スポンサーリンク

青春18きっぷで乗りたい海が見える絶景路線6選!(2021年版)

ノウハウ

汽車旅の醍醐味の一つは、日常生活では見ることのできない絶景を車窓から眺められるところにあります。そんな絶景の一つに、海の景色があります。日本は海に囲まれた国ですので、海が見られる路線は比較的多いのですが、その中でも、海に近く、まさに絶景が眺められる路線を紹介します。

スポンサーリンク

海の絶景車窓を眺めながら青春18きっぷの旅を満喫しよう!

青春18きっぷの旅で乗ってみたい路線の一つとして、海の車窓を眺められる路線があります。

車窓いっぱいに大馬原が広がる太平洋、ゴツゴツとした海岸線が続く日本海、そして、穏やかな海に大小多くの島が浮かぶ瀬戸内海。一言で「海」といっても、日本にはたくさんの海の景色があります。

青春18きっぷで乗車できるJR各社の路線の中にも、海沿いを走る路線は多くあります。この記事では、そんな路線の中から、特に海の近くを走り、車窓いっぱいに海の絶景を満喫できる路線をご紹介します。

また、各路線に青春18きっぷで乗車するのにおすすめのプランや列車も紹介します。観光列車や、一部区間での特急列車のワープなど、青春18きっぷで快適に旅をするのにおすすめのプランです。

スポンサーリンク

五能線(絶景区間:八森~鯵ヶ沢)

「海が見える路線」で、まず最初におすすめしたいのが五能線です。途中、80km以上にも渡って海岸線のすぐ近くを通るという、キング・オブ「海の見える路線」です。

五能線とは?

五能線は、秋田県の東能代と青森県の川部を結ぶ全長147.2kmにもおよぶ長大な非電化ローカル線 です。超がつく赤字路線でしたが、日本海の絶景が見られる路線として観光列車を走らせ、今では「リゾートしらかみ」が最大で1日3往復もする観光路線となりました。

どんな絶景が見られるの?

「リゾートしらかみ」から眺める日本海の絶景車窓!
「リゾートしらかみ」から眺める日本海の絶景車窓!

東能代を出てしばらく北上すると、西側に日本海が見えてきます。駅でいうと八森あたりからでしょうか。ここから、青森県の鯵ヶ沢あたりまで、およそ80kmにも渡って日本海に沿って走ります。何といっても 海に近いところを走っている ことが特徴で、強風のときは波をかぶってしまうために運休になることがあるくらいです。

奇岩が林立する海岸線が続く「リゾートしらかみ」の車窓
奇岩が林立する海岸線が続く「リゾートしらかみ」の車窓

日本海の絶景の中に、時折、小さな漁港や漁村が現れるといった感じの車窓が延々と続きます。これだけ長距離に渡って海沿いを走る路線は他にはありませんから、海を眺めたいとなれば、まず最初におすすめできる路線 です。

おすすめのプランは?

五能線は超ローカル線であることには変わりありませんので、普通列車の本数が極めて少ない です。特に、岩舘~鯵ヶ沢は本数が少なく、日中は数時間列車がやってこない時間帯もあります。

リゾートしらかみ「くまげら」編成

リゾートしらかみ「くまげら」編成

普通列車の旅も捨てがたいですが、少しハードルが高いので、おすすめは 観光列車「リゾートしらかみ」 に乗車することです。リゾートしらかみは、秋田~青森・弘前間を結ぶ全席指定の快速列車です。秋田、青森、弘前といった拠点駅を結んでいますので利用しやすいですし、快速列車ですので指定席券(530円)さえ確保できれば、青春18きっぷで乗車可能 です。それに何といっても特急列車並みのクロスシートに乗って旅ができる乗りドク列車でもあります。

リゾートしらかみに乗車するのであれば、日没の時間帯に日本海に面した区間を走る列車 を選ぶのがおすすめです。2021年のダイヤでは、以下の列車がおすすめです。

  • 夏季: 5号(青森→秋田) または 6号(弘前→秋田)
  • 冬季: 4号(青森→秋田) または 5号(秋田→青森)

なお、リゾートしらかみは臨時列車ですので毎日運転ではありません。また、日によって運転される列車も異なりますので、事前に運転日、運転時刻等を確認しておきましょう。

リゾートしらかみの指定席を確保する場合は、「A席」を希望 しましょう。日本海に沿って走る区間で海側になります。指定席が売り切れになると乗車できませんので、予定が決まったら早めに手配することをおすすめします。

「リゾートしらかみ」の運転日・ダイヤ、予約方法、車窓のポイント、沿線の観光スポット等については、以下の記事でまとめて紹介していますので、「リゾートしらかみ」の乗車を考えてい列車る方は、ぜひご覧ください。

【リゾートしらかみ】五能線の観光列車で日本海の絶景車窓を楽しもう! おすすめの座席や指定券の予約方法、車窓、沿線の観光スポットを紹介します!
日本海に沿う五能線を走る観光列車「リゾートしらかみ」。日本海の海岸線の車窓は筆舌に尽くしがたいほど素晴らしいものです。この記事では何度も「リゾートしらかみ」に乗車したことのある筆者が、絶景車窓や、運転日・ダイヤ、指定席の予約方法、おすすめの座席、沿線のおすすめ観光スポット、車内での食事情などを、わかりやすくご紹介します。

「リゾートしらかみ」の乗車記も公開しています。2021年3月に「リゾートしらかみ1号」(くまげら編成)に乗車した際の乗車記です。写真多め、動画入りで、日本海の絶景車窓を紹介していますので、ぜひご覧ください。

【リゾートしらかみ1号「くまげら編成」乗車記】日本海に奇岩が立ち並ぶ絶景を眺める観光列車! 絶景車窓を詳しく紹介します!
日本海の絶景を楽しめる観光列車といえば五能線を走る「リゾートしらかみ」です。約80kmにも渡って日本海のすぐそばを走り、車窓からは奇岩が立ち並ぶ日本海をずっと眺めることができます。今回、秋田発青森行きの「リゾートしらかみ1号」に乗車してきま...
スポンサーリンク

釧網本線(絶景区間:網走~知床斜里)

次におすすめしたいのが、北海道の東部、オホーツク海に面した海岸線を走る釧網本線です。見どころは、何といっても2月~3月初旬にかけての流氷です。

釧網本線とは?

釧網本線は、北海道の東側(道東)の釧路(正確には東釧路)~網走を結ぶ非電化ローカル線 です。全長は166.2kmにもなります。「本線」とついていますが、特急列車の運転はなく、ほとんどが1両のディーゼルカーのみというローカル線です。沿線には、釧路湿原、屈斜路湖や摩周湖、川湯温泉、そして今回紹介する網走近辺のオホーツク海など、道東の観光地が凝縮されている路線です。

どんな絶景が見られるの?

釧網本線の北の端、網走~知床斜里間はオホーツク海の間近を走ります。

海の近くを走る路線であれば他にもありますが、この路線を選んだ理由は、車窓から流氷が見られる からです。そもそも、日本で流氷が見られる場所は、オホーツク海に面した北海道の東側の海岸に限られますが、それを列車の中から見られるのはすごいことでしょう。

おすすめのプランは?

流氷ということで、おすすめの季節は冬 です。網走の流氷の平年値は、

  • 流氷接岸初日(初めて流氷が接岸した日): 2月2日
  • 海明け(流氷が少なくなり船が航行できるようになる日):3月20日

となっていますので、流氷シーズンは2月~3月ということになります。ですので、冬の青春18きっぷではなく、春の青春18きっぷ(例年3月1日から利用可能)のほうが合いそうです。

流氷シーズンに合わせて、「流氷物語号」 という臨時列車が運転されます。この列車については、過去記事をご参照ください。

釧網本線に乗って流氷を見に行こう!(2021年版) 「流氷物語号」「SL冬の湿原号」に乗る周遊ルートがおすすめです!
2~3月は北海道の流氷シーズン。例年は2月上旬に流氷が接岸し、3月中旬まで1か月半ほど流氷観光が楽しめます。この記事では、流氷観光×汽車旅をテーマに、流氷観光へのアクセス、流氷観光とあわせて訪れたい鉄道路線や乗りたい観光列車などを紹介します...

せっかく流氷シーズンに網走まで行くのでしたら、流氷を間近で体験できる「流氷観光砕氷船」に乗船するのもおすすめ です。流氷が接岸していなくても、流氷が近くまで来ていれば、そこまで船で行ってくれます。過去に乗船したことがありますが、流氷を砕きながら進む船は迫力満点です。あたたかい列車の中からのんびり眺める流氷と合わせて楽しむのがよいと思います。

網走流氷観光砕氷船 おーろら 公式ホームページ
網走の冬の醍醐味、オホーツク海の流氷を船...

また、夏の青春18きっぷのシーズンでも、北浜駅などからはオホーツク海を間近に見ることができます。

北浜駅展望台からのオホーツク海の眺め(知床半島方面)
北浜駅展望台からのオホーツク海の眺め(知床半島方面)

駅に簡易な展望台もありますし、木造の駅舎を活用した昭和テイスト抜群のカフェ「停車場」もありますので、途中下車するには最適です。

釧網本線沿線の車窓やグルメについては、以下の記事もご覧ください。

釧網本線で車窓と観光・グルメを楽しもう! 沿線のおすすめ観光スポットや駅舎カフェをご紹介します!
道東、釧路と網走を結ぶ釧網本線。沿線には釧路湿原や摩周湖・屈斜路湖などの観光資源が多くある観光路線です。車窓も素晴らしく、釧路湿原やオホーツク海を間近に眺めることができます。そして、無人駅の駅舎を活用したカフェやレストランが多く、「駅舎グル...
スポンサーリンク

函館本線・室蘭本線(絶景区間:森~東室蘭)

函館本線の森から室蘭本線の東室蘭にかけては、内浦湾(噴火湾)の海岸線沿いに沿って走ります。穏やかな内浦湾と、湾のとの位置関係を時々刻々と変える駒ヶ岳が見どころです。

函館本線・室蘭本線とは?

函館本線は函館~旭川間を、室蘭本線は長万部~岩見沢を結ぶJR北海道の路線です。いずれも、全区間を通して走る列車はなく、区間ごとに普通列車や特急列車が運転されています。

今回、ご紹介する内浦湾の景色を眺めることができるのは、以下の区間です。

  • 室蘭本線 東室蘭~長万部
  • 函館本線 長万部~森

この区間を通して走る列車は特急「北斗」だけです。特急列車ですので、青春18きっぷでは乗車することができません。ただし、あとで説明するように、この区間は普通列車の本数がかなり少なくなっています。必要に応じて、特急「北斗」でワープすることも考えたほうがよいでしょう。

どんな絶景が見られるの?

車窓いっぱいに広がる内浦湾の絶景!
車窓いっぱいに広がる内浦湾の絶景!

円形の内浦湾に沿って線路が敷かれているため、ずっと海岸沿いを走ります。地形の関係でところどころで少し内陸を走ったり、並行する国道(国道37号線・5号線)との位置関係などで、常に車窓から内浦湾を見ることができるわけではありません。ただ、線路が最も海側に敷かれている区間では、車窓いっぱいに内浦湾の絶景が広がります。

内浦湾の向こうに見える駒ヶ岳の姿
内浦湾の向こうに見える駒ヶ岳の姿

内浦湾は円形をしているため、天気がよければ、対岸の陸地を見ることもできます。そして、内浦湾のどこからでも見えるのが、渡島半島にある駒ヶ岳です。

東室蘭から函館へ向けて乗車すると、対岸に小さく見えていた駒ヶ岳の姿が徐々に大きくなっていきます。駒ヶ岳の見える位置や大きさを眺めていると、内浦湾に沿って南下していることがよくわかります。

森駅を過ぎて駒ヶ岳のふもとを通過!
森駅を過ぎて駒ヶ岳のふもとを通過!

森駅を過ぎて内浦湾沿いから外れると、すぐに駒ヶ岳のふもとを通ります。迫力のある駒ヶ岳の姿を間近からみることができます。

青春18きっぷの旅ではないのですが、特急「北斗」で長万部~新函館北斗間を乗車した際の乗車記を掲載しています。車窓の参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

【函館本線 長万部→新函館北斗 乗車記】 噴火湾と駒ヶ岳の絶景を快走する気動車特急から眺める旅!
2020年8月下旬、「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を使って北海道に旅行に行きましたが、その帰路で、特急「北斗」に乗車しました。久々に景色の良い区間に乗車したので、車窓を中心にご紹介します。特急「北斗」 長万部→新函館北斗...

おすすめのプランは?

内浦湾沿いに走る区間は、普通列車が運転されていますので、普通列車の乗り継ぎも可能です。ただし、前述のとおり、普通列車の本数はとても少なくなっています。

2021年3月改正ダイヤでは、各区間の普通列車の本数は以下のようになっています。

  • 室蘭本線(東室蘭~豊浦): 9.5往復
  • 室蘭本線(豊浦~長万部): 4.5往復
  • 函館本線(長万部~森): 6往復

特に、豊浦~長万部間は、日中時間帯はほとんど普通列車の運転がありません。

青春18きっぷの旅でも特急「北斗」でのワープを活用したい
青春18きっぷの旅でも特急「北斗」でのワープを活用したい

そこで、青春18きっぷの旅だったとしても、必要に応じて、特急「北斗」に短区間だけ乗車する「ワープ」をおすすめします。

例えば、最も普通列車の本数が少ない豊浦~長万部を含む区間(洞爺~長万部)に乗車すると、運賃970円+自由席特急料金630円で、合計1,600円となります。

青春18きっぷの旅での「ワープ」については、以下の記事もご覧ください。内浦湾沿いの区間についても、詳しく解説しています。

【青春18きっぷ活用法】 普通列車の少ない区間は新幹線・特急列車を利用しよう! 「ワープ」の方法とおすすめ区間を紹介!(2021年版)
全国のJR線に乗り放題の「青春18きっぷ」の旅では、普通列車の本数が極端に少ない区間があり、何時間も待たなければならなことも。そんなときには、新幹線や特急列車に短い区間だけ乗車する「ワープ」を活用してみましょう。この記事では、「ワープ」の使い方と、「ワープ」を活用したいおすすめの区間を紹介します。
スポンサーリンク

羽越本線(絶景区間:村上~五十川)

羽越本線から眺める日本海の車窓

羽越本線から眺める日本海の車窓

次に紹介するのは、日本海の車窓を楽しめる羽越本線です。新潟県北部にある「笹川流れ」や、日本海に沈む夕陽が見どころです。

羽越本線とは?

羽越本線は、新津(新潟県)~秋田(秋田県)を結ぶ電化路線で、271.7kmにも及ぶ長大路線 です。幹線としての役割を持ち、特急列車や貨物列車が行きかう路線です。新潟から、村上、鶴岡、酒田など、新潟県、山形県の日本海側の主要都市を結びます。日本海沿いに走るため、一部区間で日本海の絶景を眺めることができます

電化路線ですが、村上を境に電化方式(直流・交流)が変わるため、普通列車にはディーゼルカーが使用されている区間もあり、立派な本線でありながら汽車旅の醍醐味を味わえる路線になっています。

どんな絶景が眺められるの?

日本海が眺められるという点では五能線と同じですが、入り組んだ複雑な海岸線を持つ五能線と比べると、比較的直線的な海岸線が多く存在します。車窓から日本海が眺められる区間は、村上~五十川間(山形県鶴岡市)です。

名勝「笹川流れ」付近を通る羽越本線の日本海の絶景車窓

名勝「笹川流れ」付近を通る羽越本線の日本海の絶景車窓

一番の絶景ポイントは、新潟県の桑川駅付近の「笹川流れ」 と呼ばれる海岸線 です。11kmにもなる長い海岸線で、日本海らしい荒々しい岩礁が続きます。途中、波によって削られてできた奇岩が多いのも特徴です。

笹川流れ
「笹川流れ」の情報は「にいがた観光ナビ」で。澄み切った碧い海が美しく、日本屈指の透明度を誇る笹川流れ。11km続く海岸では、日本海の荒波の浸食によりできた奇岩、岩礁や洞窟など、変化に富んだ風景が広がり、豪壮な景観は国指定の名勝及び天然記念物となっています。 笹川流れの美しい景色を堪能するなら、遊覧船は外せません。...

おすすめのプランは?

桑川駅に停車中の観光列車「海里」

日本海の車窓を満喫するのに最適な観光列車「海里」

羽越本線に乗るのであれば、観光列車の「海里」がおすすめです。まさに、この日本海の絶景を眺めるために用意された列車です。臨時列車ですが、週末を中心に比較的運転日が多く、新潟~酒田間を1日1往復しています。

「海里」にはダイニングがあり、車内で庄内地方・新潟地方の食事をいただくことができます。このダイニングがある4号車に乗車するには、専用の旅行商品(きっぷもセットになったもの)を購入する必要があり、青春18きっぷでは乗車できません。

「海里」1号車のリクライニングシート、足元もゆったり!
「海里」1号車のリクライニングシート、足元もゆったり!

ところが、1号車のリクライニングシートと、2号車のコンパートメントであれば、青春18きっぷ+指定席券(840円)で乗車することができます。また、あらかじめ予約をしておけば、車内でお弁当を受け取ることもできます。

1号車で日本海を眺められる座席は「A席」です。えきねっとや窓口で指定券を購入する際には「A席」を指定しましょう。

「海里」の詳細や、指定席の予約方法、お弁当の予約方法については、以下の記事をご覧ください。

新潟・庄内地方の観光列車「海里」に乗ろう! 運転日、ダイヤ、指定席やお弁当の予約購入方法、おすすめの座席を紹介!(2021年版)
羽越本線の新潟~酒田間を走るJR東日本の観光列車「海里」。この記事では、「海里」の概要と、運転日・運転ダイヤ、指定席の予約方法、事前予約制のお弁当の予約方法などを紹介します。筆者が実際に乗車する際に予約したときの様子もお伝えします! 座席表もありますので、指定席を確保するときの参考にしてみてください。

また、当ブログでは、「海里」の乗車記を公開しています。2019年の冬に、青春18きっぷ+指定席券で1号車のリクライニングシートに乗車しました。予約制のお弁当もつけましたので、その様子も紹介しています。

【海里 乗車記】 日本海の車窓を楽しめる新しい観光列車! 事前予約のお弁当と売店で「食」も充実!
2019年10月にデビューした羽越本線の新しい観光列車「海里」(KAIRI)に乗車してきました。1号車指定席の乗車で食事付きのコースではありませんが、事前予約制のお弁当と車内の売店メニューの充実で、十分に「食」を楽しむこともできました。この...

笹川流れの最寄り駅、桑川駅で、観光停車がある通常ダイヤでの「海里」の乗車記(2021年3月乗車、新潟発酒田行き)です。日本海の車窓の様子や、桑川駅での停車時間の様子なども詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

【「海里」酒田行き 乗車記】日本海の絶景と食を楽しむ贅沢な観光列車! 笹川流れでは徐行&停車時間での観光ができます!
新潟~酒田を結ぶ観光列車「海里」の下り列車(新潟発酒田行き)に乗車してきました。日本海の絶景、特に、名勝「笹川流れ」では、徐行や停車時間での観光などを楽しむことができます。また、新潟や庄内の幸を詰め込んだ予約制のお弁当も美味しくおすすめです...
スポンサーリンク

紀勢本線(絶景区間:紀伊長島~紀伊田辺)

次に紹介するのは、黒潮が流れる太平洋の絶景が美しい紀勢本線です。複雑な入り江を次々と通過する紀伊長島~新宮間と、太平洋のすぐ横を通る区間の新宮~紀伊田辺間が見どころです。

紀勢本線とは?

紀勢本線は、三重県の亀山駅と和歌山県の和歌山市駅を結ぶ、全長384.2kmにも及ぶ長距離の路線です。紀伊半島の外周をぐるりとまわる路線です。

以下の二つの区間に分かれます。

  • 亀山~新宮: JR東海(非電化・単線)
  • 新宮~和歌山市駅: JR西日本(電化・一部複線)

東半分はJR東海が運行する区間で、非電化・単線です。西半分はJR西日本が運行する区間で、紀伊田辺~和歌山間が複線、それ以外は単線です。JR西日本区間は電化されています。

JR東海区間は名古屋からの特急「ワイドビュー南紀」などが、JR西日本区間は京都や大阪から特急「くろしお」が走っています。

どんな絶景が眺められるの?

紀伊半島の外周をぐるっと周る路線ということで、太平洋の絶景を眺めることができます。日本海側の路線に比べて、太平洋側の路線は、海岸線のすぐ近くを通る路線は多くないのですが、紀勢本線はかなりの長距離にわたって、太平洋を眺められる区間を走行します。

紀勢本線の車窓、大きく3つの区間に分かれます。

一つ目は、亀山~紀伊長島間です。この区間は、紀伊半島の内陸部を走るため、車窓は、主に田園風景と山岳風景となります。特に、紀伊山地を超える区間は、山岳路線そのもので、山間部の谷筋を縫うように進んでいきます。

二つ目の区間は、紀伊長島~新宮間の熊野灘に面する区間です。紀伊山地と熊野灘を分ける荷坂峠を荷坂トンネルで一気に抜けると、これまでの山地の風景から、一気に太平洋の海の車窓に変化します。この変化は劇的なので、ぜひ体験してもらいたいです。

紀伊長島から新宮までは、複雑な地形が造る入り江が続きます。熊野灘に突き出て、入り江を形作っている小さな半島のような部分の根元をトンネルで抜け、トンネルから出ると入り江が広がって見える、というのを何度も繰り返していきます。海のすぐ近くを通るところはそれほど多くありませんが、尾鷲湾や新鹿(あたしか)湾のあたりでは、海のすぐ近くを通っていきます。

三つ目の区間は、新宮~紀伊田辺間の、太平洋の沿岸を通る区間です。特に新宮の周辺は、比較的直線的な海岸線が多く、車窓から太平洋の壮大な車窓を見ることができます。「太平洋の絶景を眺めたい!」というのであれば、この区間がおすすめです。

紀伊勝浦、太地、古座といった海沿いの街や観光地を通ります。紀伊勝浦から先は入り江が増えてきますが、それでも海を間近に眺められる区間も多いです。

おすすめプランは?

紀勢本線は、380㎞以上にもなる長大な路線なので、一気に乗り通すとさすがに疲れます。どこかで一泊して、観光を楽しみながら、乗り鉄も楽しむというプランがおすすめです。

紀勢本線の沿線、特に、紀伊勝浦から白浜のあたりには観光地が多くあります。紀伊勝浦からは、路線バスで、熊野那智大社や那智の滝にアクセスできます。那智の滝は、日本三大名瀑の一つで、華厳の滝よりも落差があります。また、串本駅からは、本州最南端の岬、潮岬へ行くことができます。他にも、日本の捕鯨発祥の地と言われているクジラの町、太地や、古座、白浜といった海沿いのリゾートがあります。

紀勢本線の普通列車は、大部分の区間でロングシートの車両ばかりです。観光スポット間の移動くらいであれば問題ありませんが、大阪や名古屋から紀勢本線に入る場合には、一部区間でも特急列車の利用をお勧めします。普通列車は空いていますが、ロングシートでは車窓が見づらいのが難点です。

紀勢本線を青春18きっぷで旅したときの旅行記もご覧ください。2泊3日で沿線の観光名所を訪れながら、紀勢本線を一周しています。紀勢本線の駅から観光スポットまでのアクセスも参考になると思います。

スポンサーリンク

予讃線(絶景区間:高野川~伊予長浜)

最後に紹介するのは、瀬戸内沿岸を走るJR四国の予讃線です。海と夕陽が見える駅として有名な下灘駅をはじめ、瀬戸内海を間近に望む絶景路線です。

予讃線とは?

予讃線は、高松駅と宇和島駅を結ぶJR四国の路線です。全長は297.6kmと長い路線で、四国の北側の海岸線、つまりは、瀬戸内海に沿って走る路線です。

ところどころで車窓から瀬戸内海を望むことができますが、下灘駅前後の区間が圧巻です。この区間を含む伊予市駅~伊予大洲駅間には、「愛ある伊予灘線」の愛称が付けられています。

どんな絶景が眺められるの?

予讃線の「愛ある伊予灘線」の区間でも、瀬戸内海を車窓いっぱいに眺められるのは、高野川駅~伊予長浜駅の間です。

伊予上灘~下灘間の車窓は伊予灘を望む絶景!
伊予上灘~下灘間の車窓は伊予灘を望む絶景!

予讃線の線路と瀬戸内海の間には、国道378号線がありますが、下灘駅の前後の区間では、予讃線が道路より少し高いところを通っているため、瀬戸内海を見渡すことができます。

おすすめプランは?

車窓から眺める瀬戸内海も絶景ですが、やはり、下灘駅には途中下車してみたいところです。

ベンチと屋根の向こうに伊予灘が広がる下灘駅の絶景
ベンチと屋根の向こうに伊予灘が広がる下灘駅の絶景

下灘駅は、瀬戸内海に沈む夕陽が、ホームとホームにある小さな屋根の向こうに見られる駅として有名です。ただ、天気が良い日であれば、日中時間帯に訪れても、絶景を眺めることができます。

予讃線の「愛ある伊予灘線」では普通列車しか運転されていません。1~2時間に1本と、列車の本数も多くありませんので、下灘駅に訪問する際には、しっかりと計画を立ててから行きましょう。

2019年8月の夏の朝、松山駅から始発の普通列車に乗車して、下灘駅を訪問しました。そのときの訪問記を下記の記事で公開していますので、ぜひご覧ください。

【下灘駅 訪問記】 目の前に瀬戸内海が広がる海の絶景駅! 車窓からの眺めも抜群!
青春18きっぷのポスターにも何度か登場した下灘駅を訪問してきました。天候と旅行の日程の都合で、朝の訪問になりましたが、目の前に瀬戸内海が広がる絶景を堪能することができました。松山からの行程とともに、下灘駅の訪問記をお届けします。下灘駅と...

以上、「青春18きっぷで乗りたい海が見える絶景路線6選!(2021年版)」でした。海が見える路線は日本各地にありますが、筆者がこれまで乗車した路線の中から、おすすめできる路線を5つご紹介しました。海が見たくなったら、ぜひここで紹介した路線を訪ねてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

「青春18きっぷで乗りたい川沿いの絶景路線」の記事です。飯田線、水郡線などを紹介しています。

青春18きっぷで乗りたい川沿いのおすすめ絶景路線6選! 渓谷美から清流までさまざまな車窓を楽しめます!
この記事では、雄大な川の流れを楽しめる磐越西線や只見線、渓谷美を楽しめる飯田線、日本一の清流を楽しめる予土線など、魅力的な川沿いの路線を5つ紹介します。どの路線も本当におすすめです。

「青春18きっぷで乗りたい絶景高原路線」の記事です。小海線、花輪線などを紹介しています。

青春18きっぷで乗りたい絶景高原路線4選!
日本はほとんどが山地の国ですので、山間部を走る鉄道路線はたくさんあります。今回は、その中から、「高原」っぽい車窓が眺められる路線を4つ、独断と偏見で紹介してみます。青春18きっぷの旅にピッタリの路線を選んでいますので、ぜひ乗りに行ってみてく...

当ブログで紹介している観光列車やSL列車、風光明媚な路線の乗車記の目次ページです。

【乗車記 目次】観光列車・SL列車・絶景路線の乗車記
各地で運転されている観光列車やSL列車、風光明媚な車窓を眺められる路線など、日本の鉄道には、乗っているだけで楽しめる列車や路線がたくさんあります。当ブログでも、多くの観光列車や路線の乗車レポート(乗車記)を掲載しています。このページでは、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました