ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

急行「10周年飯田線秘境駅号」、2020年春は6日間運転! 飯田線の8つの秘境駅を一気に巡る臨時列車!

注目記事 【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール
【随時更新】JR各社 特急・観光列車の運休・運転再開情報まとめ(2020年5~7月)
【随時更新】JR各社の長期運休中となっている路線・区間と代行輸送まとめ


飯田線の秘境駅を巡る急行「飯田線秘境駅号」が、2020年春も運転されます。今回は運行10周年を記念して、急行「10周年飯田線秘境駅号」として運転されます。3月中に運転される上り列車は駒ヶ根駅始発となり、運転区間も延長されます。普段は運転本数が少なくて、なかなか訪れるのが大変な秘境駅を一気に制覇するチャンスです。

※2020.02.25更新(2020年春の運転情報に更新)

急行「飯田線秘境駅号」とは?

急行「飯田線秘境駅号」は、2010年から毎年運転されている臨時急行列車です。飯田線の主要駅に加えて、飯田線に点在する秘境駅にも停車する列車です。秘境駅での停車時間も確保されていますので、ホームに下りて写真撮影をしたり、周囲を散策したりすることができます。

f:id:kzlife:20190306173658j:plain
「飯田線秘境駅号」と同形の373系電車(写真は特急ふじかわ@甲府駅)

飯田線は、愛知県の豊橋駅と、長野県の辰野駅を結ぶ路線で、全長は195km以上にもなります。秘境駅が多くある区間は、天竜川が削り取った深い渓谷に張り付くように走ります。愛知・静岡・長野の3県境があり、山深いエリアなのですが、こまめに駅が設置されているため、秘境駅の宝庫ともなっています。

急行「10周年飯田線秘境駅号」の運転概要

飯田線

2020年春は、急行「10周年飯田線秘境駅号」として運転されます。運転概要は以下の通りです。

  • 運転日
    • 2020年3月27日(金)~29日(日)
    • 2020年4月3日(金)~5日(日)
  • 運転区間
    • 下り: 豊橋 → 飯田
    • 上り: (3月)駒ヶ根 → 豊橋、(4月)飯田 → 豊橋
  • 使用車両:373系 3両編成(特急「ワイドビュー伊那路」に利用されている特急車両)
  • 全車指定席で運転(乗車券以外に急行券・指定席券が必要です)
  • 料金(豊橋~飯田の片道): 合計4,170円
    • 乗車券(運賃): 2,640円
    • 急行券: 1,000円
    • 指定席券: 530円


急行「10周年飯田線秘境駅号」の運転時刻と停車駅、停車時間は以下のようになっています。

下り↓ 上り↑
停車駅 発着時刻 停車時間 発着時刻 停車時間
豊橋 09:50発 17:54着
新城 10:18着
10:42発
24分
柿平 11:10着
11:15発
5分
東栄 11:25着
11:35発
10分
浦河 16:30発
16:18着
12分
大嵐 12:10着
12:26発
16分
小和田 12:31着
12:51発
20分 15:44発
15:29着
15分
中井侍 12:56着
13:05発
9分 15:24発
15:17着
7分
伊那小沢 13:09着
13:17発
8分 15:14発
15:07着
7分
平岡 13:23着
14:01発
38分 15:02発
14:46着
16分
為栗 14:09着
14:15発
6分 14:38発
14:26着
12分
田本 14:25着
14:42発
17分 14:19発
14:04着
15分
金野 14:53着
15:00発
7分 13:50発
13:45着
5分
千代 15:02着
15:08発
6分 13:43発
13:38着
5分
天竜峡 15:12着
15:14発
2分 13:35発
13:33着
2分
飯田 15:30着 13:13発
12:46着
27分
駒ヶ根 11:47発


赤字が秘境駅と呼ばれている8つの駅です。いずれも、5分~20分程度の停車時間が設けられていますので、ホームに下りたり、周囲を散策したりできます。

なお、急行列車ですので、青春18きっぷでは乗車できません。全車指定席ですので、急行券と指定席券を確保しておきましょう。

詳しくは、JR東海のニュースリリースをご覧下さい。

2020年春「10周年飯田線秘境駅号」、3月中の上りは駒ヶ根駅発で運転!

f:id:kzlife:20200225191428j:plain

2020年春の運転では、3月27日~29日の三日間に運転される上り列車が、駒ヶ根駅始発となります。急行「飯田線秘境駅号」の10年の歴史の中では初めてのことです。

「飯田線秘境駅号」は、飯田線を走る特急「ワイドビュー伊那路」と同じ373系電車での運転となりますが、特急「ワイドビュー伊那路」も、豊橋~飯田間での運転です。

飯田より北側を373系電車に乗って旅ができるチャンスでもありますね。

「飯田線秘境駅号」で秘境駅を一気に制覇! ただし、秘境駅の雰囲気は味わえないかも?

飯田線は、秘境駅が点在する中部天竜~天竜峡の運転本数が極めて少ないため、例えば青春18きっぷを活用しても、秘境駅をすべて回るのはとても大変です。この区間には、「ワイドビュー伊那路」という特急も走っていますが、秘境駅などに停車するわけもないため、秘境駅訪問には利用できません。

f:id:kzlife:20190302131356j:plain
秘境駅の一つ小和田(こわだ)駅にも停車!

この「飯田線秘境駅号」を活用すると、片道に乗車するだけで8つの秘境駅を訪問できます。停車時間はそれほど長くはないですが、周囲の様子を確かめるには十分でしょう。

ただし、秘境駅の雰囲気はないでしょう。この列車に乗車している乗客のほとんどがホームに下りるでしょうから、秘境駅が乗客で溢れかえるという、それはそれで珍しい光景が見られると思います。

秘境駅の雰囲気を味わいたいなら普通列車で訪問しよう!

f:id:kzlife:20200225191720j:plain

急行「飯田線秘境駅号」は、各秘境駅で停車、駅前を散策するくらいの時間が確保されているため、お手軽に秘境駅を訪ねるには最適な列車です。

ところが、おそらく100名以上の乗客が乗る「飯田線秘境駅号」では、「列車が行ってしまったら、そこの残されたのは自分ひとり」という秘境駅ならではの雰囲気を体験することは難しいでしょう。

そんな雰囲気を味わいたいのであれば、平日の昼間の普通列車を利用して訪問するしかなさそうです。青春18きっぷのシーズンには、同じように秘境駅訪問を楽しんでいる同業者(?)もいるかもしれませんが、それでも秘境駅の雰囲気を味わうことは可能でしょう。

そこで、普通列車で飯田線の6つの秘境駅を訪問するプランを掲載した以下の記事をおすすめします。普通列車の本数が少ない飯田線ですから、効率よく秘境駅を訪問する乗り継ぎは極めて限られてしまいます。そのうちの一つをご紹介しています。

www.kzlifelog.com

また、この区間は秘境駅が集中しているだけでなく、急流として知られる天竜川に沿って進む区間で、車窓も楽しめます。以下の記事では、飯田線の車窓を中心にした乗車記を掲載していますので、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com

秘境駅巡りだけでなく、普通列車でのんびりと汽車旅を楽しむ路線としてもおすすめです。


以上、『急行「10周年飯田線秘境駅号」、2020年春は6日間運転! 飯田線の8つの秘境駅を一気に巡る臨時列車!』をご紹介しました。秘境駅を自力で巡るのは大変ですが、「飯田線秘境号」を使えば一気に制覇できます。一方、秘境駅の雰囲気を味わいたいという方は、ぜひ自力での秘境駅訪問にチャレンジしてみてください。列車の本数は少ないので、くれぐれも乗り遅れないようにご注意を。