ひさの乗り鉄ブログ

青春18きっぷの話題をはじめ、観光列車や風光明媚な路線の乗車記などを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

【烏山線 乗車記】非電化路線を電車が走る! 関東平野のはずれを蓄電池駆動電車が走るのどかなローカル線!


注目記事 【ダイヤ改正】2021年ダイヤ改正まとめ
【2021年春の臨時列車】JR各社の注目の臨時列車まとめ
【JR各社】2021年冬春に使えるJR各社の格安きっぷまとめ

烏山線は、栃木県の宝積寺駅と烏山駅を結ぶ路線です。栃木県内に閉じる地味なローカル線の一つですが、架線のない非電化区間を「電車」が走る珍しい路線の一つです。そんな烏山線に久々に乗車してきましたので、乗車記をお届けします。

「烏山線」とは?

烏山線(からすやません)は、JR東日本の路線の一つです。宝積寺(ほうしゃくじ)駅と烏山駅を結ぶ20.4kmの短い路線です。全線が単線・非電化の路線ですが、大半の列車は、東北本線に乗り入れて、宇都宮発着となっています。


起点の宝積寺駅は東北本線の駅で、宇都宮駅から北へ2駅目です。烏山線は、宝積寺駅からほぼ東へ向けて走っています。関東平野の北東端にあたる地域で、途中までは平地が広がりますが、鴻野山(こうのやま)駅から東側は多少起伏のあるところを走ります。

平日は13.5往復(下り14本、上り13本)が運転されていますが、そのうち3往復が宝積寺発着、それ以外は宇都宮駅発着となります。

朝晩は概ね1時間に1本、日中時間帯は2時間に1本程度の運転本数です。

日本初の「電車」が走る非電化路線「烏山線」

烏山線の沿線にはメジャーな観光地が多いわけではなく、地元の人たちが通勤や通学に利用する地味な路線という印象ですが、鉄道ファンの間では有名な(?)路線でもあります。

それは、非電化路線にもかかわらず「電車」が走る路線であるためです。

f:id:kzlife:20201125232330j:plain
烏山線を走る蓄電池駆動電車「EV-E301系」

烏山線には、かつてはキハ40系という気動車が走っていましたが、2014年に蓄電池駆動電車「EV-E301系」が1編成投入されました。2017年には、烏山線の全ての列車がEV-E301系での運転となりました。

蓄電池駆動電車というのは、車内に蓄電池、要するにバッテリーを備えていて、そのバッテリーに蓄えた電気でモーターを駆動して走る電車です。

f:id:kzlife:20201125232509j:plain
EV-E301系電車はパンタグラフから充電する

バッテリーに充電する際には、コンセントから充電するわけではなく、ふつうの電車と同じように、パンタグラフから集電します。パンタグラフから集めた電気をバッテリーに蓄えるわけですね。

そんな蓄電池駆動電車ですが、現在、烏山線以外には、同じJR東日本の男鹿線(秋田~男鹿)と、JR九州の若松線、福北ゆたか線、香椎線で運転されています。烏山線は直流仕様のEV-E301系ですが、男鹿線とJR九州の電車は交流仕様となっています。JR九州が交流仕様の蓄電池駆動電車「BEC819系」を開発し、JR東日本がほぼ同じ仕様の「EV-E801系」を男鹿線に導入しました。

男鹿線「EV-E801系」の乗車記は、以下の記事をご覧ください。

www.kzlifelog.com

蓄電池の容量の関係で、長距離の路線では走れないのですが、距離の短い路線を中心に、少しずつ導入されてきています。

ということで、前置きが長くなりましたが、烏山線の乗車記をお届けします。

【烏山線乗車記1】宇都宮駅から烏山線の電車に乗車!

f:id:kzlife:20201125232543j:plain
宇都宮駅9番線から発車する烏山線の電車に乗車!

宇都宮駅から、10時34分発の烏山行きの列車に乗車します。

f:id:kzlife:20201125232619j:plain
折り返し烏山行きとなる烏山線の電車が宇都宮駅に入線!

10時25分過ぎ、9番線に、折り返し烏山行きとなる列車が入ってきました。

東京方面へは10~15両の列車が頻繁に発車していく宇都宮駅ですが、黒磯方面と日光方面へは4両編成、そして、烏山線の電車は2両編成。首都圏と地方の境目に位置する駅なのです。

上の写真でわかると思いますが、パンタグラフを上げて、架線から集電しています。宝積寺~宇都宮の2駅間は電化区間のため、パンタグラフを上げて、普通の電車と同じように運転されるのですね。

f:id:kzlife:20201125232648j:plain
ドア間の「ACCUM」のロゴが目立つEV-E301系

EV-E301系は3ドアですが、ドアとドアの間には「ACCUM」のロゴが大きく入っています。「ACCUM」(アキュム)というのは、JR東日本の蓄電池駆動電車の愛称です。

f:id:kzlife:20201125232718j:plain
EV-E301系の車内は長いロングシートが並ぶ

車内は長い(?)ロングシートが両側に並びます。JR東日本エリアでよく見かけるタイプの車両と同じで、これといって変わったところはありません。

f:id:kzlife:20201125232738j:plain
車端部にある大きな箱状の「機器室」

唯一、他の電車と違うところは、車端部にあるこの箱状の物体でしょうか。これはトイレではなく、機器室だそうです。

f:id:kzlife:20201125232803j:plain
車端上部には案内に使われる大きな液晶ディスプレイ

車端上部には、大きな液晶ディスプレイが2枚設置されていて、行先や次の駅の案内等が流れています。これは見やすくてなかなかいいですね。

【烏山線乗車記2】東北本線を飛ばして宝積寺駅へ

f:id:kzlife:20201125232832j:plain
EV-E301系の車端部には「ただいまの電気の流れ」が表示されるディスプレイが設置されています

車端部には、「ただいまの電気の流れ」が表示されるディスプレイが設置されています。宇都宮駅に停車中は、「架線からの電力を充電しています。」となっていましたので、停車中にバッテリーに充電しているようです。

10時34分、座席が2~3割埋まる程度の乗客を乗せて、宇都宮駅を発車します。蓄電池駆動電車とはいっても、モーター音などは通常の電車とほとんど変わりません。架線から集電した電気でモーターを回すのか、バッテリーの電気でモーターを回すのかの違いでしかありませんので。

列車は東北本線の線路を快調に飛ばします。岡本駅に停車したあと、烏山線との分岐駅である宝積寺駅へと入っていきます。

f:id:kzlife:20201125232917j:plain
宝積寺駅でパンタグラフを下ろして蓄電池での駆動に!

ポイントをたくさん通過して、宝積寺駅の3番線へ。宝積寺駅では2分の停車時間がありますが、この間に、パンタグラフを下ろして、蓄電池で走るモードへと切り替わります。乗務員が、何やら「充電〇〇%」といったようなことを無線でやり取りしていました。ある程度、充電されていないと発車できないルールになっているのでしょう。

その後、パンタグラフが下りる音がしたあと、ディスプレイを見てみると、「蓄電池で空調・照明を動かしています。」に変わっていました。

2両編成の電車は、1両が制御電動車(運転台とモーター=動力がある車両)、もう1両が制御付随車(運転台がありモーターがない車両)の構成が多いのですが、EV-E301系は2両とも制御電動車なのだそうです。通常の電車でいえば「クモハ」にあたるのですが、EV-E301系では、そのような表記はないようです。

【烏山線乗車記3】架線のない烏山線へ

宝積寺駅を出ると、東北本線と分かれて、烏山線は東へと針路を取ります。架線のない非電化区間へと入っていきます。

f:id:kzlife:20201125232955j:plain
田園風景の向こうに那須の山々が見えてきます

長閑な田園風景が広がっています。進行方向左側の車窓には、田んぼのはるか向こうに特徴的な山々が見えてきました。那須の山々でしょうか。

f:id:kzlife:20201125233021j:plain
架線のないローカル線を走る「電車」EV-E301系

烏山線の前半は関東平野の端っこという感じで、平坦な田園風景が広がりますが、鴻野山を出たあたりから、少し起伏のある地形へと入っていきます。その起伏を縫うように、烏山線の線路も曲がりくねってきます。

f:id:kzlife:20201125233043j:plain
那珂川の支流「荒川」を渡り開けた地形を走る

小塙(こばな)駅のあたりは、那珂川の支流の荒川という川が削ったであろう開けた地形が広がっていました。この写真ではわかりませんが、荒川を渡った直後に撮影したものです。

f:id:kzlife:20201125233113j:plain
滝駅を出て大きく左へカーブし、那須烏山市の市街地へ

滝(たき)駅を出ると、大きく左側へカーブします。途中、車窓の右側に、那須烏山の名勝「龍門の滝」の上部だけが見えました。残念ながら、道路と川の間にある木に隠されてしまい、流れ落ちているところは見えませんでした。

龍門の滝を過ぎ、再び大きく左へカーブすると、那須烏山市の市街地へと入っていきます。そして、11時22分、定刻通りに終着の烏山駅に到着しました。

【烏山線乗車記4】剛性の架線で急速充電! 1両分しかない架線が珍しい烏山駅

f:id:kzlife:20201125233149j:plain
宇都宮から40分弱で終点の烏山駅に到着

烏山駅は、1面1線のみのシンプルな構造の駅です。烏山駅にやってきた列車は、しばらくすると、宝積寺方面への列車となって、折り返していくだけなのです。

f:id:kzlife:20201125233243j:plain
1両分だけ架線が設置された烏山駅、到着後にすぐ充電を開始!

烏山駅に到着すると、すぐにパンタグラフを上げて充電を開始します。わずか1両分だけの架線が設置されているのがわかるでしょうか? EV-E301系の電車は、2両編成のうち、烏山側の1両にだけ2個のパンタグラフが設置されています。このパンタグラフがある車両が停車するところにだけ、架線が設置されていて、充電できるようになっているのですね。

f:id:kzlife:20201125233313j:plain
烏山駅の架線は急速充電に対応した剛性の丈夫なもの

別のアングルからみると、この架線、いわゆるケーブルではなく、剛性の丈夫な架線であることがわかります。烏山駅では、急速充電を実施するため、大電流が流れても破損しないように、剛性の架線が使われているのです。

f:id:kzlife:20201125233343j:plain
EV-E301系の烏山側の1両分だけ設置された剛体架線

烏山で散策したあと、帰宅時に烏山駅でも撮影しました。少し引いてみると、架線が1両分しかないのがわかるでしょうか?

f:id:kzlife:20201125233418j:plain
ホームに貼り付けられた「充電ゾーン」のシール

ホームには、「充電ゾーン」とかかれたシールが貼り付けてあります。列車の先頭部分が、この範囲に入らないと、充電するときにパンタグラフが架線から外れてしまうためでしょう。

線路が行き止まりになっている先に、急速充電用の設備がありました。剛体の架線から、電柱を伝って電線が延びているのもわかります。

f:id:kzlife:20201125233526j:plain
烏山駅の端に設置された急速充電のための設備

これは、2014年に訪問したときの写真ですが、急速充電のためのDCコンバータと蓄電池の設備のようです。

f:id:kzlife:20201125233445j:plain
烏山駅で充電しながら発車を待つ宝積寺行きの列車

このあと、宝積寺行きの列車で戻りました。発車の直前にパンタグラフを下ろして烏山駅を出発。宝積寺駅に到着したら、すぐにパンタグラフを上げて充電、という感じでした。


以上、「【烏山線 乗車記】非電化路線を電車が走る! 関東平野のはずれを蓄電池駆動電車が走るのどかなローカル線!」でした。車両に搭載したバッテリーで走る珍しい電車ですが、乗ってしまえば普通の電車と何も変わりません。ただ、駅の充電設備や、列車の運行をよく見ていると、なかなか面白いです。烏山線に乗車される際には、本記事でご紹介したところに注目してみてください。

関連記事

当ブログで紹介している、SL列車・観光列車や、風光明媚なローカル線の乗車記の目次ページです。烏山線と同じ栃木県の鉄道では、日光線の観光列車「いろは」や、真岡鉄道の「SLもおか」の乗車記を掲載しています。ぜひご覧ください。

www.kzlifelog.com

宇都宮駅から日光線を走る観光列車「いろは」の乗車記です。

www.kzlifelog.com