K'z Lifelog ~青春18きっぷと乗り鉄のブログ~

青春18きっぷの話題をはじめ、汽車旅のノウハウや鉄道関連のニュースなどを思うままに綴っていく乗り鉄ブログです。

青春18きっぷで乗りたい海が見える絶景路線3選

おすすめ記事Pick Up! 【トップページ】 まずはこちらから!青春18きっぷ・おすすめ路線など当ブログおすすめ記事の目次です
【ダイヤ改正】 JR東日本が10月14日にダイヤ改正! 黒磯~新白河の輸送体系変更!
【おトクなきっぷ】 おすすめのフリーきっぷ紹介記事まとめ
【注目記事!】西武「S-TRAIN」&東武「特急リバティ」関連記事まとめ

汽車旅の醍醐味の一つは、日常生活では見ることのできない絶景を車窓から眺められるところにあります。絶景の一つに、海の景色があります。日本は海に囲まれた国ですので、海が見られる路線は比較的多いのですが、その中でも、海に近く、まさに絶景が眺められる路線を紹介します。

五能線(絶景区間:八森~鯵ヶ沢)

五能線から眺めた日本海に沈む夕陽

五能線とは?

五能線は、秋田県の東能代と青森県の川部を結ぶ全長147.2kmにもおよぶ長大な非電化ローカル線です。超がつく赤字路線でしたが、日本海の絶景が見られる路線として観光列車を走らせ、今では「リゾートしらかみ」が最大で1日3往復もする観光路線となりました。

どんな絶景が見られるの?

東能代を出てしばらく北上すると、西側に日本海が見えてきます。駅でいうと八森あたりからでしょうか。ここから、青森県の鯵ヶ沢あたりまで、およそ80kmにも渡って日本海に沿って走ります。何といっても海に近いところを走っていることが特徴で、強風のときは波をかぶってしまうために運休になることがあるくらいです。

日本海の絶景の中に、時折、小さな漁港や漁村が現れるといった感じの車窓が延々と続きます。これだけ長距離に渡って海沿いを走る路線は他にはありませんから、海を眺めたいとなれば、まず最初におすすめできる路線です。

おすすめのプランは?

五能線は超ローカル線であることには変わりありませんので、普通列車の本数が極めて少ない です。特に、岩舘~鯵ヶ沢は本数が少なく、日中は数時間列車がやってこない時間帯もあります。普通列車の旅も捨てがたいですが、少しハードルが高いので、おすすめは「リゾートしらかみ」 に乗車することです。リゾートしらかみは、秋田~青森・弘前間を結ぶ全席指定の快速列車です。秋田、青森、弘前といった拠点駅を結んでいますので利用しやすいですし、快速列車ですので、指定席券(520円)さえ確保できれば、青春18きっぷで乗車可能です。それに何といっても特急列車並みのクロスシートに乗って旅ができる乗りドク列車でもあります。

リゾートしらかみに乗車するのであれば、日没の時間帯に日本海に面した区間を走る列車 を選ぶのがおすすめです。2016年のダイヤでは、以下の列車がおすすめです。

  • 夏期: 5号(青森→秋田)または6号(弘前→秋田)
  • 冬期: 4号(青森→秋田)

なお、リゾートしらかみは臨時列車ですので毎日運転ではありません。また、日によって運転される列車も異なるようですので、詳しくはJR東日本秋田支社のサイトでご確認ください。

JR東日本旅客鉄道株式会社 秋田支社:五能線 リゾートしらかみの旅

リゾートしらかみの指定席を確保する場合は、「A席」を希望 しましょう。日本海に沿って走る区間で海側になります。指定席が売り切れになると乗車できませんので、予定が決まったら早めに手配することをおすすめします。

釧網本線(絶景区間:網走~知床斜里)

オホーツク海に浮かぶ流氷

釧網本線とは?

釧網本線は、北海道の東側(道東)の釧路(正確には東釧路)~網走を結ぶ非電化ローカル線です。全長は166.2kmにもなります。「本線」とついていますが、特急列車の運転はなく、ほとんどが1両のディーゼルカーのみというローカル線です。沿線には、釧路湿原、屈斜路湖や摩周湖、川湯温泉、そして今回紹介する網走近辺のオホーツク海など、道東の観光地が凝縮されている路線です。

どんな絶景が見られるの?

釧網本線の北の端、網走~知床斜里間はオホーツク海の間近を走ります。海の近くを走る路線であれば他にもありますが、この路線を選んだ理由は、車窓から流氷が見られる からです。そもそも、日本で流氷が見られる場所は、オホーツク海に面した北海道の東側の海岸に限られますが、それを列車の中から見られるのはすごいことだと思います。

おすすめのプランは?

流氷ということで、おすすめの季節は冬 です。網走の流氷の平年値は、

  • 流氷接岸初日(初めて流氷が接岸した日): 2月2日
  • 海明け(流氷が少なくなり船が航行できるようになる日):3月20日

となっていますので、流氷シーズンは2月~3月ということになります。ですので、冬の青春18きっぷではなく、春の青春18きっぷ(例年3月1日から利用可能)のほうが合いそうです。

流氷シーズンに合わせて、「流氷物語号」 という臨時列車が運転されます。この列車については、過去記事をご参照ください。

www.kzlifelog.com

せっかく流氷シーズンに網走まで行くのでしたら、流氷を間近で体験できる「流氷観光砕氷船」 に乗船するのもおすすめです。流氷が接岸していなくても、流氷が近くまで来ていれば、そこまで船で行ってくれます。過去に乗船したことがありますが、流氷を砕きながら進む船は迫力満点です。あたたかい列車の中からのんびり眺める流氷と合わせて楽しむのがよいと思います。

羽越本線(絶景区間:村上~五十川)

笹川流れ付近の車窓

羽越本線とは?

羽越本線は、新津(新潟県)~秋田(秋田県)を結ぶ電化路線で、271.7kmにも及ぶ長大路線です。幹線としての役割を持ち、特急列車や貨物列車が行きかう路線です。新潟から、村上、鶴岡、酒田など、新潟県、山形県の日本海側の主要都市を結びます。日本海沿いに走るため、一部区間で日本海の絶景を眺めることができます。

電化路線ですが、村上を境に電化方式(直流・交流)が変わるため、普通列車にはディーゼルカーが使用されている区間もあり、立派な本線でありながら汽車旅の醍醐味を味わえる路線になっています。

どんな絶景が眺められるの?

日本海が眺められるという点では五能線と同じですが、入り組んだ複雑な海岸線を持つ五能線と比べると、比較的直線的な海岸線が多く存在します。車窓から日本海が眺められる区間は、村上~五十川(山形県鶴岡市)です。

一番の絶景ポイントは、新潟県の桑川駅付近の「笹川流れ」 と呼ばれる海岸線です。11kmにもなる長い海岸線で、日本海らしい荒々しい岩礁が続きます。途中、波によって削られてできた奇岩が多いのも特徴です。

www.niigata-kankou.or.jp

おすすめのプランは?

羽越本線に乗るのであれば、観光列車の「きらきらうえつ」 がおすすめです。まさに、この日本海の絶景を眺めるために用意された列車です。臨時列車ですが、比較的運転日が多く、新潟~酒田間を1日1往復しています。全席指定の快速列車ですので、指定券を購入すれば、青春18きっぷでも乗車できます。車内には、売店やラウンジもあり、日本海を眺めながらくつろぐこともできます。酒田発新潟行きの列車に乗れば、季節によっては日本海に沈む夕陽が眺められるかもしれません。

運転日、時刻などは、JR東日本新潟支社のサイトをご覧ください。

www.jrniigata.co.jp

以上、青春18きっぷで乗りたい海が見える路線を3つ紹介しました。汽車旅のプランニングの参考にしていただければと思います。