スポンサーリンク

【青春18きっぷ 週末1泊旅】週末で旅を楽しめる、首都圏発、青春18きっぷ1泊旅おすすめルート!

十日町駅に到着した観光列車「おいこっと」ノウハウ
十日町駅に到着した観光列車「おいこっと」

青春18きっぷでは普通列車にしか乗車できないため、遠征しようとすると長期の休暇が必要です。それでも、魅力的な路線や車窓は意外と身近にあるもの。なかなか休みが取れず、週末しか休めない!という方に向けて、週末の1泊2日で魅力的な列車や路線に乗車できる「青春18きっぷ 週末1泊旅ルート」をご紹介します。

スポンサーリンク

特別に休みを取らなくても魅力的な列車や路線に乗車できる「青春18きっぷ 週末1泊旅ルート」

青春18きっぷは、ご存知のとおり、日本全国のJR線が乗り放題となる夢のフリーきっぷです。青春18きっぷ1枚分を使えば、東京から九州や北海道へ行くことも不可能ではありません。

ところが、青春18きっぷでは、新幹線や特急列車に乗車できないため、遠征しようとすると非常に時間がかかります。路線によっても異なりますが、普通列車で移動できる距離は、良くて1時間に50kmほど。半日かかって300km程度というところでしょう。東京~大阪間の移動にはほぼ丸一日かかってしまいます。往復の移動で計2日、現地での観光や乗り鉄を楽しむのに1~2日と考えると、それだけで3泊~4泊の行程が必要になります。長期の休暇を取ることが難しい方にとっては、青春18きっぷで遠征するのは難しいのが現実です。

そこで、特別な休暇を取らなくても、週末の1泊2日の行程で、できるだけ魅力的な列車に乗車したり、車窓が素晴らしい路線に乗車できる「青春18きっぷ 週末1泊旅ルート」(首都圏発)を紹介します。

スポンサーリンク

小海線「HIGH RAIL 1375」と飯山線「おいこっと」に乗る観光列車乗り継ぎ信州1泊ルート

小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」

小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」

高原の車窓が魅力的な小海線と、千曲川沿いに走る飯山線の観光列車を乗り継ぐ1泊旅ルートです。

1日目に、中央本線を乗り継ぎ、小淵沢から小海線の観光列車「HIGH RAIL 1号」に乗車します。小海線の高原の車窓を楽しんだあと、しなの鉄道で長野駅まで移動して、その日は長野駅周辺に泊まります。

飯山線の観光列車「おいこっと」

飯山線の観光列車「おいこっと」

2日目は、飯山線の観光列車「おいこっと」に乗車して、千曲川沿いのローカル線らしい車窓を存分に楽しみ、上越線・高崎線経由で首都圏へ戻ります。

JR東日本の観光列車「HIGH RAIL 1375」と「おいこっと」の両方に乗車できるだけでなく、それぞれの観光列車が走る小海線、飯山線の素晴らしい車窓を満喫できる、贅沢なルートです。

「HIGH RAIL 1375」は青春18きっぷ+指定席券(840円)、「おいこっと」は青春18きっぷ+指定席券(530円)で乗車できます。いずれも全車指定席の列車ですので、事前に「えきねっと」で指定席券を購入しておきましょう。どちらの列車も週末にコンスタントに運転されていますが、冬季は運転されない期間があります。運転日をよく確認しておきましょう。

小海線「HIGH RAIL 1375」と飯山線「おいこっと」に乗る観光列車乗り継ぎ信州1泊ルートの詳細については、以下の記事をご覧ください。

【青春18きっぷ おすすめ1泊旅】小海線「HIGH RAIL 1375」と飯山線「おいこっと」に乗る観光列車乗り継ぎ信州1泊ルート!
東京発で、小海線と飯山線に乗る青春18きっぷの1泊おすすめルートを紹介します。小海線では「HIGH RAIL 1375」、飯山線では「おいこっと」に乗る観光列車の旅を楽しめるルートです。中央本線や小海線から眺める南アルプスや八ヶ岳、小海線・飯山線沿線を流れる千曲川の車窓も楽しめるおすすめルートです。

小海線「HIGH RAIL 1375」については、以下の記事をご覧ください。おすすめの座席や指定席券の購入方法もわかりやすく解説しています。

小海線「HIGH RAIL 1375」(ハイレール1375)に乗ろう! おすすめの座席・指定席券の予約方法を解説します!
高原路線として有名小海線を走る観光列車「HIGH RAIL 1375」(ハイレール1375)は、高原の車窓やグルメを楽しむのにぴったりの観光列車です。【ひさの乗り鉄ブログ】では「HIGH RAIL 1375」の車内の様子を紹介するとともに、指定席券の予約・購入方法、おすすめの座席、車内での食事情などについてわかりやすく解説します。

飯山線「おいこっと」については、以下の記事もご覧ください。車窓の紹介に加えて、おすすめの座席、指定席券の購入方法を紹介しています。

【おいこっと】千曲川の車窓が美しい飯山線の観光列車! 車窓、おすすめの座席、指定席の予約方法を紹介します!
「おいこっと」は、飯山線の長野~十日町間を走る観光列車です。千曲川・信濃川の美しい車窓を眺めながら、のんびりとした旅を楽しめます。この記事では「おいこっと」の車窓に加え、指定席券の予約方法、おすすめの座席を紹介します。
スポンサーリンク

豪雨災害から復旧した長大ローカル線「只見線」に乗車する1泊周遊ルート

雪が舞う冬の会津川口駅

雪が舞う冬の会津川口駅

2011年夏の豪雨で被災し、長らく一部区間が不通となっていた只見線ですが、2022年10月、11年ぶりに全線で運転を再開しました。そんな只見線に乗車する1泊周遊ルートです。

磐越西線 快速「あいづ」

磐越西線 快速「あいづ」

1日目は、東京から東北本線を乗り継いで郡山へ。郡山からは磐越西線に乗車して会津若松を目指します。この日は、会津若松駅の近くで宿泊し、翌朝の只見線の乗車に備えます。

東京から郡山へは、東北本線を乗り継ぐのが最も所要時間が短いのですが、乗り換え回数が多く、少々せわしないです。時間はかかりますが、のんびりと車窓を眺めながらローカル線の旅を楽しむなら、常磐線+水郡線、あるいは、常磐線+磐越東線を選んでも良いでしょう。

会津川口駅に停車中の只見線

会津川口駅に停車中の只見線

2日目は、このコースのハイライト、只見線に乗車します。会津若松駅を午前6時過ぎに出発する始発列車は、終点の小出まで、只見線の全線を走破する列車です。これに乗車して、只見線の車窓を存分に楽しみましょう。

蛇行する只見川を何度も渡ります

蛇行する只見川を何度も渡ります

只見線の車窓の見どころは、何といっても只見川です。会津柳津駅付近から只見駅付近まで、2時間近くに渡って、只見線は只見川に沿って走ります。蛇行する只見川を何度も渡り、ときには渓谷的な美しさを、ときにはたっぷりと水をたたえる大河のような姿を見せてくれます。

上越線を走るE129系電車

上越線を走るE129系電車

只見線の旅を存分に楽しんだら、小出駅から上越線、高崎線を乗り継いで東京へと戻ります。途中、越後湯沢駅や水上駅で途中下車をして、温泉やグルメを楽しむのもおすすめです。

只見線に乗車する1泊周遊ルートは、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【青春18きっぷ 1泊旅】東京発、11年ぶりに全線で運転を再開した只見線に乗車する周遊ルート
2011年の豪雨被害で長らく一部区間で不通となっていた只見線が、2022年10月に全線で運転を再開しました。只見線は東京に比較的近いわりには、ローカル線の醍醐味を味わうことができる路線です。【ひさの乗り鉄ブログ】では、青春18きっぷで只見線に乗車する1泊旅のルートを紹介します。
スポンサーリンク

秘境路線「飯田線」に乗車する東京発1泊周遊ルート

愛知県の豊橋駅と長野県の辰野駅を結ぶ長大ローカル線、飯田線。天竜川がつくる渓谷美や多数の秘境駅など、見どころの多い路線です。そんな飯田線に、青春18きっぷ1泊の行程で東京から乗車しに行くおすすめルートです。

興津駅始発の浜松行きの列車

興津駅始発の浜松行きの列車

1日目は、東京駅から東海道本線を乗り継いで、飯田線の始発駅、豊橋駅までの行程です。翌日、始発の飯田線の列車に乗車するため、豊橋駅の近くに宿泊します。

天竜峡駅近くの天竜川と渓谷の車窓

天竜峡駅近くの天竜川と渓谷の車窓

2日目は、豊橋駅を午前6時に発車する飯田線の列車に乗車。市街地を抜け、本長篠駅を過ぎると、次第にローカル色が強くなっていきます。車窓のハイライトは、中部天竜~天竜峡間の天竜川の渓谷美。秘境駅が多くある区間ですが、飯田線の普通列車は誰も乗降客のいない駅にも律儀に停車していきます。

伊那谷を走る飯田線の車窓

伊那谷を走る飯田線の車窓

天竜峡駅から先は、天竜川がつくった河岸段丘を走ります。天竜峡の険しい渓谷から一転、盆地のような開けた車窓を眺めることができます。伊那谷、伊那盆地と呼ばれる地域です。

飯田線の列車は、中央本線の岡谷駅まで乗り入れています。豊橋駅から岡谷駅まで、実に6~7時間もかかります。一気に乗りとおしてもいいですが、天竜峡を散策するなど、途中下車を適度に入れると気分転換にもなります。

岡谷駅からは、中央本線の普通列車を乗り継いで、東京まで戻ります。

飯田線に乗車する青春18きっぷ1泊周遊ルートは、以下の記事で詳しく紹介しています。

【青春18きっぷ 1泊旅】東京発、秘境路線「飯田線」に乗車する1泊周遊おすすめルート!
飯田線は豊橋駅と辰野駅結ぶJR東海のローカル線です。天竜峡の険しい渓谷の中を走り、数多くの秘境駅があることでも有名な路線です。首都圏からは少し距離がありますが、青春18きっぷを利用して1泊で乗りに行くことができます。【ひさの乗り鉄ブログ】では、青春18きっぷで飯田線に乗車する青春18きっぷ1泊旅のおすすめルートを紹介します。

また、飯田線の車窓については、飯田線の乗車記もご覧ください。

【飯田線 乗車記】 天竜川の渓谷美と伊那谷の地形を楽しむローカル線の旅!
豊橋と辰野を結ぶ長大なローカル線、飯田線。天竜川の渓谷美や秘境駅で有名ですが、北側の伊那谷を蛇行する様子や、高いところから見おろす河岸段丘も見どころの一つです。そんな飯田線に、冬の青春18きっぷを利用して乗車してきましたので、乗車記をお届け...
スポンサーリンク

関連記事

青春18きっぷ関連のトップページです。青春18きっぷの最新情報、基礎知識から、使いこなしのコツ、おすすめの路線やルートなど、さまざまなコンテンツを掲載しています。青春18きっぷの旅を計画されている方は、ぜひご覧ください。

【青春18きっぷ 2022-23年冬】青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。【ひさの乗り鉄ブログ】では、2022-23年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。

首都圏発、青春18きっぷの日帰りルートを多数紹介しているページです。青春18きっぷが1日分余りそうなときや、長期の休暇が取りにくいときでも、日帰りで鉄道を満喫できるルートを紹介しています。

青春18きっぷが1日分余ってしまったら!? 首都圏発、青春18きっぷ おすすめ日帰り旅9選!
青春18きっぷで旅行をしてきたけど1日分余ってしまった。そんなときには、週末の日帰り旅行に利用してみましょう。日帰りでも、乗り鉄と観光の両方を存分に楽しむことができます。この記事では、首都圏発の青春18きっぷ日帰り旅のおすすめルートを紹介します。
ノウハウノウハウ-おすすめ路線青春18きっぷ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました