ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【2020年夏の臨時列車】JR各社、発表見送りや指定席の発売見合わせ相次ぐ! 夏臨の運転は今後の状況を見極めへ!

注目記事 【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール
【随時更新】JR各社 特急・観光列車の運休・運転再開情報まとめ(2020年5~7月)
【随時更新】JR各社の長期運休中となっている路線・区間と代行輸送まとめ


JR各社は、2020年夏の臨時列車について発表しました。新型コロナウイルスの影響で先が見通せない中、5月22日の発表時点では、各社とも指定席の発売を見合わせたり、計画自体の発表を見送ったりしています。

2020年夏の臨時列車については、指定席の発売や、運転計画の修正などがありましたら、随時、この記事を更新してお知らせしていく予定です。

f:id:kzlife:20200522224930j:plain

※2020.05.28更新

JR各社の2020年夏の臨時列車の運転計画・指定席の発売状況まとめ

2020年5月22日、JR各社は、2020年夏の臨時列車について発表しました。現時点での各社の発表状況は以下の通りです。

5月22日時点で、具体的な臨時列車の計画の発表があったのは、JR北海道、JR東日本(秋田・盛岡・仙台支社のみ)、JR東海(在来線の7月分のみ)です。上記リンクから見ることができます。

なお、各社とも、定番の観光列車(JR東日本の「のってたのしい列車」、JR九州の「D&S列車」など)については、各社のWebサイトにて、おおむね9月末までの運転計画が公表されています。(一部列車については、当分の間、運転休止となっているものもあります)

JR各社で対応が分かれた夏臨の発表、運転は今後の情勢次第

2020年夏の臨時列車の発表は、JR各社で対応が分かれました。

  • JR北海道とJR東日本、JR西日本の北陸新幹線は、運転計画そのものは発表し、指定席の発売を見合わせる
  • JR東海の在来線とJR四国は、現在決まっている分だけを発表し、その他の臨時列車は運転が決まり次第発表
  • JR西日本の山陽新幹線と在来線は、現時点では計画なしとして、今後運転する場合は改めて発表
  • JR九州は、5月22日時点では、夏臨の発表自体なし

おそらく、各社とも、臨時列車の運転計画自体は作成済みだと思われますが、それを全て発表するかしないかで対応が分かれたのでしょう。

運転されるかどうかは、今後の新型コロナウイルスの感染状況や、社会情勢的に観光や旅行を再開できる状況になるか次第であり、この点については各社とも共通でしょう。

引退する「リゾートみのり」の後継はキハ110系指定席ありの「快速湯けむり号」

2020年6月末で引退する「リゾートみのり」
2020年6月末で引退する「リゾートみのり」

6月末で引退する観光列車「リゾートみのり」。仙台~新庄を、東北本線・陸羽東線経由で結ぶ列車で、鳴子温泉をはじめとする陸羽東線沿線の温泉地へのアクセス列車としても便利でした。

「リゾートみのり」は、残念ながら、新型コロナウイルス感染症の影響で、運休のまま引退となってしまいました。

「リゾートみのり」の乗車記は↓の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

そして、「リゾートみのり」の後継となる列車が設定されるのかが注目でしたが、キハ110系を利用した「快速湯けむり号」が、同じダイヤで運転されます。

  • 快速湯けむり号
    • 運転日
      • 7月4日(土),5日(日),11日(土),12日(日),18日(土),19(日),23日(木)~26日(日)
      • 8月1日(土),2日(日),8日(土)~10日(月),12日(水)~16日(日),22日(土),23日(日),29日(土),30日(日)
      • 9月5日(土),6日(日),12日(土),13日(日),19日(土)~22日(火),26日(土),27日(日)
    • 運転時刻
      • 下り: 仙台 09:13発 → 新庄 12:26着
      • 上り: 新庄 15:01発 → 仙台 17:39着
    • 車両: キハ110系2両(一部指定席)

残念ながら観光列車としての後継とはいきませんでしたが、それでも仙台から直通で陸羽東線への快速列車が運転されるのは、鳴子温泉などへの観光客にとってはありがたいことです。

陸羽東線の普通列車(キハ110系2両)
陸羽東線の普通列車(キハ110系2両)

キハ110系2両編成なので、陸羽東線の普通列車と同じ車両ですが、指定席も設定されるようです。

陸羽東線のキハ110系の車内は、4人掛けと2人掛けのボックスシート(向かい合わせの座席)ですが、どのように指定席を設定するのかも興味深いところです。

「ムーンライトながら」の運転はあるか?

青春18きっぷユーザーにとって気になるのは、夜行快速「ムーンライトながら」が運転されるかでしょう。

JR東海のリリースでは、前述のように、在来線の7月分のみが発表されており、「ひだ61号」1本のみとなっています。

◆8月以降の臨時列車の運転計画は決まり次第、お知らせします。

となっていますので、8月分の臨時列車の発表は、今後あると思われます。

昨年(2019年)夏の「ムーンライトながら」の運転日は、以下のようになっていました。

  • 2019年夏の「ムーンライトながら」の運転日
    • 下り(東京→大垣): 8月1日(木)~8月17日(土)
    • 上り(大垣→東京): 8月2日(金)~8月18日(日)

上り・下りともに8月のみの運転でした。今年もこれにならうのであれば、8月分のJR東海の臨時列車の発表の時点で、運転されるかどうかがわかりそうです。あるいは、6月号の時刻表(5月25日発売)に掲載されれば、運転されることがわかるかもしれません。

ただ、気になるのは、「ムーンライトながら」の今後です。ただでさえ、現在使われているJR東日本の185系車両の置き換えが始まっていて、今後どうなるのか、と話題になっている時期です。

それに、以前、↓の記事でも書いたように、青春18きっぷでの乗車が多い「ムーンライトながら」は、JRにとってはあまりおいしい列車ではありません。もし、この夏の運転がないとしたら、そのまま廃止されてしまう可能性もなくはありません。そうならないことを祈りたいですが…

www.kzlifelog.com

(2020.05.28追記)

6月号の時刻表には、「ムーンライトながら」は掲載されていませんでした。まだ確定ではありませんが、今夏の運転はない可能性が高くなりました。


以上、「【2020年夏の臨時列車】JR各社、臨時列車の発表見送りや指定席の発売見合わせを発表! 運転は今後の状況を見極めへ」でした。異例の発表となった2020年夏の臨時列車ですが、感染が終息に向かい、多くの臨時列車が運転されることを期待したいですね。

関連記事

2020年夏の青春18きっぷの発売がどうなるかについて、筆者の予想を書いた記事です。こちらも、予断を許さない状況です。

www.kzlifelog.com

JR各社の新幹線・特急列車・臨時列車などの運休情報をまとめているページです。随時更新です。

www.kzlifelog.com