スポンサーリンク

青春18きっぷが1日分余ってしまったら!? 首都圏発、青春18きっぷ おすすめ日帰り旅8選!

日帰り旅

青春18きっぷで旅行をしてきたけど1日分余ってしまった。そんなときには、週末の日帰り旅行に利用してみましょう。日帰りでも、乗り鉄と観光の両方を存分に楽しむことができます。この記事では、首都圏発の青春18きっぷ日帰り旅のおすすめルートを紹介します。

スポンサーリンク

青春18きっぷが1日分余ってしまったら日帰り旅に使いましょう!

青春18きっぷは、1枚のきっぷで5回分(5日分)利用できます。春・夏・冬の3シーズン発売されますが、各シーズンで使い切らなければならず、余った分を翌シーズンに使うことはできません。

「青春18きっぷで旅行をしてきたけど、1日分余ってしまった」ということが良くあります。特に、利用期間が短い冬シーズン(利用期間32日)や、社会人にとってまとまった休みがとりにくい春シーズン(利用期間41日)は、余ってしまうことがあります。

そんなときは、日帰り旅行に利用してみましょう。

このカテゴリでは、東京(首都圏)発の、青春18きっぷ日帰り旅のおすすめルートをご紹介します。いずれも、筆者が青春18きっぷで日帰り旅を実践したことがあり、自信をもっておすすめできます。

スポンサーリンク

夏の青春18きっぷシーズンにおすすめ! 小海線日帰り旅!

野辺山付近では車窓から八ヶ岳を見ることができます!
野辺山付近では車窓から八ヶ岳を見ることができます!

山梨県の小淵沢駅と、長野県の小諸駅を結ぶ小海線に乗車するルートです。首都圏からは、中央本線~小海線~しなの鉄道~JRバス関東~信越本線~高崎線という一周ルートになりますので、飽きることなく旅ができます。個人的には一番のおすすめルートです。

おすすめのシーズンは何と言っても夏! 日本全国のJR線で最も標高の高いところ走る小海線は、まさに高原鉄道。八ヶ岳の麓の清里や野辺山は、夏になると大勢の観光客で賑わいます。

また、週末を中心に運転される観光列車「HIGH RAIL 1375」に乗るのもおすすめです。青春18きっぷ+指定席券(840円)で乗車することができます。

超おすすめ! 青春18きっぷで小海線に乗ろう!(東京発 小海線周遊ルート) ~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅1~
東京(首都圏)発着の青春18きっぷ日帰り旅のルートとして、筆者が一番おすすめしたいのが、「小海線周遊ルート」です。高原列車、小海線の車窓はもちろんのこと、小海線以外の路線もバラエティに富んでいて、飽きることがありません。夏の青春18きっぷ日帰り旅には絶対におすすめのルート、「小海線周遊ルート」をご紹介します。

筆者の大好きな小海線についてまとめた目次ページです。小海線の車窓や沿線の観光スポット、観光列車「HIGH RAIL 1375」などの記事を掲載しています。

八ヶ岳山麓の高原路線「小海線」に乗ろう! 車窓はもちろん、観光列車「HIGH RAIL 1375」で食も楽しもう!
山梨県の小淵沢駅と、長野県の小諸駅を結ぶJR小海線。日本全国のJR線の中で最も標高の高いところを通る「高原路線」として有名です。八ヶ岳や野辺山高原、千曲川を眺められる車窓はもちろんのこと、観光列車「HIGH RAIL 1375」に乗車すれば、食事やイベントを楽しむことができます。この記事では、小海線の魅力をお伝えしていきます。

小海線の観光列車「HIGH RAIL 1375」については、以下の記事をご覧ください。運転日やダイヤ、指定席の予約方法などの基本的な情報に加え、車内の様子などの乗車記も公開しています。

小海線「HIGH RAIL 1375」(ハイレール1375)に乗ろう! おすすめの座席・指定席券の予約方法・食事オプション購入方法を解説します!
高原路線として有名な小海線。そんな小海線を走る観光列車「HIGH RAIL 1375」(ハイレール1375)は、小海線の車窓やグルメを楽しむのにぴったりの観光列車です。この記事では「HIGH RAIL 1375」の車内の様子を紹介するとともに、指定席券の予約・購入方法や「HIGH RAIL 1375」の特徴でもある車内サービス(オプションサービス)の予約方法についてわかりやすく解説します。
スポンサーリンク

SLに温泉、トンネル駅、谷川岳ロープウェイなど見どころ盛りだくさん! 上越線日帰り旅!

首都圏から高崎線で高崎へ、高崎から上越線に乗り換えて、水上まで往復するルートです。

このルートのポイントは、沿線にさまざまな観光スポットがあることです。

水上といえば温泉地ですので、日帰り入浴を楽しむのも良いでしょう。さらに、高崎~水上間には「SLぐんまみなかみ号」が、観光シーズンの週末を中心に運転されています。普通電車の旅に飽きたら、SLに乗車してみましょう。(事前に指定席券を購入しておく必要があります)

天神峠から見下ろす天神平

水上駅前から路線バスで谷川岳ロープウェイの土合口駅にアクセスし、ロープウェイで天神平へ行くこともできます。天神平は標高1,319メートル。平地が猛暑でも、天神平では風がさわやかですので、避暑にも最適。もちろん、周囲の山々を見渡せ、眺望も抜群です。

土合駅の階段

さらに、水上から少し足を延ばせば、トンネル駅で有名な土合駅があります。トンネル駅の中の空気はひんやり。こちらも避暑にはもってこいです。

詳しいルートや観光スポットについては、以下の記事をご覧ください。

青春18きっぷで上越線に日帰り旅! SLに温泉、谷川岳ロープウェイなど観光スポットもたくさんあります! ~青春18きっぷおすすめ日帰り旅2~
青春18きっぷで日帰り旅シリーズ、今回は上越線をご紹介します。上越線にはSL列車も走っていますし、沿線には水上温泉や谷川岳ロープウェイなどの観光スポットもたくさんあります。少し足を延ばせば、日本一の「もぐら駅」として有名な土合駅もあり、鉄道...

高崎~水上を走る「SLぐんまみなかみ」については、以下の記事で詳しく紹介しています。運転日は限られますが、日程があえばぜひ利用してみましょう。青春18きっぷ+指定席券で乗車できます。

【SLぐんま みなかみ 乗車記】上越線の上り勾配を力強く走るSL列車! 高崎駅の入線から水上駅の転車台までイベントも盛りだくさん!
上越線 高崎~水上間で週末を中心に運転されている「SLぐんまみなかみ」は、関東ではおなじみのSL列車です。家族連れ、お子様にも大人気のSL列車で、多くの乗客で賑わいます。今回、「SLぐんまみなかみ」の下り列車(高崎→水上)に乗車してきましたので、その様子をお届けします。また、指定席券の購入方法、おすすめの座席やきっぷなども紹介します。
スポンサーリンク

久慈川の清流を眺めながら袋田の滝へ! 水郡線日帰り旅!

茨城県の水戸駅と福島県の郡山駅を結ぶローカル線が水郡線です。

首都圏からの日帰り旅でしたら、常磐線で水戸駅まで行き、水戸駅から水郡線に乗車。日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」を訪ねるのがよいでしょう。

「奥久慈清流ライン」の愛称のとおり、途中区間では久慈川に沿って進みます。水戸方面から乗車すると、途中の山方宿(やまがたじゅく)駅を出たあたりから、車窓に久慈川を眺めることができます。

そして、袋田駅で下車。駅から路線バス(またはタクシー・徒歩)で、袋田の滝を見に行きましょう。袋田の滝は、華厳の滝、那智の滝と並んで「日本三大名瀑」の一つとなっています。4段になった滝からみずが滑り落ちるように流れる、美しい滝です。

このルートのおすすめは紅葉シーズンです。水郡線沿線の山々が紅葉に染まりますし、袋田の滝も紅葉の名所です。

詳しくは、以下の記事で紹介しています。

【水郡線 周遊ルート】 久慈川の清流を楽しめる路線! 沿線の観光スポットも紹介します! ~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅3~
水郡線は、水戸と郡山を結ぶローカル線です。奥久慈の自然豊かな地域を、久慈川に沿って走る川の路線です。この記事では、首都圏から青春18きっぷで水郡線を旅する日帰りルートを、車窓を交えてご紹介します。沿線には日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」もありますので、滝見物とあわせての汽車旅がおすすめですよ。

袋田の滝については、以下の記事をご覧ください。袋田駅からのアクセスも紹介しています。

日本三大名瀑の一つ「袋田の滝」を見に行こう! 見どころと公共交通機関(水郡線・路線バス)でのアクセスを紹介します!
茨城県にある「袋田の滝」をご存知でしょうか? 華厳の滝、那智の滝と並ぶ日本三大名瀑の一つですが、一段の落差が大きいこれらの滝とは異なり、「袋田の滝」は4段を滑り落ちる美しい滝です。そんな袋田の滝に行ってきましたので、見どころと、公共交通機関...
スポンサーリンク

房総半島横断ディーゼルカーの旅! 小湊鉄道・いすみ鉄道へ!

小湊鉄道キハ200形

首都圏近郊でローカル線の雰囲気を味わいたいのなら、房総半島の中ほどを東西に横断する小湊鉄道・いすみ鉄道の旅がおすすめです。

小湊鉄道もいすみ鉄道も、青春18きっぷでは乗車できないのですが、小湊鉄道の起点、五井駅はJR内房線の駅ですし、いすみ鉄道の起点、大原駅はJR外房線の駅です。そのため、小湊鉄道、いすみ鉄道までのアクセスに青春18きっぷを活用することができます。

このルートの特徴は、何と言っても東京近郊でディーゼルカーが走るローカル線に乗車できることでしょう。特に、小湊鉄道の車両は古く、製造から50年以上も走っている気動車(ディーゼルカー)に乗ることができます。昔ながらの汽車旅を味わうことができるでしょう。

詳しくは、以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

房総半島横断ディーゼルカーの旅! 東京近郊で懐かしい汽車の雰囲気が味わえます! ~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅4~
青春18きっぷで日帰り旅シリーズ、今回は房総半島の真ん中を横断する私鉄「小湊鉄道」と「いすみ鉄道」に乗車する日帰り旅ルートをご紹介します。東京のすぐ近くなのに、古いディーゼルカーやトロッコ列車に乗車できたり、長閑な風景を眺めたり、旅情たっぷ...

また、小湊鉄道では、週末を中心にトロッコ列車「房総里山トロッコ号」が運転されています。窓のない車両で、風を感じながら、里山や田園風景の中を旅することができる列車です。以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【小湊鉄道「房総里山トロッコ」乗車記】田園風景を眺めながらのんびり走るトロッコ列車! トロッコ整理券の予約購入方法も紹介します!
房総半島の内陸部を走る小湊鉄道。土休日に運転されている「房総里山トロッコ」は、小湊鉄道の田園風景、里山風景を満喫するのにぴったりの列車です。今回、「房総里山トロッコ」に乗車してきましたので、乗車記をお届けします。トロッコ整理券の予約・購入方...
スポンサーリンク

房総半島・東京湾一周! 東京湾フェリーにも乗れる日帰り周遊ルート!

房総半島と東京湾、ともに一周してしまおうという、日帰りにしてはちょっと贅沢なルートです。

ポイントは、神奈川県の久里浜港と、千葉県の金谷港を結ぶ「東京湾フェリー」をルートに含むことです。久里浜へは東京から横須賀線で、金谷へは千葉から内房線でアクセスできます。

東京湾フェリーは、東京湾の入口、浦賀水道を横切るフェリーで、東京湾に出入りする世界各国のさまざまな船舶を眺めることができます。

また、金谷港からは、徒歩で鋸山ロープウェイの駅にアクセスでき、鋸山の観光を楽しむことができます。標高は高くないですが、東京湾のすぐ近くに立つ山なので、山頂からの眺めは抜群です。

鉄道での移動に加えて、東京湾フェリー、鋸山の観光なども楽しめる、おすすめのルートです。

房総半島・東京湾一周の旅! 東京湾フェリー・鋸山ロープウェイなどいろいろな乗り物に乗れるルートです! ~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅5~
青春18きっぷで日帰り旅シリーズ、今回は、東京湾フェリーを経由して、房総半島・東京湾を丸ごと一周してしまおうという欲張りなルートをご紹介します。途中の東京湾フェリーで気分転換ができますし、観光スポットもたくさんあるおすすめのルートです。

東京湾フェリーについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

東京湾フェリー(久里浜~金谷)乗船レポート! アクセスや乗船方法、おすすめ汽車旅ルートも紹介します!
東京湾フェリーをご存知でしょうか? 神奈川県の久里浜と千葉県の金谷を結ぶ短距離のフェリーです。アクアラインもあるのに今どきフェリーなんて、と思うことなかれ。青春18きっぷでの首都圏からの日帰り旅にちょうどよいのです。この記事では、東京湾フ...

東京湾フェリーの金谷港、JR内房線の浜金谷駅から徒歩でアクセスできる「鋸山」については、以下の記事をご覧ください。

鋸山(のこぎりやま)ロープウェイに乗って絶景を眺めよう! 鉄道・フェリーでのアクセス、おすすめ観光スポットを紹介します!
千葉県房総半島の南部、東京湾にほど近いところにある鋸山(のこぎりやま)は、標高329メートルと、それほど高い山ではありませんが、海岸線近くに位置するため、山頂からの抜群です。この記事では、鋸山のおすすめスポットに加えて、鉄道・フェリーなどの公共交通機関でのアクセス方法についてもご紹介します。
スポンサーリンク

日光観光と渡良瀬川の渓谷美を満喫! 路線バスでつなぐ 日光線~わたらせ渓谷鐵道 周遊ルート!

日光の観光と、渓谷美が美しい渡良瀬川の車窓、両方を楽しんでしまうルートです。

JR日光線とわたらせ渓谷鐡道は、いずれも行き止まり路線。鉄道だけで旅をしようとすると、同じ路線を戻ってくるしかありません。

ところが、「日光市営バス 足尾線」を利用すると、JR日光駅・東武日光駅と、わたらせ渓谷鉄道の間藤駅・足尾駅・通洞駅の間を路線バスで移動できてしまうのです。

この路線バスを活用すれば、日光の観光と、わたらせ渓谷鐡道の車窓、両方を満喫できるのです。

わたらせ渓谷鐵道は、渡良瀬川に沿って敷かれた鉄道で、大半の区間で車窓から渡良瀬川を眺めることができます。

週末を中心に、トロッコ列車「トロッコわっしー号」「トロッコわたらせ渓谷号」も運転されています。天気が良ければ、窓のないトロッコ車両から、爽やかな風を浴びながら、渡良瀬川の渓谷美を楽しむことができます。

観光にも乗り鉄、乗りつぶしにも使える周遊ルートです。

【日光線~わたらせ渓谷鐵道 周遊ルート】 行き止まり路線をバスで結ぶ周遊ルート! 日光観光に渡良瀬川の渓谷美を満喫できます! ~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅6~
青春18きっぷで日帰り旅、今回ご紹介するのは、日光へのアクセス路線「JR日光線」と、渡良瀬川の渓谷美が美しい「わたらせ渓谷鐵道」を路線バスでつないで周遊するルートです。世界遺産、日光の観光はもちろんのこと、渡良瀬川の車窓を満喫することができ...

わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車「トロッコわっしー号」については、以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

【わたらせ渓谷鐵道「トロッコわっしー号」乗車記】 風を浴びながら渡良瀬川の車窓を楽しもう! 混雑状況、整理券の予約方法、おすすめ観光スポットも紹介!
群馬県の桐生駅と栃木県の間藤駅を結ぶわたらせ渓谷鐵道。渡良瀬川の景色が美しい路線ですので、ぜひ「トロッコわっしー号」に乗車してみましょう。風を浴びながら車窓を楽しめますし、トロッコ列車ならではのトンネルの大音響を楽しむこともできます。今回、「トロッコわっしー2号」(間藤発桐生行き)に乗車してきましたので、乗車記をお届けします。整理券の予約方法についても簡単に紹介します。
スポンサーリンク

途中下車の観光スポットも充実! 富士山と富士川の車窓が美しい身延線を巡る周遊ルート!

竪堀駅からの富士山の眺めはピカイチ!
竪堀駅からの富士山の眺めはピカイチ!

甲府駅と富士駅を結ぶ身延線。富士山の西側を南北に走る路線で、日本三大急流の一つ、富士川に沿って走ります。そして、富士宮近辺からの富士山の車窓が素晴らしい路線でもあります。

身延山山頂からの眺めは絶景! ロープウェイであっという間です。
身延山山頂からの眺めは絶景! ロープウェイであっという間です。

途中下車して観光したいのが、身延駅から路線バスで10分ほどの身延山です。久遠寺というお寺の境内になっている山ですが、身延山ロープウェイを利用すれば、あっという間に山頂へ行くこともできます。山頂からの景色はまさに絶景! 晴れた日に立ち寄りたいスポットです。

そんな身延線に、東京から、中央本線~身延線~東海道本線と周遊する青春18きっぷ日帰りルートです。乗車距離が長めですし、途中下車しての観光もおすすめですので、早めに出発したいですね。

【首都圏発 身延線周遊ルート】富士山と富士川を眺める日帰り旅、身延山・浅間大社もおすすめ! ~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅7~
山梨県と静岡県を結ぶ身延線。富士山や富士川の車窓が美しい路線です。身延山や富士宮の富士山本宮浅間大社など、途中下車して立ち寄りたいスポットも多くあります。そんな身延線に、首都圏から青春18きっぷの日帰り旅で訪問する周遊ルートをご紹介します。...
スポンサーリンク

大河と湖沼を車窓から満喫! 途中下車しての散策も楽しい鹿島線~鹿島臨海鉄道 水郷ルート!

利根川の河口域で非常に川幅が広いのが特徴
利根川の河口域で非常に川幅が広いのが特徴

鹿島線(香取~鹿島サッカースタジアム)と鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線(鹿島サッカースタジアム~水戸)を結ぶ「水郷ルート」。日本一の大河、利根川の河口域にあたるうえ、霞ヶ浦、北浦等の湖沼も多く点在する水郷地帯です。

高架を走る鹿島線は、川幅のすごく広い利根川など、大小さまざまな川を渡りますので、水郷地帯の車窓を一望できます。

鹿島線の列車の起点駅、佐原駅は、水郷の町「佐原」の玄関口。駅から徒歩で、小野川両岸に残る古い街並みを散策できます。また、鹿島神宮駅からは徒歩10分ほどで鹿島神宮へアクセスできますので、乗り換えの際に途中下車して、参拝することをおすすめします。

北浦湖畔駅周辺では「北浦」を車窓から望めます
北浦湖畔駅周辺では「北浦」を車窓から望めます

鹿島神宮~水戸間は、第三セクターの鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線が走ります。青春18きっぷでは乗れませんので、別途、乗車券が必要です。

車窓は長閑なローカル線といった感じ。途中、北浦という湖を眺めることができます。

途中、大洗駅は、アニメ「ガールズ&パンツァー」の聖地。海水浴場「大洗サンビーチ」も近く、途中下車して散策するのにも適しています。

これらの2つの路線をメインに、総武線快速~成田線~鹿島線~鹿島臨海鉄道~常磐線と巡る周遊ルートです。都心から日帰りでも、途中下車して散策を楽しめる距離ですので、気軽な日帰り旅におすすめです。

【首都圏発 水郷ルート】 鹿島線~鹿島臨海鉄道でのんびり旅、水郷の町「佐原」、鹿島神宮、大洗で観光も!~青春18きっぷ おすすめ日帰り旅8~
首都圏発、青春18きっぷで日帰り旅シリーズ。今回は、千葉県北東部~茨城県の太平洋沿いを巡るルートの紹介です。鹿島線や鹿島臨海鉄道で利根川や霞ヶ浦など、水郷ならではの車窓を楽しんだり、水郷の町、佐原での観光、鹿島神宮への参拝、大洗での観光も楽...

以上、 青春18きっぷおすすめ日帰り旅のルート紹介でした。日帰りで行けるところにも、魅力的な路線や、楽しめる観光スポットが多くあります。青春18きっぷが1日分余ってしまった場合はもちろんのこと、最初から日帰り旅として出かけるのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

青春18きっぷ関連のトップページです。青春18きっぷについて知りたい方は、ぜひご覧ください。

【青春18きっぷ 2021年夏】 青春18きっぷの最新情報、利用期間、 基本ルール・特例、おすすめ路線・列車から使い方のコツまで紹介します!
JR全線の普通列車・快速列車に乗り放題となる定番フリーきっぷ「青春18きっぷ」。この記事では、2021-22年シーズンの青春18きっぷの最新情報に加えて、青春18きっぷの利用期間・値段・購入方法・基本的なルール・使い方から、青春18きっぷで乗車したいおすすめの列車や路線、青春18きっぷの旅を快適にする少し高度なテクニックまで、目的別にご紹介します。

筆者おすすめの路線や列車、乗り鉄の途中で立ち寄りたい観光スポットなどをまとめたページです。鉄道旅行の計画を立てる際に、ぜひご覧ください。

鉄道旅行・乗り鉄のおすすめ路線・列車、おすすめルート、立ち寄りたい観光スポットまとめ
乗り鉄や鉄道旅行でおすすめの路線や列車、おすすめのルートを紹介します。また、旅行の途中で立ち寄りたい、駅から公共交通機関で行ける観光スポットも紹介します。乗り鉄の計画作成の参考にしてみてください。おすすめの観光列車・SL列車鉄道旅行で...

コメント

タイトルとURLをコピーしました