スポンサーリンク

【2022年春 JRダイヤ改正】青春18きっぷ的ダイヤ改正まとめ! ホームライナーやローカル線の快速・普通列車の減便多数、幹線も乗り継ぎに注意が必要です!

鉄道ニュース

2022年のJR各社のダイヤ改正では、普通列車にも大きな変化があります。青春18きっぷ旅で影響がありそうなのは、静岡地区のホームライナーの土休日運転取りやめ、指定席のある快速列車の廃止、それに、東海道本線・山陽本線の幹線区間での減便です。この記事では、2022年のダイヤ改正で、青春18きっぷの旅に影響がありそうなポイントをまとめます。

スポンサーリンク

普通列車・快速列車にも大きな変化がある2022年春のJRダイヤ改正

2022年春のJR各社のダイヤ改正では、新幹線や特急列車の減便や臨時格下げ、都市圏でのラッシュ時間帯の減便が目立ちます。特に、首都圏や京阪神エリアでの朝ラッシュ時間帯での減便は象徴的です。

【2022年春 JRダイヤ改正】JR各社大幅減便のダイヤ改正へ! 新幹線では「はやぶさ」「やまびこ」が大量に臨時格下げ、都市圏ではラッシュ時・日中時間帯も減便へ!
2022年3月のJR各社のダイヤ改正の情報が発表されました。大方の予想どおり、前回のダイヤ改正に続いて大幅減便のダイヤ改正となりました。都市圏ではラッシュ時間帯減便、新幹線では「はやぶさ」「やまびこ」などの定期列車が大量に臨時化されます。この記事では、2022年春のダイヤ改正のポイントをまとめます。

一方、地方の幹線やローカル線を走る普通列車や快速列車にも大きな変化があります。特に、青春18きっぷの旅で利用頻度の高い路線や列車にも、減便や運転取りやめが目立ちますので、今後の青春18きっぷ旅への影響も懸念されます。

以下では、青春18きっぷ旅の観点で、2022年春のJRダイヤ改正のポイントをまとめてみます。

スポンサーリンク

東海道本線 静岡地区のホームライナー、土休日の運転取りやめへ

クロスシートが並ぶ373系の車内

クロスシートが並ぶ373系の車内

今回のダイヤ改正で、もっとも影響が大きそうなのが、東海道本線の静岡地区のホームライナーの土休日運転取りやめでしょう。

これまで、平日とはダイヤが異なるものの、土休日にも運転されていたホームライナーですが、2022年3月のダイヤ改正で、土休日の運転が取りやめとなります。具体的には、土休日に運転されている以下のホームライナー(全6本)が運転取りやめとなります。

  • 下り
    • ホームライナー静岡31号: 沼津 07:30発 → 静岡 08:16着
    • ホームライナー浜松3号: 沼津 18:31発 → 浜松 20:10着
  • 上り
    • ホームライナー沼津2号: 静岡 07:00発 → 沼津 07:41着
    • ホームライナー静岡34号: 浜松 06:58発 → 静岡 08:04着
    • ホームライナー静岡36号: 浜松 08:29発 → 静岡 09:27着
    • ホームライナー沼津8号: 静岡 20:20発 → 沼津 21:01着

(出典)2022年3月ダイヤ改正について(JR東海ニュースリリース 2021年12月17日 PDF)

ホームライナーは、通勤・帰宅時間帯に運転され、追加料金で着席できることがメリットの列車です。373系という特急車両で運転され、乗車するには、乗車券や定期券の他に、330円の乗車整理券を購入します。

ロングシートの列車が続く東海道本線の静岡地区で、わずか330円の追加料金を支払うことで特急車両で移動できるという、青春18きっぷ旅ではとてもありがたい列車です。特に、沼津~浜松の長距離を走るホームライナーは、静岡地区の大半を特急車両で移動できるという意味で、貴重な列車でした。

休暇の関係で、土休日に東海道本線を青春18きっぷで移動する方は多いでしょうから、上記のホームライナーが運転取りやめとなる影響は大きそうです。青春18きっぷのみで静岡地区の東海道本線を移動しようとすると、ひたすらロングシートの列車を乗り継いでいくしかなくなってしまいます。

青春18きっぷで東海道本線の静岡地区を効率的に、快適に移動する方法については、以下の記事でまとめていますので、ぜひご覧ください。

青春18きっぷで東海道線の長距離をラクラク移動! 静岡県内のおすすめ乗り継ぎを紹介します!
青春18きっぷで東海道線を移動するときに難所となるのが、短い編成の列車が多いわりに比較的混雑している静岡県内です。この区間で快適に移動することができる乗り継ぎ方法を、実例とともにご紹介します。ポイントは、始発駅から乗車することと、できるだけ長距離の列車を選ぶことです。
スポンサーリンク

東海道本線・山陽本線で減便、青春18きっぷ乗り継ぎの旅に影響あり!

東海道本線(主にJR西日本の区間)と山陽本線では、普通列車が減便されます。減便対象は、朝時間帯、夕夜間帯の列車が多いですが、一部区間では、もともと本数が少ない日中時間帯の減便もあり、青春18きっぷの旅への影響がありそうです。

東海道本線、米原~草津間で日中の新快速が30分毎から1時間毎へ

東海道本線で影響が大きそうなのは、米原~草津間の新快速の減便です。これまで、日中時間帯(9時~15時台)に、1時間あたり2本あった新快速が、1時間に1本に減便されます。

JR西日本の京阪神エリアのニュースリリースから抜粋してみます。

東海道本線 米原~草津間のダイヤ改正

東海道本線 米原~草津間のダイヤ改正

(出典)2022年3月12日にダイヤ改正を実施します(JR西日本近畿統括本部ニュースリリース 2021年12月17日 PDF)

下り方面の米原発では、11時台~15時台の新快速列車毎時1本(毎時20分発、15時台は17分発)が削減されます。また、上り方面の草津発では、9時台~13時台の新快速列車毎時1本(毎時51分発の米原行き)が削減されます。これらの列車は、草津~米原間での運転取りやめとなるため、草津発着となります。

名古屋方面から東海道本線を西へ移動してくると、大垣~米原間で運転されている毎時2本の列車は、米原始発の新快速列車に接続していました。ダイヤ改正後は、そのうち1本は新快速に接続しないことになりますので、青春18きっぷで東海道本線を西へ移動する旅への影響は大きそうです。

山陽本線では快速「サンライナー」廃止、終電繰り上げ・始発繰り下げなどを実施

山陽本線では、前回2021年3月のダイヤ改正で、普通列車が大幅に減便されました。

【2021年 JRダイヤ改正】青春18きっぷユーザー目線でのダイヤ改正ポイントまとめ! 幹線・ローカル線の減便に注意!
2021年3月のJR各社のダイヤ改正は、コロナ禍を受けての歴史的な大減便となります。都市圏での終電繰り上げや、特急列車の減便が目立ちますが、幹線・ローカル線の普通列車もかなり削減されています。この記事では、青春18きっぷユーザー目線での20...

前回に引き続き、今回のダイヤ改正でも、快速「サンライナー」の全便運転取りやめや、岡山エリア、広島エリアでの終電繰り上げ、始発繰り下げ、一部列車の運転取りやめなどが実施されます。

  • 岡山エリア
    • 快速「サンライナー」全便の運転取りやめ
    • 最終列車の繰り上げ(最大30分程度)
    • 始発列車の繰り下げ(最大30分程度)
    • 一部列車の運転取りやめ、運転区間短縮(主に岡山周辺の列車)

快速「サンライナー」は、岡山~福山間の快速列車で、下りの福山行きは15時台~19時台に岡山を発車する8本、上りの岡山行きは17時台~20時台に福山を発車する8本の8往復が運転されています。このうち、前回のダイヤ改正では土休日に6.5往復が運休となりましたが、今回は平日を含めてすべての「サンライナー」が運転取りやめとなります。

快速「サンライナー」の前後には、「サンライナー」より運転区間が長い糸崎または三原発着の普通列車がありますので、単に乗り継いでいくだけであれば影響は限定的です。とはいえ、快速「サンライナー」は、糸崎・三原発着の普通列車を追い抜くダイヤになっているため、これを活用した行程は作れなくなります。

また、最終列車の繰り上げ、始発列車の繰り下げが実施されます。こちらも、青春18きっぷの旅への影響は限定的と思われますが、「早朝から乗り鉄をしたい!」という方は要注意です。

  • 広島エリア
    • 朝時間帯(主に平日)の運転区間見直し
    • 夕夜間帯(主に平日)の運転区間見直し(一部列車は運転取りやめ)
    • 最終列車の繰り上げ(10分程度)

広島エリアでは、広島駅周辺で、平日の朝・夕夜間帯を中心に、一部の列車で運転区間の見直し(短縮)が実施されます。こちらも、青春18きっぷの旅で活用するような列車は多くないので、影響は限定的と考えられます。

スポンサーリンク

山陰本線では普通列車を削減、日中時間帯は2~3時間待ちも!

山陰本線では、日中時間帯を中心に普通列車が削減されます。もともと本数が多くない時間帯での削減ですので、2~3時間も列車が走らない時間帯ができてしまう区間もあります。青春18きっぷで山陰本線を移動する場合には要注意です。

以下、JR西日本のダイヤ改正のニュースリリースに掲載されている山陰本線のダイヤから、ダイヤ改正後に2時間以上、列車がない区間・時間帯を抜粋してみます。区間運転の列車は除き、各エリアを直通する列車のみを抜粋したときの空き時間を元にしています。

  • 浜坂~鳥取
    • 下り(浜坂→鳥取)
      • 浜坂09:41発のあとは12:01発まで2時間以上列車なし
      • 浜坂13:05発のあとは15:18発まで2時間以上列車なし(平日のみ)
    • 上り(鳥取→浜坂)
      • 鳥取09:45発のあとは12:19発まで2時間半以上列車なし
      • 鳥取13:19発のあとは15:20発まで2時間列車なし
  • 鳥取~米子
    • 下り(鳥取→米子)
      • 鳥取09:32発のあとは12:15発まで3時間近く列車なし
    • 上り(米子→鳥取)
      • 米子09:35発のあとは11:28発まで2時間弱列車なし
  • 米子~出雲市
    • 下り(米子→出雲市)
      • 米子09:51発のあとは11:41発まで2時間弱列車なし
  • 出雲市~浜田
    • 下り(出雲市→浜田)
      • 出雲市10:19発のあとは12:18発まで2時間列車なし
    • 上り(浜田→出雲市)
      • 浜田 06:34発のあとは09:04発まで2時間半列車なし
      • 浜田 09:04発のあとは11:28発まで2時間以上列車なし
  • 浜田~益田
    • 下り(浜田→益田)
      • 浜田 10:23発のあとは13:25発まで3時間以上列車なし
      • 浜田 13:25発のあとは16:30発まで3時間以上列車なし
    • 上り(益田→浜田)
      • 益田 10:39発のあとは13:25発まで2時間半以上列車なし

(出典)2022年春 ダイヤ改正について(JR西日本米子支社 2021年12月17日 PDF)

山陰本線は、日中でも1~1時間半に1本は列車があった区間が多いのですが、ダイヤ改正後は2時間以上列車がない時間帯ができてしまいます。特に、もともと列車の本数が少ない浜田~益田間は、日中は3時間に1本となってしまいます。

青春18きっぷで山陰本線を移動する際には注意が必要です。

スポンサーリンク

新潟・東北エリアではローカル線の貴重な快速列車が運転取りやめ・区間短縮

JR東日本の新潟・東北エリアでは、ローカル線を走る快速列車の運転取りやめ、運転区間短縮が目立ちます。青春18きっぷの旅でも貴重な速達列車でしたので、影響が大きそうです。

青春18きっぷ+指定席券で乗れる快速「信越」が運転終了

新潟エリアでは、新潟~直江津を結ぶ快速「信越」が運転終了となります。現在は、朝の新潟行きと、夜の直江津行きの1往復が運転されています。

  • 快速「信越」(廃止)
    • 往路: 直江津 06:15発 → 新潟 08:35着
    • 復路: 新潟 20:58発 → 直江津 23:04着

本数は少ないですが、特急「しらゆき」用のE653系という特急車両で運転されています。青春18きっぷ+指定席券で乗車できることもあり、時間さえ合えば乗りトク列車の一つでした。

快速「信越」の代わりに、長岡~直江津間でE129系の快速列車が新たに運転されるようになります。

磐越西線 快速「あがの」は運転取りやめ、陸羽西線 快速「最上川」は運転区間短縮

ローカル線では、磐越西線の快速「あがの」が運転取りやめとなります。快速「あがの」は、新潟~会津若松を直通する快速列車で、1日1往運転されています。

  • 快速「あがの」(廃止)
    • 上り: 新潟 08:25発 → 会津若松 10:46着
    • 下り: 会津若松 11:01発 → 新潟 13:42着

快速「あがの」は、新潟~会津若松を結ぶ直通列車として貴重な列車でした。他に、夜間の新潟発会津若松行き、早朝(始発)の会津若松発新潟行きの普通列車がありますが、今回の快速「あがの」廃止で、新潟~会津若松間を乗り換えなしで移動できるのは、この普通列車1往復のみとなります。

また、快速「あがの」の廃止により、日中時間帯に磐越西線の非電化区間を移動する列車(乗り継ぎ含む)が減ってしまいます。閑散区間を通るため、もともと本数が少なかったのですが、特に上りの新潟→会津若松の移動には影響が出そうです。

一方、陸羽西線では、快速「最上川」の運転区間が短縮され、これまでの酒田発着から、余目発着に変更されます。

  • 快速「最上川」
    • 新庄→酒田
      • 改正前: 新庄 11:15発 → 酒田 12:18着
      • 改正後: 新庄 11:15発 → 余目 12:02着/12:09発 → 酒田 12:24着
    • 酒田→新庄
      • 改正前: 酒田 14:02発 → 新庄 14:53着
      • 改正後: 酒田 14:00発 → 余目 14:14着/14:17発 → 新庄 14:57着

余目駅で酒田方面の列車の乗り継ぎが考慮されているので、所要時間はそれほど変わるわけではありませんが、新庄~酒田間を移動する場合には乗り換えが必要になってしまいます。

山田線は宮古行きの始発が11時台から6時台へ大幅繰り上げ

盛岡~宮古を結ぶ山田線では、一部の列車で運転時刻・運転区間が変更されます。

  • 下り(盛岡→宮古)
    • 川内08:03発の宮古行きを、盛岡始発(盛岡06:32発)に運転区間延長
    • 盛岡20:11発の宮古行きを上米内行き(盛岡20:05発)に運転区間短縮
  • 上り(宮古→盛岡)
    • 宮古05:00発の始発列車を上米内始発(上米内07:05発)に運転区間短縮
    • 宮古05:32発の茂市行きの列車を上米内行きに運転区間延長
    • 宮古06:56発の川内行の列車を盛岡行きに運転区間延長

青春18きっぷの旅に影響がありそうなのは、太字で示した列車です。

現在のダイヤでは、盛岡発宮古行きの始発列車は、11時06分発の快速「リアス」ですが、ダイヤ改正後は、盛岡06時32分発の普通列車が始発となります。実に、4時間半もの繰り上げになります。早朝に盛岡を出発する場合にはありがたいですね。

一方、宮古発盛岡行きは、これまで午前5時発の始発列車がありましたが、ダイヤ改正後は、宮古6時45分発へと繰り下げになります。

ダイヤ改正後も、盛岡~宮古を直通する列車は4往復のままですが、上記のように直通列車の時刻が変わりますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

津軽線と北海道新幹線の接続を一部変更、北海道新幹線オプション券の使い勝手に変化あり?

列車の廃止や減便、運転区間の短縮などがずらっと並ぶダイヤ改正になってしまいましたが、青春18きっぷユーザーに朗報となりそうなのが、津軽線と北海道新幹線の接続改善です。

津軽線の津軽二股駅と、北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅は隣接していますが、これまで、全く接続は考慮されていませんでした。ところが、今回のダイヤ改正では、津軽線のダイヤが変更され、一部の普通列車から北海道新幹線への乗り継ぎが改善されます。

津軽線のダイヤ変更

津軽線のダイヤ変更

(出典)2022年3月ダイヤ改正(JR東日本盛岡支社 2021年12月17日 PDF)

JR東日本のダイヤ改正のニュースリリースでは、三厩からの上り列車の時刻変更により、奥津軽いまべつ駅で東京方面の「はやぶさ」への乗り継ぎが改善するとしています。

筆者が注目したいのは、上のリリースに掲載されている下り①のダイヤ変更です。

  • 改正前: 蟹田 16:45発 → 津軽二股 17:09着 → 三厩 17:22着
  • 改正後: 蟹田 16:12発 → 津軽二股 16:34着 → 三厩 16:48着

蟹田発16時45分の三厩行きの普通列車が30分ほど繰り上げられます。これにより、奥津軽いまべつ発17時01分の新函館北斗行き「はやぶさ25号」に乗り継げるようになります。

  • ダイヤ改正後の乗り継ぎ
    • 蟹田 16:12発 → 津軽二股 16:34着(津軽線 普通列車)
    • 奥津軽いまべつ 17:01発 → 木古内 17:34着(北海道新幹線 はやぶさ25号)

これにより、青春18きっぷ+北海道新幹線オプション券で本州から北海道への移動がしやすくなりそうです。

一方、JR東日本のリリースにある下り③の時刻変更では、津軽線から北海道新幹線(東京方面)への乗り継ぎが改善されるとしていますが、逆に、奥津軽いまべつ駅から津軽線への乗り継ぎは悪くなってしまいます。

  • 改正前
    • 木古内 15:01発 → 奥津軽いまべつ 15:34着(北海道新幹線 はやぶさ34号)
    • 津軽二股 15:54発 → 蟹田 16:16着(津軽線 普通列車)
  • 改正後
    • 木古内 15:01発 → 奥津軽いまべつ 15:34着(北海道新幹線 はやぶさ34号)
    • 津軽二股 15:10発 → 蟹田 15:33着(津軽線 普通列車 ※この列車には乗り継げなくなる)

青春18きっぷ+北海道新幹線オプション券で北海道から本州へ移動する際には、乗り継ぎが悪くなってしまいそうです。

津軽線の蟹田~青森間や、木古内での道南いさりび鉄道への接続、そして、北海道新幹線の正確なダイヤがわからないと結論は出ないのですが、ダイヤ改正のリリースでわかる範囲では、青春18きっぷ+北海道新幹線オプション券の移動では、以下のようになりそうです。

  • 青森 → 函館方面の乗り継ぎは良くなる
  • 函館 → 青森方面の乗り継ぎは悪くなる
スポンサーリンク

常磐線の普通列車、日中時間帯は土浦で乗り換えへ

常磐線のグリーン車

常磐線のグリーン車

常磐線では、日中時間帯でも品川・上野~水戸・勝田を直通する普通列車が運転されていましたが、ダイヤ改正後は、土浦駅で系統が分割されます。

  • ダイヤ改正前
    • 品川・上野~水戸・勝田を直通運転
  • ダイヤ改正後
    • 土浦駅で系統分離(乗り換え)
      • 品川・上野~土浦: 10両編成で運転
      • 土浦~水戸・勝田: 5両編成で運転
    • 土浦駅で切り離し(土浦以北は5両で運転)
      • 品川・上野~土浦: 15両編成で運転
      • 土浦~水戸・勝田: 5両編成で運転

現在は、品川・上野~水戸・勝田間を直通運転する普通列車は、土浦以南は15両編成で、土浦以北は10両で運転されていて、土浦駅で分割・連結を実施していました。

常磐線土浦駅乗り換え

常磐線土浦駅乗り換え

(出典)2022年3月ダイヤ改正について(JR東日本水戸支社 2021年12月17日 PDF)

ダイヤ改正後は、土浦駅で系統が分離され、乗り換えが必要になります。土浦以北は5両編成、土浦以南は10両編成での運転となるとのことです。また、品川・上野~水戸・勝田間を直通運転する列車に関しては、土浦駅で切り離し後、5両編成のほうが土浦以北へ直通する運用になるようです。

日中時間帯に常磐線を移動する場合には、土浦駅で乗り換えが必要になることに加えて、普通列車グリーン車のサービスが土浦以南に限定されてしまいそうです。常磐線のグリーン車は10両編成のほうに連結されていますが、土浦以北は5両編成での運用となるためです。

首都圏や関東から東北方面へ青春18きっぷで向かう場合、乗り換えが多い東北本線を避けて、常磐線を利用する方も多いと思いますが、ダイヤ改正後、日中時間帯は乗り換えが必要になるうえ、グリーン車のサービス区間が少なくなる点に注意が必要です。


以上、「【2022年春 JRダイヤ改正】青春18きっぷ的ダイヤ改正まとめ! ホームライナーやローカル線の快速・普通列車の減便多数、幹線も乗り継ぎに注意が必要です!」でした。前回に続いての大減便のダイヤ改正ですが、青春18きっぷ旅への影響も少なくなさそうです。

スポンサーリンク

関連記事

2022年3月のJRダイヤ改正のポイントをまとめ記事です。

【2022年春 JRダイヤ改正】JR各社大幅減便のダイヤ改正へ! 新幹線では「はやぶさ」「やまびこ」が大量に臨時格下げ、都市圏ではラッシュ時・日中時間帯も減便へ!
2022年3月のJR各社のダイヤ改正の情報が発表されました。大方の予想どおり、前回のダイヤ改正に続いて大幅減便のダイヤ改正となりました。都市圏ではラッシュ時間帯減便、新幹線では「はやぶさ」「やまびこ」などの定期列車が大量に臨時化されます。この記事では、2022年春のダイヤ改正のポイントをまとめます。
鉄道ニュース鉄道ニュース-ダイヤ改正青春18きっぷ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
乗り鉄歴25年!
ひさ

乗り鉄歴25年! 青春18きっぷやフリーきっぷを利用して、関東甲信越、北海道、東北によく乗り鉄に出かけます。このブログでは、これまでの乗り鉄経験を活かして、おすすめの列車や路線、青春18きっぷ活用のノウハウ、お得なきっぷの情報などを掲載しています。

ひさをフォローする
ひさをフォローする
ひさの乗り鉄ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました