ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【西武鉄道 2020年ダイヤ改正】池袋線特急を「Laview」に統一、平日夕夜間の「S-TRAIN」は小手指行きへ延長、停車駅も追加へ!


注目記事 【秋の乗り放題パス】2020年10月3日(土)~25日(日)利用可
【2020年秋の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【在宅勤務・テレワーク】通勤定期券の損益分岐点・払い戻しルール

西武鉄道は2020年3月14日にダイヤ改正を実施します。今年のダイヤ改正の目玉は、池袋線特急をすべて「Laview」に統一することと、平日夕夜間の「S-TRAIN」の運転区間を所沢行きから小手指行きへと延長することです。一方で、土休日に運転されていた、秩父鉄道直通の快速急行は、池袋発着から飯能発着へと変更されます。

西武鉄道が2020年3月14日にダイヤ改正を実施

西武鉄道は、2020年3月14日ダイヤ改正を実施します。

今回のダイヤ改正で、観光や乗り鉄の観点からの主なポイントは以下の通りです。

  • 池袋線・秩父線の全ての特急列車を「Laview」に統一、池袋~西武秩父間を最速77分で運転
  • 平日夕夜間の下り「S-TRAIN」の行先を所沢から小手指へ延長、練馬・西所沢を停車駅に追加
  • 土休日に運転されている秩父鉄道直通の快速急行の発着駅を、池袋駅から飯能駅に変更(飯能駅で池袋方面の列車に接続)
  • 土休日の日中に下り快速急行本川越行きを2本運転

池袋線の全特急列車を「Laview」に統一、10000系「NRA」は池袋線から引退へ!

2020年3月のダイヤ改正から、池袋線・秩父線の特急列車(「ちちぶ」「むさし」)は、全列車が新型特急車両001系「Laview」(ラビュー)で運転されるようになります。

f:id:kzlife:20190502225035j:plain
西武の新型特急 001系「Laview」(ラビュー)

001系「Laview」は2019年3月にデビューし、その斬新な外観と、リビングのような内装が話題になっています。車両の増備に伴って、徐々に「Laview」で運転される特急列車が増えていましたが、デビューから1年で、池袋線・秩父線のすべての特急列車を置き換える形になりました。

f:id:kzlife:20190502225312j:plain
曲面を大胆に取り入れた先頭デザイン

実用的でシンプルなデザインだった先代の10000系「NRA」(ニューレッドアロー)とは異なり、球面のデザインを採用した先頭車や、極端に大きな窓は、これまでの鉄道車両にない特徴的なものです。

f:id:kzlife:20190502225505j:plain
黄色のシートが配置されシルバーの絨毯が敷かれた「Laview」の客室

黄色を基調としたインテリアも、なかなか斬新です。デザインだけでなく、コンセントやWiFiを装備するなど、最新の特急車両らしい設備も整っています。

「Laview」の乗車記については、以下の記事をご覧ください。車内の様子も写真を多く使って紹介しています。

www.kzlifelog.com

f:id:kzlife:20190502225234j:plain
先代の特急列車「ニューレッドアロー」(10000系)

一方で、池袋線・秩父線の特急列車がすべて「Laview」に統一されることで、10000系「NRA」は池袋線系統から引退することになります。

新宿線(西武新宿~本川越)には、現時点では「Laview」は運転されておらず、すべての特急列車が10000系「NRA」での運転となっています。ただ、2019年5月に公表されている西武鉄道の設備投資計画では、「新宿線の特急車両更新を検討」と記載されていました。池袋線の「Laview」への置き換えが済みましたので、次は新宿線の特急車両の更新について、動きがあるかもしれません。

www.kzlifelog.com

平日夕夜間の「S-TRAIN」を小手指行きへ延長、練馬・西所沢に停車へ!

f:id:kzlife:20180302225244j:plain
西武鉄道の有料座席指定列車「S-TRAIN」(40000系)

西武鉄道の有料座席指定列車「S-TRAIN」については、今回は増便・減便はありませんが、平日夕夜間の下り「S-TRAIN」の行先が所沢駅から小手指駅へと延長されます。また、練馬駅、西所沢駅が降車専用の停車駅として追加されます。

  • 豊洲 → 小手指(平日下り:夕夜間帯)
    • S-TRAIN101号: 豊洲 18:00発 → 所沢 18:58着 → 小手指 19:05着
    • S-TRAIN103号: 豊洲 19:00発 → 所沢 19:58着 → 小手指 20:05着
    • S-TRAIN105号: 豊洲 20:00発 → 所沢 20:58着 → 小手指 21:05着
    • S-TRAIN107号: 豊洲 21:00発 → 所沢 21:58着 → 小手指 22:05着
    • S-TRAIN109号: 豊洲 22:00発 → 所沢 22:57着 → 小手指 23:04着
    • 途中停車駅: 有楽町・飯田橋・練馬・石神井公園・保谷・所沢・西所沢
  • 所沢 → 豊洲(平日上り:朝時間帯)
    • S-TRAIN102号: 所沢 06:23発 → 豊洲 07:24着
    • S-TRAIN104号: 所沢 08:37発 → 豊洲 09:46着
    • 途中停車駅: 保谷・石神井公園・飯田橋・有楽町


一方、平日上りの「S-TRAIN」は、これまでどおり所沢始発のままで、途中停車駅も変わりません。上り「S-TRAIN」は練馬駅には停車しませんので注意が必要です。

練馬駅、西所沢駅、小手指駅からの座席指定料金は、西武線内各駅からの料金と変わりません。

  • 西武線内各駅(小手指・所沢・保谷・石神井公園・練馬) ⇔ 東京メトロ有楽町線内各駅(飯田橋・有楽町・豊洲)
    • 大人 510円、小児 260円

2019年のダイヤ改正では、平日夕夜間帯の上り列車が一気に廃止になるなど、これまでダイヤ改正のたびに大きな動きがあった「S-TRAIN」ですが、今回は、所沢以遠への着席需要を取り込もうということでしょうか。

土休日の秩父鉄道直通の快速急行を池袋発着から飯能発着に変更へ

f:id:kzlife:20190502134817j:plain
秩父鉄道直通列車に利用されるのと同型の西武鉄道4000系電車(東飯能駅)

土休日に池袋線・秩父線で運転されている秩父鉄道直通の快速急行・急行は、2020年3月のダイヤ改正で、池袋発着から飯能発着に変更されます、池袋~飯能間は池袋線の急行列車に接続する形となります。

  • ダイヤ改正以前
    • 下り(横瀬で分割)
      • 池袋 07:05発 → 横瀬 08:41着/08:43発 → 三峰口 09:17着
      • 池袋 07:05発 → 横瀬 08:41着/08:50発 → 長瀞 09:19着
      • 池袋 08:05発 → 横瀬 09:41着/09:44発 → 三峰口 10:17着
      • 池袋 08:05発 → 横瀬 09:41着/09:50発 → 長瀞 10:17着
    • 上り(横瀬で連結)
      • 三峰口 15:25発 → 横瀬 15:54着/15:57発 → 池袋 17:34着
      • 長瀞 15:22発 → 横瀬 15:52着/15:57発 → 池袋 17:34着
      • 三峰口 16:25発 → 横瀬 16:54着/16:57発 → 池袋 18:33着
      • 長瀞 16:25発 → 横瀬 16:52着/16:57発 → 池袋 18:33着
  • ダイヤ改正以降
    • 下り(飯能で乗り換え、横瀬で分割)
      • 池袋 07:02発 → 飯能 07:49着(急行)
        • 飯能 07:52発 → 横瀬 08:43発 → 三峰口 09:17着
        • 飯能 07:52発 → 横瀬 08:50発 → 長瀞 09:19着
      • 池袋 08:05発 → 飯能 08:52着(急行)
        • 飯能 08:54発 → 横瀬 09:44発 → 三峰口 10:17着
        • 飯能 08:54発 → 横瀬 09:50発 → 長瀞 10:17着
    • 上り(横瀬で連結、飯能で乗り換え)
      • 三峰口 15:25発 → 横瀬 15:57発 → 飯能 16:38着
      • 長瀞 15:22発 → 横瀬 15:57発 → 飯能 16:38着
        • 飯能 16:40発 → 池袋 17:29着(快速急行 元町・中華街行き)
        • 飯能 16:43発 → 池袋 17:32着(急行 池袋行き)
      • 三峰口 16:25発 → 横瀬 16:57発 → 飯能 17:38着
      • 長瀞 16:25発 → 横瀬 16:57発 → 飯能 17:38着
        • 飯能 17:40発 → 池袋 18:29着(快速急行 元町・中華街行き)
        • 飯能 17:42発 → 池袋 17:42着(急行 池袋行き)


池袋や三峰口・長瀞の発着時刻はほとんど変わりありませんが、ダイヤ改正後は、上り・下りともに飯能駅での乗り換えが必要になります。

秩父鉄道へ直通する列車は、ハイキングや登山をする観光客に人気の列車です。乗り換えの手間が増えるのは残念ですが、発着時刻に大きな変更はないので、これまでどおりの利用ができそうです。

新宿線で土休日の日中に快速急行本川越行きを2本運転!

新宿線では、土休日の日中時間帯に、快速急行本川越行きが2本運転されます。

  • 西武新宿 09:33発 → 高田馬場 09:36発 → 所沢 10:03発 → 本川越 10:22着
  • 西武新宿 10:21発 → 高田馬場 10:25発 → 所沢 10:53発 → 本川越 11:12着
  • 途中停車駅: 高田馬場・田無・東村山・所沢・新所沢・入曽・狭山市・新狭山・南大塚

新宿線には、現在「快速急行」という種別はないため、新たな種別の列車が設定されることになります。

西武新宿→本川越が49~51分、高田馬場→本川越が46~47分となります。

土休日の日中時間帯、特急「小江戸」は、西武新宿~本川越間を約45分、高田馬場~本川越間を約43分で結んでいますが、新たに運転される快速急行は、特急「小江戸」と遜色のない時間で走ります。

土休日の日中時間帯、特急「小江戸」が30分~1時間間隔で運転されています。川越への観光需要が増えてきたなら、特急「小江戸」を増発する手もあったはずですが、なぜ新たに料金不要の「快速急行」を新設したのでしょうか?

一つの仮説としては、東武鉄道が昨年2019年のダイヤ改正で設定した「川越特急」の存在がありそうです。「TJライナー」で使われるロング・クロス転換車両を、クロスシートの状態で運転する列車で、料金不要(乗車券のみ)で乗車できます。

東武の川越特急は池袋始発、西武の快速急行は西武新宿始発で、発駅は異なりますが、西武は川越特急を意識して、新たに快速急行を投入してきたのではないでしょうか。

www.kzlifelog.com


以上、『【西武鉄道 2020年ダイヤ改正】池袋線特急を「Laview」に統一、平日夕夜間のS-TRAINは小手指行きへ延長、停車駅も追加へ!』でした。今年の西武のダイヤ改正は、特急車両の置き換えは着実に、S-TRAINは引き続きテコ入れがされているといったところでしょうか。