K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

小海線の新たな観光列車「HIGH RAIL 1375」の指定席券の取り方とオプションの予約購入方法を解説します! ~HIGH RAIL 1375 乗車記(1)~

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」

2017年7月から運転を始めた小海線の新しい観光列車「HIGH RAIL 1375」(ハイレール1375)。運転開始からまだ2週間ですが、指定席券が確保できたので、乗車してきました。早速乗車レポートを、と言いたいところですが、まずは指定席券の予約・購入の方法と、「HIGH RAIL 1375」の特徴でもある車内サービス(オプションサービス)の予約方法について解説します。

「HIGH RAIL 1375」は全席指定の快速列車

「HIGH RAIL 1375」は、全席指定の快速列車として運転されます。快速列車ですので、特急券(特急料金)は不要ですが、座席を確保する「指定席券」が必要となります。指定席券を持っていないと乗車することができませんので注意が必要です。

「HIGH RAIL 1375」は、金・土・日曜日を中心に、1日1.5往復運転されています。

  • HIGH RAIL 1号: 小淵沢 10:30発 → 小諸 12:31着
  • HIGH RAIL 2号: 小諸 14:22発 → 小淵沢 16:54着
  • HIGH RAIL 星空: 小淵沢 18:20発 → 野辺山 18:58着/20:01発 → 小諸 21:51着

詳しい運転日などは、JR東日本長野支社のサイトをご覧ください。

www.jreast.co.jp

指定席券を確保する方法は2つ

「HIGH RAIL 1375」の指定席券を確保する方法は、大きく分けて二つあります。

  • みどりの窓口やえきねっと(インターネット予約)で指定席券を購入
  • びゅう旅行商品を申し込む

みどりの窓口・えきねっとで指定席券を購入(1名から可能)

特急列車や新幹線の指定席券を確保するのと同じ方法です。「HIGH RAIL 1375」は快速列車ですので、特急料金は不要ですが、指定席券(820円)が必要です。

乗車したい「HIGH RAIL 1375」の日時・号数・乗車区間(乗車駅と下車駅)を伝えれば(えきねっとの場合は入力すれば)購入すること自体は難しくありません。ただし、後述するように、「HIGH RAIL 1375」は、座席のバリエーションが豊富です。えきねっとでは、座席表から希望の席を選ぶことはできません ので、注意が必要です。

なお、指定席券だけでは乗車できず、乗車券(いわゆる「きっぷ」)を別途購入する必要があります。JRの乗車券は、距離が長くなるほど単価(単位距離あたりの運賃)が安くなる 仕組みになっています。ですので、「HIGH RAIL 1375」の乗車券を個別に購入するのではなく、できるだけ、「HIGH RAIL 1375」の乗車駅まで、あるいは下車駅から先の区間も含めて1枚の乗車券として購入する とよいでしょう。

例えば、新宿から中央本線で小淵沢まで行って「HIGH RAIL 1375」に乗車。佐久平で下車して、北陸新幹線で東京まで帰る場合は、

  • 新宿(中央本線)小淵沢(小海線)佐久平(北陸新幹線)東京

という乗車券を購入しましょう。

また、「HIGH RAIL 1375」は快速列車ですので、青春18きっぷ+指定席券 での乗車が可能です。青春18きっぷは、JR線の普通列車・快速列車に乗車できる「乗車券」としての効力があるためです。

びゅう旅行商品券を申し込む(2名から)

「HIGH RAIL 1375」の指定席券だけでなく、乗車券、オプショナルプランなどがセットになった旅行商品が販売されています。

現在のところ、

  • 日帰りプラン(「HIGH RAIL 1375」乗車区間までの往復を含む日帰りの旅行商品)
  • 現地発着プラン(「HIGH RAIL 1375」の乗車駅から下車駅までの旅行商品)

の2種類のプランが用意されているようです。

日帰りプランは、東京近辺や長野県内のいくつかの主要駅が発駅として設定されています。「HIGH RAIL 1375」の乗車区間は小淵沢~佐久平で、小淵沢・佐久平~発駅の間は、特急列車か北陸新幹線利用となっています。

一方、現地発着プランは、「HIGH RAIL 1375」の乗車区間の乗車券と指定席券、オプショナルプランがセットになっています。「HIGH RAIL 1375」の乗車区間は、小淵沢~佐久平または小諸となっているようです。

「HIGH RAIL 1375」の乗車を目的とした旅行の場合は日帰りプランで、他の行き先と組み合わせて自分で旅程を組む場合は、現地発着プランを選ぶのがよいでしょう。

びゅう旅行商品の申し込みは、JR東日本の主要駅にある「びゅうプラザ」、インターネット、電話などで受け付けています。

「HIGH RAIL 1375」は座席のバリエーションが豊富

「HIGH RAIL 1375」は観光列車ということもあって、座席のバリエーションが豊富です。

  • ペアシート(窓側を向いた2名横並びの座席)
  • シングルシート(窓側を向いた1名の座席)
  • BOXシート(2名×2が向かい合わせになり、間にテーブルが設置された座席)
  • リクライニングシート(1名または2名の前向きの座席、特急列車や新幹線の座席と同様)

座席番号の振り方も特殊ですので、JR東日本長野支社の「HIGH RAIL 1375」のサイトの「車両紹介」にある座席表を見て、あらかじめ希望する座席番号をメモっておきましょう。

www.jreast.co.jp

えきねっとでは、座席表を見て席を選ぶことができません。指定できるのは、

  • 窓側か通路側かの指定
  • 席の列(A, B, C, D)の指定
  • 車両内の位置(車端部か車両中央部か)

これだけです。座席表を見る限り、

  • A席かD席は窓側
  • C席は通路側のみ
  • B席は窓側・通路側どちらの可能性もあり

のようになっています。

どうしても希望の座席を確保したい場合は、みどりの窓口で購入したほうがよいでしょう。希望の席が埋まっていても、空いている席の中から選ばせてもらえると思います。

窓側はどちらがおすすめ?

「HIGH RAIL 1375」は窓の大きな観光列車です。車窓を楽しむのが目的の一つであるため、できれば窓側の座席を確保したいところです。

では、窓側の座席のうち、進行方向に向かって左右どちらの座席のほうが景色がよく見えるのでしょうか?

実際に小海線に何度も乗車してみた感覚からすると、甲乙つけがたい、という感じでしょうか。ハイライトとなる小淵沢~野辺山の車窓を、「HIGH RAIL 1号」(小淵沢発小諸行き)で比較してみると、

  • 進行方向 左側の車窓には、八ヶ岳、野辺山近くのJR最高地点の記念碑などが見られる
  • 進行方向 右側の車窓には、南アルプスや富士山が見られる

といった具合です。実際に乗車してみた感じでは、窓が大きい車両なので、反対側の車窓も十分に眺めることができました。

ということで、どうしてもこの景色が見たい!というのがあれば別ですが、そうでないならば、前述した座席種別で選ぶのがよいのではないかと思います。

指定席券のみ確保した場合は、オプショナルプランを付けよう!

「HIGH RAIL 1375」では、事前に申し込んでおくと、車内でブランチやスイーツセットなどが提供されます。内容は列車ごとに決まっていて、

  • HIGH RAIL 1号: オリジナルブランチセット(ブランチと飲み物のセット)
  • HIGH RAIL 2号: スイーツセット(スイーツと飲み物のセット)
  • HIGH RAIL 星空: オリジナルグッズ・特製弁当セット(HIGH RAIL 1375のオリジナルグッズと特製弁当のセット)

となっています。

前述の「びゅう旅行商品」では、これらがすでにセットになっています。

一方、指定席券のみを確保した場合でも、「オプショナルプラン」を事前に予約・購入しておくと、「びゅう旅行商品」と同じ内容のサービスが提供されます。これは、汽車旅をする人にとっては、とてもありがたいサービスです。なぜかというと、

  • 青春18きっぷ+指定席券+オプショナルプラン

という組み合わせで、びゅう旅行商品と同じ内容のサービスにすることができる ためです。

オプショナルプランの申し込み方法(インターネット)

オプショナルプランを申し込む場合は、下記のサイトから、「HIGH RAIL 1375 オプショナルプラン」のバナーをクリックすれば、インターネットで購入できます。

www.jreast.co.jp

具体的な申し込み手順は以下のとおりです。

  • 事前にみどりの窓口やえきねっとで指定席券を購入しておく
    • えきねっとで購入の場合は、駅の指定席券売機などで発券しておくこと
  • 上記サイトからびゅう旅行商品の「オプショナルプラン」を選択、「HIGH RAIL 1375」に乗車する日付をクリック
    • 私が購入したとき(2017年7月上旬)は、デフォルトで「大人1名」で検索結果が表示されるようになっていたため、2名以上の場合は、検索条件を変更して再検索する必要がありました
  • 必要事項を入力し、クレジットカード決済で購入
    • 指定席券の座席番号を人数分入力する必要があります(このため、事前に発券しておく必要があります)
  • 購入後、JR東日本の指定席券売機で「バウチャー券」を発券する

インターネットで決済しただけではだめで、出発までに「バウチャー券」を発券しておく必要があります。JR東日本の駅にある指定席券売機(新幹線の指定席券などが購入できる券売機)に、決済に使ったクレジットカードを入れると発券できます。

さまざまな購入形態への対応はお見事!

以上、「HIGH RAIL 1375」の指定席券の予約・購入方法などを解説しました。

この「HIGH RAIL 1375」ですが、座席のバリエーションが豊富なだけでなく、購入形態がとても幅広く、いろいろな需要に対応できています。丸ごとお任せで気軽に旅行できる「日帰りプラン」から、旅行の途中に組み込むことができる「現地発着プラン」、それに、青春18きっぷやフリーきっぷとの組み合わせでディープな乗り鉄にも対応できる「指定席券+オプショナルプラン」。よく考えられているなぁと感心してしまいました。特に、オプショナルプランの存在は、青春18きっぷで旅する乗り鉄にはとてもありがたいですね。

購入形態が幅広いぶん、どれにすべきか迷ってしまったり、購入方法が煩雑だったりするところもありますが、この記事を参考にしてもらえれば幸いです。

次回からは、乗車レポートをお届けする予定です。

関連記事

www.kzlifelog.com

www.kzlifelog.com

www.kzlifelog.com