ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【川越特急 乗車記】 東武東上線の料金不要で乗れるクロスシートの乗りトク列車! ダイヤ、停車駅、乗車方法など紹介します!

おすすめ記事Pick Up! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

「川越特急」は、2019年3月のダイヤ改正で誕生した東武東上線の列車です。「TJライナー」で利用されるクロスシートの状態で運転されますが、乗車券だけで乗車でき、特別な料金は不要というお得な列車です。この記事では、川越特急の概要(ダイヤ、停車駅など)に加えて、2019年のゴールデンウィークに「川越特急」に乗車しときの様子をご紹介します。

東武東上線「川越特急」とは?

「川越特急」は、東武東上線の池袋~森林公園・小川町を結ぶ列車です。列車名のとおり、都心から川越への観光客の利用を想定した列車です。

「川越特急」はTJライナー用の車両をクロスシートで運転!

f:id:kzlife:20190503235033j:plain
「川越特急」に利用されている東武50090系電車(「川越特急」で小川町に到着後、折り返しの普通列車に)

東武東上線では、朝夕の時間帯に運転されている「TJライナー」という有料座席指定列車があります。50090系という車両が使われていて、普段はロングシートで、「TJライナー」として運転されるときはクロスシートに転換して運転できる車両です。

f:id:kzlife:20190503235239j:plain
「川越特急」(50090系)の車内 クロスシートが並びます

「川越特急」は、このTJライナー用の車両を、クロスシートの状態で運転します

後ほど説明しますが、「川越特急」は、TJライナーとは異なり、追加料金は不要ですので、かなりお得な列車ということになります。

「川越特急」の運転日・ダイヤ・停車駅

「川越特急」は毎日運転されていますが、平日と土休日でダイヤが異なります。下りは小川町行き、上りは森林公園発となり、上りと下りで運転区間が異なります。

  • 土休日・平日 下り
    • 池袋 10:00発 → 川越 10:26着 → 小川町 11:01着
    • 池袋 11:00発 → 川越 11:26着 → 小川町 12:01着
  • 土休日 上り
    • 森林公園 16:00発 → 川越 16:22発 → 池袋 16:49着
    • 森林公園 16:30発 → 川越 16:52発 → 池袋 17:19着
    • 森林公園 17:00発 → 川越 17:22発 → 池袋 17:49着
    • 森林公園 17:30発 → 川越 17:52発 → 池袋 18:19着
  • 平日 下り
    • 森林公園 16:30発 → 川越 16:52発 → 池袋 17:19着
    • 森林公園 17:30発 → 川越 17:52発 → 池袋 18:19着
    • 森林公園 18:30発 → 川越 18:52発 → 池袋 19:19着

停車駅は、上り・下りともに共通です。

  • 停車駅
    • 池袋、朝霞台、川越、川越市、坂戸、東松山、森林公園、つきのわ、武蔵嵐山、小川町

TJライナーや快速急行など、東武東上線の速達列車とは一部停車駅が異なりますので、注意が必要です。

ちなみに、池袋から川越までは26~27分。快速急行とほとんど変わらず、急行よりも2~3分速いくらいです。

「川越特急」は料金不要で乗車券のみで乗車可能!

「川越特急」の一番の特徴は、クロスシートの列車に、追加料金不要で乗れるという点でしょう

TJライナーの場合には、下り列車は360円、上り列車は460円の座席指定料金が必要になりますが、同じ車両で運転される列車なのに、「川越特急」では、この料金が不要になるのです。

座席指定料金が不要のため、全車自由席として運転されます。事前に予約や指定席券の購入は不要ですが、自由席なので早い者勝ちです

「川越特急」 池袋→小川町 乗車記!

2019年のゴールデンウィークに、川越特急の下り列車(池袋11時発 小川町行き)の全区間に乗車してみましたので、車内の様子を交えて乗車レポートをお届けします。

川越特急は池袋駅1番線から発車

f:id:kzlife:20190503235320j:plain
池袋駅の行先案内表示 川越特急は1番線から

東武の池袋駅は、JR池袋駅の西側にあります。川越特急は、1番線ホーム、もっともJR池袋駅のホームに近い側から発車します。行先案内では「川特」と略されていますね。

f:id:kzlife:20190503235404j:plain
「川越特急」の行先表示は独自のフォント

隣の2番ホームから、急行森林公園行きが発車したあと、川越特急が入線してきました。側面の行先表示は、このように独自のフォントで「川越特急」となっています。

f:id:kzlife:20190503235434j:plain
「川越特急」の車内 池袋発車時点では意外と空いていました

車内にはクロスシートが並びます。4扉の車両の、ドアとドアの間に3列ずつ。車端部(ドアと車両端の間)には3人掛けのロングシートがあります。

ゴールデンウィークだからもう少し混雑するのかと思いましたが、池袋発車時点での乗車率は3割程度といったところでしょうか。1本前の急行(10時53分発)のほうが先に川越に到着するので、あえて「川越特急」を待とうという乗客は多くないのかもしれません。

朝霞台で緩急接続、乗客が増え立ち客も!

11時ちょうどに池袋を発車。先行する各駅停車を上板橋で抜き去り、快調に飛ばしていきます。

和光市からは複々線になります。池袋から15分で、最初の停車駅、朝霞台駅に到着。地下鉄から直通してくる各駅停車とほぼ同着でした。この朝霞台駅で緩急接続が図られているらしく、各駅停車から大勢が乗車してきて、車内は一気に乗車率が上がりました。座席に空きはあるものの、相席を嫌ってか、ドア脇に立つ客もちらほら。

結果的に、朝霞台~川越間が最も混雑していました。とはいえ、相席を厭わなければ全員が座れるくらいの混雑ですが。

そういえば、車内では、川越の観光案内のアナウンスが流れていました。川越駅から蔵の街までのバスの案内(というより宣伝?)がメインです。このあたりは、観光客を意識した列車らしいですね。

川越で観光客が下車

JR川越線の単線の線路が左側から並んでくると、11時26分、川越に到着しました。

f:id:kzlife:20190503235506j:plain
川越に到着、観光客が下車

川越では観光客が多少下車しましたが、新たに乗ってくる客も多く、車内は3~4割ほどの乗車率に。

観光客よりも、東上線の「速い列車」として日常的に利用している方が多いように感じます。

田園風景が目立つ埼玉中部を北上

f:id:kzlife:20190503235533j:plain
都会から住宅街、そして、田園風景へ

川越を出ると、次第に住宅よりも田畑が目立つようになってきます。東京はどんよりとした曇り空で、ところどころで雨も降っていましたが、森林公園のあたりまで来ると、青空が広がりました。

停車するごとに、少しずつ乗客が下車していき、車内はどんどん空いてきます。

森林公園から先は、各駅に停車します。ここでも、各駅ごとに下車がありました。

終点、小川町に到着

気が付くと、車内はガラガラに。私が乗っていた2号車の乗客は5名ほどまで減っていました。

f:id:kzlife:20190503235618j:plain
低い山々が見えてくるとまもなく終点の小川町

ずっと関東平野を北上してきましたが、終点、小川町の近くまで来ると、関東平野と関東山地の境界に入り、低い山々が車窓を彩ります。

f:id:kzlife:20190503235653j:plain
小川町に到着した「川越特急」は、クロスシートのまま折り返しの普通列車に

12時01分、池袋から1時間ちょっとで、終点、小川町に到着しました。到着後、車内整備のためということで、すぐに扉が閉まりました。少し見ていると、クロスシートが回転し、向きを変えているようでした。

行先表示は「普通 森林公園」と変わり、小川町始発の森林公園行きとなって折り返していくようです。クロスシート状態のまま運転されるようですから、各駅停車とはいえ、これも乗りトク列車ですね。

森林公園に到着したらそのまま車庫で休憩、その後、16時以降の「川越特急」の上り列車として運転されるのでしょう。

f:id:kzlife:20190503235730j:plain
電車と汽車がやってくる小川町駅

小川町は、埼玉県中西部の小さな盆地に位置する町です。小川町駅は東武東上線の途中駅ですが、池袋からやってくる10両編成の電車は、この小川町駅止まり。ここから先、終点の寄居まではの間は、4両編成の短い電車が走っています。

上の写真の左側、架線のない線路は、JR八高線(八王子~高崎)です。10両編成の電車がやってくる東武東上線とは対照的に、2両編成の気動車が走っています。

「川越特急」は森林公園や小川町への長距離乗車におすすめ!

「川越特急」に乗車してみて感じたのは、池袋から川越への観光客向けの列車としては、それほど積極的に利用されていないということです。

前述のとおり、快速急行や急行などと所要時間は大差がないですし、クロスシートで乗り心地がよいといっても、所要時間は30分程度。池袋は始発駅のため、急行などでも座ることができます。あえて、「川越特急」まで待つ必要もなさそうです。

一方で、森林公園や小川町、さらに、その先へ移動する場合には、「川越特急」の速達性とクロスシートの乗り心地の良さが発揮されます

小川町や寄居、また、寄居から先、秩父鉄道に乗り換えて長瀞などへの観光には、比較的長時間の乗車となるため、「川越特急」の利用をおすすめします。


以上、『【川越特急 乗車記】 東武東上線の料金不要で乗れるクロスシートの乗りトク列車! ダイヤ、停車駅、乗車方法など紹介します!』でした。川越への観光よりも、さらに先、森林公園や小川町への移動に向いている列車です。本数は多くないですが、時間が合えば利用してみるとよいと思います。