汽車旅-JR北海道

スポンサーリンク
汽車旅

根室本線 富良野~新得間、沿線7市町村自治体がJR北海道との具体的協議へ!バス転換か存続か?

JR北海道がバス転換を提案している根室本線の富良野~新得間について、沿線の7市町村でつくる協議会が、JR北海道との具体的協議に入る意向を示しました。バス転換か、年10億円の費用負担で存続か、できるだけ早く結論を出したいとしていますが、現実問...
ノウハウ

「三連休東日本・函館パス」廃止後の北東北・函館エリアへの旅行は新幹線割引きっぷ+地域限定フリーきっぷの組み合わせがおすすめ!

2021年度以降、「三連休東日本・函館パス」の設定がないことが発表されました。関東地方などから北東北、函館方面への旅行に便利なフリーきっぷでした。「三連休東日本・函館パス」廃止後は、北東北方面へはどのようなきっぷを使えばよいのでしょうか。この記事では、鉄道で北東北方面へ旅行する場合に利用できる割引きっぷやフリーきっぷを紹介します。
ノウハウ

富良野・美瑛を旅しよう! 北海道の観光シーズン到来! 主要観光地へのアクセス・おすすめの臨時列車やきっぷを紹介します!(2021年版)

6~7月、梅雨のない北海道の観光シーズンです。特に、ラベンダーが咲く富良野・美瑛方面への旅行に最適な季節です。この記事では、富良野・美瑛への鉄道でのアクセスや、おすすめの臨時列車、使いやすいフリーきっぷなどについて紹介します。また、鉄道旅行...
ノウハウ

Peach・AIRDO・ANA利用者向け「きた北海道フリーパス」 道央・道北エリアで4日間特急列車に乗り放題! ただし使いこなすには工夫が必要です!

JR北海道が、Peach・AIRDO利用者限定のフリーきっぷ「きた北海道フリーパス」を2022年3月末まで継続して発売します。宗谷本線の稚内までがエリアに入る広範囲なフリーきっぷです。また、2020年度から発売されている「ANA きた北海道フリーパス」も引き続き発売されます。この記事では、「きた北海道フリーパス」の概要と、使いこなしのコツをご紹介します。
ノウハウ

Peach・AIRDO利用者限定の「ひがし北海道フリーパス」 道央~道東の広いフリーエリアで 5日間特急列車に乗り放題のおトクなきっぷです!

JR北海道は、北海道内空港着のPeach、AIRDO利用者限定のフリーきっぷ「ひがし北海道フリーパス」を、2022年3月末まで継続発売します。この記事では、「ひがし北海道フリーパス」の概要、利用できる航空便の発着空港、買い方・使い方、おすすめの利用法の紹介や、他のフリーきっぷとの比較します。
ノウハウ

新幹線・特急列車が30~50%引きになる「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」、JR東日本・JR北海道が多数の路線で設定!(2021年版)

JR東日本・JR北海道は、早期の予約・購入で新幹線・特急列車が30~50%引きになる「お先にトクだ値スペシャル」「お先にトクだ値」を、複数の新幹線・特急列車で、期間限定で設定しています。東北新幹線系統と特急「北斗」は2021年12月15日ま...
ノウハウ

札幌近郊のフリーきっぷ「一日散歩きっぷ」、富良野やニセコの観光に便利! 廃止危機路線の乗車にもおすすめです!

札幌近郊(道央圏)のJR線に1日乗り放題となるJR北海道の定番フリーきっぷ「一日散歩きっぷ」。札幌近郊とはいえ、富良野や美瑛、小樽、余市、ニセコなどがフリーエリアに入っているので、札幌からの日帰り旅にも十分に活用できます。この記事では「一日散歩きっぷ」のおすすめ日帰りルートを紹介します。
ノウハウ

【北海道&東日本パス】北海道新幹線・北海道内の特急に1日乗り放題の「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」はお得なのか? お得に活用するコツを紹介します!

「北海道&東日本パス」のオプションとして、北海道新幹線と北海道内の在来線特急に乗車できる「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」が発売されていますが、1日有効で値段が6,110円。かなり割高に見えますが、本当にお得なのでしょうか? この記事では、「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」のお得な使い方について紹介します。
ノウハウ

JR北海道が札幌~釧路・帯広の特急「おおぞら」「とかち」に50~55%引きの「お先にトクだ値」を2021年も設定! 札幌~釧路が4,990円!(設定期間を2021年11月末まで延長)

JR北海道は、札幌~釧路を結ぶ特急「おおぞら」、札幌~帯広を結ぶ特急「とかち」の乗車券+特急券を、2週間前までの購入で50~55%割り引く「お先にトクだ値」を、2021年11月末までの期間限定で設定しています。札幌から道東方面へ、お得に鉄道...
汽車旅

北海道と国が観光列車用の車両を購入、JR北海道に無償貸与へ! JR北海道の観光列車充実なるか?

北海道と国が第三セクターの枠組みで観光用の車両を購入し、JR北海道に無償貸与する方針との報道がありました。JR北海道が自治体負担を前提に存続を目指す8線区での運行を想定しているとことです。経営危機のJR北海道を立て直す切り札、そして、8線区...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました