スポンサーリンク

【青春18きっぷ 1泊旅】東京発、秘境路線「飯田線」に乗車する1泊周遊おすすめルート!

汽車旅

飯田線は豊橋駅と辰野駅結ぶJR東海のローカル線です。天竜峡の険しい渓谷の中を走り、数多くの秘境駅があることでも有名な路線です。首都圏からは少し距離がありますが、青春18きっぷを利用して1泊で乗りに行くことができます。この記事では、青春18きっぷで飯田線に乗車する青春18きっぷ1泊旅のおすすめルートを紹介します。

スポンサーリンク

秘境路線、飯田線に乗車する青春18きっぷ1泊周遊ルート

飯田線は、愛知県の豊橋駅と長野県の辰野駅を結ぶJR東海の路線です。豊橋近辺の都市部は、1時間に3~4本程度の本数がありますが、中間部はれっきとしたローカル線です。

飯田線の特徴は、距離に対して駅数がとても多いことです。全長195.7kmに対して、駅の数は94。駅間距離は平均すると約2kmと、都市部の通勤路線並みです。飯田線には、1日2往復の特急「伊那路」と、朝夕の一部区間を走る快速列車以外、ほとんどは各駅に停車する普通列車しかありません。つまり、青春18きっぷで旅をする場合、この94の駅全てに停車する列車に乗るということになります。

飯田線の普通列車で全線を走破すると、6~7時間ほどかかります。そのため、首都圏から青春18きっぷだけで飯田線に乗りに行こうとすると、日帰りでは不可能で、最低でも1泊が前提となります。

【1日目】東京~豊橋(泊)

路線区間所要時間備考
東海道本線東京~熱海約2時間グリーン車が
おすすめ
東海道本線熱海~豊橋約3時間20分興津・浜松等
で乗り換え

【2日目】豊橋~岡谷~東京

路線区間所要時間備考
飯田線豊橋~岡谷約6~7時間直通もしくは
天竜峡等で乗り換え
中央本線岡谷~東京約4~5時間小淵沢・甲府・高尾
等で乗り換え

1日目は、飯田線の始発駅となる豊橋駅まで、東海道本線を乗り継いでいきます。所要時間は5時間半程度ですし、列車の本数も多いので、どこかで途中下車して観光してもよいでしょう。乗り鉄メインなら、別料金となりますが、あとで紹介する天竜浜名湖鉄道がおすすめです。

2日目は、いよいよ豊橋駅から飯田線に乗車します。全線を直通する列車のほか、区間列車も多くありますが、区間列車の場合には乗り継ぎが考慮されたダイヤになっています。一気に乗りとおしてもよいですが、天竜峡駅などで途中下車して、お昼休憩や散策を楽しんでもよいでしょう。

飯田線は辰野駅までですが、ほぼ全ての列車が岡谷駅まで直通します。岡谷駅からは、中央本線の普通列車を乗り継いで、東京へと帰ります。

スポンサーリンク

【1日目】東海道本線の普通列車を乗り継いで豊橋へ

1日目は、翌日乗車する飯田線の始発駅、豊橋駅まで、東海道本線の普通列車を乗り継いでいきます。半日くらいで到着しますので、途中下車して観光したり、第三セクターや私鉄の乗り鉄を楽しむのもおすすめです。

JR東日本の東海道本線のグリーン車で熱海へ

東海道本線のグリーン車

東海道本線のグリーン車

東海道本線の東京~熱海間はJR東日本の路線です。10両~15両の長い編成の列車が頻繁に走っています。普通車でもかまいませんが、東京駅から熱海駅までは普通列車で2時間ほどかかりますし、熱海駅から先はロングシートの列車が多くなりますので、この区間はグリーン車がおすすめです。

JR東日本の普通列車に連結されているグリーン車については、以下の記事でわかりやすく解説しています。ぜひご覧ください。

JR東日本の普通列車グリーン車でプチ贅沢な旅をしよう! グリーン券の購入方法、ルールなど紹介します! 青春18きっぷとの相性も抜群!
JR東日本の首都圏を走る普通列車に連結されているグリーン車には、グリーン券を購入すれば、青春18きっぷでも利用できます。この記事では、普通列車グリーン車の概要、グリーン券の購入方法、混雑状況、【ひさの乗り鉄ブログ】おすすめの利用法について紹介します。

JR東海区間の東海道本線を乗り継いで豊橋へ

熱海駅で発車を待つ島田行きの普通列車

熱海駅で発車を待つ島田行きの普通列車

熱海駅から先はJR東海の区間となります。列車の編成はぐっと短くなり、3両~6両編成となります。青春18きっぷの時期は、熱海駅で乗り継ぐ人が多いので、座席を確保したければ乗り換えの時に急ぎましょう。東京駅から1本早い列車で熱海駅に到着してホームで並んでいれば座れます。

興津駅始発の浜松行きの列車

興津駅始発の浜松行きの列車

熱海駅から浜松行きに乗車するか、三島駅または沼津駅から豊橋駅まで直通する列車に乗車するのがベストです。ただし、日中時間帯は静岡行きや島田行きが多いので、その場合には、興津駅で下車して、次の列車に乗り継ぎましょう。

東海道本線の静岡エリアは、上手に乗り継げばラクに移動できるのですが、コツを知らないと何度も乗り継ぐ羽目になります。東海道本線静岡エリアの乗り継ぎについては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

青春18きっぷで東海道線の長距離をラクラク移動! 静岡県内のおすすめ乗り継ぎを紹介します!
青春18きっぷで東海道線を移動するときに難所となるのが、短い編成の列車が多いわりに比較的混雑している静岡県内です。この区間で快適に移動することができる乗り継ぎ方法を、実例とともにご紹介します。ポイントは、始発駅から乗車することと、できるだけ長距離の列車を選ぶことです。

木造駅舎での駅舎グルメや文化財巡りが楽しい「天竜浜名湖鉄道」

天竜浜名湖鉄道の古い木造駅舎

天竜浜名湖鉄道の古い木造駅舎

東海道本線を乗り継ぐだけでは、「鉄分」が足りないという方には、別途、運賃がかかりますが、第三セクター「天竜浜名湖鉄道」に寄り道するのがおすすめです。

東海道本線の掛川駅と新所原駅の間を、浜名湖の北側を通って結ぶ非電化路線です。登録有形文化財に指定されている駅舎や施設が随所にあり、古い駅舎を利用した「駅舎グルメ」も充実していますので、途中下車しながら旅をすると楽しい路線です。

また、浜名湖の近くを通るところでは、車窓から浜名湖を眺めることもできます。

天竜浜名湖鉄道の1日フリーきっぷ1,750円分の追加出費がかかりますが、その分の価値は十分にある路線です。

天竜浜名湖鉄道の乗車記については、以下の記事をご覧ください。途中、4か所で途中下車して、駅舎グルメや景色を楽しんできました。

【天竜浜名湖鉄道 乗車記】登録有形文化財の駅舎と駅舎グルメを巡る! 途中下車が楽しい天浜線の旅!
東海道線の掛川駅と新所原駅の間を、浜名湖の北側を通って結ぶのが、第三セクター鉄道「天竜浜名湖鉄道」です。全線非電化ののんびりした雰囲気の路線です。開業当初から残る木造駅舎や、その駅舎を活用した「駅舎グルメ」を巡る旅が楽しい天浜線。今回は、天...
スポンサーリンク

【2日目】天竜峡の渓谷美と秘境感、伊那谷が見どころ! 飯田線の旅を満喫!

2日目は朝から飯田線の旅を満喫します。一気に乗りとおすのもいいですが、途中下車して散策したり、お昼を食べたりするものおすすめです。終点の岡谷駅からは、中央本線の普通列車を乗り継いで帰ります。

豊橋駅から始発の飯田線の列車に乗車!

豊橋駅で発車を待つ飯田線の始発列車

豊橋駅で発車を待つ飯田線の始発列車

豊橋駅を朝6時ちょうどに発車する天竜峡行きの列車に乗車して、飯田線の旅を始めましょう! 天竜峡駅までは約3時間、そこから乗り継いで岡谷駅までは約6時間の行程ですので、飲み物や軽食を用意しておきましょう。

本長篠駅を過ぎるとローカル感が増してくる飯田線

本長篠駅を過ぎるとローカル感が増してくる飯田線

豊川駅までは豊橋近郊の通勤エリアで、一部、名鉄名古屋本線と線路を共用しています。このあたりは、まだローカル線の雰囲気はありません。豊橋駅から約1時間の本長篠駅あたりまでやってくると、次第にローカル感が強くなってきます。

天竜川の渓谷美と秘境駅が連続する中部天竜~天竜峡

飯田線のハイライト、天竜川の渓谷美

飯田線のハイライト、天竜川の渓谷美

中部天竜駅を出ると、いよいよ天竜川がつくる渓谷区間に入ります。このあたりは、秘境駅でも有名で、ほとんどの秘境駅は、この中部天竜~天竜峡間にあります。

なお、この区間、天竜川が良く見えるのは進行方向左側の座席です。

天竜峡駅近くの天竜川と渓谷の車窓

天竜峡駅近くの天竜川と渓谷の車窓

名だたる秘境駅に律儀に停車しながら、飯田線の電車はのんびりと走ります。よくこんなところに鉄道を通したものだと感心することでしょう。そして、今も、ほとんどの秘境駅が廃止されずに残っているのは、本当に驚くべきことです。

天竜峡駅からの散策コースもおすすめ!

天竜峡駅からの散策コースもおすすめ!

豊橋駅から約3時間で、天竜峡駅に到着です。すぐに接続する列車に乗り継いで先を急いでもいいのですが、お天気が良ければ、天竜峡を散策してみるのもおすすめです。天竜峡駅から1時間ほどで歩ける散策コースが整備されていて、このような天竜峡の素晴らしい景色を眺めることができます。

以下の記事で、天竜峡の散策記を公開していますので、ぜひご覧ください。

【天竜峡 散策記】 飯田線を途中下車して散策しよう! 手軽に天竜峡の絶景を眺められるお散歩コースを紹介!
飯田線の中間地点にある天竜峡駅。天竜川がつくる渓谷の景色が美しい駅です。列車や駅周辺からでも渓谷を眺めることができますが、天竜川の両岸に設けられた遊歩道を歩いてみると、より美しい風景に出会うことができます。天竜川駅から、天竜峡のお散歩コース...

天竜川がつくった河岸段丘が続く伊那谷を走る!

伊那谷を走る飯田線の車窓

伊那谷を走る飯田線の車窓

天竜峡駅から先は、これまでの渓谷から景色が一変します。ここから先は、天竜川がつくった河岸段丘が続きます。「伊那谷」「伊那盆地」と呼ばれているエリアです。比較的平坦な盆地のような風景が増えてきます。

飯田の町をぐるっと周る飯田線

飯田の町をぐるっと周る飯田線

飯田線の路線名称にもなっている飯田の町を、飯田線はぐるりと半周するように走ります。南側から飯田の町に入り、町の外周部を西側から半周するように、次第に標高を上げていきます。

険しい山並みが続く木曽山脈の車窓

険しい山並みが続く木曽山脈の車窓

伊那大島駅から駒ヶ根駅あたりまで、飯田線はかなり蛇行して走ります。飯田線の西側には木曽山脈が見えてきますが、かなり蛇行するため、進行方向の左側に見えたり右側に見えたり……。

このあたりは、南北に流れる天竜川がつくった河岸段丘に、東西から流れ込む支流が削ってできた「田切地形」が顕著です。支流が作った谷を渡ろうとすると大きな橋が必要になるので、それを避けるために上流側に迂回します。そのため、線路がぐねぐねと蛇行するわけです。

駒ヶ根駅

駒ヶ根駅

途中、駒ヶ根駅で途中下車してお昼休憩を取るのもおすすめです。駒ヶ根駅始発の列車も何本かあります。ランチには、駒ヶ根の名物、ソースカツ丼がおすすめです。

岡谷駅に到着した飯田線の普通列車

岡谷駅に到着した飯田線の普通列車

駒ヶ根駅から1時間ちょっとで終点の岡谷駅に到着しました。これで飯田線の旅は終わりです。

飯田線の車窓については、以下の記事で見どころを紹介しています。どちらの座席がおすすめかも紹介していますので、ぜひご覧ください。

【飯田線 乗車記】 天竜川の渓谷美と伊那谷の地形を楽しむローカル線の旅!
豊橋と辰野を結ぶ長大なローカル線、飯田線。天竜川の渓谷美や秘境駅で有名ですが、北側の伊那谷を蛇行する様子や、高いところから見おろす河岸段丘も見どころの一つです。そんな飯田線に、冬の青春18きっぷを利用して乗車してきましたので、乗車記をお届け...

中央本線の普通列車を乗り継いで帰京

中央本線の普通列車を乗り継いで帰京

中央本線の普通列車を乗り継いで帰京

岡谷駅からは、中央本線の普通列車を乗り継いで帰京します。普通列車で東京を目指す場合には、小淵沢駅や甲府駅、高尾駅あたりで乗り換えが必要になります。

飯田線の沿線で途中下車したり、秘境駅巡りをしたりすると、岡谷駅に到着するのが遅くなります。その場合は、中央本線の特急「あずさ」に乗車して帰京してもよいでしょう。出費が気になるなら、一部区間だけ利用する、いわゆる「ワープ」を活用しましょう。

スポンサーリンク

飯田線を満喫する青春18きっぷ1泊周遊ルート

秘境駅の一つ「小和田駅」

秘境駅の一つ「小和田駅」

東京発1泊の行程で、飯田線を満喫する青春18きっぷ周遊ルートをご紹介しました。

今回ご紹介したように、飯田線は、天竜川沿いの渓谷美や秘境感、それと対照的な伊那谷の河岸段丘など、車窓の見どころがたくさんあります。乗りとおすと6時間以上を要しますが、車窓を眺めていれば、意外とあっという間です。

そして、飯田線といえば秘境駅。飯田線の秘境駅は中部天竜~天竜峡間に集中していますが、この区間は列車の本数が少なく、秘境駅訪問は簡単ではありません。

以下の記事で、飯田線の主要な6つの秘境駅を訪問する行程を紹介しています。

【飯田線秘境駅巡り】 青春18きっぷで飯田線の秘境駅を訪問しよう! 普通列車のみで6つの秘境駅を訪問する行程表!(2022年版)
愛知県の豊橋駅と長野県の辰野駅を結ぶ飯田線。全長200km近いローカル線ですが、秘境駅の宝庫としても知られていて、秘境駅ファン(?)には人気の路線です。そんな路線ですから、普通列車の運転本数は多くなく、秘境駅を訪ねるのもなかなか大変です。そ...

豊橋発午前6時の列車は、この記事で紹介した行程と同じですが、6つの秘境駅を訪問してから首都圏へ帰ろうとすると、岡谷駅から特急「あずさ60号」に乗車する必要があります。青春18きっぷだけを利用する場合には2泊の行程が必要となります。

1つか2つの秘境駅に訪問する行程であれば、青春18きっぷ利用で東京まで戻ることも可能です。時刻表を眺めながら、秘境駅訪問の行程を考えてみるのも楽しいですね。


以上、『【青春18きっぷ 1泊旅】東京発、秘境路線「飯田線」に乗車する1泊周遊ルート!』でした。首都圏からだと少し遠いと感じる飯田線ですが、1泊の行程でそれなりに楽しむことができます。青春18きっぷシーズンの週末で旅ができますので、ぜひ飯田線に乗車してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

首都圏発、青春18きっぷを利用した1泊の行程で、魅力的な列車やローカル線に乗車できるおすすめ周遊ルートをまとめた記事です。青春18きっぷの旅を計画する際に、ぜひご覧ください。

【青春18きっぷ 週末1泊旅】週末で旅を楽しめる、首都圏発、青春18きっぷ1泊旅おすすめルート!
青春18きっぷでは普通列車にしか乗車できないため、遠征しようとすると長期の休暇が必要です。それでも、魅力的な路線や車窓は意外と身近にあるもの。なかなか休みが取れず、週末しか休めない!という方に向けて、【ひさの乗り鉄ブログ】がおすすめする、週末の1泊2日で魅力的な列車や路線に乗車できる「青春18きっぷ 週末1泊旅ルート」をご紹介します。

青春18きっぷで乗りたい川の絶景路線を紹介している記事です。飯田線ももちろん紹介しています。

青春18きっぷで乗りたい川沿いのおすすめ絶景路線7選! 渓谷美から清流までさまざまな車窓を楽しめます!
この記事では、雄大な川の流れを楽しめる磐越西線や只見線、渓谷美を楽しめる飯田線、日本一の清流を楽しめる予土線など、魅力的な川沿いの路線を5つ紹介します。どの路線も本当におすすめです。

青春18きっぷ関連のトップページです。青春18きっぷの最新情報、基礎知識から、おすすめの列車やルート、使いこなしのコツなど、多くのコンテンツを掲載しています。青春18きっぷの旅を考えていらっしゃる方は、ぜひご覧ください。

【青春18きっぷ 2022-23年冬】青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。【ひさの乗り鉄ブログ】では、2022-23年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。
汽車旅汽車旅-JR東海青春18きっぷ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました