日本 PDFファイル)

4号車は一両丸ごとフリースペースですし、3号車と6号車の一部もフリースペースになっています。

それだけでなく、各車両のデッキ部分はかなり広いスペースが設けられているようですし、先頭車の車端部(運転席の後ろ)にもスペースがありそうです。

定員は90名と発表されていますが、もともと座席がゆったりとしているうえに、これだけのフリースペースが設けられていれば、かなりゆったりと過ごせそうです。

フリースペースで本を読んだり、友人や家族と談笑したり、ちょっとお酒を飲んだりもできそうですね。車内で思い思いに過ごすことができるのは、スペースが限られる乗り物としては、かなり贅沢なことですよね。

運転区間・料金の発表は今後

「新たな長距離列車」として計画されていた列車のエクステリア、インテリアデザイン、座席設備、列車名が明らかになり、残るは、運転区間と料金ですね。

2020年春の運転開始とのことなので、年内には何らかの発表があるのではないかと期待しています。

運行エリアは京阪神~山陰方面・山陽方面とだけ発表

運行エリアは、これまでに(例)として、「京阪神~山陰方面」「京阪神~山陽方面」とだけ発表されています。

117系は直流電車ですので、山陰方面へはルートが限られています。現在、「サンライズ出雲」が走る、東海道・山陽本線~伯備線~山陰本線のルートでしょう。山陽方面へは、山陽本線を走るルートでしょう。

あとは、「サンライズ瀬戸」のルートで四国方面(高松・琴平)あたりが考えられますね。かつての夜行急行「銀河」と同じ、東京~大阪での運転なんていうのも、期待したいですね。

列車種別と料金は?

列車種別はどうなるのでしょうか?

「臨時列車」として運転されることがこれまでに発表されていますが、そうだとすると、乗車券+必要な料金券で乗車することができそうです。

その場合、「快速」としての運転であれば、青春18きっぷ+指定席券で、普通車指定席とされている「クシェット」「ファミリーキャビン」などに乗車することもできそうです。

まあ、これだけの贅沢な設備ですから、「特急」「急行」として運転される可能性が高いかな、とは思いますが、気軽に乗れる夜行列車が復活することは、本当にうれしいことですね。


以上、『JR西日本の新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」、2020年春に運転開始へ! 各設備の愛称名も決定! 運転区間と料金はどうなる?』でお届けしました。運転開始まであと1年! 新たなコンセプトの夜行列車としての地位を確立して、JR他社も追随することを願わずにはいられません(笑)