読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

4社直通の有料座席指定列車「S-TRAIN」が3月から運行開始! 110km以上の長距離運転も、料金は若干高め?

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

秩父 羊山公園

西武・東京メトロ・東急・横浜高速鉄道の4社が、有料の座席指定列車を3月25日から運行開始することを発表しました。愛称は「S-TRAIN」に決まり、料金やダイヤも発表されました。平日は所沢~豊洲の通勤輸送に、土休日は西武秩父~元町・中華街の観光輸送に特化したダイヤとなりました。

有料座席指定列車「S-TRAIN」とは?

S-TRAINは、現在、東京メトロ副都心線を介して直通運転を行っている、西武・東京メトロ・東急・横浜高速鉄道の4社の区間を直通で走る有料の座席指定列車です。1月10日に各社が、S-TRAINという愛称名と、指定料金・運行ダイヤを発表しました。車両は、西武の40000系という通勤型車両が使われます。S-TRAINとして運転されるときは、2+2のクロスシートとなります。

詳しくは、各社のリリースをご覧ください。

運行区間・ダイヤは?

まず運行ダイヤですが、平日は所沢~豊洲、土休日は西武秩父(一部列車は飯能・所沢発着)となっています。平日は西武池袋線~東京メトロ有楽町線の運転、土休日は西武池袋線~東京メトロ副都心線~東急東横線~横浜高速鉄道みなとみらい線の4社直通運転となります。

平日は西武池袋線~東京メトロ有楽町線の運転

平日と土休日で運行区間が異なるというのは驚きました。平日の所沢~豊洲間の運転では、途中停車駅は、保谷・石神井公園・飯田橋・有楽町のみです。平日は、都心部を通る有楽町線方面のほうが需要があると判断されたのかもしれません。また、平日の運転本数は、所沢→豊洲が4本、豊洲→所沢が3本となっています。通勤ライナーとしては若干少ないかなと思います。特に、朝の通勤時間帯の運転が、所沢→豊洲の1本しかないのは残念ですね。ラッシュの時間帯はダイヤ的に増発が難しいのかもしれませんが、今後本数が増えることを期待したいです。

土休日は4社直通で最大110km以上もの長距離運転!

土休日は、西武秩父~元町・中華街間の4社を直通する経路で運転されます。最大で110km以上、所要時間は2時間半という長距離運転となります。

ただ、こちらも運転本数が多くありません。南行きは西武秩父発が1本、飯能発が1本です(終点はいずれも元町・中華街)。北行きは、いずれも元町・中華街発で、西武秩父・飯能・所沢行きが各1本ずつの合計3本のみです。まだ車両が少ないのかもしれませんが、土休日であればダイヤ的には増発の余地はありそうな気もしますので、こちらも今後の本数増に期待です。

料金は若干高め?

有料の座席指定列車ですから、運賃以外に座席指定料金がかかります。詳しくは、上記のニュースリリースをご覧いただきたいのですが、平日運行の所沢~豊洲は区間によらず510円、土休日運行の4社直通列車は、300円~1060円となっています。

料金は、私鉄他社の有料特急と比較すると、長距離では若干高めかなと思います。例えば、飯能~元町・中華街間は約80kmで指定料金は860円。同じような距離では、小田急ロマンスカーの新宿~箱根湯本間が約89kmで890円です。車内設備は専用車両のロマンスカーのほうが圧倒的に上でしょうし、速達性も上でしょう。また、JRの普通列車に連結されているグリーン車(自由席)は、土休日は50kmまで570円、51km以上は780円です。これらと比較すると、若干高めではないかと思います。

今後の本数増やダイヤ改善・専用列車の登場にも期待!

今回は、まずは少ない本数で走らせてみて、利用状況を見ようということかもしれません。利用状況が良ければ、車両の増備やダイヤ改善によって、本数の増加が実現するのではないかと思います。

また、平日の通勤ライナー的な利用であれば通勤型車両でもよいかもしれませんが、土休日の長距離の運転には若干厳しいのではないかと思います。所沢~元町・中華街でも1時間20分程度、飯能~元町・中華街では1時間40分程度になりますので、一般的には特急列車の乗車時間となります。地下鉄経由の特急としては、小田急がメトロはこねを走らせていますし、西武も自社線内のみですが特急レッドアローを運行しています。この4社間の直通列車にも、専用の特急車両が登場することを期待したいです。

ちょっと辛口の評価になってしまいましたが、個人的には秩父や横浜への観光に是非利用してみたいと思います。

関連記事

S-TRAINのおすすめの利用法の記事を書きましたので、よろしければ下記リンクからご覧ください。

www.kzlifelog.com