ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

豊肥本線 肥後大津~阿蘇間、2020年8月8日に運転再開! 2016年熊本地震で被災、4年ぶりに全線運転再開へ!

注目記事 【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール
【随時更新】JR各社 特急・観光列車の運休・運転再開情報まとめ(2020年5~7月)
【随時更新】JR各社の長期運休中となっている路線・区間と代行輸送まとめ


2016年4月の熊本地震で被災した豊肥本線ですが、現在も不通となっている肥後大津~阿蘇間の運転再開が2020年8月8との発表がJR九州からありました。熊本地震から4年以上、熊本と大分を結ぶ豊肥本線が、ようやく全線で運転再開となります。

※2020.05.27更新

豊肥本線 肥後大津~阿蘇間、2020年8月8日に運転再開へ!

国土交通省は、2016年の熊本地震により被災して不通となっている、豊肥本線の肥後大津~阿蘇間について、2020年8月に復旧、運転再開見込みであることを発表しました。

www.mlit.go.jp

さらに、JR九州は、5月27日、豊肥本線の全線運転再開が、2020年8月8日(土)の始発列車からになると発表しました。

豊肥本線は、熊本と大分を結ぶ全長148kmの路線です。九州の中ほどを東西に横切る路線です。

2016年4月の熊本地震で被災し、肥後大津~阿蘇間で不通となっています。特に、立野~赤水間の阿蘇大橋地区で大規模な土砂崩れがあり、並行する国道57号線とともに線路が流失するなど、大規模な被害を受けてしまいました。

熊本地震から1年後の2017年4月より復旧工事に着手。2019年度末までに、最も被害の大きかった阿蘇大橋地区の斜面崩落の復旧がほぼ完了し、2020年8月の運転再開見通しが立ちました。

スイッチバックが残る鉄道の難所、立野駅

熊本地震で被害が大きかったのは、阿蘇外輪山の切れ目からカルデラの内部へと続く立野駅~赤水駅の間です。

熊本地震の復旧状況
熊本地震の復旧状況

(出典)JR豊肥本線が令和2年8月頃に運転再開の見通し(記者発表資料)(国土交通省 2020年4月10日 PDF)

国土交通省の記者発表資料にある「熊本地震の復旧状況」の図にある白抜きの×印の部分が、立野~赤水間の被災箇所です。

立野駅はスイッチバック駅としても有名です。熊本から豊肥本線に乗車すると、立野駅に到着後、進行方向が変わっていったん後退、停車したあと、再び進行方向を変えて阿蘇方面へと発車していきます。

スイッチバックは勾配の大きな区間で高度を稼ぐための手法の一つですが、立野駅付近は、阿蘇外輪山の切れ目にあたり、鉄道の難所となっているのです。

そのような場所ですから、熊本地震によってあちこちで土砂崩れが発生。被害が大きくなってしまったわけです。

阿蘇~大分の都市間輸送に加え、阿蘇への観光路線としても復活へ!

かつて運転されていた特急「あそ」(2002年撮影)
かつて運転されていた特急「あそ」(2002年撮影)

豊肥本線は、その名の通り、豊後(大分)と肥後(熊本)を結ぶ路線で、大分と熊本の都市間輸送を担っています。

被災前、「九州横断特急」が人吉~熊本~大分~別府間で運転されていましたが、現在は、阿蘇~大分~別府間での運転となっています。

一方、豊肥本線は、阿蘇観光へのアクセス路線としての役割も担っています。

かつては「SLあそBOY」というSL列車が走っていましたかつては「SLあそBOY」というSL列車が走っていました
かつては「SLあそBOY」というSL列車が走っていました

豊肥本線は、途中、阿蘇山のカルデラ内を走ります。阿蘇観光の玄関口となる阿蘇駅は、阿蘇山のほぼ真北のカルデラ内にあります。

阿蘇への観光客向けの列車として、観光列車(JR九州の「D&S列車」)として、特急「あそぼーい」が、週末を中心に運転されています。こちらも、現在は阿蘇~大分~別府間の運転になっています。

これらの特急列車も、豊肥本線が全線で運転再開されれば、再び熊本までやってくることになるでしょう。

熊本地震から4年以上を経て、都市間連絡路線として、そして、観光路線としても、復活することになります。


以上、「豊肥本線 肥後大津~阿蘇間、2020年8月8日に運転再開! 2016年熊本地震で被災、4年ぶりに全線運転再開へ!」でお届けしました。新型コロナの感染拡大で、鉄道業界でも暗い話題ばかりですが、その中で何ともうれしい運転再開のニュース! 新型コロナが終息したら、ぜひ乗りに行きたいですね。