ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【2019年秋の臨時列車】JR各社が発表! 新潟県・庄内エリアDC関連で注目列車が目白押し! 「SLおが」「SL日本海美食旅」、きらきらうえつを利用した臨時列車も!


JR各社が2019年秋(10月~11月)の臨時列車・増発列車の運転計画を発表しました。10月から開催される「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」関連の臨時列車が多く設定されています。「海里」のデビュー、男鹿線「SLおが」や、きらきらうえつを利用した羽越本線「きらきら日本海」など、注目列車が目白押しです。

JR各社が2019年秋の臨時列車・増発列車の運転計画を発表!

2019年8月23日、JR各社が2019年秋(10月~11月)の臨時列車・増発列車の運転計画を発表しました。

各社のリリースへのリンクは以下の通りです。

(注意)JR西日本のリンク以外はニュースリリースのPDFファイルが開きます。

新潟~酒田間に観光列車「海里」(KAIRI)がデビュー

f:id:kzlife:20181016235704j:plain
2019年10月にデビューする観光列車「海里」

(出典)新潟・庄内の食と景観を楽しむ列車「海里」(KAIRI)デビュー(JR東日本新潟支社プレスリリース 2018年10月16日 [PDF])

この秋の最大の目玉は、新潟~酒田間の羽越本線に、新たな観光列車「海里」がデビューすることでしょう。

「きらきらうえつ」の後継となる観光列車で、きらきらうえつが、比較的カジュアルな観光列車だったのに対して、「海里」は、車内で日本料理やイタリアンのコースを楽しめるなど、しっかりとした食事を提供する観光列車になっています。日本海を眺めながらの車内でとる食事は、きっと格別なことでしょう。

一方、食事は提供されませんが、きっぷ+指定席券(820円、10月以降は840円)だけで乗車できるリクライニングシートやコンパートメント席も用意されていますので、気軽に乗車することもできそうです。

デビューは10月5日で、それ以降、土休日を中心に運転されます。

  • 快速「海里」
    • 運転日
      • 10月 5日(土)~6日(日), 11日(金), 13日(日)~14日(月), 18日(金)~22日(火), 25日(金)~27日(日)
      • 11月 1日(金), 3日(日)~4日(月), 8日(金)~10日(日), 15日(金)~17日(日), 22日(金)~24日(日), 29日(金)~30日(土)
    • 運転時刻
      • 新潟 10:12発 → 酒田 13:19着
      • 酒田 15:02発 → 新潟 18:31着
      • 10/14, 11/4は下り酒田着が12:44に変更
    • 使用車両: 海里(HB-E300系 4両)

「海里」については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com

羽越本線で「SL日本海美食旅」を運転!

f:id:kzlife:20190825164317j:plain
「SL日本海美食旅」で利用されるC57-180

「新潟県・庄内エリアDC」開催に合わせて、羽越本線で「SL日本海美食旅」が運転されます。

  • 「SL日本海美食旅」
    • 下り
      • 運転日: 11月2日(土)
      • 運転時刻: 村上 12:26発 → 酒田 17:47着
    • 上り
      • 運転日: 11月3日(日)
      • 運転時刻: 酒田 10:16発 → 村上 15:13着
    • 停車駅: 村上・桑川・府屋・あつみ温泉・鶴岡・余目・酒田
    • 使用車両: SL(C57)+ばんえつ物語12系客車7両

村上~酒田間といえば、桑川駅周辺の「笹川流れ」をはじめとして、日本海の車窓が美しい区間です。この区間をSLで旅ができるのはうれしいですね。

f:id:kzlife:20190825165822j:plain
日本海の奇岩が並ぶエリアを走ります

ぜひとも、海側のボックス席かグリーン席を確保して、日本海の絶景を眺めながら乗車してみたい列車です。

村上~酒田間の所要時間が5時間程度と、かなりのんびりな運行です。おそらく、桑川駅などで停車時間が多めに取られているものと思われます。

男鹿線で「SLおが」「DLおが」を運転!

男鹿線で、「SLおが」「DLおが」が運転されます。「男鹿のなまはげ」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念して、運転されるものです。

  • 快速「SLおが」「DLおが」
    • 運転日: 10月12日(土),13日(日)
    • 「DLおが」
      • 運転時刻: 秋田 09:00発 → 男鹿 10:47着
    • 「SLおが」
      • 運転時刻: 男鹿 14:45発 → 秋田 16:17着
    • 使用車両: SL(C61)+12系客車4両+DL

往路(秋田→男鹿)はDL牽引、復路(男鹿→秋田)がSL牽引となります。

f:id:kzlife:20190825164749j:plain
「SLおが」で利用されるC6120(写真はSLぐんまみなかみ)

SLはC61、客車は12系が利用されるとのことで、高崎エリアの「SLぐんまみなかみ」などで利用されているSLと客車が使われるのでしょう。

普段は気動車や蓄電池電車しか走らない男鹿線ですが、SL、DL含めて、堂々6両の編成が走る様子は貴重なものとなりそうです。

「きらきらうえつ」引退後も各地で活躍!「きらきら日本海」「谷川岳紅葉号」「越後紅葉ライトアップ号」

f:id:kzlife:20190825164928j:plain
9月末で羽越本線の観光列車からは引退する「きらきらうえつ」

9月末で羽越本線の観光列車からは引退することが決まっている「きらきらうえつ」ですが、この秋には、新潟・秋田地区での臨時列車として活躍する様子が見られそうです。

  • 快速「きらきら日本海」
    • 運転日: 10月25日(金)~27日(日)
    • 運転時刻
      • 上り: 秋田 08:51発 → 新潟 12:59着
      • 下り: 新潟 13:59発 → 秋田 19:17着
    • 途中停車駅: 羽後本荘、西目、仁賀保、金浦、象潟、吹浦、遊佐、酒田、余目、鶴岡、あつみ温泉、鼠ケ関、府屋、勝木、桑川、村上、新発田、豊栄

「きらきらうえつ」がこれまで走っていた羽越本線で運転される「きらきら日本海」です。停車駅までそっくりです(笑)。

「きらきらうえつ」でも秋田まで延長運転されることがありましたが、「きらきら日本海」は、午前中に上りの新潟行き、午後に下りの秋田行きと、「きらきらうえつ」とは運転方向が逆になっています。下りの秋田行きでは、日本海に沈む夕日が眺められそうですね。

  • 快速「谷川岳紅葉号」
    • 運転日: 10月12日(土)~14日(月)
    • 運転時刻
      • 上り: 新潟 07:11発 → 水上 11:26着
      • 下り: 水上 15:08発 → 新潟 19:21着
    • 途中停車駅: 新津、加茂、東三条、見附、長岡、宮内、六日町、土樽、土合

昨年は「リゾートやまどり」で運転されていましたが、今年は現役(?)を引退した「きらきらうえつ」で運転されます。

新潟方面から谷川岳への紅葉狩りに最適な列車です。あのきらきらボディの「きらきらうえつ」が、上越国境を越えて、紅葉の中を水上までやってくるのは楽しみですね。

  • 快速「越後紅葉ライトアップ号」
    • 運転日: 11月9日(土),10日(日)
    • 運転時刻
      • 下り: 新潟 13:56発 → 柏崎 15:37着
      • 上り: 柏崎 18:43発 → 新潟 20:27着
    • 途中停車駅: 新津、加茂、東三条、見附、長岡、宮内、来迎寺

もみじ園(来迎寺)、松雲山荘(柏崎)の紅葉のライトアップを見に行くための列車です。こちらは、昨年は、長野エリアの「リゾートビューふるさと」で運転されていましたが、今年は「きらきらうえつ」での運転となります。

もみじ園(来迎寺)、松雲山荘(柏崎)では、例年、10月下旬~11月中旬にかけて、紅葉のライトアップを実施しています。詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。

www.city.nagaoka.niigata.jp

www.uwatt.com

また、上記以外にも、「弥彦菊まつり」開催期間中の週末に運転される新潟~弥彦間直通の臨時列車、快速「弥彦浪漫」にも「きらきらうえつ」が充当される日があります(11月3日、4日)。

羽越本線の観光列車「きらきらうえつ」からは引退しましたが、新潟エリアの臨時列車用の車両として、しばらくは活躍が見られそうですね。

山陽新幹線から奈良方面へ連絡! 臨時特急「まほろば」運転

新大阪~奈良を直通する臨時特急「まほろば」が運転されます。

  • 特急「まほろば」
    • 運転日
      • 11月2日(土)~4日(月),9日(土)~10日(日),16日(土)~17日(日),23日(土)~24日(日),30日(土)
      • 12月1日(日), 7日(土)~8日(日)
    • 運転時刻
      • 新大阪 10:03発 → 奈良 10:53着
      • 奈良 16:56発 → 新大阪 17:47着
    • 使用車両: 287系3両(指定席2両、自由席1両)

今年3月に全線開通した「おおさか東線」をノンストップで走る臨時特急列車です。山陽新幹線方面から奈良への観光に便利な特急です。

東海道新幹線方面から奈良へは京都経由が近いのですが、山陽新幹線方面からは、おおさか東線の開通によって、新大阪経由が便利になりました。この臨時特急「まほろば」を使えば、さらに快適に奈良へとアクセスできるようになりそうです。


以上、『【2019年秋の臨時列車】JR各社が発表! 新潟県・庄内エリアDC関連で注目列車が目白押し! 「SLおが」「SL日本海美食旅」、きらきらうえつを利用した臨時列車も!』でした。新潟県・庄内エリアDC開催に伴う臨時列車が多数運転されます。「海里」のデビューに加えて、「SL日本海美食旅」「SLおが」など、SL列車も盛りだくさん。「きらきらうえつ」引退で注目されている新潟・庄内エリアですが、この秋にかけても盛り上がりが続きそうです。