ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

青春18きっぷが1日分余ってしまったら!? 青春18きっぷ おすすめ日帰り旅5選!

おすすめ記事Pick Up! 青春18きっぷ関連の記事はこちらから!

青春18きっぷで旅行をしてきたけど1日分余ってしまった。そんなときには、週末の日帰り旅行に利用してみましょう。このカテゴリでは、首都圏発の青春18きっぷ日帰り旅のおすすめルートを紹介します。

青春18きっぷが1日分余ってしまったら…

青春18きっぷは、1枚のきっぷで5回分(5日分)利用できます。春・夏・冬の3シーズン発売されますが、各シーズンで使い切らなければならず、余った分を翌シーズンに使うことはできません。

「青春18きっぷで旅行をしてきたけど、1日分余ってしまった」ということが良くあります。特に、利用期間が短い冬シーズン(利用期間32日)や、社会人にとっては休みがとりにくい春シーズン(利用期間41日)は、余ってしまうことがよくあると思います。

そんなときは、日帰り旅行に利用してみましょう。

このカテゴリでは、東京(首都圏)発の、青春18きっぷ日帰り旅のおすすめルートをご紹介します。いずれも、筆者が青春18きっぷで日帰り旅を実践したことのあるルートです。

夏の青春18きっぷシーズンにおすすめ! 小海線日帰り旅!

f:id:kzlife:20190316230717j:plain
野辺山付近では車窓から八ヶ岳を見ることができます!

山梨県の小淵沢駅と、長野県の小諸駅を結ぶ小海線に乗車するルートです。首都圏からは、中央本線~小海線~しなの鉄道~JRバス関東~信越本線~高崎線という一周ルートになりますので、飽きることなく旅ができます。個人的には一番のおすすめルートです。

おすすめのシーズンは何と言っても夏! 日本全国のJR線で最も標高の高いところ走る小海線は、まさに高原鉄道。八ヶ岳の麓の清里や野辺山は、夏には観光客で賑わいます。

また、2017年にデビューした観光列車「HIGH RAIL 1375」に乗るのもおすすめです。青春18きっぷ+指定席券(820円)で乗車することができます。

www.kzlifelog.com

SLに温泉、トンネル駅、谷川岳ロープウェイなど見どころ盛りだくさん! 上越線日帰り旅!

首都圏から高崎線で高崎へ、高崎から上越線に乗り換えて、水上まで往復するルートです。

このルートのポイントは、沿線にさまざまな観光スポットがあることです。

水上といえば温泉地ですので、日帰り入浴を楽しむのも良いでしょう。さらに、高崎~水上間には「SLぐんまみなかみ号」が、観光シーズンの週末を中心に運転されています。普通電車の旅に飽きたら、SLに乗車してみましょう。(事前に指定席券を購入しておく必要があります)

天神峠から見下ろす天神平

水上駅前から路線バスで谷川岳ロープウェイの土合口駅にアクセスし、ロープウェイで天神平へ行くこともできます。天神平は標高1,319メートル。平地が猛暑でも、天神平では風がさわやかですので、避暑にも最適。もちろん、周囲の山々を見渡せ、眺望も抜群です。

土合駅の階段

さらに、水上から少し足を延ばせば、トンネル駅で有名な土合駅があります。トンネル駅の中の空気はひんやり。こちらも避暑にはもってこいです。

詳しいルートや観光スポットについては、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

久慈川の清流を眺めながら袋田の滝へ! 水郡線日帰り旅!

茨城県の水戸駅と福島県の郡山駅を結ぶローカル線が水郡線です。

首都圏からの日帰り旅でしたら、常磐線で水戸駅まで行き、水戸駅から水郡線に乗車。日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」を訪ねるのがよいでしょう。

f:id:kzlife:20190324161518j:plain

「奥久慈清流ライン」の愛称のとおり、途中区間では久慈川に沿って進みます。水戸方面から乗車すると、途中の山方宿(やまがたじゅく)駅を出たあたりから、車窓に久慈川を眺めることができます。

f:id:kzlife:20190324161743j:plain

そして、袋田駅で下車。駅から路線バス(またはタクシー・徒歩)で、袋田の滝を見に行きましょう。袋田の滝は、華厳の滝、那智の滝と並んで「日本三大名瀑」の一つとなっています。

このルートのおすすめは紅葉シーズンです。水郡線沿線の山々が紅葉に染まりますし、袋田の滝も紅葉の名所です。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

www.kzlifelog.com

房総半島横断ディーゼルカーの旅! 小湊鉄道・いすみ鉄道へ!

小湊鉄道キハ200形

首都圏近郊で汽車旅の雰囲気を味わいたいのなら、房総半島の中ほどを東西に横断する小湊鉄道・いすみ鉄道の旅がおすすめです。

小湊鉄道もいすみ鉄道も、青春18きっぷでは乗車できないのですが、小湊鉄道の起点、五井駅はJR内房線の駅ですし、いすみ鉄道の起点、大原駅はJR外房線の駅です。ですので、小湊鉄道、いすみ鉄道までのアクセスに青春18きっぷを活用しましょう。

このルートの特徴は、何と言っても東京近郊でディーゼルカーが走るローカル線に乗車できることでしょう。特に、小湊鉄道の車両は古く、製造から50年以上も走っている気動車(ディーゼルカー)に乗ることができます。昔ながらの汽車旅を味わうことができるでしょう。

詳しくは、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com

房総半島・東京湾一周! 東京湾フェリーにも乗れる日帰り周遊ルート!

房総半島と東京湾、ともに一周してしまおうという、日帰りにしてはちょっと贅沢なルートです。

f:id:kzlife:20190324161901j:plain

ポイントは、神奈川県の久里浜港と、千葉県の金谷港を結ぶ「東京湾フェリー」をルートに含むことです。久里浜へは東京から横須賀線で、金谷へは千葉から内房線でアクセスできます。

東京湾フェリーは、東京湾の入口、浦賀水道を横切るフェリーで、東京湾に出入りする世界各国のさまざまな船舶を眺めることができます。

f:id:kzlife:20190324161924j:plain

また、金谷港からは、徒歩で鋸山ロープウェイの駅にアクセスでき、鋸山の観光を楽しむことができます。標高は高くないですが、東京湾のすぐ近くに立つ山なので、山頂からの眺めは抜群です。

鉄道での移動に加えて、東京湾フェリー、鋸山の観光なども楽しめる、おすすめのルートです。

www.kzlifelog.com


以上、 青春18きっぷおすすめ日帰り旅のルート紹介でした。日帰りで行けるところにも、魅力的な路線や、楽しめる観光スポットが多くあります。青春18きっぷが1日分余ってしまった場合はもちろんのこと、最初から日帰り旅として出かけるのもおすすめです。

関連記事

青春18きっぷ関連のトップページです。青春18きっぷについて知りたい方は、ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com